BACK NUMBER
2012/10/01-07
1002 1003 1004 1005 1006 1007


2012/10/01(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いたプラッツパンダ画像。ありがとうございます。なんとコイツは
ヤマダ電機駐車場に居たそうだ。昼寝か!そんなバカな。では昼寝か!?それもないだろう。
じゃあ昼寝だろ!!

そうやって書かれるまでに、ヤマダ電機では昼寝警官が多いって事だ。

もちろんコイツはパンダなので、昼寝は在り得ない。寝るのは覆面の方だ。世も末だよ。我々は
ヤマダ電機と聞くと、次に出てくる言葉は家電ではなくて昼寝。皆様からの昼寝画像をお待ち
しております。大型店舗の駐車場を少し見渡すだけでもイイ。当りを引く確率が上がる。



当サイト情報提供者の方より頂いた公園内設置標識画像。ありがとうございます。これは
江別市の大麻中央公園に設置されているものだ。公園の駐車場は公園を使う人の為の
もの。ごくごく当たり前の事を書いているのだが、その当たり前の事をできない人間と言うのは
残念ながら存在する。


コレだ。ご丁寧に周囲にパイロンを置いて俺に近づくなオーラまで出している。公園使ってる人
だもん!この人悪くないもん!そう思えるピュアな(以下略)。で、この目的外利用車両の中身は
公園の外に居る。


コイツらだ。取締りの為だもの、何をしても構わないってのがこの人達の持論。ここではそれが公園
駐車場という場によって浮き彫りになった。で、この件に関して情報提供者の方が警官に声掛け
を行っている。

情:公園利用以外の駐車は遠慮するように書いてある標識があるのですが。公園利用者に迷惑
なので、ただちに撤収して頂けますか?
警:許可は取ってあるので、問題はないです。
情:そうですか…では、市民として健全な公園利用を脅かされているので市に対して抗議するために、
許可を与えたのが何課の誰なのか教えて下さい。
警:個人情報に関わるので教えられない。
情:分かりました。恐らくは市に言葉だけで抗議したとしても理解して頂けないでしょうから、この現状を
撮影させて頂きますね。証拠写真撮りますからね。
警:…。

抗議の方法や形は様々なものがある。ネットに載せて疑問を投げかけるというのも一つ。ここでの取締り
は写真撮り放題(いや、どの現場でも撮り放題なんだけど)。警察も「どうぞどうぞ」状態だ。カメラの準備は
いいか。


現場を地図で確認。こりゃ自分も見に行かないとな。ガッツリやってやるわ。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。まずは場所からだ。
南区定山渓中山峠。いよいよここでも取締りをやるようになったか。死亡事故も発生したしな。しかし峠での
設置式は珍しい。峠山頂から札幌方向に5キロ下った地点だ。


大きく左にコーナーを回った後のストレートで測定器が待伏せしている。キッチリ押さえていきたい。紅葉狩り(笑)
に出かけて自分が狩られるというオチだけは避けたい。


網を張るのは南署交通課。サイン会場も広々で、余裕の集客力。


測定器を逆方向から。隠蔽度は低いが、これまでここでの取締りが無かった点、峠にまさかのJMA-240という
側面から、事前に発見できるドライバーは少ないと思われる。


前述の様に測定器の手前(画像奥)はブラインドコーナーになっている。ダウンヒルで気持ちよくコーナーを
クリアした直後にコイツが出てくる。気付く事ができればまだ良い方だろう。もうすぐ峠には雪が降り始める。
それまでのごく僅かな期間でラストスパートをかけてくるかもしれない。




2012/10/02(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。180系
クラウンを見たらまずは覆面と期待せよ。


コイツは高速隊所属の「札幌301 ふ 88-70」だ。このフォルムとナンバーをキッチリ押さえて
おきたい。ルーフのユーロアンテナを見落とすな。



当サイト情報提供者の方より頂いた陸自戦車画像。ありがとうございます。74式戦車がどこまでも
並ぶ。エヴァンゲリオンみたいだぜぇ。カッコいい。撮影は北恵庭駐屯地。同駐屯地創立62周年
記念行事でのものだそうだ。


90式戦車試乗体験。雨に濡れて更に色濃くなる迷彩がイイ。


おぉぉ!!!最新鋭の10式戦車だ!!すげぇ〜。北海道にもついに配備か!!と思ったのだが、
車体下部には「戦教-1」のマーキングが。富士戦車教導団所属機。北海道に遠征してきていたんだね。


機動展示。サイドスカートの下に更にスカートが装着されている点に注目。90式戦車では直角型の
砲塔フォルムだったが、10式になってからはクサビ型に。かっこいいぜぇ〜!


本記念行事に参加の来賓を運んできた黒塗りセダンがズラリ。車種こそ違えどその雰囲気は正に
要人運んできましたのソレだ。


こちらは96式装輪装甲車の車内。少しでも明るくする為に白く塗られている。今後も皆様からのイかす
戦闘車両画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。ありがとうございます。
コイツは珍しく昼寝ではなく仕事中。いわゆる張り込みってヤツだ。


グレードはもちろんA20。珍しくありがたいアンテナを全開。更にありがたさが増した。アリオンを見たら
まずはグレードエンブレムのチェックだ。A20ならかなりの確率で覆面。A15ならそこそこの確率で覆面。
A15で覆面ならソイツは公安だ。公安でも正体を明かして公道を行く。日本は平和です。



当サイト情報提供者の方より頂いた150系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。うきうき
サイン会実施中。


急いでましたかぁ?どちらへ行かれますかぁ?ハイハイ。


痛恨のサイン会終了。燃費のいいクルマ乗ってるのにね。反則金+免許更新料上乗せ。そして点数
加算。これは痛い。安全運転で行こうぜ。道交法順守だ。


次の稼ぎに入ります。現場は北広島市南の里方面 道道46号。お馴染みのローソン前だ。


カメラの前で旋回してくれる。サービスいいな。


こっち見んな(笑)。


ローソン前に戻りま〜す。


このポイントをキッチリ押さえていこう。定番中の定番だ。


セットポジションに付く。


車体をしっかり車道から隠す。事前に発見されて減速されたら意味が無い。


後ろから見ているとこんな感じだが、逆方向だとパンダはまず見えない。


はい検挙に入ります。


今更だけれど、150系クラウンがこうして今も活躍しているのは凄い事だと思う。


フェンダーミラー仕様だしね。


さぁ、向きを変えて


加速開始。車体がピッチングしている点に注目。


赤色灯は点灯しているが、サイレン吹鳴は無かったそうだ。


検挙対象は奥に見えるインプ。ローソンの駐車場に逃げ込んでいた。しかしダメなものはダメ。


あれぇ〜?違反したクルマが居なくなったぞぉ〜? そんな事になる訳が無い(笑)。


ドラえもん降車。


これまでここでの検挙シーンは数多く見させてもらってきたけれど、このパターンは初めてだ。


クルマはそのままコンビニに置いて、ドライバーだけがパンダへ。2人アビイロード。


ハイハイ、後ろに乗ってくださいね(笑)。


うきうきサイン会。我々は常に傍観者でありたい。当事者になってはならないのだ。安全運転で行こうぜ。
これが現場だ。これが現実だ。事故の未然抑止とは言うけれど、違反の未然抑止では決して無い。
自分の運転免許は自分で守れ。動機なんざなんだってイイ。結果として無事故無違反であれば。




2012/10/03(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いた自衛隊ヘリコプター画像。ありがとうございます。撮影は
陸上自衛隊丘珠駐屯地。同駐屯地と北部方面航空隊創立59周年を記念しての行事だ。


川崎重工製の観測ヘリOH-1。陸上兵力との連携を図り、適切かつ効率的な目標攻撃指示を
行う事ができる。


攻撃ヘリAH-1Sコブラ同様、前面投影面積を極力減らしたフォルム。「指揮官役」を務めている
以上、敵からも真っ先に狙われるが故の努力だ。


待機時のエアインテークへの異物混入を防ぐカバー。


テールローターはダクテッド式を採用。


スタブウイングには増槽と91式携帯地対空誘導弾を収納した箱型のランチャーを装備。いわゆる
ミサイルポッドってヤツだな。マクロスのバルキリーみたいでカッコいいぜぇ。


タンデム型コクピット。これもコブラっぽくていいね。


後席。救急キットと思われる装備も確認できる。


AH-1Sコブラ。いいねぇ。カッコいいぜぇ。子供の頃はF-15と並んでプラモデルで沢山作ったなぁ。
スタブウイングを除いた機体全幅は100cmを切る細身。


物資や人員を運ぶでも無く、ただひたすらに攻撃任務のみを追求して生まれた機体。機能美の
塊だ。自衛隊では1982年から導入が開始され、後継のAH-64Dアパッチとのハイローミックスでの
運用が現在もなされる。よって、能力向上を図った機体が存在する。

これだ。C-NITEと呼ばれるアップデート機体。外観に大きな違いは無いが、細かな部分に変化が
見られる。


機体上部にワイヤーカッターを追加。これがある条件を満たすと左右に分裂してユニコーンモードに
なる。ならねぇよ!またガンオタか!これは小隊長機である事を示すアンテナ だから違うっての。


機体下部にもワイヤーカッター。


計器類がビッシリと並ぶ後席の操縦席。松本零士の「ザ・コクピット」を地で行く雰囲気。


前席は攻撃手が乗る。対戦車ミサイルを発射させる為のスコープが装備される。


トウ・ミサイル・サブシステム(M65L/C-NITE)のプレートが貼られている。


スタブウイング下の武装。左はJM261ハイドラ70ロケット弾ポッド。右はTOW対戦車ミサイルポッド。


M197ガトリング砲。アメリカのジェネラル・ダイナミクス製。


武骨という言葉が正にふさわしい。


注意書きがなされている。こういうディテールに弱い。これに特化したガンプラの「リアルタイプ」シリーズが
出た時の衝撃は今でも覚えている。


回転式機首センサー。C-NITE仕様ではここが大きく異なる。


カメラユニットが見える。


ちなみにこちらは従来機のセンサー。形状が異なるのが判る。


再びC-NITE版センサー。左側のパネルは鏡面になっており、なんだかそれだけでもカッコいい。


同センサー部の注意書き。ナイスショットです。


そしてこちらは同駐屯地から見る事のできる道警航空隊庁舎正面。これは普段は目にする事の
できないものだ。おぉぉ!!!すげぇぇ!!!


いつもは逆方向からでしか見られないハンガーもご覧の通り。ワーオ。


ぎんれい1号。アグスタA109Eですな。ナイスショットです。今後も皆様からのイかすイベント画像を
お待ちしております。




2012/10/04(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた火災現場画像。ありがとうございます。規制線が張られた
その奥にはパンダに覆面、鑑識車両に消防車両。


火元となった家屋。既に鎮火しており、残火処理と鑑識活動が行われている様子。この案件では
住人1名が亡くなっている。火災の恐ろしさ、改めて感じる。これからは空気も乾燥して暖房器具の
使用が本格的になる。火の用心だ。マジで。


鎮火後とは言え、周囲の空気は焦げ臭い物となっており、非日常の光景が広がっていたそうだ。


多数の消防隊員が家屋近くに集まる。これから火災原因の調査だ。


残火処理の一環。屋根を解体して火種が残っていないかを確認。


報道。朝日新聞の方ですな。


カメラはニコンのD7000。個人貸与機材のマーキング有り。


警察の鑑識も臨場。


このカメラはなんだろうな。ストロボにAF-540と書かれている事からペンタックス製のものか。


鎮火にあたった第一線の隊は撤収を開始。


しかしまだまだ消火活動は終わらない。


火災調査隊の200系ハイエース。


規制線のテープは他の物の使い回しだが、入ってはいけないよというニュアンスは充分に
伝わっていた。


普段は石狩街道の赤無視の取締りでルーレットしている東署のパンダ。今回はさすがにそれを
やっているわけにはいかないようだ。当然だよな。ちゃんと仕事してもらわないと困る。


さて、現場に居たBLレガシィ捜査用覆面を見ていこうか。準備はいいか?巡査部長。


アンテナはお馴染みのありがたいアンテナ。ありがとう。火災現場にあっては捜査用覆面が居ると
思え。撮影の幅が広がる。いや意味判らないから。


ノーマル然としている外観だが、後部ドアを見てみると


ボッコリやられている。これは長時間無人で放置された事がある証拠。それも動線を無視して
邪魔な場所に置かれた事に起因する。この個体は右後部ドアのくぼみでも判別できるね。
恐らくは東署所属機。どうせ修理する気もないだろうから、我々には助かる目印だ。




2012/10/05(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン覆面画像。ありがとうございます。静岡県警
高速隊所属機だ。「静岡300 る 13-07」だ。グレードエンブレムレス仕様、後期型にも関わらず
ユーロアンテナ仕様(市販仕様はドルフィンアンテナ)という、見分けの付けやすい個体だ。同県警は
大量に200系クラウン覆面を導入したとの情報もある。マジかよ。開通したばかりの新東名にも
多数投入されているようだ。今後も皆様からの情報提供をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた150系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
うきうきサイン会中。現場は南幌町方面 国道337号。


現場はここ。キッチリ押さえていきたい。道交法順守、安全運転で行こうぜ。


そしてこちらは所変わって北見市東相内町方面 国道39号。あるな。大きな商工会の看板の下に。


パナソニック製のES-8H01がお待ちかね。その後ろには操作係。更にその後ろにはサイン会場のバス。


現場を地図で確認だ。見通しが良くて道幅も広い。警察が目を付けないはずが無い。時間にして
午前8時頃には既に電波を撃ちまくっていたそうだ。随分とまぁ仕事熱心な事で。


なんとフェラーリまで検挙。車高の関係でサイン会場までは入らずに、その中身だけが同会場へ向かった
ようだ。これに追突でもされたら警察にも火の粉がって事で、警官も必死に後続車へアピール。しかし
ここで勉強になったのは、フェラーリも捕まるという事だ。フェラーリは取締りの除外対象になっていると
今まで思ってたんだよ。速いしお金持ちが乗ってるから。そういうクルマは見逃すと思ってた。これは驚き。



当サイト情報提供者の方より頂いた厚別区JR上野幌駅方面 国道274号画像。ありがとうございます。
お馴染み厚別署が好む釣ポイント。しばらくはどういうわけだかその釣り糸を垂れるのをやめていたが、
最近になってまた復活。これは自身側の信号が青になったので、監視の国道を横切っている所。こちらも
信号が青になったらこの交差点を右折してみよう。


はい、今のパンダ。違犯車が現れるまでグルグルまわっては信号待ちしている。


今回は地域課だが、交通課のレーダーパンダが稼ぎに来ている事も。大穴で交機が張っている事も。
取締りワンダーランド。


現場はここ。一つ手前の信号とタイミングが同一なので、一つ目を黄色で突っ切ると確実に二つ目は
赤色。そこにはちゃーんとパトカーが待ち構えている。


違反車が発生しなければ、また国道を横切る。そしてその先で転回してまた国道の監視に付く。それ
だけの簡単なお仕事です。楽しい職場です。


ちなみにコイツがここに付く1時間程前には


コイツが居た。交番のパンダだな。厚別署の皆がどれだけここを稼ぎの場としているか、これで理解できる
だろう。代わる代わる、皆でノルマをシェアしているって事だ。こいつは撮影に気付くと現場から逃走。
稼ぎに来たのに逃げるとは。仕事熱心なのかそうじゃないのか。やれやれ。


逃走中。ここでの取締りはどうしたんだよ。職場放棄か(笑)。ちなみに170系クラウンパンダもこの後逃走。
いやいや、両車とも逃げたんじゃないだろう。他で事件が起きたんだろ。だから現場を後にした。そうとでも
思ってなければこっちがガッカリだよ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いたパトカー臨場画像。ありがとうございます。登別市幌別町のコンビニ
駐車場が何やら物騒な雰囲気。


ワンボックス警察車両の奥には一般車が駐車しており、それが渦中のようだ。沢山の警官が集まっている。


同駐車場にはBMレガの捜査用覆面も。コイツはあれだ、登別市内の動物園「サンチャイルド」で中身が
仕事さぼってソフトクリーム舐めてた時の個体だ。


当時の証拠写真。


まだ室蘭署にいるの?あんたら。


再び現場。ソフトクリームを舐めている場合じゃない。七輪が見える。どうやら自殺事案だったようだ。
未遂で終わったのか、それとも最悪の結果だったのかは不明だが、いずれにしてもソフトクリーム舐めてる
場合じゃ無い。はいはいソフトクリーム、ソフトクリーム。コードネームはソフトクリーム(笑)。




2012/10/06(sat)


記事の日付は6日だが、7日開催の札幌マラソンの様子をお届けする。札幌の街並みを駆け抜ける力強い
ランナー達の姿を(以下略)。そういう事じゃないんだよ。皆、判ってる。判ってるさ。


今回は約8キロ地点の折り返しポイントで白バイを待ち構える。使用レンズはSIGMA APO 50-500mm
F4.5-6.3 DG OS HSMで臨む。これを脚立使用で高い所から狙い撃ちしてみる。


200系クラウンパンダの規制予告車両。ここで一つ誤算が生じる。後続の白バイもそうだったが、折り返し地点で
折り返しをせず、その一つ手前の分離帯の切れ目で折り返しを敢行。自身の目前で旋回する白バイを大写しに
する計画はここで狂ってしまった。


しかしここで慌てて場所を移すとかえってチャンスを逃す。覚悟を決めてこのポイントから動かない事にした。


先頭ランナー数名を従えて白バイがやってきた。今回はCB1300Pではなく、VFR800PとGSF1200Pを投入。
今回もノースウイングスのユニフォーム無し。このマラソンの後に控える道警視閲式でも白バイの走行展示は
無し。こりゃ隊内で何かあったな。間違いない。新聞に載るほどではない、だが隊が大手を振って表に出る事が
はばかられるような、何かだ。


VFRの旋回。


カッコいいなぁ。マラソンの先導なので当然速度は低領域。だがここまでバンクさせる。やっぱり凄い。


続いてGSF。


誤算の結果だ。もろかぶり。こりゃ来年は考えないとな。


折り返し地点でのトップランカーの選手の方々。


歓声に沸く同地点の後方。おっとぉ、パンダが2台も止まってるじゃないの。


200系と180系が縦列で写真撮り放題。ワーオ。顔付きの違いはもちろんだが、赤色灯の違いにも
注目したい。


早くコイツのレーダー搭載仕様と覆面買ってもらえよな。また裏金でもなんでも作ってさ。あー、裏金は
結局存在しなかったって事でしたね。失礼しました。裏金あってもパトカーの購入には使わないだろ(笑)。


写真撮ってても、なーんにも声掛け無し。マラソン大会っていいよね。いや声掛けてもらっても、それはそれで
いいけれど。


そうこうしている内に今度は先程の白バイが戻ってきた。この場所もあながち悪くないな。


GSFの方の隊員、前に会ってるな。東区で。グヘヘヘヘヘ。


このままここでマラソン観戦ですか?


こちらはメーターの観察とまいりましょう。これはGSFの方。


VFRのメーター。配置が微妙に異なるんだね。


再び乗車。


観衆の輪を切って合流に臨む。


続々とランナーが流れる中、このタイミングで合流。


さぁ入りますよ〜。


タイミングを計って…、


GOでぇ〜す。なんか緊張感無いな。


お別れの時がやって参りました。ほぼしんがりを務めるVFR。


コイツは選手と同じポイントで折り返した。


この白バイの先には最後尾のランナーが。この後、残念ながら足切りになったようだ。


規制解除の170系クラウンパンダ。


来年もコイツが登場するのか。それとも180系や200系にとって変わるのか。老兵は死なず。


明日はいつものサイトに戻ります。




2012/10/07(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン覆面画像。ありがとうございます。茨城県警
所属の「水戸301 せ 80-71」だ。グレードエンブレムレス仕様、後期型にも関わらずアンテナは
ユーロタイプ。ありがたいよねぇ。こうして必ず「答え」を残していてくれる。このフォルムを頭に叩き込め。
カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。どうせまた
石狩街道に接続の交差点で、赤無視に期待しての待伏せに向かう所だろう。そういう目でしか
見られない。違うもん!街の平和を守る(以下略) ハイハイ。そう思えるピュアな心を持ちたいもんだね。



当サイト情報提供者の方より頂いたお話し合い画像。ありがとうございます。取締りの様子ではない
ようだ。パンダを挟んで前にバイク、後ろに一般車。双方の軽微な接触事故だったのか。なんだか色々な
事を妄想してしまう一枚だ。何故一般車のトランクを開けているのかも更に妄想を加速させる。そういえば
先日放送の警察密着特番では大麻の入ったパケを飲み込もうとした被疑者いたっけ。なんかこの画像
見てたら思い出した。飲んだら死ぬぞぉ〜!!って何人もの警官が被疑者を取り押さえていた(笑)。死んだら
自分達に責任が及ぶからな。



当サイト情報提供者の方より頂いた邪魔くさいサイン会画像。ありがとうございます。片側1車線の道を
塞いで本人達はうきうきサイン会。しかし交差点手前でこれは無いわ。


すげぇ(笑)。なんでも有りだな。コイツが何の取締りをしていたかは容易に想像が付く。


この交差点での一時停止取締り。ここはよくやっている。キッチリ停止していこう。今回の検挙劇は丸印の
所から右上、「ギャラリーハイツ南二条A棟」の文字が被っている細い道で発生。こんな所で停車させる
とはな。ノルマ達成の為にはなんだってやる。後続車への迷惑なぞ気にも留めない。


真横に並んだ際に撮影。ナイスです。運転席側のトンマはそれに気付いて顔を隠す。


甘い。アンタの顔貌データはキッチリ押さえてある。次に同じ様に道を塞いでサイン会していたら、その時は



本日もやってまいりました札幌南I.C.シーベル取締りコーナー。コーナー化したのか。いやしてない。してんじゃ
ねぇか。誰と話してんだよ。さ、今日もイくぜ。


今回のサイン会場。最近もっぱらこの組み合わせだ。


BMレガシィと200系クラウンの各パンダ。タマ数の少なさと新しさと心強さで篠原涼子なのだが、全然
言ってる意味が判らない。目にかかる事の少ない2台だが、ここではこれがスタンダード。それが言い
たかった。早く言え。


今日の風紀委員。サングラス着用は正解だと思う。こちらが目線入れる手間が省ける。


テニスの王子様の乾を地で行くポージング。このまま彼をスペインの牛追い祭りに投入してみたい。労災だね。


風紀委員の背後の車両はETCレーン通過。しかし…


こ っ ち へ 来 い 。


でへへ〜、シートベルトしてないでゲス。違反です。ゲヘヘ。というような内容の事をもっと爽やかに伝える。


バックするでゲス。サイン会場へ行くでゲス(もっと爽やかに)。


サイン会場へ。せっかくETCも付けてスムーズに料金所を通過しようと思ったのに。スムーズにサイン会場行き。


ハイ次の獲物。この車両もETC通過車両。


あーあ、捕まっちゃったよ。


こちらの新型パトカーにお乗りください。クルマに乗ったら全ての人がシートベルト。鉄則だ。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP