世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。



交通取締りの種類について


「レーダーパンダによる速度取締り」


■ レーダーパンダによる速度取締りとは


パンダのルーフに搭載される速度測定器、いわゆる車載式レーダーを使用しての
速度違反取締りを指す。レーダー本体から電波、あるいはレーザーを測定対象の車両へと
発し、その反射を利用して速度を測定する。2020年6月現在では、パンダは停止
して測定を行っている。だが、レーダーによっては走行間測定も可能とする性能を
有しているものもあり、今後によっては追い上げながら、あるいは対向車線で
すれ違い様に速度測定を行うという時代がやってくるのかもしれない。


レーダーパンダ絶賛待伏せ中。画像の様な状況で、コイツに気付かず、あるいは
コイツに気付いていても「お祭りでもやってんのかなぁ」なんて呑気に違反速度で
通過すると、自分がお祭りになる。そう、祭りは祭りでも血祭りになぁ!ワハハハハ!
なにそのジャンプ系の格闘技マンガみたいなやつ。


〇印がお祭りマシン。


〇印がお祭りマシン。もう、そっとしておいてあげて。


待伏せして、


違反車両発生。〇印はもういらないでしょう。


展開して本線合流、追跡して停止命令。


うきうきサイン会。これがレーダーパンダによる速度取締りだ。項目別に詳しく見ていこう。


■ レーザー式レーダーについて


2020年6月現在、レーザー式レーダーは東京航空機製のLSM-100のみがラインナップ。
従来の電波式とは異なり、いわゆる光学式を採用。レーザーを照射できる方向は一方向
のみで、上記画像の様にこれを前向きに配置した前方照射仕様と、後ろ向きに配置した
後方照射仕様が存在する。これをレーダー探知機によって事前察知する為には「レーザー対応」の
探知機でなくてはならない。電波式のみ対応の探知機では、こいつは全く無反応となる。


同機を真上から。


前面パネルに小窓があり、そこからレーザーを発して測定する。コイツが実戦配備された
直後は、「レーザー」による測定という事を信じる、あるいは理解できない人間から
「レーザー?そんなものを当てたらクルマも人も焼けてしまうよ。ないない。レーザー式
なんか存在しない(笑)」という、今ではすっかり息をしていない物言いがついた事から、
それを嘲笑する意味を込めて、「焼き焼きくん」という愛称をレーザー式レーダーパンダに
付けた物だが、あまり長続きしない愛称だった。


前方照射仕様の後面。当然ながら小窓が存在せずに、その部分をカバーするようにビスが
打ち込まれている。


前方照射仕様のカバーが外された状態。


右側の黒い四角部分がレーザー照射部分。左側はカメラユニット。測定時の証拠能力を
上昇させるための装備。


後方照射仕様。


後方照射仕様なので、パンダ前面に回ると、前面照射仕様の後面と同じ状態に。


前方照射仕様の待伏せスタイル。向かって来る車両に対してパンダが正面を向く。


検挙の際の本線合流はUターンとなる。


道警配備のLSM-100搭載のレーダーパンダはこの前方照射仕様が多い。


同一ポイントによる後方照射仕様機の待伏せスタイル。必然的にこうなる。


違反車両発生時はこのようにUターンはする必要がなく、


最小限の舵角、姿勢変化で本線に合流できる。なので、一見後方照射仕様の方が
楽なのではと、素人的に想像してしまうが、待機中の隊員は後方を注視していなくては
ならずに、首をひねるか、ミラーを駆使ししての目視を余儀なくされる。「なんで
こんなもの(後方照射仕様)を作ったんだろうね」とこぼす隊員も居る。後ほど詳しく説明
するが、測定モードにおいては「前方」「遠去」のいずれかを選ぶ事ができる。
後方照仕様でも「前方」となる。ややこしいけれど。速度測定器自体が後ろ向きに
付いているだけで、速度測定器自体から見れば、「前から出てる」だからね。


レーザー式故に、指向性が高い事が予想されるのだが、そうではない事が判るケース。
こちらは後方照射仕様で、背後すぐには建物が。


真正面から見ると、LSM-100の軸線上に建物が被っているのが判る。しかしこれでも
測定は可能。


実際捕りに行っている。

■ 「やぶさめモード」について

※画像はNHKニュースサイトより。
ここまでレーザー式レーダーについて書いてきたが、説明の様にレーザーを違反車両に
照射するのではなく、「パンダを走行させながら電柱に照射するとハイスコアになる」
裏ワザが発見されたようだ。これぞ正に現在の流鏑馬(やぶさめ)。当サイトではこの
裏ワザを「やぶさめモード」と呼称する事にする。しかしこれはまずいだろうなぁ。
同機器による速取りデータの信用問題に関わる事だ。どうすんだよこれ(笑)。でも、
革命は起きないだろうな。「正しい使い方をしていれば問題ない」で済ませられて
しまう話し。怖いねぇ。


■ 電波式レーダーについて


電波式レーダーにあっては、現在トレンドとされているレーザー式が登場するまでの
間、この方式一択であった事から、いくつもの機種が各メーカーよりリリース
されている。画像のレーダーは三菱電機特機システム製RS-710CD。


前述のレーザー式レーダーLSM-100の様にカメラ機能は無いものの、照射用窓が前後に
設けられており、測定モードにおいては「前方」「後方」「遠去」のいずれを一つ選んで
測定する事ができる。


台形型をしているのが特徴。道警にあってはこのRS-710CD型が電波式レーダーの中では
最も現存配備数が多い。


電波式なので、従来のレーダー探知機で察知する事が可能。


点検時のRS-710CD。


いずれのレーダーにおいても、この定期点検は重要で、違反者と法廷に争う事になる
場合、その争点は「レーダーが正しい使用方法で運用され、かつ正常に作動していたか」
の2点になり、これはその後者においての根拠になる作業の一つとなる。


日本無線製のJMA-5E。RS-710CDのような台形型ではなく長方形型。


こちらも照射用窓が前後に設けられている。測定モードは「前方」「後方」「遠去」の
いずれかを選択できる。


近影。前面。


後面。


福岡県警機。道警も以前はこのタイプの速度測定器を使用していたそうだ。パナソニック
モバイルコミュニケーションズ製ES-8H02。


いわゆるラッパ型と呼ばれていたタイプ。


こちらも福岡県警機。一見するとJMA-5Eに見えるが、丸みを帯びていない。


後方照射はできないようだ。こちらは三菱電機特機システム製RS-710B。


■ レーダーの測定モードについて

「前方モード」
速度測定器に正面から向かって来る車両に対して電波、あるいはレーザーを照射する
モード。前述の様にLSM-100は本体正面からのみレーザーを照射する事から、後方モードは
存在しない。本体を後ろ向きに装備した後方照射仕様は存在する。その場合も「どのモード
で照射しているのか」となれば、それはあくまでも「前方」だ。


LSM-100による、あえて紛らわしい例から。後方照射仕様の前方モードによる測定から
検挙に至るシーン。


手前の車両が検挙対象。この時点でパンダのブレーキランプが点灯しているのが判る。


追跡開始。


こちらはLSM-100前方照射仕様による検挙シーン。


対向車線側を測定。


違反車両発生。


Uターンしての追跡。


JMA-5Eによる検挙シーン。


Uターンする手間はあるが、待伏せ中は乗員が常に対象方向を楽な姿勢で注視できる。
※一発目のLSM1-00の後方照射仕様の前方モードはそうはいかないけれど。


電波式はレーダー探知機によって事前察知されやすいが、道警ではこうして現在も所轄
交通課では第一線を張る機体が多い。


「後方モード」
速度測定器の背面に向かってくる車両に対して電波を照射するモード。


RS-710CDによる後方モード測定の様子。パンダ前方の一般車2台は無関係。


ダッシュ。測定電波を後方から照射している為、まだ前方に検挙対象車が目前に入る前に
動き出している。


右側からインしてきた車両が検挙対象。この時点で速度測定は終えている。


インターセプト。


こちらもRS-710CDによる後方モード測定。一見、前方モードによって対向車線側を監視
しているように見える。※実際には「前方」と「後方」のスイッチを都度切り替えている
と思われる。今回は「後方」モードによる測定がなされる。


パンダ後方からやって来た車両目掛けて追尾開始。


ハイ検挙。


「遠去モード」
速度測定器を通り過ぎた車両の背後に向けて電波、あるいはレーザーを照射するモード。
これはパンダを対象車両が追い越して初めて測定する為、パンダの姿に気付いて減速されて
しまうリスクと、対象車両を現認してから速度測定に入るまでの時間が後方モードよりも
長くなる為に効率的ではない。当サイトにおいては同モードによる検挙シーンの画像データ無し。


■ レーダーパンダ色々


150系クラウン + RS710CD


150系クラウン + JMA-5E


Y31セドリック + RS-710CD


Y31セドリック + JMA-5E


J31ティアナ + JMA-5E


170系クラウン + RS-710CD


V36スカイライン + RS-710CD


180系クラウン + RS-710CD


200系クラウン + LSM-100


210系クラウン + LSM-100(後方照射仕様)


210系クラウン + LSM-100(前方照射仕様)