BACK NUMBER
2012/10/15-21
1016 1017 1018 1019 1020 1021


2012/10/15(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた道警の怖いポスター画像。ありがとうございます。過去にこのような
ポスターを製作していたんだな。過去っていっても5、6年前だそうで、既に時は21世紀に入ってからの
ものだ。20年や30年前のものではない。ヒドイ(笑)。これはヒドイ(笑)。デザインしたヤツ、そしてそれを
採用決裁したヤツ。どうなってんだ。どうにかなってんだろうな。被害を訴えても相手の警官の顔がこんな
風になっているのは今もそうだから、逆にリアルって言えばリアルだけどな。これ、ちょっと改造してウチの
サイトのポスターにもできそうだな。



当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナレーダーパンダ画像。ありがとうございます。うきうき
サイン会開催中。撮影は白老町方面 国道36号。レーダーパンダがどこに潜んでいてもおかしくない
エリアだ。日中でも、夜でも。今回コイツが待伏せをしていたと思われるのはここだ。


同町竹浦。敷生川にかかる橋のたもとで待伏せを行う。


過去に撮影して頂いた同現場。夜間であれば発見は困難だろう。安全運転、道交法順守だぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。
繁華街を見守る風情がヤマダ電機で昼寝している時とははるかに緊張感が違う。当たり前。
だが面白いのは赤色回転灯を露出したまま。ちなみに中身は不在。見守ってない(笑)。


ドラマの撮影風景にさえ見えてしまう。だがコイツは本物だ。


グレードはもちろんA20。グレードエンブレムのゼロの所には穴は開いていないようですな(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ待伏せ画像。ありがとうございます。コイツは恐らく
横断歩行者等妨害違反を監視していると思われる。それにプラスしてシーベル・携帯も見ている
はずだ。現場は厚別区大谷地東方面 道道3号。


丸印が白バイの隠れている所。隠れてないもん!ハイハイ、そういうピュア(以下略)。監視対象は
大谷地東2,3の交差点。横断歩道を歩行者が渡っている際は距離があっても、そこを右左折する
車両は一時停止しなくてはいけない。キッチリ押さえていこう。歩行者が目の前を横切る車両に
対して歩みを遅くしたり、立ち止まってしまった場合は完全にアウトだ。で、面白いのはこの交差点を
もう一台の白バイが監視している点。


コレだ。どんだけこの交差点で釣れるんだよ。


場所はここ。


監視中、道行くお子様に話しかけられる。赤色灯を点灯させるサービスも。いいねぇ。こういうサービス
我々にもしてくれよ。カメラに気付いたらすぐに逃走しないでさ。コイツらの活動時期もあと僅かだ。
半年は姿を見せなくなる道警の白バイ画像は貴重になる。引き続き情報をお待ちしております。




2012/10/16(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた150系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
未だに現役、しかも最近は稼働率が上がっていると思われる札幌交機所属のフェンダーミラー
仕様パンダ。レーダーは日本無線製のJMA-5E。


撮影は手稲区前田方面 道道125号。限りなく赤色に近い黄色信号で加速して交差点を
渡っていったそうだ。他のクルマは皆止まったタイミングで。警察だから何をしてもいいんだよな。
コイツが道交法違反をしても誰も捕まえる事はできない。後で追求できたとしても「そんな事は
していない」で終わりだ。そんなのが交通取締りのプロだって言ってんだから笑わせる。プロって
言っても自称なんだけどな。皆様からの交機パンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。ありがとうございます。
工事によって車線が無くなる側からノーウインカーで前に入ってきた所を撮影との事。ナイスです。
こういう自分は警察だとバレてないと思い込んでいるバカが多いおかげでこちらもネタが潤う。


この個体は無線アンテナの類が外部露出しておらず、また過去にそれを装着していたと思われる
痕跡も見当たらない。ナンバーだけが頼りになるが、こうして実際に押さえる事ができている。
車内には運転手を含む4人のオッサン。どうせそば屋からの帰りとかそんなんだろ。で、調子に
乗った運転して結局撮影される。いい傾向だ。これからも俺は警察だとバレてないと思ってろ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。赤無視か
携帯かシーベルか。いずれにしても検挙された瞬間だ。撮影は北区新川方面 道道125号。
北署管轄か。それを踏まえてパンダのナンバーに注目したい。拡大してみよう。


出た!ナンバー「69-69」だ!ムクムク君!北署地域課所属機。コイツが登場って事はアレをまた
やらねばなるまい。


数年前の出来事だ。石狩浜で水難事故が発生した際に颯爽と臨場したのを撮影して頂いた。
事が事だけに緊急走行でやってくる。


そして埋まる。何をしに来たのか全く不明。だが結果としては周囲に迷惑をかけに来た事になった。


付近に居た海の男達が救援を手伝うも脱出できず。ちなみにその先までスタックせずに走り抜けた
救急車が居るのが皮肉。そして消防ヘリクルーの「パンダがなんかやってんぞ(笑)」みたいな感じで
パンダを見ているのもしかり。


逆方向からの牽引でようやく脱出。で、ここに何しに来たんでしたっけ。



1/18サイズモデルカー衝動買い企画(衝動なのに企画なのはおかしい)4台目が届く。シトロエン
クサラWRCに続いてはホンダNSX'04 JGTC #100 RAYBRIG。


覆面のナンバーだと笑ってしまう数字だが、レーシングマシンのゼッケンだとかっこいいのが100だ。
当時、JGTCを見ていた時は声援を送っていた1台。モデルカーを買うならこれは外せないと
思っていた。これで空いている棚はあと2台分。次に発注したのはアウディ スポーツクワトロ ラリー'85
モンテカルロ#1。あのグループBに属していたマシンだ。




2012/10/17(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いた240系アリオン画像。グレードはA20だが、リアフォグ装備。コイツは
覆面なのだろうか。中身はスーツの男性2名との事。気になる一台ですなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いたパッカー車画像。ありがとうございます。この型の同車って
上部テールレンズがカッコいいと思う。なんかブレードランナーっぽい。そうなのか?で、そのレンズ
下に貼られたステッカーに注目。左側の方ね。


最大積載量については今は触れて欲しくない感じだ。こういうジョークステッカーが働くクルマに
貼ってあると、そのギャップ感から余計にコミカルに感じる。こういうの好きだ。



昨日記事にさせて頂いた北署地域課の「ムクムク君」による検挙シーンについて、当サイト
情報提供者の方よりその待伏せポイントを教えて頂く。ありがとうございます。


北区新川西1条7丁目 道道125号。ここでは昼夜問わず盛んにやってるそうだ。稼げるんだな。
そしてこのポイントのストリートビューにも、違反に期待して待伏せを行うパンダの姿が撮影されている。


これだ。コイツ、信号待ちではなく、路上駐車で違反を期待。後続車にとっては非常に迷惑な
行為と言える。だがこれは違法行為ではない。だから何をしてもイイという理論。本気でそう思ってるし、
異論をとなえても真顔で反論してくる。警察ってのはそんなもん。で、このマヌケ野郎だが、対空表示に
注目だ。「手11」とある。北区での取締りのハズだがコイツは手稲署の方のマヌケだ。


待伏せポイントを道道側から。間違いなく北区だよな。


北区ではあるが、手稲区に限りなく近い為、このような越境作戦もあり得るという事か。


今後も皆様からの同ポイントでの取締り情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたエアトレック捜査用覆面画像。ありがとうございます。コイツは政治団体
の広報車にひたすらくっついて走っていたそうだ。という事は公安か。


一般仕様のエアトレックならまず履いているのを見かけない鉄チン。そして秘匿性よりも通信感度を優先させた
ありがたいアンテナエレメント引き伸ばし状態。日本は平和だなぁ。


何度も書くがこのホイールは非常に目立つ。ありがたいのでこのままで仕様でお願いね。


こちらも同じく公安所属とおぼしき260系アリオン。


コイツもやはりエレメントを伸ばしている。一般の捜査用覆面も見習って欲しいものだね(笑)。


グレードはもちろんA20。ゼロの所はくり貫かれていないな。いやいや、260系アリオンのカメラカーならALLIONと
A20のエンブレムが左右逆の位置になる。ワオ。


ヤマダ電機で昼寝するなよ。しないしない。公安はそんな事しない。するのはよその部署。機捜なんて、
「寝てるのウチだけじゃないから!!」って言ってしまう始末。寝てるんかい(笑)。




2012/10/18(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた「現場検証」画像。ありがとうございます。手前のランサーは
どうやら覆面のようだ。警察官が数名、何やらやっている。


主な「活動」は覆面の中で行われている。時折、声の大きい警官から「パケ」や「試薬」という言葉が
聞こえてきたそうだ。薬物事案ですな。


なんだか警察密着24時みたいですな。


手前のトレーには小さなビニール袋(パケ)と注射器(ポンプ)が見える。こりゃ凄い。これを所持していたと
思われる人物は現場にはおらず、検査だけをここでしていたようだ。どこかに隠されていたものをここで
見つけたのか、また何か他のいきさつでこうなったのかは不明との事だが、いずれにしても犯罪の恐ろしさ
を感じずにはいられない。



当サイト情報提供者の方より頂いた海自P-3C画像。ありがとうございます。撮影は沖縄県那覇空港。
同自衛隊第五航空群所属機との事だ。対潜哨戒の任を終えて帰還してきたと思われる一枚。


デビュー後は「P-3Cショック」と呼ばれる程に、潜水艦索敵能力においてのアドバンテージを誇っていたが、
潜水艦もそれに追いついてきているようだ。だが日本の海を空から守る同機の重要性は変わらない。



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セド覆面画像。ありがとうございます。撮影は深川署。その
絶対数を減少させつつある古き良き時代の覆面だ。


5ナンバー、ドアバイザー装備、サイドモール装着仕様という事で、こいつは交取様ではなくゲタ車の
可能性も高い。それでいてアンテナはTLとTA両方を装備。更にはホイルキャップが前後で異なる物を
装着という面白い仕様だ。こういう個体も存在するという事だ。なんだか出来の悪いモドキ車にも見え
なくはないが、こいつは本物だ。




2012/10/19(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
こいつは栃木県警所属機との事。撮影は同県内東北自動車道。


レーダーは三菱電機特機システムのRS-710CD型。現在最も普及しているタイプと言える。
これって1基の価格ってどれぐらいなんだろうなぁ。入札なのかね。パンダの中身にあっては
ノーヘル状態。交機なんだろうか。それとも所轄交通課なのだろうか。そうやって考えるだけでも
なんだか楽しいよね。



当サイト情報提供者の方より頂いたインプレッサアネシス捜査用覆面画像。ありがとうございます。
アネシスを見たらまずは覆面と期待せよ。元々のタマ数の少なさも手伝って当りを引く可能性が
高い1台だ。コイツはガラス両端に例のありがたいアンテナ装備。ありがたいですなぁ。これを開発
したメーカーと採用した警察に日々感謝。



当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
撮影はお馴染み北見市端野町 国道39号。北見交機がお待ちかねだ。


現場を地図で確認。ここは本当によくやっている。今後もそうであり続けるだろう。それだけ釣れる
って事だ。稼げるポイントかそうじゃないか。これで頻度が決まる。


あまりにもここで待伏せし過ぎて芝が枯れてしまっている。こりゃすげぇや。今後も皆様からのイかす
取締り画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた陸自車両画像。ありがとうございます。撮影は沖縄県
那覇駐屯地での40周年記念イベントでのものだそうだ。これは03式中距離地対空誘導弾
運搬車両。背後に垂直に立つコンテナが誘導弾発射装置。通称「中SAM」だ。第6高射
特科群第324高射中隊所属機と思われる。


模擬戦闘訓練展示。軽装甲車両が当該勢力へ向けて射撃姿勢をとる。訓練である事を
前提に言わせてもらえれば、やはりカッコいいと思ってしまう。だがこれは実際にあってはならない
事だ。それは隊員の皆さんが一番よく判っているんだと常々思う。




2012/10/20(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ&ドラえもん画像。ありがとうございます。撮影は首都高
箱崎パーキングエリア。同エリアの中はロータリーになっており、そこへ各方面から接続される道は全て
一時停止。その一時停止無視に期待しての展開だそうだ。


ロータリー別ポイント。ここには2台が投入されている。余程釣れるらしい。


興味深いのは首都高に交機が稼ぎに来ている点。第一交機だね。高速隊の管轄もシェアしている
という事だ。


こちらもまた別ポイント。ここには高速隊所属のRX-8パンダが待伏せ。警視庁のみに4台が配備された
変り種パンダだ。一時停止、キッチリ守っていこう。



当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナ捜査用覆面画像。ありがとうございます。同ティアナの
後期型を見たらまずは覆面と期待せよ。グレードは250JKなら更に確率アップ。リアガラスには例のありが
たいアンテナ。本当にありがたい。



当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイライン捜査用覆面画像。ありがとうございます。ルーフ一本
立てのアンテナがありがたい。ありがとう、そしてありがとう。こいつは交番脇の歩道にタイヤを乗せて停車中。
覆面だから歩道に車体を乗り上げて停車しても問題ない。だって警察の車両だとバレてないから。撮影は
美幌町仲町交番前。コイツは北見方面本部所属機だ。ナンバーデータ、しっかり頂きました。


歩道の感触を楽しんだ後は駐車スペースへ移動。最初からそうしていればとか、そういうのは無しだ。おかしな
事をしてくれた分、こちらもネタが潤う。




2012/10/21(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた車内を覗き込む高速隊隊員画像。ありがとうございます。
コイツはシーベル取締りのメッカ、札幌南I.C.で撮影して頂いた。いつもは望遠レンズで長距離
射撃だが、今回は超接近戦。ナイスショットです。これからもここは高速隊にとって絶好の釣り場
になるだろう。我々もガッツリ撮影していきたい。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛ましい事故現場画像。ありがとうございます。著しく破損した
車両の中にはまだ乗員が居る。救助活動の最中だ。


現場は北広島市大曲方面 国道36号。記事の日付は21日だが実際に起きたのは25日朝。


事故はこのワンボックス車とトレーラーが衝突して起こった。そのトレーラーは現場から数十メートル先の
店舗に突っ込んで停止。


なんとも恐ろしい光景だ。事故は朝に起こっているので乗員以外の人的被害は無さそうだが、これで
店舗も営業していたら…。ゾッとしてしまう。事故の詳細は不明との事だが、明日は我が身。安全運転
を心がけたいものだ。



時事通信社のWEBサイトより。やってくれました道警不祥事。そうこなくちゃな。不祥事発生率で
いえば道警は全国ワースト。ウチのサイトもやりやすいって事だ。今回またしても下ネタ不祥事。
本当、好きなのな。買春行為、しかも未成年も含まれる。これだけの事をしておいてクビにはならずに
依願退職。退職金は現時点価格フルでもらえる。そして更に記事の終わり部分、「警部補は
少女2人が18歳未満だとは分からなかったとして立件しない方針」が正に警察組織そのものを
体現している。警察が悪事をはたらいても「知らなかった」で済まされる。一般では通用しない理屈も
警察では通じる。依願退職の道もちゃんと残してくれている。刑事部の警部補が相手の年齢も見抜け
ないってか(笑)。大した刑事部だ事(笑)。

で、この警部補ちゃんについての情報、皆様よりお待ちしております。書いちゃいけない事は書きません
のでご安心ください。皆様からの情報提供をお待ちしております。道警の不祥事パターンでいくとまだまだ
続くはず。冬にまたでかいの起きる。マジで。歳末特別警戒は自分自身に行った方がよろしいんじゃ
ないですか(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は豊平区月寒1条
20丁目 つきさむ温泉駐車場。この場所と言えば、接続される国道36号との交差点での赤無視に期待しての
待伏せが有名だ。


ここだ。信号、キッチリ守っていこう。ここでは特に。ここの信号は脇道側に車両が信号待ちをして、初めて
その色が変わる感応式だったと思ったが、今回のパンダは駐車場内で待伏せ。どういう事だろ。感応式じゃ
ないのかね。


降りてきた(笑)。不祥事起こしたくせに(笑)。こういう風に言われるようになるんだよ。不祥事を起こすのは
実際は本当にごく一部の警官。そして泥を被るのは真面目にやってる大半の警官。この矛盾というかやるせ
無さ、判ってるよ。判ってるけど、これだけ不祥事を連発されると道警全体に対する不信感がつのるのもまた
事実。酷すぎるもの。それにしても人相悪いなこの警官。なんか悪い事やってそう。特に口元が。市民には
笑顔で接して欲しいもんだね。それでなくても不信感増大してんだから(笑)。我々に対して職質をして頂くのは
大いに結構だが、こちらもそれなりの事は聞かせてもらう。今後も皆様からの警察画像をお待ちしております。
ガッツリやってやろうぜ。「この警官が真面目に勤務しているのは知らなかった」と思っていれば問題ない。



1/18サイズモデルカー購入5台目。今回は右上に並ぶアウディ スポーツクワトロ ラリー '85 #1(モンテ
カルロ)。1982年から1986年にかけて開催されていたWRCのトップカテゴリーであるグループB。それに
参加していた1台だ。


角張ったデザインがイイ。追加された前照灯や高めにセッティングされた車高がいかにもラリー車だ。
相次ぐ事故で突然の幕切れを迎える事になるグループB。リアルタイムでは見る事ができなかったが、
当時の映像やエピソードを見聞きしているとその「過熱ぶり」は尋常ではなかった事が判る。という訳で
次に発注したモデルカーはレーシングマシンから一転、フィアット500F 1965。届くのが楽しみだ。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP