BACK NUMBER
2013/01/28-02/03
0129 0130 0131 0201 0202 0203


2013/01/28(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ2台画像。ありがとうございます。撮影は千葉県松戸市
上矢切方面 国道6号。手前にまず白バイ1台。もう一台は対向車線側奥。


手前のコイツは警視庁所属機。ここは都と県の境なので、越境作戦もやぶさかでないのだろう。


そしてこちらは千葉県警。設置式ネズミ捕りと思われる。いいよなぁ、向こうは設置式でもこうして
逃走車両追跡用の布陣がなされているもんな。道警だとこれがまず無い。逃げない前提でやって、
逃げる車両は追わない。追えない。道警はのどかなんだよな。


現場を地図で確認。ここでは両都県警察のダブル取締りに期待できるエリアという事だ。今後も
皆様からの取締り情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた鉄道警察隊「交番」画像。ありがとうございます。鉄警の詰め所も
交番でいいんだろうか。撮影は神奈川県横浜市、新横浜駅。内装は真っ白。バリアフリーになってるんだね。
イマドキの仕様だ。昔、石立鉄男主演の「鉄道公安官」ってドラマが好きだったなぁ。オープニングが
ハイテンポの曲で、すげぇカッコよかった。



当サイト情報提供者の方より頂いた自衛隊トラック路外逸脱画像。ありがとうございます。凍結路面で
スリップしてしまったのだろうか、ほぼ真横を向いて止まってしまっている。


不幸中の幸いにして人的損害は無かったようだ。まだまだ冬は続く。明日は我が身だ。無事にこの冬を
乗り切れ。安全運転でいこうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。配備が進む
新型車両。コイツの交取用って道警に配備になってんだろうかね。自ら隊や地域課配備の警ら
仕様はよく見かけるようになってきたけれど。


撮影に気付いていたのかそうでないのか、いずれにしてもコイツを追い越しても特におとがめは無かった
そうだ。こういうのを載せていると、またYahoo知恵遅れ、もといタマ袋、違うな、なんだっけか、いずれに
してもなんだか袋で「犯罪じゃないんですか!!」なんてネガキャンされるのかね(笑)。許可を取らないと撮影
できないんじゃないんですか!?僕は断られました!そんな内容の(笑)。ダテに13年もサイトやってねぇよ。
おいおい、そういう言い方は良くないんじゃないのかい?天狗になってると足すくわれるよ。ハイ。ごめんなさい。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は警視庁麹町署
との事。コールサインは麹町30。一見して通常の警らパトカーに見えなくもないが、コイツのアンテナ装備が
通常と異なる。


TLアンテナを3本、ルーフにも長身のアンテナを装備している。この車両の役割は管轄内をVIPが移動する
際の警護だそうだ。警護隊列の最後尾に付く無線車両だという。そう聞くと余計にカッコよく見えてきちゃうな。
所轄署員が搭乗する他に、警護対象によっては機動隊員やSPが乗る場合もあるそうだ。かっこいいなぁ。
今後も皆様からの情報提供をお待ちしております。




2013/01/29(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
また邪魔くさい所でサイン会やろうとしてんじゃねぇか。自分の事しか考えてないもんな。
逆に「あー、どうせこんなんだろ」ってこちらも妙に納得してしまう光景ではある。


コイツは旭川機動警察隊所属の「旭川300 て 58-74」だ。キッチリ押さえていこう。
ドラえもんは今流行の坊主刈り。お泊りでもバレたんでしょうか(笑)。180系クラウンを
見たらまずは覆面と期待せよ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
撮影は千歳空港エリア 国道36号。定番のポイントだ。冬季であってもこうして乾燥路面
が顔を出している事が多い。取締りに期待できる激突戦域だ。


札幌交機所属の「札幌301 ひ 13-92」だ。ナンバーを頭に叩き込め。ナンバー判明しても
すぐにナンバー変更するもん!意味ないもん!そう思えるピュア(以下略)も居たが、逆に
ナンバー変更にこそ意味が無い事が証明されている。ナンバー変更後、それがまた覆面だと
バレるまでの最短記録は5分というのがあったな。運輸支局へ入る所と出る所を押さえられた
ケースな。あれは笑った。覆面のナンバー変更は我々のネタが潤うだけに過ぎない。


今後も皆様からの覆面パトカー情報をお待ちしております。発見し次第、ガッツリ行こうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
大阪での撮影。中身が大型のマスクをしている。インフルエンザか、それとも花粉症か。
職質の際にワザと咳き込んで「インフルなんすよ」なんてやると、手短にそれを終わらせる事が
できるなんて小技もあったりするけれど、このマスクならそれも防御できますね!ゴホゴホ。



当サイト情報提供者の方より頂いた排雪作業画像。ありがとうございます。除雪でできた
道路脇の雪山を取り除き、本来の道幅を回復させる作業だ。円滑な交通の循環には
これが不可欠。


タイヤ付ショベルで雪山を崩していく。


その後、ロータリー車で雪を運搬用トラックの荷台に巻き上げてゆく。両車ともに前進しながらの
作業。息が合わないと効率的な作業にならない。何台ものトラックが後方に待機しており、
荷台が満杯になると次のトラックがやってくる。


車線を規制しての作業になるため深夜に実施。皆が寝ている間もこうして頑張ってくれている
んだね。朝の通勤時間帯にはすっかり道が開けているという訳だ。ありがたい話しだ。マジで。


ロータリー車のエキゾーストからガスが昇る。頼もしく感じる車両だ。まだまだ冬は長い。これからも
活躍が期待される車両だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた消防車両群画像。ありがとうございます。雪道に所狭しと
並ぶ赤の車両。


出場の内容は「救助」だったそうだ。同種の場合だと交通事故によって車内閉じ込めが発生した
場合に多く見られるが、今回はそうではないようだ。


現場は団地が並ぶ住宅街。この団地の一室で「家人は確かに中にいるのだが、外からの呼び掛けに
応じない」というものだったそうだ。事故や病気で倒れている可能性もある事から、こうして出場と
なった訳だ。


玄関からではなく、窓からの「突入」も考慮されてのはしご車。この事案、結果的には大事に至らず
との事だったそうだ。何よりです。



「ガンダム Ver.Ka」を作ろう!のコーナー。胴体の作製です。今回の塗装コンセプトは赤と黄は使わない
というもの。別な色に塗ります。


塗装後。部品数は決して多くは無い。組み上げはあっさりしたものだった。


バックパックも装着させて胴体完成。


キットに付属の転写式でカールも貼る。半光沢のトップコートも吹き付け完了。で、次は腕部の作製に
入るのですが…。筆塗りの限界というか、自身のテクニックの無さをどうしても仕上がりから感じてしまう
という事で。エアブラシを購入する事としました。クルマの小傷も直せそうだし。




2013/01/30(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締り現認係画像。ありがとうございます。
係長はどういう訳かカメラが来ると取締りをやめてしまった。いやいや、そんな事はあり得ない。
天下の警察がそれは無いよねぇ、係長。あ、係長と言っても現認係の長って事じゃないよ(笑)。


係長が見ていたと思われる光景。雪山で頭以外は車道からは見えない。厚別区もみじ台南
2丁目。道交法順守で行こうぜ。


現場を地図で確認。停止係はその先の川の手前から飛び出して来る。では次はその停止係と
サイン会場を見てみよう。


逃げられた!!いやいや、だから天下の警察様が(以下略)。まぁいい、この場所ではこれからも
取締りやるだろう。また行くわ。


こちらの訪問と撤収が重なっただけだよね。係長。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は
千歳空港エリア 国道36号。やってる。ここは本当にやってる。カメラの準備はいいか。で、今回の
コイツだが、後続車への影響など全く考えていない事が判る。事実上一車線潰してのサイン会。
まだまだ左に寄れるだろうに。しかもなんだこのパイロンの置き方(笑)。脳ミソの色が気になるわ。


札幌交機所属の「札幌301 の ・137」。高速隊からお下がりになったヤツだ。あれ?サイン会中は
ステアリングを左に全開するんじゃねぇの?それ、中身がもう違うから(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。店舗駐車場
に駐車した直後の様子。横に止まっているヘッドライトを点灯させている軽を追ってきたという。
停止命令を無視して買い物客を装ってもダメだよな。でも、現実を認めたくない、受け入れたくない
という気持ち、駐車場で砕け散る。道交法順守で行こうぜ。マジで。



当サイト情報提供者の方より頂いた陸自装甲車両画像。ありがとうございます。冬季用偽装
シートを整理している所。カッコいいなぁ。


運転席部分には一般道走行時の為の風防装備。防弾仕様ではなく、通常の自動車用ガラス
との事だ。これが取り外されるような出来事がない事を祈るばかりだ。




2013/01/31(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
夏に撮影の物だが、ここは季節を問わず行なっている。気になるその場所の前に、この
操作係、正座しているぞ(笑)。


だらしなくパイプ椅子にふんぞり返って「押し発射」する警官はこれまで多数見てきた。
そういうのに限って噛み付いてきたりもして、非常に楽しいやりとりをさせてもらい、その
記事の最後にはそのだらしない姿勢を茶化して「正座してやれ」と書いたものだが、
これはそれを地で行っている訳だ。すげぇな。


現場は先日記事にさせて頂いた千葉県松戸市上矢切方面 国道6号。年中やっている
そうだ。


別日に撮影の同ポイント。


ここは取締りの様子を見物する人も多く、ある時はその様子を撮影している人を見るに
付け、「いつまで撮っているんだ!」と突然キレるサイコ野郎もいるそうだ。いつまで撮ってる
んだって、オマエに言われる筋合いは無い。こちらの気が済むまで撮影できる。こういう事
書くとまた知恵遅れだかタマ袋だかに書かれるっての(笑)。


ジュラルミンケースには「JEM-340A」と書かれている。日本無線製の光電管ユニット
だね。ここ、レーダー探知機では事前察知できないって事か。場所、キッチリ押さえていこうぜ。


そしてその現場から数十メートル進んだ脇道。設置式をやっていたのは千葉県警だが、
こいつらは警視庁所属の白バイ。第6交機、第7交機がここで待伏せ。千葉県警交機の
白バイも仲良く混じっている事もあるそうだ。


稼ぎの順番待ち。ヒドイなこれ(笑)。どうやって順番決めてんのよ。ジャンケンか?稼ぎの悪い順
ってか?やれやれ。


白バイが隠れているのはココ。ここは取締りワンダーランド。カメラの準備はいいか。皆様からの
取締り情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたR390GT1ロードカー画像。ありがとうございます。先日
日産札幌ギャラリーで展示されていた同車が北見日産にやってきた。ギャラリーだけじゃなく、
ディーラー店もキャラバンしているんだね。


240RS。あのグループBマシン。何度見てもカッコいいなぁ。


FJ24。直4の2.4リッターエンジン。ホモロゲ取得の為に約200基が生産されたそうだ。本機に
搭載のユニットは競技用モデルで約280馬力を発生させる。ホモロゲ生産仕様は240馬力
だったそうだ。




2013/02/01(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。大阪での
撮影。反転式赤色灯装備仕様の古き良き時代の覆面だ。情報提供者の方の目の前を
勢い良く曲がってくれたそうだ。中身については運転席側がマスク着用。助手席側はこちらを
ガン見していたそうだ。目線外してやろうかコイツ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は
北見市端野町方面 国道39号。相変わらず周囲に危険を及ぼす程の爆走振りだったそうだ。
切符が切れればコイツらそれでいいんだもん。


サイン会終了。助手席側のドラえもんが「またのご利用と」違反者をお見送り。


サイン会グッズお片付け。情報提供者の方曰く、お見送りしたドラえもんはかわいい姉ちゃんを
期待したそうだが、結構老けた顔してたそうだ。現実は冷たく重く、そして厳しい。我々はここで
多くの事を学ぶ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。高知県警
高知署での撮影との事。前面警光灯はグリル内部埋め込み仕様。イマドキの覆面ってヤツだ。
ルーフ部分には赤色回転灯収納ボックスのフタが確認できる。ナンバーは「高知300 つ 47-53」。
キッチリ押さえていこう。


こちらも同署での撮影。170系クラウン覆面。「高知300 そ 88-98」。上下2段式のルームミラーも
ハッキリと確認できる。所轄にこの手の覆面が配備になっているんだなぁ。道警では無いパターン
なのでうらやましい限り。今後も皆様からの覆面パトカー情報をお待ちしております。



「ガンダム Ver.Ka」を作ろう!のコーナー。今回は腕部の作製です。白いパーツはライトグレーで。
手と関節部分は黒鉄色で塗装。筆塗り。


塗装と組み上げ完了。


ハイ完成。


前回の胴体部分作製時に書きましたが、筆塗りではやはり限界があるので、以降のパーツ作製に
ついてはエアブラシ塗装で行ないます。次は腰と脚部の作製です。




2013/02/02(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
撮影は帯広市西20条南1丁目。国道38号に接続する脇道に隠れている。イメージを
増幅させてみよう。


ワオ。ここで待ち受けるは十勝機動警察隊所属機。レーダーパンダではあるが、こいつが
しているのは赤無視の取締りだ。こういう時はもちろんアレでしょ、レーダーは切ってるんでしょ。
探知機搭載の車両だったら警戒して信号無視もしなくなるかもしれないから。違反をする
までは警察は何もしない。そういうものだ。


現場を地図で確認。信号、キッチリ守ろうぜ。道交法順守だ。で、程なくして違反が発生。
情報提供者もサイン会後方に付けた所、ドラえもんより声掛けがあったそうだ。

警:パトカー撮るのはいいけど、違反者は撮っちゃダメだよ。
情:わかりました。配慮します。何かの犯罪になるんですか?
警:肖像権侵害の問題になるしょ。
情:肖像権って民法ですよね、あなた方警官には関係の無い事では?
警:は、犯罪になるんだよ!所でアンタ、見かけない顔だな。
情:新入りです。よろしくお願いします。

要約するとやりとりはこんな感じだったそうだ。ここで特筆すべきはパトカーは撮っても良いと
ハッキリ言っている点だ。「犯罪じゃないんですか!」もういいってヤフー知恵遅れは。会話は
レコーダーにも記録したそうだ。ナイス。これからも楽しい取締りウォッチングが待っている。
カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
撮影は高知県高知市大津甲方面 県道374号。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていこうぜ。そしてガッツリ撮影だ。カメラの準備はいいか。


逃走車両追跡用の200系クラウンパンダ。いいねぇ、逃走車両の出現を最初から考慮している。
道警にはこれが無い。つまらない警察だよ全く。で、本件の撮影に関して警官より声掛けが
あったそうだ。頂いたメールをほぼ原文で。

「撮影をするのは構わないが、違反車両が写っているかもしれないから一応カメラを見せてくれ」と
言われ、見せたところサイン会場の写真に違反車両が写っていたので、削除させられました。更に
運転免許証の提示を求められ、携帯の連絡先も聴取されました。その後、その警官とは他愛も
無い話をしてその警察官は去っていきました。その後、もう一度サイン会場を撮影しようとすると、別の
年配の警官(停止係)から「用事が無いのにウロウロするな!違反者もおるがやき、えいかげんにして
どっかいけ!」と、ものすごい剣幕で怒鳴られたのでしゃーなしで退散しました。

撮影したデジカメの画像を確認したり消去させる権限は警察には無い。礼状が必要になる。この場合
あくまでも「協力を願う」立場であり、こちらがそれに従うかどうかはこちらが決める事。そして年配の警官の

「用事が無いのにウロウロするな!違反者もおるがやき、えいかげんにしてどっかいけ!」

この物言い(笑)。さすがはジジイ警官。だからジジイになってもネズミ捕り現場に居るんだろうな。怒鳴れば
市民は恐れおののき、自身の言う事をなんでも聞く。そういう時代はもう終わった事に気付かない。
しかもこれは恫喝行為に該当する可能性が高い。用事が無いのにウロウロするなだぁ?どっかいけだぁ?
随分と出世したもんだなぁ?今後も皆様からの取締り現場画像をお待ちしております。やりとりも
含めて記事にさせて頂きます。




2013/02/03(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は
京都府警庁舎。ナンバー両脇に反転式赤色灯装備。


ナンバーは「京都301せ 34-28」だ。ユーロアンテナ仕様でグレードエンブレムレス。キッチリ押さえて
いこう。180系クラウンを見たらまずは覆面と期待せよ。


こちらは別の個体。「京都301 て 63-12」。ナンバーを頭に叩き込め。


こちらはBMレガシィ警護隊覆面。グリル部分にはLED仕様前面警光灯。助手席側ドアミラーには
ナビミラー追加。典型的な警護隊覆面の仕様。


警護隊覆面にしては意外とスッキリした感のあるリア。同覆面であればアンテナが雨後の竹の子
状態なのだが、ありがたいアンテナのみが装備されている。こういうバリエーションもあるという事か。


CB1300P。いいなぁ、年中白バイが運用されてるんだもんなぁ。道警も冬にも白バイ出せよ。
出てすぐに転倒するんだろうけどな。それはそれで見応えがあると思う。


庁舎敷地内には自前のガソリンスタンド。すげぇ。



先日記事にさせて頂いた十勝機動警察隊所属の180系クラウン「帯広300 ち 54-00」。この
画像の撮影時、同車は珍しく取締りではなく事故処理を行っており、その不慣れな感じが露呈
していたというエピソード。その際、テレビカメラを載せたワンボックスが後ろに止まっていたのだが、
それが2月18日放送の警察密着24時系の番組で放送されたそうだ。


こちらのテレビ画面画像も当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。おや?ナンバー
部分が見えなくなっているな。どうしたんでしょ。


取締りしかしないくせにこの時は事故処理もやって、後続車に対する注意喚起の方向指示板も
出したが、この指示板の直後には撮影クルーを乗せたワンボックスが居たのでまるで本来の意味が
無いというやらせっぷり。だが、この手の番組のそこがイイ。警察も制作側も都合の良いようにやれば
いいんだよ。その片鱗を画像や音声の端々から感じるのがまた楽しい。今後も皆様からの情報提供を
お待ちしております。


当サイト情報提供者の方より頂いた日産札幌ギャラリー展示車両画像。ありがとうございます。
3月いっぱいで閉館となる同ギャラリー。あと少しの間だけでも、こうして楽しませてもらおう。
このマシンは2008年のスーパーGT500クラス参戦のザナヴィニスモGT-R。同クラス優勝車。
真紅のボディーが非常にカッコいい。何度も書くけれど、こうしたスペシャルマシンを身近に見る事の
できる場がなくなってしまうのは非常に残念。でも、もう少し、あと少し。



当サイト情報提供者の方より頂いた店舗PRマシン画像。ありがとうございます。自転車の
宣伝カーというのも面白い。空気抵抗過ごそうだな(笑)。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP