BACK NUMBER
2013/01/14-20
0115 0116 0117 0118 0119 0120


2013/01/14(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。函館機動
警察隊所属の「函館500 ち 57-79」だ。


この個体は上下2段式のダブルミラーの上段を外している為、ルームミラーの位置になんだか
違和感があるのが特徴。そしてそれがスモークレスガラスから丸見え。アンテナも含めてありがたい
仕様と言える。撮影は北斗市開発方面 国道227号。同エリアをルーレットしていたそうだ。
180系クラウンを見たらまずは覆面と期待せよ。


そしてこちらは同市東前方面 国道227号。久々の危険予知だ。さぁどこだ。どこに何が居る?
高速の案内標識の支柱の根元に注目だ。


居る。雪山をうまく利用して車体を隠している。


現場を地図で確認。先程の覆面といい、このレーダーパンダ待伏せといい、国道227号は取締り
に期待のできる道と言える。


同現場を反対側から。これが取締りの実態だ。隠れて違反をするその瞬間まで姿を見せない。
隠れてないもん!たまたまだもん!ハイハイ。そういうピュア(以下略)。


元々この場所は見ての通り消防団の資材庫前。万一に備えて除雪も行なわれている。こんな
事の為に除雪しているのではないだろうに。でも、こういう事してくれると我々としては嬉しい。品行
方正にやられるとこちらもやりにくい。ピュア(以下略)はともかく、この手の反感を招く行為はどんどん
やって欲しい。我々のネタが潤う。ちなみにこのパンダの中身は活動帽着用。恐らくは所轄交通課だな。



「ガンダムMarkIIを作ろう!」のコーナー。上半身と足が完成して、次は脚部だ。


実物(いや、アニメなんだけどさ)と同じく、内部メカ関節部分を作り、そこへ装甲板を被せていく作りに
なっている。これは凄い。


内部関節完成。


かなり可動範囲が広い。凄い。


足首部分のシリンダーも再現されている。軸受が実際にシャフトを伸縮させる。すげぇなぁ。進化してる。


バックアップも作製、脚部も完成。


本体完成しました〜。残りは武器とシールドを作ります。




2013/01/15(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。成人式
会場で「待機中」の様子。大人になる事の決意をする場で、子供じみた騒ぎを起こす新成人を
取り締まる為に居たのか、それとも既に犯罪だけは大人張りにやった手配者が式に来ると見て
張り込んでいるのか。成人式についてはその必要性が毎年問われる。だがこれは無くなる事は無い。
それは大人の事情によるものだ。しがらみや利害が絡んでいるからな。来年も荒れる成人式に期待。



当サイト情報提供者の方より頂いたドラえもん&180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
手前のワンボックスが検挙された車両。違反の内容は不明との事だがサイン会場がコンビニの駐車場。


現場はセブンイレブン上川美瑛店。情報提供者の方は同店のオーナーの方とお知り合い。この件を
伝えると「あれは営業妨害だな」とおっしゃっていたそうだ。警官から一言断りでも入ればそれは快諾
するのに、警察だからって無断でコンビニ駐車場を使うのはやはり不愉快。嫌われてるんだよ。特に
交取に従事する警官は。ピュアな心を持ったのが唯一(以下略)。で、こいつは旭川機動警察隊
所属の「旭川300 つ 23-01」だったそうだ。


過去に撮影して頂いた同車。このナンバーを頭に叩き込め。キッチリ押さえていこう。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締り現認係画像。ありがとうございます。
現場は函館市本通1丁目。道交法順守でいこうぜ。現認係から声掛けがあったそうだ。

警:どうされました?
情:ネットに載せます!
警:びっくりカーチェイスだよね?君この前も来てたよね?サイトの管理人かい?
情:カーチェイスに載せます。管理人じゃないよ。
警:いきなり撮られるのこちらも嫌だけど・・・どうせ言っても載せるんでしょ?
情:もちろんです!
警:クルマに気をつけて撮ってね。

随分と理解力のある警官ではありませんか。そう、それでいいんだよ。ほんの数年前だったらいきなり
恫喝行為から始まったもんだ。それが間違いだって事に気付いたようでなにより。


現場を地図で確認だ。夏場はここで設置式取締り。今はシーベル・携帯だ。


サイン会場。逃走車両発生時の対策は講じておらず。だからって逃げるなよ。


停止係。撮影しているとこちらからも声掛けがあったそうだ。


警:びっくりカーチェイスに載せるのかい?
情:もちろんです!
警:君この前も来たよね?
情:来ましたよ!

停止係も現認係同様、判ってらっしゃる。いい流れですな。今後も皆様からの取締り情報を
お待ちしております。




2013/01/16(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締り現場画像。ありがとうございます。
撮影は定番ポイントの札幌南IC。本当にここは一年を通じてよくやっている。こりゃまた自分も
撮りにいかなくちゃな。夏場は散々ネタにさせてもらったが、雪景色を背に車内を覗き込む
ドラえもんも撮ってみたくなった。行くぞ、必ず。



当サイト情報提供者の方より頂いた交番パンダ&スクーター警官画像。ありがとうございます。
撮影は大阪某所。水難事故現場での撮影との事だ。


180系クラウンパンダ。正面切っての撮影、ナイスです。つやつやですな。なんだよつやつやって。
で、これらパンダは先にも書いたとおり水難事故現場での撮影。緊迫した事案での臨場だ。それを
踏まえた上で一枚目の画像を拡大してみよう。


交番パンダのミラーに注目。水難事故現場でもこの笑顔。よほど何かいい事があったのか。それとも
スクーターの警官が滑らない話しでもしたのか。水難事故現場でも笑顔を忘れない警官。いいね!



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は愛知県
東名高速。そこを警ら用パンダが行く。


対空表示に加えてリアガラスにもコールサインが入るんだね。


サイドにはPOLICEマーキングとなんだかかっこ良さげなエンブレムが書かれる。「愛知県警」マーキングの
字体は丸ゴシックなんだね。なんだか和む感じだね。



当サイト情報提供者の方より頂いた240系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。アリオンを
見たらまずは覆面と期待せよ。


グレードは定番のA20。コイツは左右エンブレムの位置が市販仕様と同じですね。これが左右入れ替え
になって、下段から上段にオフセットされると公安のカメラ搭載車になる。A20の「0」の部分に小型
レンズが仕込まれているという仕組み。その部分も含めて要チェックだ。




2013/01/17(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた交番パンダ待伏せ画像。ありがとうございます。撮影は
七飯町大沼町方面 道道43号。ここでは踏切での一時停止無視はもちろん、その手前の
丁字路交差点の一時停止も監視。詳しく見ていこう。


現場を地図で確認。丸印は踏切手前の一停2箇所。


ストリートビューで見る現場。踏切を抜けた左右の一停、見られてるって事だ。


ここと、


ここ。踏切の存在に気を取られてか、ここの一停がおろそかになるドライバーが多いという。
そういう所にはちゃんと警察が居る。見えない陰に。


引き続きストリートビュー。奥に車両が居るのが判るだろうか。拡大してみる。


居る。ストリートビュー撮影時にも待ち伏せが行われていたんだね。


踏切に差し掛かる時点ではパンダが丸見えなので、ここでの停止は守られているようだが、
その手前をスルーしてきた車両はもうアウトだ。まさかバックで停止線手前に戻ってやり直す
訳にもいかない。


手前の車両は違反車両。パンダが動き出しているのが判る。なお、画像がモノクロなのは
撮影時のカメラ設定によるものだそうだ。これはこれで緊迫感がある。


追いつくのかね。パンダの追跡に気付いた車両が逃げようとしなければ大丈夫か。


モノクロでの検挙劇なので、イニシャルD風にしてみた。


交通取締りを題材にした漫画って無いな。そういえば。無いだろ(笑)。


取締り現場に近い大沼国定公園。大沼と小沼が繋がる場所で、冬季でも湖面が凍結しない
場所なんだそうだ。白鳥を見に行って、その道すがらでパンダに撃墜される事の無いように
したいものだ。わくわく動物ランド。




2013/01/18(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場臨場交取覆面画像。ありがとうございます。
撮影は池田町。たまたま現場に居合わせたのかなんなのか。覆面が事故処理にあたるのは
道警の場合極めて珍しい。過去には見て見ぬ振り、覆面だからどうせ一般車と思われていると
思って現場をスルーしようとしたエピソードも確認されている。そんなの出まかせだもん!交機だって
事故処理するもん!そういうピュア(以下略)。とにかく、今回はイレギュラーな場面という事だ。


十勝機動警察隊所属の「帯広300 ち 54-00」だ。グレードエンブレムレス、ありがたいアンテナ
仕様で正に覆面パトカー。古き良き時代の覆面だ。


後続車に対する注意喚起も忘れない。だが、この方向指示板の直後にはテレビカメラクルーを
乗せたワンボックスが張り付いていたそうだ。そういう事か。マスコミの取材付きか。それだもの、
事故処理にも従事せざるを得ないわな。そういう訳なので、この方向指示板もパイロンも
ワンボックスにすっかり隠れて意味が無かったそうだ。やらせだもんな(笑)。収録を受けるドラえもん
2体の交通誘導は素人目に見てもヘタクソだったそうだ。場数を踏んでいる所轄警官の誘導って
やっぱりそれなりに凄いんだなと、ドラえもんの稚拙な誘導で再認識したそうだ。交取要員なんて、
ドライバーが違反するのを隠れて待伏せ捕まえるだけだからな。皆が困っている所をなんとかする
という本来の仕事には向いてないんだよ。経験が無いから。そんな事ないもん!経験あるもん!
そういうピュア(以下略)。


で、こちらが交取覆面本来の姿。こいつは先程の「54-00」だ。当サイト情報提供者の方より。
ありがとうございます。撮影は帯広署駐車場。こいつの所属は同署ほぼ隣の十勝機動警察隊
であり、また、中身2体が確認できる事からこれは信号無視等々の違反に期待しての待伏せと
思われる。時間にして午後11時頃との事だ。やっぱり交取の覆面はこうでなくちゃ。違反をするまで
何もせず、その瞬間を待って、そこかから初めて仕事を開始する。これが現実だ。安全運転でいこうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた不祥事製造マシンこと道警本部画像。ありがとうございます。
年が明けて1月に早速一件やらかしているが、道警の本領はまだまだこんなもんじゃない。今年は
どんな笑える事をやらかしてくれるのか。その度に本部長が苦虫噛み潰した顔でテンプレートに沿った
遺憾の意コメントを出す。期待してますよ。


で、本部に来たからには建物と道を挟んで存在するここをチェックしなくちゃな。わざわざここは捜査に
使う車両を置く場所なんですよと教えてくれているありがたい場所。


その敷地内ではなんだか楽しそうに除雪してるのが居たそうだが、撮影には気付かぬ振りをしてくれた
そうだ。ありがたいねぇ。他の都府県警ならこうはいかないからな。増してや外国ならそく身柄を拘束
される。日本は平和だなぁ。道警はのんきでいいなぁ。


フルスモーク、アンテナレス仕様のE51エルグランド。これは要チェックの一台だな。


お馴染み、T31エクストレイル覆面。数日間は稼動無しか。


レンタカーも用意しているんだね。これ、トヨタのポルテか?こんな可愛らしいのにイカツイ顔のオッサンが
不審車両よろしく対象の建物近くに止まってるのか。違和感あるな。不審だわ(笑)。


こちらもレンタカー。室蘭ナンバーですよ。色々妄想できちゃうな。楽しい。


今度は本部周辺を行き交う覆面を見ていこう。ありがたいアンテナ仕様のインサイト。本当にありがたい。


E51エルグランド覆面。


ありがたいアンテナ仕様。ちなみにコイツは本部ではなく中央署所属の個体。本部と中央署って近いからな。


R60ノア覆面。アンテナレス仕様だったが、中身のこちらを見る眼が異常だったのですぐに判ったそうだ。ナイス。
ちなみにコイツは撮影に気付いてこの後停止しようとするも、雪山で路側帯が無く、後続車に「こんな所で
止まるなクラクション」を鳴らされて停止できず。そのままどこかへ消え去ってしまったそうだ。中途半端なヤツ。


公安所属の6代目ランサー。なんせタマ数の少ない車種なので非常に目立つ。なのに公安が採用(笑)。


過去に撮影された別の公安ランサー。ナンバーは連番。せめて希望ナンバーにして秘匿性を上げるとか
そういう事はしない。日本は平和だね。6代目ランサーを見たら公安の覆面と期待せよ。




2013/01/19(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いた240系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。
アリオンを見たらまずは捜査用覆面と期待せよ。ありがたいアンテナ仕様、そしてグレードは
A20とくれば、まず間違いない。この個体は正にその王道パターンなのだが、グレードエンブレムに
注目。


「A」の部分が剥がれてしまっている。剥がそうとして失敗した爺ちゃんかよ。こういう所に「どうせ
自分のクルマじゃないし」「覆面だからパトカーともばれてないからキッチリしておく必要ないし」という
怠慢と油断が浮き彫りになる。そしてこれが余計に目立つ事になる。所詮役所のする事。



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。
アンテナレス仕様ではあるが、グレードが例のA20。市販車との見分け方を教えて頂く。ナンバー
プレート上方のメッキモール下部にバックカメラがあるかどうかを見るそうだ。市販のA20では
オーディオレス仕様を選択しない限り、バックカメラが装備されるという。一般ユーザーがオーディオレス
を選択する事は極めて少ない。という事だ。ありがとうございます。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。こいつは
高速隊からお下がりになった現交機所属の「札幌301 の ・136」だ。停車車両を装って前方の
交差点を監視していたそうだ。現場は中央区北3条西7丁目。道庁北側の通りだ。雪で道幅も
狭く、交通量も多いというのにこんな所で待伏せとはな。やれやれ。


地図で確認。信号、キッチリ守っていこう。道交法順守こそが最大の防衛策。


冬季においては速度違反には期待できない為、この手の夏場にはまずやらないおかしな取締りを
行なう傾向が出てくる。今回の様に市街地中心部で交取覆面に出くわす事が増える。今後も
皆様からの覆面パトカー情報をお待ちしております。




2013/01/20(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ&覆面画像。ありがとうございます。
撮影は厚別区大谷地方面。昇降式パンダと覆面という奇妙な取り合わせだ。双方パトカーは
パトカーだし、警察は警察。それは判るがこの2種が並んで何かをしている事は稀だ。


手前のパンダは所轄地域課である事が判る。覆面は札幌交機所属の「札幌301 ひ 13-92」だ。
何やってたんだろうね、この2台。



当サイト情報提供者の方より頂いた南署画像。ありがとうございます。小型パンダと第二機動隊用
の大型バス、そしてネズミ捕りで使用のマイクロバスが確認できる。


C25セレナ捜査用覆面。ルーフ後部にありがたいアンテナ装備。本当にありがたい。同署の駐車場は
非常に狭く、各種届けや手続きを行なう際にクルマで行くと難儀する署だ。だがそのおかげで覆面も
目立たない場所に収納する訳にもいかず、建物正面の通路に並んでいたりもする。覆面を見に行く
なら南署はお勧め。敷地外からガンガン押さえる事ができる。



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。警視庁
麻布警察署前での撮影との事。交差点直後に停車して中ではタバコをお楽しみになられている
という、非常に職務に熱心な所を撮影して頂いたものだ。「覆面だから周囲にパトカーだとばれて
いない」と思い込んでいる典型的ありがたいのが乗ってたって事だ。「ちょっと休憩してただけだ」と
自分に言い聞かせて、今後も覆面の中で自分の肺をニコチンで汚してろ。我々のネタも潤う。



ガンプラ用撮影ブースを作ってみる。調べてみると手近なもので自作されている方が結構いらっしゃる。
真似してみました。まずは約40cm四方のダンボール箱を用意。フタの部分は切り落とします。


天井になる部分を切り抜く。上から照明を当てる為だ。ちなみにこのダンボールはダイニチの石油
ファンヒーターのもの。消火時の匂いを従来機から見て約70%もカットする優れものだ。それ、今回の
記事と関係無いよね。無いです。


レフ板の役割を果たす為に側面には銀色のカッティングシートを貼る。アルミホイルでも可。


中で光を反射させて中央の被写体を少しでも明るく写せるようにするのだ。


側面の工作終了。床の黒ガムテープは持ち運び用の取っ手穴を塞いだもの。


100円ショップで購入したスチロール製工作板。多少の「曲げ」にも対応できるので、これを一枚もので
床と背景に両面テープで貼る。床は床、背景は背景で切り離して貼るとそこに継ぎ目が出来てしまう
ので、そこを一枚の板を曲げて処理するという訳だ。


ハイ完成。


早速試しに撮影してみる。まずは以前に購入のアルファロメオ155V6TI。こうやってブースに入れて、
上から照明を当てて、


こんな感じで撮影できる。


BTCC仕様のボルボ850も撮ってみた。


先日完成したばかりのガンダムMarkII。シールドと武器も出来ました。


非常に良く動く。作った後にカチャカチャ動かして遊ぶ物ではないが、どんなポージングにするか
飾る時に色々悩む楽しみがある。


同機が登場するZガンダムの第一話のタイトルが「黒いガンダム」だった。実際のカラーリング設定では
ダークブルーを基調としたものだったが、それよりも更に濃い青にして、パッと見では黒い機体だったと
錯覚させるようにした。正にそのタイトル通りに。


肘関節が90度以上曲がるのがイイ。進化したんだなぁ。ガンプラも。


こうして撮影ブースもできたので、今後もどんどん作っていこうと思う。次に作製するのは「ガンダム
Ver.Ka」だ。初代ガンダムね。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP