BACK NUMBER
2012/12/17-23
1218 1219 1220 1221 1222 1223


2012/12/17(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた雪道画像。ありがとうございます。撮影は豊平区と清田区を
結ぶ羊ヶ丘通り。路面が出ている季節にはレーダーパンダが待伏せし、雪が積もると事故多発地帯
と化す難所だ。吹雪のせいで視界は非常に悪く事もしばしば。3車線を区切る白線ももちろん
見えないので、自分がどのラインを走っているのか、そもそもそれはキープすべきラインなのかも判らなく
なる事もある。安全運転で行きましょう。路面状況に合わせた速度を心がけましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた雪山乗り上げ車両画像。ありがとうございます。吹雪の中、
車両が横断歩道を塞いで出来た雪山に突っ込んでいる。視界不良とスリップによってこうなった
んだろうか。明日は我が身だ。気を引き締めて運転に臨みたい。安全運転で行こうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は白老町
方面 国道36号。何度も、何度も書いてきているが、冬季になると恵庭、千歳、苫小牧、白老各方面
での取締りが集中化する。非常に期待できる各方面なのだ。カメラの準備はいいか。本日記事最初の
2枚は札幌市内の様子、そしてこれが同じ時期の恵庭以南の様子。交機がこぞって南下する理由が
判るだろう。今回のコイツは札幌交機苫小牧分駐所属の「室蘭300 て 79-72」だったとの事。


コイツだ。ユーロアンテナ仕様+グレードエンブレムレス仕様。ナンバー含めてキッチリ押さえていこう。
今後も皆様からの覆面情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は埼玉県
常盤自動車道三郷料金所付近。パトサインに加えてバンパー下部には赤色灯装備。コイツは点滅
していたそうだ。同県警の200系クラウンにこの赤色灯を装備している個体が複数台確認されている。


日付変わって同料金所での同車。この時はシーベル取締りに出張ってきていたという。隣にはBLレガシィ
パンダ。同車パンダ仕様は道警には採用が無いので、見せて頂く度に新鮮に感じる。



「ザクを作ろう!」コーナー。机まで買ったんだもの。キッチリ作ります。


昔もそうだったんだけど、まずは頭部から作る。人形は顔が命。これを思うように作る事ができるとその後の
モチベーションが違う。で、頭部。ザクは顔の両サイドに「動力パイプ」なるパーツがあるのだが、その塗装が
大変だった。


左の筒型のパーツがそれ。小指の爪よりも小さい。総勢20個。色を塗っていく。ザクは緑系で塗装していく
事にしたが、オリジナルのそれよりも濃いものにする。


頭部完成。小隊長機仕様(ツノ型アンテナ装備)にした。


次は胴体の作製に入ろうと思います。




2012/12/18(tue)


過去に撮影して頂いた釧路機動警察隊の180系クラウン覆面「釧路300 た 60-21」。こいつが
一般車両への追突事故を起こしておいて、その被害者に対して不誠実な対応をしているそうだ。

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hyouei/6170781

標栄運輸さんのブログにてその内容が記されている。警察は当初その非を認めて謝罪に訪れていた
そうだ。しかしその後、手の平を返して被害者の方にも過失があるとして、その割合を相殺しようとしている
そうだ。すげぇな警察。そういう事を平気でするんだよな。だからいつまでも信用されないんだよ。信用
してるのなんて一部のピュアな心持ったヤツだけだぞ。そういう人のクルマに警察が追突したらどうなるんだろ。
ブログを読ませて頂いたのだが、覆面は相当な速度を出していた事が推察される。また調子に乗って
アクセル踏んでたんだろうな。で、信じ難い事だが前方のクルマに気付くのが遅れてパニックブレーキ。車体が
ハーフスピン状態になって被害者の方のクルマの右後方に擦るように衝突。覆面は左前方を破損。本当、
コレは無いわって出来事。ただでさえ不祥事も連発して全国ワーストになっているのにな。やっぱり道警って
こんなもんなんだな。



当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。
運転席側は中身不在、助手席側は新聞を読んでいたそうだ。相変わらず仕事熱心ですな。
街の平和を守るために大活躍じゃねぇか。撮影は北広島市のケーズデンキ等が入る複合施設
屋上駐車場。店舗出入口から遠く離れた端の方に止まっていたそうだ。どうしてだろ。なんでだろ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は
苫小牧市 糸井〜樽前間の国道36号。


札幌交機苫小牧分駐所属の「室蘭300 て 79-72」だ。稼働率高し。同エリアの国道36号を
走る時、コイツの存在に期待せよ。


ステッカーをバカみたいに貼りまくったアコードじゃないと全然気付かないのな。アンタ、ネタにされてるよ。


で、その後、コイツは捕れると勘違いして情報提供者の方の後方に。ありがたい。正面からの画も
バッチリです。ナイスショット。今後もバリバリ取締りをして欲しいものだ。その分我々のネタが潤う。



当サイト情報提供者の方より頂いた除雪車画像。ありがとうございます。コイツはグレーダーと呼ばれる
車両だ。道幅の広い幹線道路では、複数台が同時に投入される。


前輪と後輪の間に装着されているブレードが、路面に貼り付いた氷や圧雪を剥がしていく。


除雪の為だけに存在する車両。他の工事等には使いようが無い車両だが、逆にそこがいい。カッコいいぜぇ。


別タイプのグレーダー。独特の色合いがいかにも作業車両って感じがしていいな。


プラウと呼ばれる除雪車両。列を成して道幅を広げていく。これらの作業が行なわれるのは交通量が減る
夜10時から、日付をまたいで明け方まで。もちろん一度や二度の作業ではない。冬季の間ずっとだ。寝ている
時もこうして活躍している人々が居る。ありがたい事だ。まだまだ冬は長いけれど、彼らの存在なくしてそれを
乗り越える事はできない。感謝だ。




2012/12/19(wed)


当サイト情報提供者の方より教えて頂いた道警不祥事記事。ありがとうございます。MSNニュースの物だ。
なんでしたっけ、「きずななんちゃら」ってプロジェクトありましたよね。不祥事を起こさないなんだかってヤツ。
サボリですか。無意味ですか。どうせそのプロジェクトに出るからって言って超勤の手当てもらってるんでしょ。
なんて事を言われても仕方が無い。飲酒運転による事故を起こしたのが交通課ってのがまた皮肉が効いて
いてイイ。我々もそこまではお願いしていないんだけどなぁ〜(笑)。この事故を起こした上平誠って巡部、52歳か。
52歳で巡部ねぇ。ふーん。更にはコイツが所属の新得署って交取用の覆面で追突しておいて、その被害者に
言いがかりを付けている釧路方面本部管轄の警察署なんだよな。こういうのってリンクするもんなんだよなぁ。
しかし予想通り、年末にやらかしてくれたな道警。「年末に何かやらかすぞ」と公言はしたものの、正直不安な
部分もあった。でもしっかり期待に応えてくれるのが道警。年始早々の不祥事にも期待しております。

ちなみに、自衛隊にあっては飲酒運転に関しての内規はこうなっている。陸自の第7師団の場合だ。当サイト
情報提供者の方より教えて頂いた。ありがとうございます。

・毎朝、出勤者に対して無作為にアルコールチェッカーを実施
・営内者は外出帰隊後に必ずアルコールチェッカーを実施
・外、自宅を問わず勤務24時間前から飲酒禁止
・宴会場への車の乗り入れを禁止(飲酒をしない者も含む)
・代行運転業者の使用も禁止
・上記を違反した者は命令違反とみなし、懲戒処分対象とする

かなりの徹底ぶりだ。これは同師団長に対して北部方面総監直々にお達しがあった為だそうだ。道警は
こういう努力してますか?身内で「きずななんちゃら」っての結成して自己満足してるようじゃダメなんだよ。
九分しっかりできていても一分できていなければ批判の対象になる。そういう意識が欠落してんだろうな。
いつもながら納税のし甲斐を感じる。本件で不思議なのは、故障した後にどうして110番したんだろうな。
普通はロードサービスを呼ぶんじゃないのかね。それだと料金かかるからって身内を呼んだのか(笑)。しかも
110番で。すげぇなこの巡部(笑)。何もかも(以下略)。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。兵庫県警
高速隊所属機。車体後方には高速342のマーキング。


事故処理の為に臨場。対向車線でも事故が起きており、そちらでもレーダーパンダの姿が見える。


一般道でのそれならばうきうきサイン会セットと表現すべきだが、これは事故だ。うきうきなんかしている
場合ではない。事故は嫌な物だ。安全運転でいこうぜ。



12月にして既に平年の2月並の積雪量になっている札幌。既に道の脇には除雪でできた雪山が
1車線を塞ぐ。もちろんセンターラインは見えないので、車線の区分はドライバーのセンスに一任。
ぼやいても仕方が無いが、これがあと3ヶ月は続くんだよなぁ…。


外気温がマイナス10度になる事も。更に低くなった事もある。しかし気温が下がれば下がるほど
雪が締まり、湿度も下がるために運転はしやすくなる。マイナス2度よりも上になると「嫌な路面」
状態になってくる。


雪下ろしを怠る車両も中にはいる。この手のヤツは大体出先の駐車場で平気な顔して雪を
落としていく。セルフのガソリンスタンドでそういう事をするのも。強めのブレーキで屋根の雪が
フロントガラスを塞ぐ場合もあり、それに起因する事故が起きる場合もある。この手の車両には
近づかない方がイイ。




2012/12/20(thu)


10月に発注していたモデルカーが遂に発売される。12月中旬リリースとの案内ではあったけれど、遅れている
ようだった。でもこうして年越し前に届いて何より。そう、この記事を書いているのは12月31日。記事の日付は
20日…。どうすんだよこの遅れ、このズレを(笑)。


で、高級な感じの黒箱を開けるとこんな感じ。購入したのはオートアートのアルファロメオ155V6Ti DTM1993
#7。ヘリコプター事故から奇跡のレース界復帰を果たしたアレサンドロ・ナニーニ機だ。ホッケンハイム戦優勝機。
取り外し可能なボンネットがまずは顔を見せる。


無線アンテナは別パーツ。無くしたら大変だ。このモデルカーの価格は26,000円。そう思うとゾッとするパーツだね。


いよいよ本体がお目見え。真紅のボディーに白のマーキングが映える。


喧嘩レースの代名詞だった旧DTM。当時の様子を見ていても、その迫力に今でも圧倒される。


ゴツゴツしたイメージはリアにかけても強い。トランクから大幅にはみ出しているリアウイングが印象的。


車内も忠実に再現されている。張り巡らされたケージやビームがカッコいい。


レカロ社製フルバケにサベルトの四点式。正に王道ですな。


サイドスカートに整然と並ぶスポンサーステッカー。何から何までイチイチかっこいいんだよな。


このフェイスがシケインで跳ねながら、火花散らしながらかっ飛んでくる様は鳥肌物だった。


デュアル仕様、かつツイン(!)仕様のマフラーからの熱を考慮してバンパーには耐熱シートが貼られる。


トランクルームはこんな風になってたんだ!と初めて判った。すごいぜ。買ってよかった。


アルファロメオのマークもしっかり入っているエンジンルーム。性能への貪欲な追求がもたらす機能美。


早速飾る。これでもうモデルカーコレクションは終了。もう買わないからな!絶対だからな!JTCC時代の
アコード各種が1/18サイズで出るまでは!出たら買うのかよ。


やっぱりハコ車のレースがいいんだよなぁ。


上からWRC、JGTC&スーパーGT、警察。




2012/12/21(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いたC11ティーダパンダ画像。ありがとうございます。撮影は長崎県。
旅先での撮影との事。感謝です。そしてその横のセダンにも注目。


V36スカイライン捜査用覆面。V36を見たらまずは覆面と期待せよ。市販のタマ数も決して多くは
無いので、当りを引く確率は高い。


ルーフ一本立てのユーロアンテナ仕様。ありがたい装備だ。今後も皆様からのパトカー画像をお待ち
しております。



頼んでおいたおせちが届きました!数もこなせないのに注文受けるだけ受けて、結局未配やらかす
業者とは違って、ちゃんと届きました!カマンベールチーズ楽しみ!ワハハハハハ!ハァ…。今季は
あるかね、おせち詐欺。あるだろうなぁ(笑)。



「ザクを作ろう!」コーナー。今回は胴体です。


オリジナル色では濃いグリーンだが、ここはオリーブドラブで塗装。メカ内部はメタルブラックで塗装。


ハイ胴体出来上がり。


作業スペースに関しては壁上部にLEDライト追加。更にザクが作りやすくなりました!次は腕を
作ります。




2012/12/22(sat)


北海道神宮初詣警備の状況をお送りする。記事の日付はまだ年越しをしておらず。なんという
事でしょう。もういいや。ブログと違ってここら辺を全然気にせず、また自由に作れるのっていいなぁ。
負け惜しみはよせ(笑)。度が過ぎるのは見ていてつらい。さ、気を取り直していくぜ。撮影は元旦の
ものだ。


最寄地下鉄駅の東西線円山公園。多くの人が改札から出て行く。


毎年ながら凄い人出。だがその方がイイ。本殿前ではきっと警官がロープで集団を区切って、それを
順次入れていくやり方を今年も見られるはずだ。


ちなみにこちらは同日の大通地下街ポールタウンの様子。初売り2日の店がほとんどなんだね。静かだった。


神宮までの道のり。この後車道側に出る。


車道沿いを歩く。パンダがグルグル回っているのが期待できる。


駐停車している車両はこうしてすぐに追い出される。1台止まるとその後にどんどん止まって収拾が付か
なくなるためだ。


同じく駐停車を警戒する200系クラウンパンダ。


対空表示は600番代なので交機所属機と思われるが、今回の運用上同隊が駆り出されるとは考えにくい。
警備担当は西署なのだが、色々考えちゃうよね。


撮影に関してはなんのおとがめも無し。やりやすくなったもんだ。せいぜい会釈される程度。こちらは職質
されても全然いいんだけどな。それもネタになる。今年もよろしく(笑)。


巡回中の180系クラウンパンダ。


すれ違う2台。


表参道手前第二鳥居前の機動隊指揮車両。


200系ランドクルーザーですな。


この撮影でも何故か会釈される。挨拶できるようになったんだな。ここまでくるのに何年かかったんだよ。


拝殿を目指す。意外な事に混雑していない。昨年では人の群を警官が仕切って順次入れていたのに。
今年もそれを見たかった。しかしあっさり境内へ。そういう事もあるわな。元旦の昼過ぎの勢いってこんなもん
なんだな。




2012/12/23(sun)


昨日に続いて元旦の北海道神宮の様子をお送りする。何度も書いているが、既に
記事日付との連動は皆無。もうそんなの関係ないんだぜ。開き直りだぜ。後から見たら
毎日更新している事になっている。ブログじゃねぇんだよ、ウチは。何怒ってんだよ(笑)。


100系のランクルでいいんだろうか。指揮車両。警備活動第一線ではこうした車両が
止まっているだけで抑止力になる。普通のパトカーにはない雰囲気が効く。


投光機装備とおぼしきE25キャラバン機動隊車両。いいねぇ。こういうのがあるから神宮
行くの楽しいんだよな。


こちらもE25キャラバン機動隊車。ダークブルーがティターンズカラーを彷彿とさせる。また
ガンダムか!このキモオタ童貞ヒッキーが。そうです私はキモオタで童貞で引き篭りです。
それが私の正体です。


おやおや?奥の方にも気になるのがいる。社務所側に毎年止められているアレだ。


ここは必ず押さえたい所。捜査用覆面も現場に来ているのだ。ナンバー情報、しっかり
頂いていこう。


拝殿。お賽銭がここに投げ込まれる。正面からの投擲では、そのあまりの混雑ぶりに距離が
足りずに前方参拝客への誤爆を招きかねない。よって左右に回り込んでの投擲が確実。


ここまで来たら次にチェックすべきは絵馬だ。今回のノミネート作品はこちらだ。


凄い。かなうといいですね。最後に「幸せ。」と自己完結している点も高得点だ。


欲張りですな。これはいわゆるリア充カテゴリーに入るのだろうか。ドラえもんも加えて頂くと
四次元も充実しますよ。ポケット的に。


受験合格の動機がテニプリの為にというのがいいですな。テニスの王子様。自分はもっぱらミュージカル
の方ですが。2代目キャストの跡部(加藤和樹)と手塚(城田優)が一番しっくりくる。


素晴らしい。4歳にして正義感が芽生えている。道警の皆さん、こういう絵馬を見て自分達が恥ずか
しいと思いませんか?あれだけ不祥事起こしておいて。この子供がウチのサイトを見たらどう思うんですか。
反省してください(笑)。言っても無駄だと思いますけど。数年後の絵馬にはきっと

「ふしょうじ を おこさない おまわりさんに なりたいです」

って書かれる始末だろうな。容易に予想できる始末。2013年も期待してますよ、不祥事。不始末。


頑張れ!!死ぬと思うけど。鉄のニートならできる!


いすゞスタッフの切なる願い。これは茶化す事はできない。こういうのが本当の絵馬に書くべき事だと思う。


帰り道での光景。機動隊バスが立ち往生中。


参拝客車両の出入りを全ストップ。慎重に後退を開始。


旋回内側には料金所が。これに引っ掛けそうになったんだな。


駐車場とは言え、神社の施設に傷付けたら大事だ。バス自体だって税金で購入したものだしね。こりゃ
シビアな隙間だ。


車体左側も側壁ギリギリのようで、ゆっくりと後退していく。


目処が立つ所まで下がれました。


無事脱出。どこにもぶつけなくて良かったね!


次はワンボックス。


難なくクリア。そりゃそうだ(笑)。



「ザクを作ろう!」のコーナー。腕の製作に入りました。腕を構成する諸々のパーツに加えて腰部の「動力
パイプ」も塗装。動力パイプ、脚の部分にもあるんだよなぁ…。頑張って作るぜぃ!


腕部各パーツを組み上げる。動力パイプも付けました(笑)。


上半身完成〜。残すは脚。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP