世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。



交通取締りの種類について


「設置式ネズミ捕り」

車道に対して速度測定器を設置し、検挙対象速度に達した該当車両について、
その場で検挙する方式の速度取締りを指す。設置式ネズミ捕りに似て非なる
「Hシステム式オービス」「可搬式オービス」「移動オービス」とは区別される。
ここでは「設置式ネズミ捕り」の詳細を見ていこう。


このように車道に向けて速度測定器を設置する。2020年現在、測定には電波を
使用する物のみが確認されている。測定電波を向かってくる車両に照射し、
その反射を利用して速度を測定する。三角関数やドップラー効果とか、測定に
ついては色々な理屈があるが、とにかく電波を車両に当てて速度を測定する機械って事だ。


測定器本体近影。これは日本無線製のJMA-240/280。サイト内ではJMA-240と標記して
いる。当サイトではダントツの登場率。後述する他社製機器は既に生産を終了
しているという事もあり、いわゆるベストセラーになっているのがこのJMA-240。
配置人員は操作係と停止係の2名。操作係が測定電波のオン・オフを行い、
停止係が違反車両を停止させる。測定電波のオン・オフだが、これは測定電波を
常にオンにしていると、レーダー探知機を装備しているクルマはこれを事前に察知、
減速してしまう。その為操作係は「ギリギリまで引き付けて」電波をオン、つまり
照射を行う。これをステルスと呼ぶ。実際には機械からは電波は常に出ており、
その電波を遮るシャッターの開閉を操作係は行っている。このシャッターの
隙間から漏れる微弱な電波をレーダー探知機を察知すると、探知機の種類にも
よるが、「ステルスです、ステルスです」と警告する。設置式ネズミ捕りの実施は
道警の場合は所轄交通課が行う。交機や高速隊が運用した実績は2020年現在確認
されていない。


銘板にはレーダ式車両走行速度測定装置との標記。


車線軸線に対しての照射角度限界がある為、本体上部には分度器が装備されている。


現場によっては本体に対してマーキングがなされている。「2点式の場合は
27度に設置しなければプラス誤差が出る」なんだろう。どういう事なんだろう。
オラ、わくわくしてきたぞ!


前述の様に、配置人員は2名。前方は操作係、後方は停止係。この他に違反切符
作成に従事する警官が配置されるので、現場には最低でも3名の警官が配置される
事になる。測定器の設置状況にもよるが、画像では両係が接近して配置される
事から、二人羽織パターンと呼ばれる。


ジュラルミンケースの上に置かれているのは、JMAに対して各種設定を行う為の
機械。ドライバーが叩き出した記録を印字するプリンターも兼ねている。
左に見えるのはスピーカー。設定された速度以上の数値を測定すると、
「ピョ~」という間抜けな音が聞こえる。


ピョ~本体。ピョ~。


昔のピョ~。明日のジョーみたいに言うな。


「ピョ~」で停止係ダッシュ。ピョ~ピョ~うるさいよ。


操作係が使用するコントローラー。


別現場。こちらは両係が離れている。現場によっては、これがもっと離れている
場合がある。操作係の挙動に注目。コントローラーを持つ手を横に広げている。
これは停止係に「速いのが来てる」という合図。必ず行われるものではないが、
現場ではこういう所作にも注目したい。


これは両係がかなり離れているケース。こうなると操作係と停止係の連携は
無線で行われる。その際の周波数は350.1MHz。交取に使われる専用周波数。
市販のレーダー探知機の大半は、この周波数を傍受して警告する機能がある。


「ピ


ョ~」


これは操作係が海賊王を目指しているケース。かなりレア。


警察が用意している「速度測定カード」


測定から検挙までのプロセス。


概略図。


JMA-240バリエーション。雨天時の運用を考慮しての現地改修仕様。


プラケースを切り貼りして傘を自作。これで雨の日も安心!


2020年現在ではほとんど見られなくなった測定器達を振り返る。こちらは
JMA-240と同様の長方形タイプ。


だがカラーリングもサイズ感も異なる。


三菱電機特機システム製、RS-720ER。


いかにも「レーダーです」と言ったスタイル。レーダーと言えば円形。そのステレオ
タイプを満足させてくれる。


パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のES-8H01。


こちらは更に「ザ・レーダー」ってスタイルの測定器。


三菱電機特機システム製、RS-720DR。


凄く判りやすい形状。いかにも電波出してますって感じ。だがもうコイツを含めて
RS-720ERも、ES-8H01も、道内で見る事はできない。


2020年現在はやっぱりこれだ。JMA-240/280全盛。


「設置式ネズミ捕り」については以上。「Hシステム式オービス」「可搬式オービス」
「移動オービス」とは区別していこう。