BACK NUMBER
2013/12/Text No.16-
12/Text No.16 国家公安委員長の交取に対する苦言についての動き。
12/Text No.17 新参者。200系クラウン覆面。鳥取県警&高知県警。そしてプロジェクトDのハチロク。
12/Text No.18 高知県警V36スカイラインパンダと白バイ。道警高速隊のBMレガシィパンダ。
12/Text No.19 釧路署駐車場の通りに面した駐車場にハムの人の覆面?
12/Text No.20 2013年最後の更新です。来年もよろしくお願いいたします。A20の中身に注目ね!



2013/12/Text No.16

今年の6月に古屋国家公安委員長が、速度違反取締り等の現状の方法や状況をもって
「取締りの為の取締り」と表現。そのあり方について疑問を呈した件について動きがあったようだ。
当サイト情報提供者の方々よりそれに係る報道記事をいくつも教えて頂いた。ありがとう
ございます。当初の同公安委員長の発言においては先の「取締りの為の取締り」に加えて
「制限速度時速40キロの所を時速40キロで走るドライバーは居ない」とも発言。捉え方に
よっては違反を容認、あるいは取締りが厳しすぎるとも取られかねないとして、交通事故死者
遺族の会からは正式に抗議文が寄せられ、また、北海道公安委員長にあっては取締りの
最前線に立つ警察の各所各隊に対して、古屋委員長の発言に萎縮する事の無い様、
これまで通りの取締り体制を維持するようにと達しを行なう展開に。要出典。だが事実だ。

数年前の自分なら、古屋委員長の発言に「その通り!」「良くぞ言ってくれた!」と単純に
思い、自身のしているムキィィィ!!な行為を更に正当化するような記事を書いただろう。
しかしなぁ、同委員長の言っている事って違反した人間の答弁にも聞こえちゃうし、そういう
発言を警察の親玉がしちゃいけないよとも思った。この件に関して現場の警官からも「どう
思う?」って聞かれた時にも実際そう応えたもんだ。で、そんな発端から数ヶ月、今後の交通
取締りについて具体的にどうなるのか。

取締りや各規制による事故抑止効果と必要性について、まずは国民に対して説明する事。

そんな事を今更しなくてはいけない程、今の交通取締りのやり方っておかしな事になってたんだ
なぁと思ってしまいそう(笑)。ノルマなんてないもん!などとピュアな心で取締りを(以下略)。
ノルマあるからなぁ(笑)。で、警察庁から全国の警察に対して上記の件について資料として
まとめて公表するようにとの宿題が出されたそうだ。これは見物だ。道警がなんて答弁するのか
想像すると今からなんだか笑える。せいぜいキレイごと並べろ。で、もう一つの動き。

これまでは幹線道路においてのみ(あるいは大半で)オービスや設置式等の速度取締りを
行なってきたが、今後においては「小型移動式速度測定器」なる物をを歩行者の多い
市街地に設置して取締りを行なう。

という方針を打ち出してきている。小型移動式速度測定器(笑)。なんだそれ(笑)。三菱電機も
パナソニックも速度測定(取締り)装置の市場から撤退し、今は日本無線のみとなっている現状で、
新兵器の開発を進めるってのか。面白くなってまいりました。新兵器が出てくるまで、警察が
宿題を出すまではまだまだ時間がある。それまでは今まで通りのネタを回収できる。どう転んでも
我々のネタは潤うって算段だ。今後も皆様からの取締り情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。厚別署
交通課所属機。コンビニ駐車場での撮影。こちらから声を掛けると「歳末警戒中なんです」との
事。交通課も年の瀬の平和維持に努力しているんですなぁ。


コンビニの明かりと赤色灯。コンビニ強盗防止の啓発ポスターに使えるな。


定番の鉄チンホイール+マークXホイルキャップ。今は最もタマ数の多いパンダの一つと言える
だろうが、もちろんこれとていずれ退役していく。クラウンは後継の200系を最後にパトカー入札
投入を終えた。いずれはコイツも珍しいパンダと言われる時期は来る。その時までにウチの
サイトはやっているだろうか…。無理っぽいかもな。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。180系クラウンパンダが
臨場し、奥の雪山の陰には事故処理にあたる警官の姿も。何があったのか。


事故処理車両の後ろに転がる自転車と、その後ろの車両が当事車両。クルマ対自転車の事故。


テッカテカの凍結路面でも自転車は飛び出してくるし、クルマはもちろん急に止まる事はできない。
「こんな道路で自転車乗るなよ(笑)」とにわかに信じ難い行動だと思いがちだが、こんな道路で
自転車に乗る人種ってのは存在する。クルマを運転する以上、そうしたリスクを考慮した上で運転
しなくてはいけない。過失の割合は間違いなくクルマの方が高い。明日は我が身。気を引き締めて
運転に臨みたい。



こちらも痛ましい事故現場画像。当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。クリスマス
当日の事故だそうだ。よりによってこの日にとも思ってしまうタイミング。だがこうして事故は起きて
しまう。安全運転しなくちゃな。マジで。




2013/12/Text No.17


当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
おっとぉ、コイツは当サイトでは初登場の個体だな。ナイスショットです。ユーロアンテナ
から伸びる同軸ケーブルが大変ありがたい。ナンバーは「帯広300 て 24-85」だ。
十勝機動警察隊所属と見て間違いないだろう。こいつの前後賞の存在も充分考え
られる。盛り上がって参りました!


ルームミラーは上下2段式。いいねぇいいねぇ。新しい標的の登場ってのは嬉しい事だ。
今後も皆様からの覆面パトカー情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィパンダ画像。ありがとうございます。撮影は
愛知県知多市。同県警知多署所属機との事だ。対空表示は「知1」。今更だけど、漢字+
アラビア数字の表記って外人さんが喜びそうなディテールだよな。映画「パシフィック・リム」とか
見ててもそういうテイストあるもんな。クラウンに変わって続々とその台数を増やしていくレガシィ
パンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたパトカー秘密基地画像。ありがとうございます。秘密しちゃ
いけねぇよなぁ。なんでもかんでもさ。という訳でもどういう訳でも。交機分駐所。なんと素晴らしい
響きなんだろうか。本籍変えるかな。どっかの分駐所に。話しを戻す。撮影は鳥取県警交機
東部分駐所。ワーオ。敷地を同じくしてココには運転免許更新センターがあるという。重大な
ヒントが隠されているわけですな。しかし残念な事に数年後には免許センターと分駐が切り
離される計画が進んでいるそうだ。ずっと一緒でいいじゃんよねぇ。こうして撮影できるんだから。


200系クラウン覆面。ダブルミラー仕様で前面警光灯はグリル内部に。ナンバーは「鳥取300 に
32-78」だ。キッチリ押さえておこう。


更に気になるのがこのガレージには居る。右の2台だ。


2代目インサイト。ナンバーは連番。捜査用なんだろうけど、交機の分駐に居るってのがいい。
ナンバーデータはしっかり押さえさせて頂きました。ナイスショットです。


再び200系クラウン覆面。獲物を物色中の「32-78」。


時間と場所を変えて同「32-78」。運転している人間も同一。褒められたステアリングホールドとは
思えない。こいつはもっぱら同県岩美郡岩美町方面 国道9号で、脇道に潜伏してそこから本線に
ダッシュという手口で稼いでいるそうだ。国道9号、期待できるエリアって事だ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は高知県
高知市。同県警高知南署地域課所属機との事だ。対空表示は「M05」との事。一発目の愛知県警
BMレガの所では漢字+数字がカッコイイって書いたけれど、これもいいな。なんでもいいんじゃねぇか!


そしてこちらは180系クラウン覆面。こちらも高知南署所属機だそうだ。交通課だろうなぁ。事故処理
現場での撮影だそうだ。事故処理に覆面を投入するのが素晴らしい。色々な意味で。ナンバーは
「高知300 ち 42-52」だ。


同じ180系クラウンでもこちらは前面警光灯がグリル内部に。南国警察署所属の「高知300
つ 47-51」だ。こちらも事故処理に従事していたそうだ。そういう時でも正体を明かして活動。
いいですなぁ。



8月に予約しておいた1/18スケールミニチュアモデルカーがようやく発売に。長かったなぁ。
だが、この年の瀬に嬉しいプレゼントだ。いや自分で買ったんだけどさ。


トヨタ スプリンタートレノ(AE86) イニシャルD プロジェクトDバージョン。早速見てみましょう。


伝説のパンダトレノ。よく出来ております。オートアートだもんな。信頼のブランド。


ワタナベのバナナスポークホイール。もちろんリトラのヘッドライトは開閉可能。


劇中ではフロントよりもむしろリアの方が描かれている印象が個人的にはある。リアももちろん
カッコイイんだよ。


マフラーもマットガードのディテールも、タイヤのパターンに至っても再現されている。凄い。


ボンネット、左右ドア、リアハッチをオープン状態にする事も可能。


エンジンは換装された「2代目」エンジン。TRDグループA用の「ヤバイ代物」だ。


4連スロットルに加えてエグイと表現されたエキマニもキッチリ再現。錆びている所も含めた質感が見事。


室内。フルバケに換装されたシートはもちろん、例のあのメーターも。


1万1千までキッチリ回せ…。


一時、1/18スケールのモデルカーを結構買った時期があり、「もう買わないぞ!」って決めていたのだが、
このハチロクがモデル化されるのであれば話しは別だ。「悪魔のZ」とか「環状仕様のワンダー/グランド
シビック」が出てきたらちょっとヤバいかもしれないけれど。


神奈川県警高速隊のR32 GT-Rと並べてみる。パンダ繋がりって事で。


こうやって見てみると、32GT-Rがいかに大柄で、ハチロクがいかに小柄なのかが判る。




2013/12/Text No.18


当サイト情報提供者の方より頂いた警察署画像。ありがとうございます。いかにもな
ツラ構えの署。お役所の雰囲気満点。だってお役所だからな。ここは高知県警本山署。
市役所や学校にも共通する典型的デザイン。ちなみにTVドラマや映画では業務
終了後の市役所や、廃校になった学校の玄関前を警察署としてロケする場合が多い。


署の前にはV36スカイラインパンダ。いいですなぁ。道警ではレーダー装備仕様だが、
レーダーレス仕様もいい。かっこいいぜぇ!


そしてこちらは同県警白バイ。当サイト情報提供者の方より頂いた。ありがとうございます。
駅伝が行なわれつつも一般車もコース上に。なんだか面白い光景だ。同県警の
白バイというと、例の事件をまず思い出してしまうな。怖いねぇ〜。



当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。
ルーフ一本立てのアンテナが非常にありがたい。素晴らしい無線アンテナだ。中身は
坊主頭が一体で、スマホをいじるのに夢中だったそうだ。スマホ捜査。操作じゃないよ。
しかし今度は覆面から降りてタバコで自分の肺がどれぐらいニコチンで汚染されるかを
捜査し始めたそうだ。声掛け実施。

情:おはようございま〜す! なにか事件でもありましたか〜?
警:えっ あ〜 いや〜 そういうわけでもないんですけどね〜
情:そ〜ですか!それはなによりですね〜

微笑ましいやりとりの直後、坊主頭はタバコを半分も吸わずに覆面と共に消えたそうだ。
どうしたんだろ。タバコ最後まで吸えばいいのに。レントゲンでJTのマークを黒く浮かび上がる
まで頑張ればいいのになぁ。皆様からの覆面情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた150系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は新千歳空港。一般レーンにおいての駐禁取締り実施中との事。
ちなみにこの「車両が横付けできるエリア」ってのは警察が駐禁に問える公道の部分と
国土交通省管理の私有地で、警察が駐禁に問えない場所があるそうだ。それは面白い。
いずれの場所でも駐車されれば本来目的の車両運行に支障が出る。だが、警察が手出し
できないエリアが一部そこにはある。世の中の仕組みってのを感じるね。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィパンダ画像。ありがとうございます。
高速隊所属機ですな。昇降式ではない。今更だけど高速II型と捜査用に採用の
覆面が同スペックってのも凄い話しだよな。仕様書さえ満たしていれば、メーカーが入札に
どんなスペックのマシンを投入してもいいんだから、こういう事も有り得るのは判るが。
でも、スバルは以前にも鷹目インプWRXを捜査用覆面の入札に投入してたもんな。



当サイト情報提供者の方より頂いたうひゃほう画像。ありがとうございます。冬場には
難所となる羊ヶ丘通ですな。1週間に1度は全損級の事故が起きてるような道路。
刻々と変化する路面状況を把握して適切な速度での走行を。安全運転で行こうぜ。
無事にこの冬を走り抜け。




2013/12/Text No.19


当サイト情報提供者の方より頂いた機動隊バスinすすきの画像。ありがとうございます。
撮影は12月初旬。年末も押し迫った繁華街に大量の警官を輸送できるバスが臨場。
同月の一斉検問とも日付はずれている。風俗店へのガサですかね。普段のお付き合いで
その「監査」を無事に乗り切れるかどうかが決まる。え、なにそれ。どう、いう事?うーん、
全く判りません。ちなみに飲み屋のお姉さんに聞くところによると「飲み方が一番汚いのは
警官」だそうだ。肩書き職業ふりかざしてお店の人を困らせるのが多いんだと。信じないもん!
そんなの嘘だもん!はいピュ(以下略)。信じるか信じないかはアナタ次第です。


こんにちわ〜。こっち見んな(笑)。おいおいおい、その物言いはないだろ。こんばんわ〜だろ。
夜の撮影だからね。



当サイト情報提供者の方より頂いた釧路署画像。ありがとうございます。いかにもな
風情の建物がイイ。お役所の建物全開。早速駐車場を見ていこう。また袋が騒ぐってか。


これはもう仕方の無い事なんだけれど、車種で正体がバレバレという展開。車種でまずは
判断して具体的に撮っていく。王道パターンですな。


まずはJ31ティアナ。捜査用覆面の代表的車種の一つ。ありがたいアンテナも非常にありが
たい。撮影に関しては声掛けがあったそうだがおとがめ無し。「警察の大ファンなんですぅぅ」
作戦でいったそうだ。ナイスです。


BLレガシィ捜査用覆面。諦めムード全開のTLアンテナ仕様しかも地上に対してほぼ垂直の
角度。秘匿性ではなく感度最優先の角度。まさかハムの人…?そんな訳ないよねぇ〜。
車名エンブレムの下には5連星モチーフのステッカー。


このステッカーを貼っているレガを見たらまずは覆面と期待せよ。


BLレガだがこちらは後期型。やはり例のステッカーを貼っているな。ありがたいねぇ〜。


パンダを見ていこう。手前Y31セドレーダーパンダ。奥には180系クラウンパンダとBMレガ
パンダ。


セドの対空表示は「606」だね。交機所属機だ。そしてBMレガの方に目をやると昇降式
ユニット部分に漢字一文字でマーキングが。


「釧」マーキングから本隊所属機である事が判る。釧路機動警察隊の自ら小隊機。


こちらも新しい部類に入るおもちゃだ。E26キャラバンの事故処理車両。


先代のE25キャラバンと。ナイスショットです。


場所を署の裏手に移す。こちらにも捜査用覆面が沢山。素晴らしい署だ。釧路署。


ありがたいアンテナを付けたのがごっそり居たという。ナンバーデータ、しっかり頂きました。


で、今回最大の注目株がコレ。240系アリオンなのだが、エンブレムの位置が車名、グレード
共に純正と異なる位置に。爆笑捜査用覆面のキザシで法則が破れたが、この車両が
配備になった当時は、捜査用覆面でボディーカラーがホワイトの場合、道警ではおっと
これ以上は。贈り物で定番の一品。それはハム。なんで急に中元や歳暮の宣伝してんだよ。
判らない。なんだか無性に。


ゼロの所、なんかくり貫かれてないかぁ?いやいや気のせいだろ気のせい。万が一にもまさか
ハムの人の覆面だったらこんな通りから面した所に、しかも一番肝心な部分を見せて無防備に
駐車してないだろー。誰だよゼロの所からピンホールカメラが覗いてるなんて言ってるのは。
そんなの知らない。そんな車両があるなんて知らないもん。今後も皆様からのエンブレムが
おかしな位置にずらされているアリオンの情報をお待ちしております。



インバイト社のウェアラブルカメラが届いた。I saw Extremeだ。フルハイビジョン60fpsで
ビデオ撮影が可能。本体の他にカメラ固定用のアームと防水ハウジングが付属。自分は
その中でもこれらパーツを選択して相棒に接続する。


本体。手のひらにポンと乗ってしまう程小さい。これで何度も言うけどフルハイビジョン
60fps。悪用する人もいるだろうなぁ…。これ。オマエが言うなオマエが。


背面には設定確認及びモニターを兼ねる液晶が。GoPro社のHRE3+ではこれがオプション
だったので、こちらを選んだ。


追加したブラケットに装着。見る者に与える心理的影響は更に大きくなるだろう。それも狙いだ。


付属のアームを使って前方にせり出しさせているのでストロボやレンズのケラレ無し。


ブラケット部分がおかげでスッカスカになっているが、これを生かして持ち運び時のグリップに
できる。だからこれでイイ。


後ろから。コラァァァ!!何写真撮ってんだぁぁ!!ってこれに向かって警官が噛み付いて
来るんだぜ(笑)。こりゃすげぇや(笑)。これでスチル撮影と同時にビデオ撮影も可能に。
ネズミ捕りで飛び出していく警官をYouTubeにアップできる日も近い。




2013/12/Text No.20


当サイト情報提供者の方より頂いた200系ハイエース機動隊車両。撮影は成田空港。
同空港警察所属機との事だ。同ハイエースの中でもワイド・ハイルーフタイプという事で
そのタマ数は少ないそうだ。いつも通りの、そして年末には更に密に。空港の治安を維持
するためにパトロールを続ける。ちなみに都道府県警の一部では新人警官教育時には
成田闘争時の古い記録映像が教材として使われているそうだ。デモ隊の制圧にあたえる
機動隊員の一人が熱くなってしまったが為に、指揮官からの後退命令に気付かずに
単独突出。デモ隊に逆に取り囲まれて角材でメッタ打ちにされてしまうという内容の物。
命令服従は大事だよって教材らしい。本物の迫力ってヤツだ。



当サイト情報提供者の方より頂いたグーグルストリートビュー カメラカー画像。ありが
とうございます。撮影は高知県高知市との事。私が過去に遭遇した時はプリウス
だったが、現在はこのGPインプレッサが採用されている。新千歳空港エリアのSAT訓練
施設付近で遭遇した時が懐かしい。つきまとった結果のストリートビュー画像は撮り
直しで消えてしまった。残念。


ストリートビュー機能にあっては「空き巣やストーカーの手助けツールになる」「プライ
バシー侵害になる」と実装当初、日本にそのカメラカーが走り始めた際は懸念されて
問題視されたが今はそれもどこ吹く風。だが相変わらずこの車両が何をするクルマ
なのかは明記されていない。「ストリートビュー用の画像を撮影しながら走行中」という
表記は無い。同機能のユーザーであれば車体のペイントからなんとなくそれが連想
されるだけに留まっている。


ナンバーはプリウス時代と同様、成田ナンバー。市中を無差別に撮影しまくって走る
クルマのおかげでこちらのやっている事も正当化できるのは利点だ。車両にその目的が
明記されていない事も含めてだ。「オープンスペースからの撮影」ってのは素晴らしい。


GPインプレッサの元々の精悍な顔つきのせいもあるけれど、中々かっこいいフォルム。
カバーはかけられているけれど、カメラユニットも含めてかっこいい。1/18スケールで
カメラカーが出たら買ってしまうかも。


カメラ近影。黒のカバーの中には青いサッカーボールのようなカメラが在るんだろう。
今後も皆様からのストリートビュー カメラカー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。
千葉県の銚子漁港で年末年始の警戒に従事する覆面パトカー。赤色灯を露出させて
あえて正体を見せての警ら活動。いいですなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いた240系アリオン捜査用覆面画像。ありがとう
ございます。昨日の記事とは関係は無いようです。とにかく、ナイスショットです。
車名とグレードエンブレムの位置が純正と違う。240系アリオンなのに、その位置関係
からして260系のそれに近いレイアウトに「変更」されている。なんでだろうね。


こちらはフラッシュを使用しての撮影。いいですなぁ。更に寄ってみましょう。


なんだろうね。これ。全く判らない。さっぱり判らない。これを「撮られた!」と思うであろう署は
当サイトの事はノーマークのザルみたいな所だったそうだ。それ故の戦果でもある。そういう
ぬるい傾向に感謝だ。おかげで我々のネタが潤う。日本は平和だ。誰もが行き交う大きな
通りに面した署の正面に、道路側に尻を向けてこういうのが止まってんだからな。こりゃすげぇ(笑)。
いやコレがなんなのかは我々には判りません。というわけで、2013年分記事もこれで最後に。
当サイト情報提供者の皆様には大変お世話になりました。遠く離れていても、実際に
お会いしなくても、「我々は我々」だと思っています。何度も書いてきたけれど、一人でなんか
ここまでやってこれなかった。まだ開設して一年も経っていないけれど、今年も本当にお世話に
なりました。チカラをもらう事ができました。自分のカメラシステムも更に協力になりました。
今後はこれをフルに活用してコンテンツの充実を目指します。皆、本当にありがとうね。来年も
良い年にするよう頑張ります。今後も皆様からの情報提供をお待ちしております。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP