BACK NUMBER
2013/06/24-30
06/24 8月2日の千歳航空祭前哨戦。皆様からの航空機画像をお待ちしております。
06/25 道警警察学校旭川分校にぶん投げられているパンダと覆面。ナンバーもバッチリです。そして千歳航空祭F-15Jスペシャル。
06/26 兵庫県警喫煙捜査用覆面2台と厚別署交通課の設置式取締り新方式。そしてブルーインパルススペシャル。
06/27 ブルーインパルススペシャルその2。政府専用機。
06/28 突入せよ!しまむら事変。空自警務隊覆面と所轄パンダ。
06/29 岡山県警 西署生活安全課巡査部長清友紀行君の「やっていない」は最高の答弁。痛ましい車両転覆事故。
06/30 部品脱落のBLレガシィ捜査用覆面と久々に登場の道路監視カメラ画像。そしてエプソンビル前前スペシャル。



2013/06/24(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いたブルーインパルス画像。ありがとうございます。おぉぉ!
かっこいいぜぇ!!撮影は千歳空港エリア。8月4日に開催の航空祭に向けてのリハーサルが
2日に行われたのだ。まるで一つの生き物の様に一糸乱れぬ動きを各機が見せる。いや魅せる。
下降中の編隊を反転拡大させていただいたものがこちら。


いいなぁ。見に行ってみたいなぁ。でも、駐車場とか凄いって聞くしな…。キモオタ童貞ヒッキー
には敷居の高いイベントなんだよ…。


こちらも同空港エリアにて。2日の様子だ。前哨戦は既に始まっている。国道から航空機を見ようと
路上駐車する車両とそれを取締るパンダ。毎年の風物詩だという。


パトカーが現れてはクモの子を散らすように路駐のクルマが居なくなり、そしてほとぼりが冷めると
またワラワラと路駐が始まる。これの繰り返しだそうだ。今後も皆様からの航空祭関連画像をお待ち
しております。



当サイト情報提供者の方より頂いたパンダ待ち伏せ画像。ありがとうございます。速度違反取締の
レーダーパンダとは違い、随分と堂々としたものだ。停止係もしかり。だがコイツが見えている
時点でもう違反の有無は判定されている。こいつはここよりもかなり手前のファスナー合流地点
での一時停止無視の取締りを行っている。


現場を地図で確認。ここは午前11時頃から午後3時頃までの取締りが顕著。


問題の一時停止ポイント現場。この一時停止を省略して合流してしまうドライバーが多い。
そういう所にはちゃんと警察も居るって事だ。だが、現認係を目視する事はほぼ不可能。停止線を
目の前にしている時、現認係はその背後に位置している。だから道交法順守でいこうぜって事だ。


そして違反者は待つべくして待ち構えている停止係の網にひっかかる訳だ。今回は所轄交通課の
仕業だが、停止線手前の本線側に交機の白バイが隠れている場合もある。そのケースでもドライバー
からはその待ち伏せを発見する事は困難だ。相手の見えない所から見張るのは常套手段。現実は
そんなものだ。違反をしないように注意喚起などしてくれない。違反をするまでの間は姿を隠して
虎視眈眈とってヤツだ。道交法順守で行こうぜ。マジで。




2013/06/25(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いたパンダ廃車画像。ありがとうございます。撮影は道警
警察学校旭川分校。これから治安維持の第一線を担う警官を新たに養成する場所に
役目を終えたパトカーが置かれているってのはドラマチックだね。それでいて通りからこうして
誰にでもそういう物を見せている管理体制はドラスティックだね。


黒塗りで潰されているのが哀愁を誘う。


おっとぉ…。これはこれは。パンダの北海道警察のマーキングを消すのも結構だが、こういう物
にこそ情報管理を徹底した方がよろしいかと思います。いやいや、この程度で結構です。
我々のネタが潤う。丸裸で熊牧場に飛び込んだらどうなるかぐらい判るとは思いますが。
ブルーシートのかける場所間違ってるよ(笑)。いや、だからこの程度でいいんだってば。コイツは
高速隊所属の「旭川300 て 58-73」だ。


現役当時の同車。高速隊所属機ではあったが、一般道でもバリバリやってた。


もうコイツの稼ぐ姿を見られないんだなぁ。寂しいねぇ。


もう一台。ナンバーを意図的に外してシート被せてんのか?だったら笑っちゃうけどな(笑)。
もう笑ってんじゃねぇか。ナンバーは「旭若300 と 98-08」だ。


現役当時のお姿。


こいつも高速隊所属機だった。さて、ここに気になるのは同高速隊の覆面保有状況だ。
同隊は買ってもらったばかりの200系クラウン覆面「旭川300 な 79-95」を単独自爆事故
で失っている。で、今回のこの廃車。ちなみにこの「98-08」の方は恐らく事故廃車。
早く新型入れて来い。ガッツリ撮影だ。カメラの準備はいいか。



ここからは8月4日開催の千歳航空祭の様子をお送りする。2日の前哨戦からもそうだが、
画像は全て情報提供者の方々より。ありがとうございます。幾多のタイミング、場所、感性、
全て違えど見ていたのは同じ空、状況だ。改めて書かせて頂く。皆、本当にありがとう。では
この空のビッグイベントを見ていこう。


航空祭に訪れる車両の影響で渋滞が発生。午前10時の段階で会場である航空自衛隊
千歳基地への入場は2時間待ちとの公式アナウンスがなされていたそうだ。


大空を利用した航空ページェント。よって会場入りせずとも空を舞う航空機の姿は見る事が
できる。基地周辺の道路でもそれを見ようと路上駐車や人だまりができていたという。


旧空港跡地を巡回する交番パンダ。立入禁止の場所にクルマが数台あったそうだが、何故か
それはスルー。自身の姿を見せた後はそのままどこかへ消えていったそうだ。


では航空機を見ていこう。今回はこのF-15Jをメインにする。まずは地上展示から。


アメリカのマクダネル・ダグラス社が開発したF-15C/Dを三菱重工がノックダウン及びライセンス
生産した機体がこのF-15Jだ。かっこいいぜぇ。


2基のF100-IHI-100エンジンは石川島播磨重工製。


冷戦華やかなりし1967年にソ連の航空ショーで突如登場した同国のMiG-25に衝撃を受けた
アメリカがMiG-25キラーとしてF-15の開発をスタートさせた。このアングルだとどことなくそのMiG-25に
シルエットが近い様にも見える。その後MiG-25は1976年のべレンコ中尉亡命事件により西側の
手に渡り、そこで徹底的に性能分析が行なわれ、端的に言えば同機がただの「直線番長」だった
事が判明。対してF-15がいかに各方面での性能を上回って開発されたかも判ったという。


爆装仕様での展示。制空戦闘機としてのみならず、対地攻撃能力も有している事が判る。


右ウイング付け根に装備される固定武装のJM61A1 20mmバルカン砲。


アメリカのゼネラル・エレクトリック社が開発したものをライセンス生産している。


住友重機機械工業の名が入ったプレート。1994年に納品で「防衛庁」の記載も確認できる。


銃身への給弾システム。かっこいいなぁ。


機体に実装されている同バルカン。翼面を外しての展示。いいですなぁ。


次は飛行展示での同機を見ていこう。


これまで滑走路に展示されていた機体が観客の前をタキシングしていく。


後部座席の隊員が観客に手を振る。


テイクオフ。この後も次々に同型機が飛び立ち、観客の上空を飛翔した祭にはこんな光景に。


すげぇ…。F-15J 12機による編隊飛行。


1機だけで飛んでいる姿を見てもおぉ!となるのに、これは凄い。もちろん観客からも歓声が上がった
そうだ。いやこれは凄い。


再びタキシングシーンから。今度は同機2機による高機動飛行。


キャノピー下のネームマーキングもかっこいいなぁ。


パイロットが観客席側に目線をくれているのが判る。


テイクオフ。何度見てもいいね。


先程の編隊飛行とは異なり激しい機動を見せる同機。ベイパートレイルも発生。


機体を大きくバンクさせてこちらに腹を見せる。すげぇ。


F-15イーグルだと思い出すのは映画「ベストガイ」だな。なんか笑っちゃうけど。笑うなよ。


大きく張り出した翼に日の丸が輝く。素晴らしい機体だ。


RTB


818機。エアブレーキ作動も確認できる。


818機と共に高機動飛行を行った869機。


こちらは航空祭終了後、ハンガーに収納されている際のもの。


F-15J、かっこいいなぁ。ガキの頃はプラモデルで何度も作ったものだ。


政府専用機との編隊飛行。もう1機はU-125A。


すごいぜぇ…。とてもいい物を見させてもらいました。皆に感謝です。


今後も皆様からの航空際画像をお待ちしております。「俺はベストガイになる」それやめろ(笑)。




2013/06/26(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。撮影は
平成25年7月1日午後3時12分 兵庫県神戸市 市営地下鉄県庁前駅付近との事。そこまで
詳しく紹介させて頂いているには理由がある。


タバコ吸ってんじゃねぇよクズ。情報提供者の方はコイツのナンバーもしっかり押さえているそうだ。
覆面だから周囲には自分が警察だとバレていない。ずっとそう思って好き勝手やってろ。我々の
ネタが潤う。


こちらも同県警所属の捜査用覆面。インサイトですな。1枚目と同じ撮影日のほぼ同時刻。


コイツはタバコの吸殻を外に捨てている。やってくれるねぇ。情報提供者の方はこの2件について
県警に問い合わせをしているそうだ。返信あり次第、当サイトへも連絡を頂ける事になっている。
そういえば道警札幌方面中央署警務課からの返信が来てねぇな。もう一週間以上経ってるんだけどな。
さすがは役所だよな。仕事が遅い。もしかしたら知らぬ存ぜぬを決め込むつもりかね(笑)。揃いも揃って
まぁ(以下略)。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。これは当サイト
では初の取締り手口の紹介になる。測定器が対向車線側に設置されているのだ。画像に印を付ける。


右側にJMA-240、奥側に停止係。これは凄い。現場は厚別区厚別西1条2丁目 JR厚別駅北側。


測定器の位置を○印で記してはいるが、取締りを受ける方向は逆という事になる。


同エリアでは過去にこちら側に測定器の設置が確認されている。こちらは順方向。


操作係も対向車線側に配置。これは考えたね。まさか対向車線側に測定器があるとは思わない。
ナイスアイデア。


自転車の群にたたずむ停止係。ここは面白いポイントだ。今後も皆様からの取締り情報をお待ちして
おります。カメラの準備はいいか。



前回の更新に続いて千歳航空祭の様子をお送りする。今回はブルーインパルススペシャルだ。早速行くぜ。


素晴らしいアクロバットの光景ももちろんだが、そのフライト前のクルーの皆さんの姿もいい。まずは
記念撮影。各地を転戦する彼等の記憶がまた一つ。


整備スタッフ(ドルフィンキーパーと呼ばれる)が機体の最終点検に向かう。観客にも笑顔を見せてくれる。


こちらもファンサービス。タンデム席からの笑顔にも注目。


フライト前の張り詰めた空気の中でもこうして笑顔を忘れない。いいですなぁ。


メタリックブルーのヘルメットにマーキングが映える。もうイチイチかっこいいんだよ!!


いよいよテイクオフの時が近づいてきた。ドルフィンキーパーが整列で待つ。


パイロット行進。ドルフィンライダーと呼ばれるエリート中のエリート。地上に居ても一糸乱れぬ動きは
変わらない。


鳥肌が立つシーン。整備は完璧です。無言の会話だ。


飛び立つ機体数は6。それぞれの機体で敬礼式が行なわれる。


ヘルメット装着。


奇数番機は副座にもライダーが搭乗。


エンジンに火が入る。右手を小さく回してその合図を送る。


徐々に回転を上げていく。














Good Luck. やべぇ〜、鳥肌立ったわ。いいもの見させてくれる事に感謝。ナイスショットです。


タキシングに入る。観客の前をゆっくりと順番に各機進んでいく。こちらも鳥肌物だったそうだ。


ここでも手を振ってくれる。いいねぇ〜。


来年、自分も絶対に観に行こうと思った一枚。すげぇ…。


耳を聾するエンジン音の中、皆が隊を見送っていく。


いよいよ滑走路へ。


空を飛ぶ事は何よりも美しい。決して手の届かない憧れの世界だな。


次回更新ではいよいよアクロバットの様子をお送りいたします。皆様からの航空際画像を引き続き
お待ちしております。皆、本当にありがとう。




2013/06/27(thu)


前回に引き続いて千歳航空祭の様子をお送りする。ブルーインパルスのアクロバット飛行。今回も
もちろん当サイト情報提供者の方々からの画像。ありがとうございます。本当に感謝だ。


6機による編隊飛行が組まれたと思いきや、あっと言う間にブレイクし、ソロでも迫力のフライトを
見せる。凄いぜぇ…ブルーインパルス。


4機編隊によるダイヤモンド。


この時の各機体の間隔は1m以下だという。


凄いとしか言いようが無い。昨日の記事でも書いたけれど、来年は絶対に見に行きたいと思った。


同じダイヤモンドでもこちらは背面飛行で。くぅぅ!!かっこいいぜぇぇ!!


合成写真じゃないんだぜ。本物なんだぜ。


すげぇなぁ…。


ため息しか出ない。


急降下に、


急上昇。素晴らしい機動だ。


危ない!ぶつかるぅぅ!!


ぶつかりません。当たり前だろ!いやいや、これを当たり前と表現するのは失礼ってもんだ。
訓練と技術の賜物なんだね。溜息が出る。


素晴らしい。


スリリングな一枚。感謝です。


5機編隊からのブレイクを連続で見ていこう。






綺麗だ。大空への憧れが正にカタチになっているのを感じる。


フィッシュアイレンズの勝利。しかもフルサイズセンサー。ナイスショットです。大空全面に描かれる
スモークのサークル。


RTB.


あっという間のショーだったそうだ。だが、良い物を見させて頂いた。最高のショーだ。


もちろん全機無事帰還。ヲカエリナサイ。


手を振ってくれている。


タキシング前の位置に戻ってくる。かっこいいなぁ。


エンジンカット。甲高いエンジン音が消える。


おつかれさまでした。本当、良い物を見させて頂きました。


ドルフィンライダーとドルフィンキーパーが整列。いいねぇ。


ライダーが退場。この時も正に編隊飛行さながらの整った動きだったそうだ。


キーパーもカメラの砲列に応える。


ライダーは退場後、ガールスカウトから花束贈呈を受け、キーパーの元へ戻る。


微笑ましいジョーク。笑顔もいいですね。


本当、来年は絶対に観に行く。



こちらは政府専用機。ついつい「エアフォース1」と同じなんでしょと言ってしまうアレだ。


デモフライト時の撮影。ナイスショットです。


国賓の搬送はもちろん、海外での邦人救出任務にもあたる。航空自衛隊所属だ。


優雅ですなぁ。かっこいい。


このクラスの大型機ではバンクシーンは滅多に見られない。


航空祭ならではですな。


地上展示時にはこのように日の丸が掲げられていた。


撤収時。どうやって立てているのかと思ったが、こうしてちゃんとハッチが設けてあるんだね。


ここでもしっかり手を振って頂いている。感謝だ。


ドリーとの接続作業を行なっているようですな。いよいよ航空祭記事も終盤です。


これまで沢山の同航空祭画像を様々な方々よりお送りして頂いた。本当に感謝だ。明日からは
いつものサイトに戻ります。ですが頂いた航空祭画像は今後も記事にさせて頂きます。
皆、本当にありがとう。




2013/06/28(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。交差点の中央で車両が頓挫している。興味
深いのはその中心にドラえもんが居る点だ。コイツらは基本事故処理をしない。そうやって書くとまた
ピュが騒ぐぞピュが(笑)。取締りしかしないドラえもんがこうしている場合は、自身が目撃者になっている
場合が多い。さすがにそれは見て見ぬ振りはできない。周囲の目があるからだ。周囲の目が無ければ…。
いやいや、ここでは明言を避けよう。そういう事案を知らない事は無いけれど。無いもん!そんな事案
聞いたこと無いもん!はいはいピュ。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ待機画像。ありがとうございます。これは設置式ネズミ捕りの
現場での様子だ。道の真ん中へ101回目のプロポーズをしてくる停止係から逃走した車両をコイツで
仕留める訳だ。ハッピーエンドにはさせないって事だ。撮影は栃木県塩谷郡高根沢町宝積寺方面
国道4号。いいなぁ。設置式取締りに白バイ混ぜてくるんだもんな。道警じゃこれ考えられないやり口。
いいなぁ。道警もこれやれよ。ガッツリやってやるから。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていこうぜ。情報提供者の方が操作係に話しを聞くと、最近国道
4号で死亡交通事故があり、それを受けての取締りだという事を教えてもらったそうだ。しかしこの場所では、
更にはこの場所の周囲でも事故は起きていないそうだ。もっと別の場所で起きていたとの事。なんだかなぁ。


なんか一人朝寝坊してそのまま出勤してきたようなヤツがいるな。なんだコイツ。ちゃんと制服着ろよ(笑)。


よっぽど恥ずかしかったんだろうな。案の定コイツだけが噛み付いてきたそうだ。ここで名前を出しても
いいが、それは別ルートに放流する事にする。噛み付こうが何しようが、これが結果だ。何か得した
かい?今後も皆様からの同ポイントでの取締り画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたスターバックスコーヒードライブスルー画像。ありがとうございます。
バスでも利用可能なドライブスルーという事ですな。これは中々壮観な一枚。スケールがでかい。
画像のアングルもナイスです。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛ましい事故現場画像。ありがとうございます。撮影は航空自衛隊
千歳基地外周路。あの千歳航空祭の帰り際の事故だそうだ。イベント終了後は基地周辺道路に大規模な
渋滞が発生。観客の車両も思うように外へ出るに出られず。ノロノロと進み出した車列の中で事故は起きた。
単純な前方不注意による追突事故だ。やれらた方はたまったものではない。


事故処理に臨場の車両。おっとぉ…。先頭は警察じゃありませんね。警務隊の覆面ですな。


P12系プリメーラだ。しかもワゴンタイプ。これは中々お眼にかかれない。更には警察車両と一緒の所なんて。


同航空祭では追突事故は毎年の様に起きているそうだ。今年も午前中の会場入りの際に一件、そして
帰り時刻に一件。昨年も追突事故があったという。楽しいはずのイベントが一転してがっかりな物に。
安全運転しなくちゃな。ノロノロ運転の時こそ脇見は禁物。


と言う訳で同航空祭ネタだ。今回はF-2。


アメリカのF-16をベースに開発されたマルチロールファイター。非公式の愛称はバイパーゼロ。


洋上迷彩がかっこいいんだよなぁ。


ランディングギア。こういう部分に弱い私。ナイスショットです。


わかりますか。
あんまり詳しくないんですが、放映された例のビデオのやつとは、形が違うような。

などとパトレイバー2の真似ができそうな画像も頂きました。ありがとうございます。



当サイト情報提供者の方より頂いたしまむら画像。ありがとうございます。今日もしまむらは繁盛
しているようです。撮影のこの時も1台ご来車だ。ん?でもなんだかおかしくね?


どうしてそうなった(笑)。いや、笑っちゃダメだ。事故なんだぞ(笑)。


恐らくはしまむらの駐車場を目指した同車だったが、手前にある歩道との「しきり」役の低い壁に
気付かずにそのまま突進したと思われる。気分はもうとっくににしまむら。だが現実は厳しい。越え
なければいけない壁がある。と言うよりは避けなければならない壁がある。


しまむらへの情熱が伝わる一枚。私もしまむらを訪れる際には気を付けなくては。明日は我が身。




2013/06/29(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。ユーロ
アンテナ一本立ての典型的な捜査用覆面。ドアバイザー無し。こいつはこの撮影前に情報
提供者の方のクルマを凄い勢いで追い越していったそうだ。だが赤信号で捕まり追いつかれ、
こうして撮影までされる始末。せっかくの覆面が目立つ行為で台無し。今後もそういう運転態度で
よろしくお願いいたします。我々のネタが潤う。



当サイト情報提供者の方より頂いた岡山県警不祥事TV報道画像。ありがとうございます。
捜査用覆面ってのはやっぱりこういう事する場所だと警官も思ってんだな。覆面だからバレてない。
何をしてもそれは一般人がした事。警察じゃない。そう思ってるバカが居るって事だ。先日の中央署の
覆面が右折禁止の所を平気で右折したしな。カリフォルニアの中央署だよ。札幌のじゃない。
ナンバーは「・145」の黒のインプレッサな。カリフォルニアの。


話しをカリフォルニアから岡山に戻す。画が可愛い。制服着て覆面で張り込まないだろうという
ツッコミはさておき、3時間もそんな事してたんかい。違う部分が張り込んでそうだ黙ってろ童貞。
すみません。キモオタ童貞ヒッキーが調子に乗りました。そうそう、主役の紹介が遅れた。岡山県警
西署生活安全課の巡査部長 清友紀行(36ちゃい)だそうだ。ぜんぜん生活が安全になってない。
で、この清友くんの言い分が凄い。


「やっていない」だと(笑)。これは触った事を大筋で認めている供述ということですよね童貞。そりゃ
やっちゃったらもうおしまいだろう。過去にそこまでイッたバカも居たけれど。いいねぇ、やってない。
こうした不祥事が起こる度にこちらはどんどんやりやすくなっていく。せいぜい世間様を苦笑させてろ。
いや本当、ありがたいねぇ。こういう事してるのはほんの一部の警官だもん!ほとんどは皆真面目に
仕事してるもん!はいはいピュ。ほんの一部でもこういうのが居たらマズイんだよ。警察ってそういう
所だろ。そうじゃないとダメなんじゃないの?まぁまぁって思える気が知れない。まぁまぁなんて思って
ないもん!はいピュ。



当サイト情報提供者の方より頂いた交通規制画像。ありがとうございます。雨が降りしきる夜、
この規制の奥で一体何があったのか。


これだ。ミニバンが転覆している。なんという事だ。


事故車は車道から歩道に乗り上げて柵に衝突。その衝撃で転覆し、この場所で停車。目撃者の
方の話によると、水銀灯と電信柱の間にすっぽり納まる形でこうなったという。


一度歩道に乗り上げて車道に飛び出して来たって事なんだな。そういう事も起こり得るのが事故。


歩道に乗り上げた際に破壊された柵。文字通りグシャグシャになっている。


規制のいち早い解除が望まれる。迅速的確なサルベージ作業が行なわれる。


まずは横倒しにする。


そして正に車体が起こされる際。どういう訳か左側の警官二人が書類を見ながらチョロチョロと
車道側に。別の警官に「係長!係長!起こし来るよ!起こし来るから!」と部下に怒られて
いたそうだ。係長、しっかりしないと。


起こし来ました。


事故の恐ろしさが伝わってくる。


事故の原因は不明だが、これだけの事になるまでの「エネルギー」を想像すると、スピードはかなり
出ていたのではと思われる。安全運転しなくちゃな。明日は我が身だ。




2013/06/30(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。社外の
ルームミラー設置仕様だがそれよりも何よりもありがたいアンテナ仕様で正体バレバレ。いいね。
だが今回注目すべきは他にもある。バンパー右下の「穴隠し」が脱落している。コイツはNA仕様だな。
過給機仕様であればツインサイレンサーになるので穴の部分からフィニッシャーが覗く。だがコイツは
そうではないという事だ。情報提供者の方もコメントされていたが、個体判別に一役買うディテールに
なったな。ありがたいねぇ。早く直せよ(笑)。面倒がって直さないだろうな(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた道路監視カメラキャプチャー画像。ありがとうございます。
こちらはhttp://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/index_gazou2.htmで閲覧できる道路状況把握コンテンツより
情報提供者の方が発見した物だ。


事故処理の最中だったんだろうかね。パイロンも設置して丸々一車線を規制している。今後も
皆様からの道路監視カメラ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。撮影は
千歳空港エリア 国道36号。エプソンビル前前での待伏せにより検挙。うきうきサイン会中の物だ。


厚別署交通課には懐かしく感じる一台のはずだ。こいつは元々は同課所属機だった。それを交機に
横取り40万円されてしまった。


サイン会を終えて再びセットポジションに付くべく発進。


ここがセットポジション。国道と併走する線路との作業用スペースにパンダを入れてしまう。


現場を地図で確認。エプソンビル前よりもこちらの前前の方が確実に頻度が上げっている。ここは
期待の持てる場所なのだ。


過去に撮影して頂いた同ポイント。これはまだセットポジションについていない。この後、前に進んで
頭をスペースに突っ込んでしまう。


こういう状態。これでセット完了。違反車を検知した場合は一旦バックして本線に入ってくるという
謎の動きをする。きっと我々には判らない理由事情があるんだろうなコレ。


再び検挙。今回もうまい所に止めたな。


サイン会を終えると再度セットポジションに付くべく行動開始。アンダーパス方面に左折して…、


すぐにUターン。こうやって転回してんだなコイツ。だがいいのかね、戻る先にはカメラが待ち構えている。
この時は気付いてもいないから仕方がないか(笑)。


向こうから寄ってきてくれる。ありがたいねぇ。


国道へと右折で戻る。


助手席側に注目。


どういう訳か終始うつむいている。ゲームボーイでもやってんのか?


ナイスショットです。


この後セットポジションに付くかと思いきや、コイツはそのまま現場を後にしてしまったそうだ。どうしてだろ。
何か理由があるんだろうけれど我々にはさっぱり判らない。






BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP