BACK NUMBER
2013/05/13-19
05/13 可哀想な覆面、キザシ。厚別区大谷地方面の札幌新道合流一時停止無視取締りスペシャル。
05/14 江別市角山国道275号でのレーダーパンダ待伏せ。イエローキャブにロールスロイスファントム。
05/15 東区北21条東1丁目の設置式ネズミ捕り。死亡交通事故を受けての道道46号に投入の180系クラウン覆面。
05/16 札幌南IC シーベル取締りスペシャル。
05/17 ホテルライフォート札幌での警備活動の様子とリーゼント。19日も警備イベントあり。カメラの準備はいいか。
05/18 ドクターヘリにBMレガシィパンダ。謎の警官看板と120cm水槽。
05/19 南署の事故隠し。そもそもどうして今更これが明るみに出たのか。自分の担いでいる神輿が一番丈夫で大きいと思うなよ。そういう事だ。



2013/05/13(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いたドクターヘリ画像。ありがとうございます。撮影は
福島県 楢葉町との事だ。機体後部ハッチが開いている点に注目。開口部分へ
ストレッチャーごと患者を収容する事ができる。今後も皆様からの救急搬送マシン画像を
お待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた米軍戦闘機画像。ありがとうございます。撮影は
沖縄県嘉手納基地。手前にはアメリカ海兵隊のAV-08ハリアーが。奥のハンガーには
同空軍のF-15イーグルの姿が。


新谷かおる原作の空戦コミック「エリア88」を思い出してしまうな。ハリアーとイーグルそれぞれの
機体のサイズの違いもよく判る一枚だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたキザシ捜査用覆面画像。ありがとうございます。フォグ
ランプがありませんね(笑)。もうそっとしておいてやろうぜ…。なんだかどっかの玉袋だかスジ袋
だかがまたピーピー言いそうなアングルでの撮影、ナイスです。


ボディーカラーがホワイトの捜査用覆面と言えば、以前は公安所属の物が多かったという
一説があるが、今回その法則は無しだ。所轄の捜査用でもこうしてホワイトの個体が入って
きている。公安でもキザシ採用してたら笑えるなぁ。


週刊文春を皮切りに様々な週刊誌でそのあまりにも低い秘匿性が話題になり、更にはサイレン
ドライバーユニット関連のリコールで大々的に報道されるという、「もう私覆面としてなんてやって
いけないわ!」状態になった同車。心中お察しいたします。


フォ(笑)。今後も皆様からのキザシ捜査用覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた一時停止取締り定番ポイント画像。ありがとう
ございます。現場は厚別区大谷地西6丁目 札幌新道合流地点。この先を進むと


左に曲がり、


ここで新道本線に合流。一時停止の標識も消えかかった停止線も確認できる。ここの
一停無視を見ているのが居る訳だ。時間を巻き戻す。


実はここに現認係が写っているのだ。さぁどこだ。どこに隠れている?正面の芝生地帯に
灰色の柱状のオブジェが3本見える。その内の中央に注目だ。拡大してみよう。


居る。問題の停止線直前まで来てしまえば、こいつを振り返って確認する事さえできない。
まさかこのオブジェは警官が隠れる為に設置されてんじゃねぇだろうな(笑)。


現場を地図で確認。警官が隠れていようといまいと、停止線手前ではキッチリ止まろう。
道交法順守こそが最大の取締り回避術。大事な事だ。


ナイスショットです。助手席からの撮影との事だ。


よくもまぁ考えを巡らせて取締りやってるもんだ。一時停止を徹底させたいならその場に堂々と
警官を立哨させれば良い。皆、警官の姿に気付いてキッチリ止まってから合流していくだろう。
だが、これでは違反を未然防止する為では無い事は素人目にも明らか。正に取締りの為の
取締り。


違反した車両は、オブジェ警官からの無線によって連絡を受けた停止係によってその先で検挙
される。陸橋の真下に居るのがそれだ。


ここでの取締りは相当稼げるらしく、日中の時間帯であれば所轄厚別署はもちろん、交機も白バイを
投入して稼ぎを行なう。


Aポイントが厚別署によるオブジェ警官配置位置。Bポイントは交機白バイ待伏せ位置。


Bポイントの白バイ。こちらも取締り対象車線を走行のドライバーからは発見不可能。


これが交通取締りの実態だ。厚別署も交機も、先にどちらかが稼いでいた場合はそちらに場所を
譲るそうだ。酷ぇ話しだな(笑)。正に釣場。


オブジェ警官を別角度から。前もって「今日はやっている」と踏んでカメラを準備した結果だ。ナイス。


先程の厚別署による取締り画像では地域課がそれを行なっていたのが判るが、これは別日に撮影
された同ポイントサイン会場。これは交通課所属のマイクロバスだ。ここがどれだけ警察に愛されて
いる釣場なのかが判るだろう。一時停止、キッチリ守ろうぜ。マジで。




2013/05/14(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。撮影は
江別市角山方面 国道275号。


現場を地図で確認。以前は夜10時頃からの待伏せが多かったが、最近はそれよりも早い
夜7時頃から始める傾向が強い。


バッチリ写ってる。はい笑って〜。どうやったらこの状況で笑えるんだよ(笑)。


カメラに気付くとすぐに現場から逃走。違うもん!別の案件があって移動開始しただけだもん!
ハイハイ、別の案件ねぇ。


で、コイツはほとぼりが冷めるまで別の場所で待機す事になる。え!?別の案件じゃねぇの?
そうだもん!別の案件だもん!そう思えるピュアな心(以下略)。


さよーならー。また会いましょう。いつもの事だが、コイツはカメラから逃走した後、脇道に逃げ込み
そこでじっとして相手をやり過ごす。パトカーがそれをやるんだぜ(笑)。パトカーが。ではその脇道で
じっとしている所を見てみよう。


不審車両のする事ですな。情報提供者の方はコイツの動きを予測して、この脇道の反対側から
アプローチし、隠れているであろうパンダを正面から撮影するつもりだった。ナイス状況予測。


うわぁぁぁ、逃げろ〜!ウインカー一発で、しかも無灯火で猛発進するパンダ。慌てんなよ(笑)。


カメラが来たら、コイツはまた同じ事するのかね。


こちらも同ポイントで撮影して頂いた物。当サイト情報提供者の方より頂いた。ありがとうございます。
ちなみに別日での撮影。ここでの取締り頻度の高さを物語る。いい傾向だ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたイエローキャブ プリウス画像。ありがとうございます。撮影は
アメリカ カリフォルニア州。すげぇ。


ピカピカですな。そのタマ数の多さから見慣れているはずのプリウスだけど、海外で活躍の、しかも
イエローキャブ仕様になると新鮮に感じるね。


こちらはフォードのクラウンビクトリア。数々の映画に登場しているせいか、プリウスよりも見慣れた
感じがする。いや、自分は日本から出た事ないんだけどさ。


クラウンビクトリアが登場していたかどうかは記憶の定かではないけれど、タクシーが大きな役割を
果たすアメリカが舞台の映画、「タクシードライバー」「TAXi NY」「コラテラル」は面白かった。


趣がガラリと変わってこちらは超高級車。ロールスロイスファントム。どこかのセレブの方のお車
でしょうか。高級レストランの前に止まっていたそうだ。かっこいいなぁ。


男前のフロントビュー。ロールスロイスと言えばこのフロントグリルが印象的。パルテノン神殿を模した
デザイン。空戦コミックの「エリア88」でミッキー・サイモンがそう言ってた。今後も皆様からの
イカす海外画像をお待ちしております。




2013/05/15(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
撮影は東区北21条東1丁目。操作係と停止係が作戦会議をしているその奥、車道側
に寄せて歩道上に設置のJMA-240らしきレーダーも確認できる。


現場を地図で確認。ここは時速40キロ制限だ。それなりに道は広く、直線が続く道だが
周辺には店舗も多く交差点も多い。制限速度、キッチリ守っていこう。道交法順守だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は
北広島市北の里方面 道道46号 江別恵庭線。


札幌交機所属の「札幌301 の ・137」だ。以前は高速隊所属だった個体だ。


サイン会を終えて一般車モードに。この後同車の隊員に話しを聞く事ができたそうだが、
追いついて来る7割程度のクルマは、これを覆面だと気付いて減速してくれるとの事だ。


キザシ捜査用覆面とは異なり、ユーロアンテナから伸びる同軸ケーブルがしっかりと処理
されている。やればできるんだよ(笑)。まぁ、既にキザシの「現場離れ」が加速しているらしい
からな、やる気の無いアンテナ処理でもいいのかもしれないけれど。


話しを戻す。「・137」は一度国道274号に出るも、すぐに左折。


更に左折。道道46号に戻る経路だ。


「取締り路線」に戻った後、P帯に入り小休止。これはまたとない撮影チャンスだ。


撮影に関しては全くおとがめ無し、また、色々話しを聞く事ができたそうだ。今回ここでの
取締り実施については、6月10日に発生した死亡交通事故を受けての事だそうだ。
6月9日から10日の間に道内では5件5人が死亡してしまう交通事故が起きており、
交機でもこれは当然看過できない状況なんだという。その内の1件がここ、道道46号だという。


オートカバー近影。バンパー部分の塗装が一部剥離してしまっている。相当な距離走って
んだろうな。確か2006年か2007年辺りに配備になったはずだ。


ルーフの反転式赤色回転灯収納蓋。近くで交取覆面を撮影できる時はここも押さえて
おきたいディテールだ。今後も皆様からの覆面パトカー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り画像。ありがとうございます。珍しい
雨天時の設置式だ。撮影は苫小牧市新開町方面。現場を地図で確認したいので、
追加の情報提供お待ちしております。


傘でけぇなオイ(笑)。雨の中でも設置式をやる理由は幾つかあるが、最大の物はノルマ
達成の見通しが厳しい時。なので普段は時速15キロオーバーで初めて検挙する所を
それ以下の速度オーバーで検挙という事もザラ。1キロオーバーでも違反は違反だし、
それにほら、雨降ってると余計に危ないから。理屈もバッチリです。だが、今回の取締りは
もしかすると死亡交通事故を受けての物かもしれない。前述の様に6月の9日、10日で
死亡交通事故が道内で相次ぎ、その内の1件が苫小牧市の道道で起きている。安全
運転で行こうぜ。道交法順守だ。




2013/05/16(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南IC画像。ありがとうございます。右には高速隊の
パンダが2台。同IC定番のシーベル取締りだ。大抵は北広島方向だが、今回は逆向きの
札幌市街地方向での実施。


今日はどうやって捕まえてやろうかと作戦会議中。どうやってって、いつものやり方だろうが。
料金所に隠れて覗くんだろ。


停止係がスタンバイ。


現認係も配置に付く。主たる監視対象は非ETCレーン通過車両。必ず一度は止まらないと
ならないので、覗きもたやすい訳だ。しかし、余裕がある場合はETCレーン通過車両も覗きの
対象にしているようだ。いずれにしてもクルマに乗ったら全ての人がシートベルト。鉄則だ。


これはそのETCレーン通過の車両が停止命令を受けている所。速度が出ているため、停止係が
慌てているのが判る。


ま、待って〜。


お!?逃走か?逃走か?


しかし、逃げるかのように見えたこのクルマはこの後停車。


俺じゃないよな?俺の事じゃないよな?そう思いたい気持ちは判る。だがアナタです。


死刑宣告。クルマから降りて免許持ってパトカーに乗れ。これを丁寧な口調で言われる。


切ないねぇ。ベルト一本締めておけばって話しだ。これで違反歴は5年消えない。


サイン会場へようこそ。こうはなりたくない。


次のお客様です。


数秒前の一枚。ここで死刑宣告されている。非ETCレーン。


ここに止めろよシーベル野郎。あ、違う、シーベルしてない野郎。というジェスチャー。


他のクルマはスイスイとICを出て行くのに、どうして自分だけが…。シーベルしてないからです。


同乗者を残してパトカーへ。これまで何度も書いているが、これはかなり気まずい状態。
これが原因で破局を迎える男女も多い。要出典。


2時間物のサスペンスドラマなら、エンディングテーマと共にスタッフロールが出ている頃だ。


反対側、北広島方向にもドラえもんの姿が。


ここからは両方向での取締りに。どれだけ釣れるんだよ。いや、かなり釣れる。だからこうして
かなりの頻度と勢いで取締りを実施している。


情報提供者の方が陣を構える陸橋のフェンスには他にも傍観者が。


またここで会いましょう。今後も皆様からの取締り画像をお待ちしております。




2013/05/17(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた警備イベント画像。ありがとうございます。撮影は
6月18日。中央区南10条西1丁目のホテルライフォート。ここでは北教組の集会が
行なわれていたそうだ。その為の警備活動という事だ。


ホテル脇の道路は完全封鎖。その先の住民以外は入れない事に。まぁこれにはオチが
あるんだけど。


ホテル前の様子を見ていこう。ナイスショットです。


機動隊指揮車両に同隊バス。


同集会に抗議の為に訪れた政治団体の街宣の音量を測定する装置。一定以上の
音量を測定した瞬間、検挙となる。


普段はクルマの時速を図ってばかりだが、この時は音量を測定ってか。で、このマイクは
これみよがしにホテル正面に設置されていたが、


ちゃーんと隠れて測定も行なっている。警察ってそういう所なんだよ。違反をするまでは
虎視眈々と。


で、撮影の際にはそれなりに声掛けがあったそうだ。特に印象的だったのは「オマエ、こんな
事してどうなっても知らないからな」だったそうだ。警官の言うセリフかよ(笑)。


で、コレが一番酷かったそうだ。リーゼント刑事(笑)。徳島県警の秋山刑事に触発されての
その髪型ですか(笑)。小声で何やらぼそぼそ言ってたそうだが、手振りも加えてシッ!シッ!
ってやってきたそうだ。ちなみにこれはモバゲーをお楽しみになられている様子。おっとここで
ご指摘が。モバゲーじゃなくてグリーだったそうです。しっかしなんだろこの態度。威圧的な
態度で周囲に感情の起伏を起こすのがコイツのやっている警備活動なのか。はなはだしい。


北教祖関係者のみが入る事のできるエントランス。


ホテル敷地内、周辺には覆面もいっぱい。またとないデータ収集のチャンスだ。


ライフォート向かいのパークホテルにも機動隊車両と覆面が。


先程の進入不可バリケード画像をもう一度。ここを徒歩で通過しようとすると例のリーゼントに
「申し訳ございません、ここから先は進入をご遠慮していただいております」というのを物凄く
無礼に、恫喝されるように言われたそうだ。そうかい、判ったよリーゼント。


バツ印がバリケード箇所。矢印からは裏手に容易に入る事ができる。なんだ、ザルか。


裏手での撮影。通行の規制はされてはいなかったが機動隊車両が配置されていた。ナイス。
髪の毛をポマードで塗り固めた態度の悪い私服より、こちらのすがすがしいってもんだ。


ライフォート側面に配置の機動隊員。


カメラに気付くとこちらにやってきて声掛け。いま流行のDJポリス張りにフレンドリーな対応だった
そうだ。警備のなんたるかを判っていらっしゃる。


こうやってライフォート裏側の道をグルッと回る事ができたそうだ。ちなみにこの機動隊員は彼等の
目の前を進む街宣車に注目しきり。カメラには全く気付かず。


で、再びホテル正面に。


リーゼント近影。画像データ原版は別ルートで放流決定。いや、冗談です。そんな事しますん。


気分を入れ替えて次は街宣に随伴する公安の覆面を見ていこう。まずはインプレッサアネシス。
本当に覆面ですか?役所のクルマじゃないんですか?役所のクルマも街宣車に随伴する事は
あるでしょう。無ぇよ(笑)。


ルーフのアンテナに注目。


面白い付け方してんな。純正のラジオアンテナの前方に無線アンテナ装着。こりゃ目立つわ。


こちらもアネシス。


ありがたいアンテナをガラスではなくルーフに装着。公安覆面特有の仕様だ。


これは装着位置を間違えたのではなく、元々ボディー装着仕様のお笑いアンテナ。金属である
ボディーに装着するタイプの方が、ガラス装着仕様と比較して無線感度向上が図れるそうだ。


6代目ランサー。公安と言えばこの車種、そしてこの色。シルバーの個体もあるけれど。


こいつはトランクにユーロアンテナを装着しているのが面白い。


スモークガラス仕様でも無い為、一般車然としているとも言える。


こちらはライフォート近くの護国神社に止まっていた240系アリオン覆面。おやおや、2010年の
エイペック以来の再会ですな。公安所属機。捜査用覆面として、現在最も認知度の高い
キザシでその法則は崩れたが、当時は白い捜査用覆面は皆公安所属機だった。


日本は平和だなぁ。そう思う。


こちらはBMレガシィとT31エクストレイル捜査用覆面。この2台は恐らくは公安所属機では
ないと思われる。


ちなみにBMレガの後部座席には私服が乗っていたそうだが、一切声掛けなし。判ってらっしゃる。


ありがたいアンテナ近影。ありがたい、本当にありがたい。製作したメーカーも、そして採用した警察
にも感謝しきりです。


おまけ。カメラに気付かずにリラックスムードの機動隊員の皆さん。


キリッ!ライフォートから2丁も3丁も離れた場所の警備じゃなぁ。気持ち判るよ。




2013/05/18(sat)


昨日記事にさせて頂いたホテルライフォート札幌での警備イベントでの態度の悪いリーゼント
私服警官について、幾つか情報提供を頂いた。ありがとうございます。なるほどねぇ…。妙に
納得できる情報でした。髪型と言い態度といい、全く大したもんだ。ここでは詳しくは書けないが、
まぁ、服を大事にな。それだけは言っておく。今後も皆様からの情報提供をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ画像。ありがとうございます。撮影は首都大東京は
秋葉原。歩行者天国終了間際の様子。ホンダのVFR800Pですな。パニアケースのマーキング
から、こいつは所轄所属の白バイのようだ。所轄所属の白バイ…。いいなぁ。道警じゃ交機しか
白バイを持っていない。最大にして最高の標的なのにな。


歩行者天国終了直後。マイクでそれを告げながら低速走行している所。流し撮り(ナイスです)の
効果でスピーディーに感じるが、実際には恐らくは時速10キロ程度の走行だそうだ。


ビシッとした挙動。ふら付きは一切無かったそうだ。流石ですなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いたドクターヘリ画像。ありがとうございます。撮影は神奈川県
海老名市。小学校のグラウンドにランディング。要救助者をヘリへと運ぶ。


川崎重工業製のBK117C-2。


ヘリが巻き上げる砂埃を防止する為、グラウンド散水用に水槽車も臨場。


飛翔。人を救う為にいち早く。頼もしい存在だ。今後も皆様からのドクターヘリ画像をお待ち
しております。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。道路中央で
転覆している車両はもちろん、右側に停車している車両も当事車両。転覆した車両は
右側の車両に追突し、後輪に乗り上げて転覆したらしい。


なんとも恐ろしい光景だ。日常の光景が一瞬にして暗転する。安全運転しなくちゃな。


救急車も臨場してはいるが不幸中の幸い、重傷を負った乗員は居なかったそうだ。


北署地域課所属のBMレガシィパンダ。今回は事故処理のお手伝い。赤無視の取締りは
おあずけだ。


無人となった車内を覗き込む救急隊員。事故は本当に嫌な物だ。明日は我が身。



当サイト情報提供者の方より頂いた爆笑警官看板画像。ありがとうございます。こりゃすげぇ(笑)。
宮城県加美郡でこいつを見る事ができるそうだ。ただの平たい看板なんだそうだが、コーナー明けで
突然コイツが視界に入ってくるそうで、一瞬だけ驚くそうだ。そういう設置状況も更に笑いを誘う。


なんとも言えねぇなコレ(笑)。誰だ笑ってるの(笑)。いや、ちょっと…!ごめん(笑)。



水槽を新規購入。これまでは60cmクラスの水槽を2つ置いていたのだが、これを1つにしてしまおうと
いう事で、120cm水槽を通販で購入。冷蔵庫を買ったんじゃないよ。梱包のダンボールに張り紙が。


運送屋さんのメモ。ありがたいなぁ。気を遣ってくれていたんだね。で、これを届けてもらったのが5月20日、
もはやこの記事の日付はどうでもいいとして、約一ヶ月後、こうなりました。


当たり前だし判ってはいたけれど、60cmの水槽を2つ並べるよりも全然スケール感が違う。買って良かった。


これまでそれぞれの水槽に入れていたプラモデルも引き続き活躍してもらう事に。こちらはボトムズ。
スコープドック レッドショルダーターボカスタム。むせる。


アンテナが溶けてしまったけれど、ガンダム。コケコケ。


外部式フィルターは左右に1個ずつ配置。


生物ろ過もやってるフィルターだから、これ貼ってみた。


もう一つの方にも。


このシールも気に入ってたけれど、フィルターにあのマークを貼ったので、


アンブレラ社のマーク入れました。




2013/05/19(sun)


当サイト情報提供者の方より教えて頂いた道警不祥事記事。ありがとうございます。読売新聞の
WEBサイトより。パトカーが信号無視してタクシーに衝突とはな。こりゃすげぇや。しかも今の今まで
公表せずってか。ハイハイ、鬼の首とったどー。揚げ足取ったどー。揚げ足取りってウチのサイトを
褒めてくれるピュア(以下略)がいるが、足を揚げる失態を演じる道警もどうなんだよ。本件を公表
しなかった理由がタクシー会社に許してもらった点(お幾ら包まれたんでしょうか、税金で)、けが人が
出なかったからとしているが、実際の所最大の理由は事故を起こしたのが警察官だから。だろ?
タクシー会社に許してもらったからってか(笑)。ごめんで済めば警察いらねぇんだよ。あ、警察が事故
起こしたんだっけ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。コイツは
札幌交機所属の「札幌301 ひ 13-92」だ。撮影は千歳空港方面 国道36号。同エリアでは
覆面の存在に期待せよ。レーダーパンダとの遭遇も有り得る。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたJMA-240画像。ありがとうございます。設置式ネズミ捕りの
花形機種だ。日本無線製。コイツのマニュアル、欲しいなぁ…。


操作係を手前に左にサイン会場、右に停止係。


リラックスムードの停止係。たまにはそういう事もあるさ。


現場は東区北40条東1丁目。見通しの良い直線道路が続くが時速40キロ制限。道交法順守で
行こうぜ。安全運転だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた珍車画像。ありがとうございます。ドアミラーをたたんでフェンダー
ミラーを装着している。すげぇ、ダブルミラーだ。こういう仕様ってあるんだね。


こちらも「おや?」と思える車両。当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。電動ルーフが
途中で止まってしまったオープンカーって事か。なんか包丁で切ったカボチャみたいだな。


巨大リアウイング(笑)。空気抵抗値ハンパじゃないなコレ。



当サイト情報提供者の方より頂いたE51エルグランド捜査用覆面画像。ありがとうございます。
撮影は千歳空港警備派出所。


ありがたい。大変ありがたいアンテナがありがたい。これのおかげでこれまで多数の覆面を押さえる
事ができた。開発者、そしてそれを採用した警察に感謝。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP