世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。


2010ラリージャパン
画像アーカイブ


2010年9月世界ラリー選手権第10戦が北海道は札幌を中心に開催された。クローズドではない
道を世界最高峰のラリーカーが行く。ロードセクションでは公道を一般車両と共に。そしてスペシャル
ステージでは全開走行。残念ながら、2014年現在では同ラリーの開催予定は聞かれない。あの
焦燥感にも似た興奮が再びやってくる事を期待して、当時のラリー画像を振り返る。


ヘッドクォーター、サービスパーク、メディアセンターが集約された月寒ドーム。道警視閲式が毎年
開催されるあの場所だ。ここは本当にゆかりがある場所だと思う。いい所だ。


当時はネーミングライツによって「北翔クロテック月寒ドーム」という名だった。大人の事情でその
命名権は解消され、2014年現在は「ケーズデンキ月寒ドーム」だ。


競技開催前のパルクフェルメ。チケットなし、無料で見る事ができた。今にしてみれば凄い事だ。


ドライバーはもちろん、メカ等のクルーの姿はほとんど見えず、それはそれで不思議な光景だった。


フォード・フォーカスRS WRC。戦い前のキレイなボディー。こういう姿もまたいい。


レッキ用の車両だろうか。フォード・フィエスタ。


まだ空輸時の積載状態のマシン。完全に「箱入り」にして輸送だ。


2010年には残念ながらスバルのマニファクチャラー参戦は無い。だが、車両スポンサードという形で
ラリーには参加。オフィシャルカー仕様のインプレッサWRX。


フォレスターオフィシャルカー。WRブルーがかっこいい。


物凄い数のホイール。OZだね。すげぇ…。この一塊で幾らするんだよ…。


BPフォード・アブダビ・ワールドラリーチームのフォーカスRS WRC。かっこいいなぁ。


シトロエン・トタル・ワールドラリーチーム。真紅のカバーの中身はシトロエン・C4 WRC。ネーム
プレートの示す通り、WRCの雄、セバスチャン・ローブ機のブースだ。


どことなくオシャレにさえ感じる居住まい。だが、このベールの下のマシンは「戦闘機」なのだ。


ロードセクションへと出るシトロエン・C4 WRC。ゼッケン8はF1ドライバーでもあった
キミ・ライコネン機。


プライベーター機も続々と出発。かっこいいぜぇ。


ゼッケン105はアニキこと哀川翔が駆るフォード・フィエスタ。


こちらはレッキから帰還のボルボ。洗浄中。


レッキでもハードな走行を行なう事が伺える。トランクフードにもピンが設けられている。バンパーには
ジョークで落書きが。FLAT OUTとは全力走行という意味だ。


再びロードセクション。一般車の中をラリーマシンが行く。これこそ日常の中の非日常。ラリーの
魅力の一つだ。


道央道を経由してSSへと向かう。道を行けばラリーマシンが居る。夢のような数日間が続いたもんだ。


札幌ドーム内に設けられたスーパースペシャルステージ。過去のWRCでも類を見ない屋内使用のSSS。


プロ野球が行なわれているその場所でラリー競技が行われている。凄いよなぁ。


ジャンピングスポットをクリアしていくのはゼッケン11のぺター・ソルベルグ機。


またいつの日か、WRCカレンダーにJAPANの文字が出てくる事に期待したい。


キミ・ライコネン機は痛恨のトラブル。立ち上る白煙に緊張感が走る。


ライコネン選手、コ・ドラのリンドストローム選手も幸いにして無事。


しかしマシンは自走不能に。サルベージの為にオフィシャルとその車両が駆けつける。


サービスパークやロードセクション上ではサインをもらえる機会があるのがWRCの魅力だが、こちらの
キミ・ライコネン選手にあってはかなりの高難易度だったそうだ。ニックネームは「アイスマン」。
そこからも難易度の高さが伺える。


彼はこの翌年、プライベーターとしてWRCに参加し、それと並行してNASCARにも参戦し、その後再び
F1に参戦。バイタリティーのある活動を続けている。


哀川翔選手。声援にも気さくに応えてくれて、アニキ!と慕いたくなるようなご本人だったそうだ。


ミッコ・ヒルボネン選手。礼儀正しい好青年のイメージを地で行く人物像で、日本でもファンが多い
選手の一人。メカにも強く、その能力を生かしてスペシャルステージ中のメカニカルトラブルからの
奇跡の生還を果たした事も。


かっこいい…。「男」だねぇ。セバスチャン・ローブ選手。WRCにおいては出場回数152に対して優勝
回数78。凄まじい勝率。シリーズチャンピオン回数は9.凄い。凄すぎる。残念ながらWRC第一線
からは退いているが、2014年からは世界ツーリングカー選手権WTCCに参戦。


セバスチャン・オジェ選手。ラリージャパン2010の優勝選手だ。2013年WRCのドライバーズ
チャンピオン。「セバスチャン・ローブ時代」後のWRCの雄の一人だ。


大人気ドライバー、ぺター・ソルベルグ選手。スバルがワークス参戦していた時にはその
ドライバーを務めている。明るく開放的な性格、またファンにも気さくに応じる人柄で正に
大人気の選手。残念ながら戦績は順風満帆とはいかず、スバルのワークス撤退後はワークスの
シートは確保できず、このラリージャパンにおいても自チームを率いての参戦となっている。
だが、日本のファンも数多い彼が姿を見せればたちまち人だかり、ロードセクションでも
彼のサインを目当て多くの人が沿道に立ったそうだ。