世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。


2008洞爺湖サミット
画像アーカイブ デモ行進編


2008年7月、今後二度と見られるか見られないかの「祭り」があった。そう、まるでカーニバルだった。
第34回主要国首脳会議「G8北海道洞爺湖サミット」が開催されたのだ。国の威信をかけた警備が
道内の各要所で行なわれた。当時も当サイトでは連日の様にその記事を書かせて頂いた。それは
多くの方々の情報提供があってこそだった。本記事を書いているのは2016年3月。今から8年前の
光景を今の解像度で再び見てみる。


洞爺湖サミットの開催を控え、札幌市街地では大規模なデモ行進も行われた。「大国だけで
世界の行く末を決めるのはおかしい」と主張する、反グローバル主義者を主とする各団体が
市中を闊歩するという企画。デモによって醸成された群集心理が暴発する事は避けなければ
ならない。そこで警察も大規模な警戒態勢を敷いた。時に2008年7月5日。


大通公園に機動隊バスを展開させるは大阪府警。全国から応援にやってきた都府県警の中で
一番評判が良くなかったのが同府警。私も身をもってそれは判った事だ。どうでもいい。


これからキナ臭くなるというデモ行進コース近くでは、イかすバンド天国。イかす。


反グローバル主義の皆さん。私も数々の検問を訪れた際にはその手のセクトメンバーだと思われて
それがまた会話の弾む一因になった。私はサミット大歓迎派です。なんならもう一度洞爺で
やってください。サミット。


デモのコースは大通沿いの道を行き、駅前通りを右折で南進する。デモスタートに向けて
警官が配置される。


歩道にも別の班が待機。


歩道の団体さんは採証班。活動家の顔貌データを採集する為にすんげぇ数のカメラが。


撮り合いっこ。ちなみにこちらが得た採証データも、それなりの所にそりゃもう流す流す。冗談だって。


行進時における各セクトの並び順がどのように決められたのかは不明だが、公安からのマークが
緩い順だったように見えた。前半に固まるセクトの中には「それ、サミットに関係無いよね」ってのも
混じっていたようで。いやいや、枯れ木も山の賑わいだ。アクセサリーみたいなもんだ。


行進がゆっくりとスタート。


駅前通でのライトターン地点にも警官待機。こちらは静岡県警の皆さん。


報道の方々もスタンバイ。役者が揃ってまいりました。


デモ隊が来るぞぉ~!!慌てて人間誘導路を作り出す静岡県警の皆さん。いや、デモやってるの
知ってたんですよね。無能な上官のだらしない指揮で現場は泥だらけ。


間に合った。ハァハァ。


大阪府警の機動隊現場指揮官車。


ここで「右に曲がってくださーい」の他にも色々言っていたようだが、実際何言ってんだか
よく聞き取れなかった。ちなみに奥の3人目は道警。メンツとプライドがあるからな。


混乱もなくデモ隊は右折。


駅前通と交差する通りには別の機動隊。今度は隊を直進させなくてはいけない。左右の道に
展開してモロトフカクテルを投擲されると一大事だ。


バリケード役を務めるは岡山県警。


大盾に隊特有のヘルメット。夢のようなひと時だったなぁ。


配置開始~。ホイスッルが鳴り響く。奥の隊員に注目。大盾を忘れた隊員が俺にそれ貸せよと
なっている。そしてそれを拒否している隊員も。冗談です。


危なっかしいセクトの列に併せての配列開始。


ハイ、並んで、並んで~。


盾を縦に。なんつって。サミットって楽しいなぁ!!


そりゃもう街は大騒ぎさ。


当時の指導者の顔を貼り付けたメッセージオブジェ。でも、何を言いたかったのはよく
判らなかったんだ。「お父さん、お母さんを大切にしよう」とか、そういう事だったのかね。


私服の意味が全く無かった私服採証班。なんでジャージなんだよ(笑)。ちなみに岡山県警。
採証っていうよりは、隊の活動のホームビデオ作成だったのかも。多分そっちだな。


うんうん、よく撮れてるみたいですね。何より。


判りやすい。ありがとうな。


危ない評判の団体、デモ行進やってくれないかなぁ。


ケツ持ちは、なにわナンバーの現場指揮官車。サミット、また洞爺でやってくれよ~。無いな。