BACK NUMBER
2013/11/Text No.11-15
11/Text No.11 「検問」表記のまま「事故」処理の愉快な酔っ払い乗り逃げワンボックスパンダ。熊本県警のエスクードパンダ。
11/Text No.12 大阪府警高速隊吹田分駐でのマークX覆面「なにわ301 た 71-69」。衝動買いのサムライエッジ・スタンダード。
11/Text No.13 神奈川県横浜市都筑区荏田南町での設置式ネズミ捕り。ユーロアンテナに新商品登場。型番はWH-UV-TP。
11/Text No.14 北区新川西1条7丁目道道125号での赤無視取締り。厚別区大谷地西6丁目の一時停止無視取締りが役満達成。
11/Text No.15 札幌交機レーダーパンダ1台と覆面2台の編隊走行を逆追尾。ナイスショットです。



2013/11/Text No.11


当サイト情報提供者の方より頂いた警察臨場画像。ありがとうございます。自転車の
老人と警官が話し込んでいたそうだが詳細は不明。


だが何故か検問表記。情報提供者の方が「なんで?」と質問すると、警官も「あぁ!」って
なったそうだ。こないだの11月8日の検問の時のままにしてただろ、白石署。こういう所だぞ。
大事なのは。ちゃんと点検しておけ(笑)。


指摘を受けて「事故」表記に変更。検問じゃねぇのかよ。ちなみに白石署は数年前の飲酒
検問時に、このワンボックスパンダを徒歩でやってきた酔っ払いに乗り逃げされるという珍事を
起こしている。面白い事をやってくれる愉快な署です(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
神奈川県警高速隊所属機との事だ。ナンバーは「64-96」が確認できる。


過去に撮影して頂いた同車。「横浜303 ね 64-96」だ。外部露出アンテナ無しだがスモーク
レス仕様。パトサイン装備仕様故ですな。ドラえもんのカリメロヘルメットも確認できる。
ナンバーも含めてしっかり押さえていこう。見つけ次第ガッツリ撮影だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたスイフト交番パンダ画像。ありがとうございます。旅先での
撮影との事。感謝です。神奈川県警のマーキングが中々テクノっぽくていいですなぁ。そして
↓こちらは熊本県警。


渋いぜ。毛筆体っぽい雰囲気。阿蘇山上警備派出所での撮影。当サイト情報提供者の
方より。こちらも旅先での撮影。嬉しいです。


スズキ・エスクードの3代目。精悍な顔付きにパンダカラーが良く似合う。山岳地帯の警察車両
って雰囲気もたっぷりだ。前面警光灯がLED仕様でグリル形状に合わせて装着されているのも
いいですなぁ。かっこいいぜ、エスクードパンダ。



当サイト情報提供者の方より頂いたブラックマーク画像。ありがとうございます。これは8月26日に
道内で起きた貸切バスの横転事故現場の物だ。乗員乗客合わせて13名が重軽傷を負った。
で、事故について当事のニュースでは運転手の証言として、

左にハンドルを取られたので、右に切ったら中央分離帯にぶつかった。

凄い勢いで左にハンドルを切って、ガードロープに接触しないようにと右に思い切りハンドルを切って
いるのが判る。左にハンドルを取られた状況が素人には想像できない。プロの運転手の方でも
こんな状況になるんだ。恐ろしい事だ。居眠り運転でもしていたなら話しは別だろうけれど。当事
車両の姿は無くとも事故の恐ろしさは充分に伝わってくる画像だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。寝てないよ。
寝てないよ(笑)。壁に頭を向けてミラーで後方を見張ってるんだよ(笑)。寝ていると油断させての捜査
だよ。誰だそこで笑ってるの。今後も皆様からの「寝ている振り捜査」覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウン覆面画像。ありがとうございます。北見交機
所属の「北見300 ち 49-30」だ。同交機覆面ではコイツのみが活動中か?と話題の一台だ。
11月2日の撮影との事だ。稼動していない2台の180系クラウンの代替覆面はいつ来るのかね。
面白くなってまいりました。今後も皆様からの情報をお待ちしております。


そしてこちらは新たにやってきたBMレガシィパンダ。自ら隊所属機だ。今後はトヨタとスバルが入札時
には「うまく連携」してトヨタはマークX、スバルがレガシィをパトカー入札に投入するようだ。マークXの
パンダ、見てみたいねぇ。




2013/11/Text No.12


当サイト情報提供者の方より頂いたパンダプール画像。ありがとうございます。いいですなぁ、
各種パンダが出動を控えてたたずむ。100系(だよね?)のランクルパンダもあるんだね。撮影は
大阪府警高速隊吹田分駐。イイ所みたいですね、吹田分駐。


ワーオ。これはこれは。否パンダの130系マークXが居るじゃないですか。


同府警高速隊所属の「なにわ301 た 71-69」だ。130系の前期型。キッチリ押さえていこう。
近畿道、名神高速、第二京阪で目撃されているようだ。


バンパー下部にLED仕様の前面警光灯。いいねぇ。


ルーフには反転式赤色回転灯用のフタ。苦行僧が騒ぎそうな位のナイスショットです。


こちらは180系クラウン。「なにわ300 ま 66-57」。オートカバー仕様の古き良き時代の覆面。
だがコイツも押さえていこう。発見し次第ガッツリ撮影といこうぜ。今後も皆様からの覆面パトカー
情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛恨の青切符画像。ありがとうございます。こちらを
お送りして頂く時の情報提供者の方の心中察するや余りある。だが、ここから学べる事がある。
違反の内容から見ていこう。覆面パトカーによる速度違反取締りで、制限速度時速50キロの
所を17キロオーバーで検挙。気付いた時には後ろで覆面がパッシングしてきていたそうだ。
現場は恵庭市春日448番地とある。


現場を地図で確認。道道45号。国道と国道とを結ぶ直線道路。


ストリートビューで見る現場。片側一車線の道幅も広くない道路だ。「気がついたら後ろに居た」
という状況からしても、覆面は脇道に隠れていて、そこから猛ダッシュして検挙という手口なのは
間違いない。


サイン会中のナイスショット。「撮影してもいいですか?」の問いにドラえもんは「いや〜、撮っちゃ
ダメとは言えないんだけどさー、」と言い掛けた時にはもう撮影。重ね重ねナイスです。この画像の
人が福原警部補ですか。古畑任三郎と同じ階級ですな。ドラマと現実をごっちゃにすんじゃねぇよ。
道道45号は今後も要チェックのエリアだ。もう少しで冬が本格化すると交機は南下傾向を見せる。
恵庭以南での取締りが激化するという事だ。キッチリ押さえていこう。



買っちまった…。もうサバイバルゲームはとうにやめているのに。部屋に飾りたい!という衝動を抑える
事ができなかった。バイオハザード「0」に登場のサムライエッジ・スタンダードモデル。


ベースとなるのはベレッタM92FS。


遊底部分にはラクーン市警特殊部隊のS.T.A.R.S.の刻印。


グリップ部分にはその部隊章が。こういうディテールに弱いんだよなぁ。


ガス式のブローバック機構を採用。


撃たないで飾るだけ。でも、それでいい。こうなるとハンドガンを他に2〜3丁は飾りたくなる。中古でも
いいんだよな。これからしばらくはその手のショップ巡りをする事になりそうだ。




2013/11/Text No.13


当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。撮影は
神奈川県 横浜市都筑区荏田南町 県道13号。


現場を地図で確認。キッチリ押さえておこう。


測定器だけを上空に配置して操作係は半地下に配置。できるだけ目立たない様に配置されて
いる。ガードレールもうまく利用している。使用機器のJMA-240については分度器を外している
使用方法。マニュアルによると分度器は「傾斜角度測定後であれば」外してもイイとあるようだ。
どうして外す必要があるのかと疑問に思ってしまうのは、私が素人だからなんだろうな。


ジュラルミンのケースからアンテナのエレメントが伸びているのが判る。


停止係。こちらは路地に隠れていてドライバーからは完全に見えない。面白いのはコイツが
着ている服。黄色のジャンパーって凄いな。


ハイ検挙。背中には神奈川県警察の文字が書かれてはいるが、一瞬「なんだオマエ?」に
なってしまいそう。


サイン会場へと引きずり込まれる。


撮影時はこのワンボックス一台のみ。逃走車両発生を考慮しての追跡用車両のスタンバイは
無かったそうだ。情報提供者の方は過去にここで検挙された事があったそうだ。それでいて
なお情報提供していただいた心中、察するや余りある。感謝です。



当サイト情報提供者の方より頂いたユーロタイプ無線アンテナの取扱説明書画像。ありがとう
ございます。先日の2013/11/Text No.02記事で主にTA型アンテナの取説画像を紹介させて
頂いたのだが、今回のコイツはユーロタイプ。しかもこれから出回るであろう「新商品」だ。これまでの
ユーロアンテナとは決定的に異なる点がある。弱点でもあった同軸ケーブルが外部露出してしまう
事を改善。コイツは面白くなってきた。早速詳しく見ていこう。


取説には型番が2つ案内されており、その内のマグネット取付型のMG-UV-TPは従来品。で、
目玉になるのが穴開け取付型のWH-UV-TPだ。日本アンテナのWH-UV-TP。覚えておこう。


取付方法。ルーフに穴を開けて装着しなさいと指示されているが、納入された車両に穴開け
加工をを追加する必要は無い。純正のラジオアンテナとコイツを取り替える形で装着すれば
良い。ルーフの穴からケーブルを車内に引き込むので外部露出無し。進化したねぇ。元々が
ユーロタイプのラジオアンテナ仕様の車両であれば、コイツに換えてもほとんど判らなくなる。ドル
フィンタイプのラジオアンテナ車が今後増えていって欲しいと願うばかりだ。そして元々ルーフにラジオ
アンテナが無い車種も存在し続けるであろうから、そういう場合は今後もマグネット式を採用すると
思われる。キザシなんかそうだよね。


こういうのとか、


こういう残念な子は今後も存在し続ける可能性もある訳だ。それはそれで楽しい。


既存のMG-UV-TPとの性能差は全く無し。取付方法と付属品が異なるだけだ。


ユーロタイプラジオアンテナとコイツの外観上の見分け方は一点のみだそうだ。無線アンテナの方は
エレメント先端が光沢のあるプラスチックになっているという。ラジオアンテナはオールラバー仕様との
事だ。これを見分けるのはかなり難しいかもしれない。だが、そこが面白い。今後も皆様からの
情報提供をお待ちしております。



ガスガン購入二丁目。モーゼルM712。マウザーって言った方が更にカッコイイ。C96のバリエーションの
一つ。マウザー・シュネルフォイヤー。


オート式拳銃でありながら、マガジンがグリップ内ではなくトリガーの前方に配置される。独特のスタイル
故にインパクトもある。


ドイツ帝国時代の銃。クラシックだが数々の映画・コミック・アニメに登場。ゲームではバイオハザードや
メタルギアシリーズに登場。


※画像はアニメ「人狼 JIN-ROH」より。
自分の中ではケルベロスシリーズでのイメージが強い。特機隊、とにかくカッコよかった。


別パーツとなる木製ストックを装着した際に調節するタンジェントサイト。こういうディテールがいちいち
カッコイイ。


飾る。撃たないよ。


こうなってくるとリボルバーも欲しくなるなぁ。いい加減にしないさよ。




2013/11/Text No.14


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ赤無視取締り待伏せ画像。ありがとう
ございます。撮影は北区新川西1条7丁目 道道125号。過去にもここでの取締りを記事にさせて
頂いている。定番ポイントってヤツだ。で、コイツは情報提供者の方が後ろに付くと、慌てて現場を
後にしようとしている様子。後ろからクルマが来なければ、青信号でも発進しない。その方がラク
だからな。全く、マヌケな野郎だよ。おいおい、そんな失礼な事言うんじゃねぇよ(笑)。


現場を地図で確認。前述の通り、今回のパンダは「後ろからクルマが来たぞぉ!逃げろぉぉ!!」に
なったそうだが、パンダをしばらく「泳がせて」から、現場に戻るとまた同じ事を始めたので、今度は
遠巻きに観察したそうだ。ナイスです。


程なくして検挙。へぇ〜、トラックでも捕まえるんだな。大体は見逃すくせに。またそんな事言って〜。
苦行僧がヒステリー起こすからそういう事書くんじゃねぇよ。へいへい。話しを本題に戻す。対空表示に
注目。手稲署地域課だな。ここは北区なので北署管轄なのだが、お互いに縄張りを共有してるって
事か。過去に撮影の画像を見てみよう。


BMレガシィが待ち伏せ。


コイツは北署所属だ。


コイツもトラック検挙。大体は見逃す(以下略)。


ストリートビューでは手稲署のパンダが撮影されている。このストリートビューの件は複数の当サイト
情報提供者の方からも教えて頂いている。ありがとうございます。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。道路左端に
寄せての「固定砲台」だ。現場は厚別区大谷地西6丁目。あのファスナー合流手前の一時停止
取締りポイントの先だ。覆面をサイン会場にしての同取締りと思われる。


過去に撮影して頂いた同車。札幌交機所属の「札幌301 ひ 13-94」だ。バンパー中央部分に
くぼみがあるのが特徴になっている。交機はこれを直さずに長年使用。もうどうせバレバレだもんね(笑)。


取締り対象はココ。キッチリ停止線手前で一時停止を心がけよう。ここには過去、様々な所属の
警官がそのノルマを達成すべく稼ぎに来ている。過去に撮影の物を振り返ろう。


今回覆面が止まっていた場所とほぼ同じ。これは厚別署交通課。


これは厚別署地域課。


所轄が違反を現認する際は、問題のポイントの手前に幾つか並ぶオブジェの陰から見ている。違反
発生の際はその検挙対象の車種とナンバーを、先で待ち構える停止係に伝えるというやり方。


交機白バイ。この場合はポイントよりも更に手前の本線側に駐車して待ち構える。事前の発見は
無理。イイ所見つけたよね。


こちらはまたまた厚別署地域課。


同じ180系クラウンパンダだが、こちらは高速隊。所轄各課、交機、高速隊、オールスター勢揃い。


これからもよろしくね!あ、白バイはもう無理ですか。危なくて道路走れませんもんね(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系ハイエース画像。ありがとうございます。撮影は
旅先のタイより。いいですなぁ、ありがとうございます。レクサスマークが付いてますよ…。タイにも
こういう事しちゃう人居るんだね。


一瞬、RAV4かな?と思ったけれど、ピックアップトラック。これ、トヨタのなんてクルマだろうね。


CP型インスパイア!!タイではアコードV6として販売されている。タイでも活躍の日本車達。
いいねぇ。今後も旅先からのクルマ画像、お待ちしております。




2013/11/Text No.15


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
対空表示から自ら隊所属機である事が判る。こっち見んな(笑)。


現場は東区北21条東1丁目。現場の状況からして例の場所での赤無視取締りでの
検挙劇と思われる。


現場を地図で確認。この場所か、


この場所で「信号待ち」を行っていたはずだ。


さ、この後どう動くかね。撮影には気付いている。


このまま石狩街道を市街地方面へ南下するか。


ROUND1側を左折。こりゃルーレット開始だな。そうこなくちゃ。待ち伏せのポイントに
戻るはずだ。


再び左折。不審車両だな(笑)。ちなみにこちらには声掛けは一切無し。向こうはこちらを
不審車両とは思ってないって事ですね(笑)。


またまた左折。ルーレットだわこれは。


書類箱が見える。何かラベルが貼ってある。


自動車警ら隊の表記。これだと自作できそうだ。小道具だね。違反切符への捺印を
考慮してか、ティッシュも見える。


石狩街道側へ戻るルートを取る。


違反発生に期待しつつの信号待ち。しかし違反車は現れず。


結局は同街道を横切る形で直進。最後の最後でルーレットは完成せず。何か事件でも
あったんでしょうねぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いた交通規制画像。ありがとうございます。
火災現場での規制だったようだが、そもそも通報自体が誤報だったようで、
展開から程なくして早々に撤収開始。「終わり終わり!」と声も聞こえたそうで、
警官にも安堵の顔が見られたという。何事も無いのが一番。


同じく規制に当たる180系クラウンパンダ。昇降式パトライトもスイング。いいですなぁ。
今後も皆様からのイかすパンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
東区雁来方面から国道274号を市街地方向へと右折していったそうだ。しかもコイツの
前方には別の覆面とレーダーパンダ。ワーオ。3台もの交機車両が赤灯上げて走行とは。
随分サービスいいじゃねぇか。情報提供者の方はUターンして逆追尾に入ったそうだ。そう
こなくちゃなぁ。ゲームスタートだ。


赤色灯を点灯回転させてはいるが、緊急走行ではなかったそうだ。ただ速度は「出ていた」
そうだ。こちらには前方の車両の速度を計測できる装置が無いので、実際の速度がどれ位かは
もちろん不明。もちろんな。先頭のレーダーパンダが右に左に一般車を縫うように避けて走行。
それに合わせて後続2台の覆面に編隊走行。かっこいいぜぇ!!でも、なんでわざわざ正体
さらして通常走行してたんだろうな。結果我々には好都合だったけれど。


緊走ではないので赤信号では停止。しんがりは高速隊からのお下がり、「札幌301 の ・137」だ。
ちなみにコイツの前は連番の「札幌301 の ・136」、先頭のレーダーパンダは170系クラウン。


コイツと、


コイツだ。このレーダーパンダは厚別署交通課から横取り40万円してきた機体だ。


だが、この編隊走行もここまで。しんがりの「・137」だけが次の交差点で赤信号で取り残される展開に。
これは好都合だ。最後の仕上げにかかる事ができる。


これまではコイツのケツに張り付いていたが、もうそんな必要は無い。散々撮影できたしな。併走して、


はい前もバッチリ撮影。ナイスショットです。


ナンバー両脇の反転式前面警光灯がキレイですな〜。


また公道で会おう。これからは主に苫小牧エリアで遭遇する事になるだろう。発見し次第、ガッツリ
撮影だ。今後も皆様からの覆面パトカー画像をお待ちしております。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP