contents1タイトル
ホームへもどる
メール送信ボタン
釣り(海・川) ソフトソフトバレー 映像展示室 コンピュター ピアノ教室 温泉・旅・雑記
 

    boll海釣り2018年 海釣り2017年 海釣り2016年
海釣り2015年

海釣り2014年

海釣り2013年 海釣り2012年 海釣り2011年
海釣り2010年 海釣り2009年 海釣り2008年 海釣り2007年 海釣り2004_5年
海釣り2002_3年H16〜17 海釣り2001_2年H14-15

海釣り1997_2001年

仕掛け・釣り船 北リアスフィッシングクラブ
記憶に残る魚達大物 真鯛釣り(あすぱむ合衆国) 渓流H16年〜19年(2004) 渓流H9年〜14年(1998)
かもめ 2018年7月16日 月 17:42 更新 カウンター 陸中海岸釣り日記fish シンカーロボ 
ひらめ
 

 


 s 2018平成30年7月14日(日)由利本荘沖鯛電気釣り、鈴栄丸

  秋田県由利本荘沖での鯛電気釣りに、大浦先生親子、細川氏、三河さん、他2人と鈴栄丸に乗船。盛岡のにぼshin盛岡店で濃厚なにぼし中を食べて、秋田の道の駅協和経由で行きました。 盛岡からは、まだ体力が十分回復してない大浦先生としっかり親父さんをサポートしている娘さんと、こちらは細川氏に宮古から三河さんと私で、昨年以来の電気釣りでした。

しょっぱなに船頭さんが釣ってから、秋田からの塩さんと最後に私が釣るのみで、アジは大量に釣れますが、鯛がなかなか釣れない釣行でした。私は船に乗った瞬間から暗くなるまで暑さにグロッキーになりそうになりました。宮古は昨日まで暑くなかったので、もう釣りどころでないと思いながら、アタリもなく11時過ぎまで過ごしていました。船頭さんに湯虫からイソメに変更してから、なんと53cmの真鯛を釣り上げました。よかった。安心して片付けをしていたら、なんと不覚にも帰り際に船酔いになってしまいました。帰りの夜中の運転を心配して気合が入りすぎたんもかもしれません。

 帰りは、協和まで三河さんに運転してもらいましたら。私より若いのに、ダメだ眠くて仕方ないと呟いてました。そのおかげで協和からの私の運転は、思ってたより眠くならずにできました。気合が入りすぎて、自宅に6時30分頃到着。昔と違い若くないので、無事にたどり着いて良かった。





 s 2018平成30年6月24日(日)髪物語大会 吉浜湾根白漁港

  大船渡市吉浜の根白漁港(コンパク)で髪物語マコガレイ釣り大会に、気仙沼の小松さんからの誘いで、大浦先生親子、秀彦さんと参加。釣れない中、3匹のマコガレイを揃えるので疾駆八苦、ナメタなどのカレイ類は除外のため大変でした。病み上がりの大浦先生は、マコガレイは3匹でしたが、サイズは割といいサイズでした。体力が回復してないのに大会に参加するとは、精神力が強いんですね。結構皆さんに知られていてなかなかです。でも、診療はしてるそうですので、心配していましたが、少し安心しました。集合時間になかなか大浦先生が来なくて、やっぱり体力が持ち直していなくて来ないんではないかと思ってましたら、インターの降り方を間違えたそいうです。
 漁港に着いたら、もう真夏の暑さでヘトヘト中、閉会式までにおにぎりと沢庵の差し入れがあり、皆さん食べて一息入れていました。





 s 2018平成30年5月27日(日)がまかつカレイ釣り大会越喜来

 がまかつカレイ釣り越喜来大会に行ってきました。朝2時30分に自宅を出発。1時間半で大船渡市三陸町越喜来の鬼沢漁港に到着。近くなりました。陸中海岸釣り日記の道典さんと一緒の船になり、しばらくぶりの記念撮影。道典さんからも老けたと言われショックを受ける。腰と膝を痛めてから運動を控えめです。どうしても運動部出身は、すぐ太り気味になるのです。以前はジョギングや山登りで、すぐ体重を落としていたのに、それもできなくなり困ってます。盛岡に用事で行ってはグルメ三昧です。 釣りは、あたり少ない上、ロープに仕掛けが5度ひっかり、仕掛けも道糸も重りも無くしてしまい。その上、竿先まで壊してしまう不運ながら、最後まで頑張ってみましたがダメでした。ヒガレイ4枚、マガレイ1枚、マコガレイ2枚、ナメタ1枚、アイナメ1匹で撃沈。しかし、道典さんより重量が多かったのが幸いです。今青森に居る寄松釣り名人より、大浦先生の娘さんが来ないのが残念だと言われました。陸前高田が実家の秀彦さんも参加していましたが、三河さんが大会に参加しなくなったのは寂しいですね。 道典さんから陸中海岸釣り日記のホームページの本に、100冊で50万かかったそうです。青い目のお孫さんの写真を見せられながら、なんか不思議で複雑な気持ちのようです。





 s 2018平成30年5月12日(土)三河なつみ丸、地磯、浄土ヶ浜沖

  朝6時ヨットハーバー出航。閉伊崎沖で数枚釣り、閉伊崎を越え青磯地磯沖へ行くが、当たりも釣果もほとんどなく午前中過ぎて、午後に浄土ヶ浜沖にて竿をだしたら、やっと釣れ始める。

船頭の三河さん以外の三人は同い年にてゆったりと時間後過ごしていたが、最後に俄然元気がでてなんとかつれはじめる。はじめ一応釣れていた私は、マコガレイ3枚、マガレイ1枚、ヒガレイ6枚、アイナメ2匹をなんとかゲット。端男君は途中から一人調子をあげ、ムシガレイ13匹(22〜30cm)マコガレイ4枚(28〜35cm)を釣り竿頭で、釣行中、細川氏と交わしてる話が面白く、居るだけで楽しく、最初全く釣れそうがなかった船中を楽しくしてくれて良かったです。やっぱり会話が弾む釣りは楽しく、しばらくぶりに記念撮影をしてきました。





  12018平成30年4月27日(金)陸中海岸釣り日記の本 

 
盛岡の帰りに、釜石回りで帰り、しおかぜ薬局により、陸中海岸釣り日記の佐々木道典さんが出版した本を6冊預かりました。1620円です。私のとこにありますのでよろしくお願いします。
思ったより、宮古サンライズのメンバーが映ってます。結構、震災前は、陸中海岸釣り日記さんと一緒に行ってたようです。また、両石の政丸に道典さんと一緒に乗船したいですね


陸中海岸釣り日記のだした釣り日記の本は1620円です。私のとこにありますのでよろしくお願いします。



 s 2018平成30年3月3日(土)リアスハーバー宮古、アスパム合衆国

  青森のホームページ「アスパム合衆国」を出しているOさんと仲間の八戸の3人組で、宮古の清瀧丸での鱈釣りに来ました。こないだまで釣れなかったのに低気圧が過ぎたら、今日は、爆釣りになり10時にはもうヨットハーバーに帰港していました。病気から10年も過ぎ、すっかり回復したOさんに会えて嬉しかったです。昨日の風吹きも収まり、天気も良く暖かいです。釣り過ぎたというので、3匹鱈をいただきました。
こうして宮古に来られるとは、なんか、こちらとしても、回復した人を迎えるということは、気分がいいもんです。私も健康でいたいと願うばかりです。





   s2017平成29年12月23日(土)重茂半島千鶏漁港 、

 

今回も寒ナメタ狙い。鮑の口開けで10時過ぎからの出航でしたが、食い付きが前回とは全く違く、秀彦さんがナメタ1枚をあげたのみで、タコとヒガレイのみで、マコガレイはきませんでした。しかし、当たりが遠いのには参りました。震災で津波にのまれた田中英夫さんと磯から竿を出した兎沖で、田中さんの顔を思い出しました。






   s2017平成29年12月9日(土)宮古市重茂 千鶏漁港 、

 

震災前に来ていた千鶏漁港から漁得丸にて出航。凪で寒いけど釣り日和。船中1枚のナメタでしたが、途中1時間は爆釣で餌がなくなり、サンマで、ヒガレイを釣る。マコガレイ、マガレイ、タコなどが釣れ、懐かしの千鶏沖、トド登島沖、インコ冲での釣行。これでナメタが釣れればいいのですが、残念。
大きいヒガレイとマコガレイは、刺身にし、他は、塩水に3時間つけて、外に一夜干し、マコガレイ煮付けは、上手く味付けできて、息子にもまあまあと思われたみたいでよかったです。








s2017平成29年12月2日(土) 、

 

閉伊崎東沖、アカブ島、地磯周辺でナメタ釣り、タコ、アイナメ、ヒガレイ釣りました。1.5mの波が、実際はうねりと混じり酔ってしまいました。酔うのに船に乗るんですから、粋狂なもんです。帰ってから、ヒガレイの刺身と一夜干しをつくり、今回はうまく出来ました。



   s2017平成29年11月30日(木) 、

アイナメを生きたまま市場に出すと言うので、急遽、風がある中、浄土ヶ浜沖へ、本命アイナメを三河さんは釣るが、イワシに渋く、私は足しにならなかった。一応、ソイは釣りましたが、うまく行かないものです。今年は鮭も水揚高一位の宮古港のたらも不良です。しかし、風が冷たく寒かった。



  s2017平成29年11月3日(金) 三河なつみ丸 ヒガレイ釣り姉ヶ崎沖、

 凪も良く、樫内沖に出航。型が小さく、いつもの姉ヶ崎沖へ、ここで、40cm、37、36cmクラスのヒガレイを釣り、三河さん30枚くらいで、私も20枚くらい釣りましたが、三河さんの半分以上のヒガレイをよこされたため、家に帰ってから捌くのが大変でした。私はしばらくぶりにタコを釣り、これを塩でもんだりして大変でした。





  

  s2017平成29年10月25日(水) 宮古市田老 畳岩、磯釣り情報、

  3月まで校長だった二人の釣果情報です。私は、基本的に夜釣りは、船以外では行ってなく、膝が硬くなった今は、回避してます。水平線を眺めながらの釣りが向いているようです。人格者の二人と11月からは、とどヶ崎方面にナメタ釣りに行くことになると思います。今年は寒ナメタ釣れればいいですね。

 10月25日の昨日は、15時前から畳岩でした。うねりは、ひどいときは波しぶきをあびることもありますが、昨日は中程度。魚の活性が高そうでしたが、明るいうちは、10日前の方が状況よかったです。明るいうちは、アイナメたったの二匹(33と28。10日前の北田会長のような50クラスはきませんでした。数も10日前はリリース除き持ち帰りアイナメ5匹でしたが)そして、フグ攻撃でした。10日前は、30のタナゴを北田会長が数匹釣ったのですが、曇りのためか、それもきませんでした。夜釣りは8時前まで。私の持ち帰りは25オーバーのソイ5匹でした。それ以下のリリースソイは、5匹匹くらいでした。仕掛け投入後、すぐ当たりがくるのがドンコでした。ゆとりで20匹位は上げました。30オーバーが3匹位はありましたが、北田会長に献上しました。30以下は、即座にリリースしました。ドンコは、夜釣りの餌とりです。いつもですが、落ち着いて座っていられない忙しい夜釣りでした 。

 s2017平成29年10月16日(月) 畳岩、北田、端男、

北田氏が、夜釣りで、田老畳岩でアイナメ50cm、端男氏がソイの大きのを釣ったそうです。19日(水)は北田宅で3人で懇親会です。刺身は、アインメ、ソイ、ヒガレイ、ヒラメ、イナダの予定でしたが、頑張りすぎて、北田氏がダンウ中止になりました。。



 s2017平成29年10月16日(月) 宮古港ヨットハーバー、ヒラメ、ヒガレイ釣り 三河なつみ丸、

しばらくぶりのヒラメと出会えました。9時30分出航、閉伊崎沖からあかぶ島、青磯沖へと曇り空の中、なぎがよく釣り巡りました。48cmのヒラメ1枚とヒガレイ。三河さんは、大きいマトウダイ、ショッコ、ヒガレイを釣り、14時に帰港。14日の秋田電気釣りで痛かった胃も朝はモヤモヤしてましたが、そのあと良くなって良かったです。






s2017平成29年10月14日(土) 秋田県由利本荘市海星丸、鯛電気釣り 三河、大浦、細川、

 秋田県由利本荘マリーナよりエンジントラブルにて1時間遅れで出航。このため、いつも行くポイントに行かず、全員一度も鯛に巡り会えず、今年の鯛釣りも終了となる。最近胃の調子が悪い上に、昼に食べた油そばの影響で最後に、今年一番吐いてしまいました。おかげで、腹ペコの中、深夜のドライブでしたが、エンジンが心配なのか、早めの終了のため、盛岡まで早めに到着したが、寝ている三河さんを尻目に食事をしてしまいました。これで106号閉伊街道が辛くなり、門馬で大きな鹿とぶつかりそうになり、ひやりとしました。皆さん青物をなんとか釣っていました。どうも、色々体力に不安感じるこの頃です。


 12017平成29年 9月9日(土)、由利本荘市本荘マリーナ海星丸、電気鯛釣り、7名 

  今年初めての秋田遠征。由利本荘市本荘マリーナ海星丸での電気鯛釣り。波1mの予報なのに、風があり、揺れる揺れる。22時30分の終了までには、漁師三河さん以外は具合悪い様子。しかし、皆さん、大漁。三河さん20匹近くで、大浦親子も大物も釣りながら、娘さんがしっかり、大浦氏の後片付けをしてました。細川氏は半分ぐらいは、具合悪くして休んでいましたが、結構、釣っていました。
 最後まで、ニコニコしながら釣っていたのは、三河さん。釣りが好きなんですね。私が、いろんな釣りに巻き込んだという人もありますが、違います。もともと釣り好きで、大会に誘ったりしているうちに研究熱心なんです。要はセンスですね。






 

 

12017平成29年 8月23日(水)、三河なつみ丸ヒラメ釣り、、 

 13時から、三河なつみ丸でヒラメ釣り。前日までの雨で濁りとれず、ヒラメのあたりなしで、ソイだけ釣る。帰ってソイの煮付けに挑戦するが、型崩れだが、味は良かったです。






 

 s2017平成29年7月2日(日) 大船渡市越喜来湾崎浜漁港 東北カレイ釣り大会、

 いやー暑いし、渋いあたりで釣れないし、こりゃ参ったと思いながら、竿を出してました。大浦氏達と一緒の船で、今日こそは釣りたいとハリッキって行ったのですが、計量にかからない、ヒガレイ7枚ばかりで、マコガレイは2枚で撃沈。帰りは三陸道の駅で磯ラーメンと磯丼定食。ホタテのかまぼこを購入。次は宮古でひらめ釣り。秋田でたい釣りかな?。

越喜来湾崎浜漁港

 

s2017平成29年6月18日(日) 三河なつみ丸 サクラマス、カレー釣り、

 三河さん、姉ヶ崎沖でサクラマスゲット。サクラマスの暴れること。


サクラマス



 s2017平成29年6月25日(日) 大船渡市吉浜根白漁港 髪物語カレイ釣り、

 息子に、釣りに2時半に出かけると言ったら、物好きだねと言われながら出発。娘だとメールで気をつけてくださいと打ってくるのに、息子は、温厚で生真面目すぎる気がします。まあ、そんなことも御構い無しに出かけてきました。しかし、朝早くは、どうも胃がキリキリ痛くて、大丈夫かなあと思いながらの釣りでした。
三河さん、ナメタの重量が決め手で、3位でした。アットホームな大会の髪物語大会で、3匹検量で見事、しばらくぶりの入賞。こちらは、リリースサイズのカレイばかりでした。

根白漁港




 s2017平成29年6月6日(火) 、三河なつみ丸カレイ釣り、北田、端男、三河

 晴れていて、釣り日和だと思ったらうねりあり、舘ヶ崎、姉ヶ崎沖は少し揺れる船での釣り。ヒガレイがピンポイントで釣れるが、少し位置がずれると当たらず、ポツリポツリと北田、端男君も釣れる。今日は私の誕生日だと言うと冷やかされながら私も28匹釣りました。
 しばらくぶりの同級生との釣りは楽しいもんでした。

端男

 s2017平成29年4月16日(日)、東北カレイ釣り大会、塩釜市マガキ漁港

 前日、松島プチホテル びすとろアバロンに宿泊、3時起床、3時半にマガキ漁港に着くと、もう満杯まじかの駐車場でした。5時に乗船し、1時間40分以上走って釣り場に到着。昨年と違い、マガレイの型が小さく、枚数に入らない大型のイシガレイばかり釣れて釣果は伸びず、さすがの三河さんも撃沈。
 しかし、大浦氏と二人、大型のイシガレイを釣ったので、大会なのに写真を撮りました。
 なんか、マガレイの型が、元の小さいのになったので、少し塩釜に興味を失ってしまいました。腰と膝に故障ができてしまい。途中、足がしびれ、スネが痛くなったりして、だんだん遠くは大変になってきました。特効薬はないかなあ?
 15日は、三井アウトレットパーク仙台港により、塩釜のすし徳でマグロづくしを満喫。やっぱり、回転すしと違い、美味しい。最近、これが楽しみです。すし哲、海鮮寿司塩釜と、一昨年から、これで3軒目の塩釜市の寿司です。

塩釜カレイ

マガキ漁港三河マガキ漁港大浦

釣果三河釣果

塩釜市すし徳

すし徳マグロすし徳マグロ2

塩釜神社

 s2017平成29年4月1日(土) 、広田湾両替漁港 マコガレイ釣り

 宮古を2時30分に出発、ナビで両替漁港に行く途中、通行止めに会ってしまい途方にくれる。待ち合わせ場所のコンビニを探すも、電話で違うと言われ、震災で仮設の道路だけで目印の家もなく、いろいろ迷ってしまいながら、結局、元のコンビニが待ち合わせ場所とのことで、やっと合流。
 出航するも、全くあたりなく、寒さに震えて諦めた頃、やっと44cmのマコガレイを釣り一安心。結局、大きいマコガレイ3枚の釣果でした。船中で、50cmのマコガレイがあがりましたが、三河さんは、1枚だけで、最後のいつも帳尻を合わせて釣るのに撃沈で、途中、ほとんど寝ていた捺生さんが、アイナメ1匹とマコガレイ2枚とほんの2時間ぐらいで、三河さんを越してしまうという効率の良い釣りをしたのです。やっぱりたいしたもんです。
 いや、寒くて、帰りは、道の駅三陸で磯ラーメンを食べて一息入れて帰宅。

両替漁港

マコガレイ

3

 

 

 

ミギガレイは 宮古はゾウリガレイ、釜石タバコガレイといいます   

Copyright (C) 2002 kogure. All rights reserved.