BACK NUMBER
2012/08/27-09/02
0828 0829 0830 0831 0901 0902


2012/08/27(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は清田区の
会員制ラジオ番組「うまいっしょクラブ」ではなくて会員制スーパーマーケット駐車場。同店舗で何かがあった
ようだ。


こちらのBLレガシィは捜査用覆面。街の平和の為に活躍だね。だが駐車している場所が問題だ。


警官としてという前に、人としてこれはどうなんだ。身障者専用スペースに堂々駐車。覆面だからばれて
ない。だからどこに止めてもこちらの勝手だ。いつまでもそう思っていればイイ。ジワジワと信用を無くしていく。
それもいいだろう。で、この所業を撮影中、戻ってきた人でなしから声かけがあったそうだ。その際の様子に
ついて、頂いたメール(ほぼ原文)より。

レガシィBLの後期(画像の覆面)が臨場し、身障者駐車場に停めたのちに撮影していたところ、割と早く
車両の警官が戻ってきてしまい、職質となり ました。どうやら車両を撮られたことに腹が立っていた様で、
私に対して身分証の提示を要求してきました。そこで私からその警官に警察手帳の提示を求めたところ、
「警察だってわかってるからいいだろ」と手帳提示を拒否。その後制服警官3名が集まってきて、内の1人が

「この人(身障者スペースに覆面を駐車した人でなし警官)は身分を明かせない部署に居る」と回答。

どうやら身障者スペースに覆面を駐車した身内をかばっている模様。更に頼んでもいないのに突然制服
警官が警察手帳を提示し、「見せたからあなたも見せて」と訳の判らない事を言い始める始末。そこで
「私は最初に声を掛けた警官が提示しない限り、身分証を見せない」と言い張ったところ、身障者スペースに
覆面を駐車した警官がまさかの車に乗ってそのままとんずら。後に残った制服警官は相変わらず提示を
要求するもこちらは拒否。

ナイスです。身障者スペースに駐車した事がネットに出てしまう〜!逃げろ〜!凄い警官だな。そりゃ援軍の
警官もこの人は身分を明かす事のできない警官だなんて言うわな。身分を明かしたらたちまち人でなしに
固有名詞が付いてしまう。


人でなし警官が逃走する前に撮影。ナイスです。コイツはありがたいアンテナからユーロアンテナに換装した
タイプだった。これでもうバレないと思ったんだろうな。だから身障者スペースにも止めた訳だ。


ありがたいアンテナを剥がした跡が残っている。だらしのないフィニッシュ。こういう所からもボロが出る。感謝だ。


コイツは本部の車両だな。所轄じゃない。本部の刑事って勤務中にGEOに行ってDVD借りたりとかするからな。
世も末だよ(笑)。


こちらのBMレガシィは後から臨場。コイツを撮影する際、制服警官が自身の警察手帳を使ってカメラのレンズを
遮る行為に及んだそうだ。すげぇ(笑)。だがバッチリ撮影成功。ナイスです。今後も捜査用覆面の中身にあっては
ガンガン身障者スペースに駐車してください。悪い事だと思ってないんでしょ?それともう一つ、逃げるな(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた道警ヘリ画像。ありがとうございます。これはだいせつ2号。撮影は丘珠
空港との事だ。


任務を終えて着陸態勢に。


離着陸を目の当たりにできるロケーション。いいなぁ。


コレを使っての交通取締りも行われているとの話もあったが、最近では聞かなくなった。実際の所どうなんだろ。


無事着陸。


機体側面にはヘリテレが。逃走車両をこれで上空からライブ中継可能。


各隊員が次のフライトに向けての整備を行う。かっこいいなぁ。身障者スペースに覆面を駐車する人でなしとは
大違い。そんなのと比較するのも失礼だろ。


待機中に異物混入を防ぐ為の詰め物をする。


今後も皆様からのヘリ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛タクシー画像。ありがとうございます。すげぇなコレ…。集客能力に
ついてはどうなんだろう。話題性はあるが。




2012/08/28(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた札幌市総合防災訓練画像。ありがとうございます。
この記事の日付は28日だが、実際には31日に開催されたものだ。


訓練実施に向けて準備中の機動隊レスキューチーム。参加するのは消防だけではなく、
このように警察も参加。更には陸上自衛隊、各種インフラを支える民間企業が参加。


こちらも本番に向けて待機中。陸自の96式装輪装甲車。


車体上部ハッチが展開。これだけでもなんだかカッコいい。


リアゲートハッチも開口。どの装甲車両もそうだが、内部は白で塗装されている。少しでも
視認性を上げる為だ。


NTTの移動アンテナ車両。解説の看板で車体正面が隠れている(笑)。


災害発生時の通信手段確保での活躍が期待される車両だ。


アンテナ部分にもブランド名のdocomoのロゴが。これと同様の車両を他の通信業者も
所有しているのだろう。見てみたいな。


E51エルグランドのNTT緊急車両。ルーフの赤色灯に加えてバンパーにもLED警光灯が
装備されている。希望ナンバーの「60-00」は「無線」にかけたものだろうか。


機動隊レスキューに所属のベンツ ウニモグ。訓練には参加無しの展示のみ。


丸みを帯びたパーツは一切存在せず、ゴツゴツとした武骨なフォルム。そこがかっこいい。


こちらが訓練メイン会場。災害により被害を受けた擬似建物が並ぶ。


緊急地震速報の警報が鳴り、その後大規模災害が発生した事がアナウンスされる。
まずは海保所属の航空機が上空からの被害状況を確認。


千歳航空基地所属の「おおわし1号」との事だ。


市の防災ヘリも上空監視を行う。要救助者発生に備える。


地上では警察と陸自の混成部隊による被害状況確認が行われる。


機動性を生かしてオフロードタイプのバイクが投入される。


このシミュレーションでは、被害は甚大で多数の要救助者が発生しているとの報告となる。


次なる被災エリアへと向かう指示を出す。


訓練である事を前提にして言える事だが、こういう姿はカッコいいと思う。


詳細な被害状況報告を受けて、災害対策本部長が本部へ移動。市長だね。


再び防災ヘリ出場。高層建築物屋上に要救助者が発生したとの想定だ。


ホイストと呼ばれるワイヤー昇降装置で隊員が降下する。


迅速、確実に工程をこなしていく。


すごいなぁ。訓練とは言え、これはもう実戦だ。


要救助者を確保してヘリに戻る。


緊迫感あるシーンだ。


無事に収容。


ホイストワイヤーも収納。


最寄の救急施設へ向かう。


次回更新でも訓練の様子をお届けする。




2012/08/29(wed)


記事の日付はともかく、昨日に続いて札幌市総合防災訓練の様子をお送りする。大規模な地震が
発生したとの想定の下、被災エリアに続々と関係各署車両が集結する。


警察車両に続いて多数の救急車両が臨場。


もちろん消防車両も。


要救助者への治療を行うベースキャンプの設置が始まる。


人や車両と比較しても、設置されるテントの大きさが判る。


どんどんカタチになっていく。


あっという間に完成。凄いぜ。


更に車両の投入は続く。パトカーに先導されて救急車両が進入。


災害派遣医療チーム、DMATが到着。


トリアージが行われる。要救助者の重症度を分別し、治療の優先度を決めていく。大規模災害下に
おいては人材も設備も限られる為、このような作業が実施される。


トリアージカード。緑が最優先。黒がその逆となる。


ロードサービス隊投入。行動不能となった車両の排除を行う。


平時においてもロードサービスで活躍している見慣れた車両だが、こういう時は更に頼もしく見える。


迅速に作業を行っていく。


かっこいいなぁ。


5分もしない内に車両搬送開始。


訓練は続く。陸自車両が進入。


消防のレスキュー隊も臨場。


更には機動隊レスキューも。


倒壊家屋に取り残された人々の救出が開始される。屋根の一部を切断しての救助。


チェーンソーで切断。


こちらは高層家屋からの救助を試みる。


開口部を作っていく。


ボード(担架)を吊り下げるための柱を設置。


ボードを地上へと慎重に下ろしていく。速度と繊細さが求められる工程だ。


この後、要救助者はDMATへと引き継がれる。


消防のレスキューは地上からコンクリート壁を切開して救助を試みる。


開口部間もなく確保。


突入開始。


要救助者が運び出される。


こちらもDMATへ引継ぎ。

治療優先度が決定される。


消防隊進入。大規模火災鎮圧に向かう。


ポンプ車が集結、この車列の後方に更に別の消防車両が。


コイツだ。通常の散水ホースよりも更に太いホースが展開。


これを車両集結地点のほぼ中央へ。


通常のホース郡の水利を一挙に確保。すげぇ。


注水開始。


放水が始まった。立ち込める煙の中、火点に筒先を向ける。


他の隊との連携を図りつつの放水だ。


この後ほど無くして鎮火。このようにして、それぞれの訓練を確実に消化していった。




2012/08/30(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
撮影は千歳空港エリア 国道36号。エプソンビル前前だ。ワーオ、ここに今回はV36スカイラインが待伏せか。


現場を地図で確認だ。定番のエプソンビル前よりも手前に位置する。キッチリ押さえていこう。


コイツはわざわざJRの線路保守用スペースに入り込んで待伏せしている。違反対象が発生した場合、
一度バックして本線に合流する。そこまでしてノルマ一件。だが、ここでは頻繁にこの待伏せが目撃されて
いる。安全運転で行こうぜ。道交法順守だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。伊勢湾岸道路にて
撮影との事。愛知県警高速隊所属の「名古屋303 め 78-65」だ。ナンバー両脇は反転式赤色灯装備。
ありがたいねぇ。これで一発だからな。加えてドアバイザーレス仕様でスモークガラス。もうバンバンだよ。
なんだよそのバンバンって。ホイールキャップがマークX用というのも評価点だ。


リアガラスには例のありがたいアンテナ装備。どこまでも古き良き時代の覆面。大変よろしい。ちなみに中身は
昼寝中だったそうだ。交取の覆面で中身が寝ているのは珍しいな。


こちらも同県警高速隊所属機と思われる「名古屋302 の 47-69」だ。知多半島道路にて撮影との事だ。
こいつに関してはグレードエンブレムレス仕様ではあるものの、無線アンテナの類が外部からは確認できない。
こりゃ秘匿性高いわな。ナンバーをキッチリ押さえていきたい。そしてこのフォルムを頭に叩き込め。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。コイツはその「行動自体」が
覆面である事を教えてくれている。ナイスショットです。不自然なUターン。これぞ正しく覆面の姿という事だ。


コイツは十勝機動警察隊の「帯広300 ち 54-00」だ。撮影は上厚内〜豊頃のゆずり車線エリア。最近は
随分とここを気に入っているようだ。カメラの準備はいいか。


夕暮れになっても


ひたすら


Uターン。これで給料もらえるんだから凄い。不意に、不自然にUターンを行うクラウンが居たらカメラの電源をON
にすべきだ。当りを引く可能性が高い。


そしてこれは後日、帯広市内のコスモ石油での撮影。Uターンのし過ぎで壊れたらしい。それは嘘だが、
情報提供者の方がスタンドの店員さんに話を聞くと、それは詳しく教えてくれたそうだ。偉そうな顔して
ふんぞり返る警察よりも、いつもスタンドを使ってくれる常連さん、店員さんはどちらの味方なのかはここで
書く必要も無い。


今後も皆様からの覆面パトカー画像をお待ちしております。




2012/08/31(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた10式戦車画像。ありがとうございます。おぉぉ!!
かっこいいぜぇ。富士総合火力演習での撮影だ。90式戦車の後継、バリバリの最新鋭機。
自分も早く実機を見てみたい。早く北部方面隊に配備にならないかなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は
八丈島。ガンヘッドの舞台になった所ですな。ジェロニモォォォ!!!!ハァハァ。もういいって。
東京都八丈町という住所になる。よってパトカーは警視庁。


もちろん警視庁所属機なので、POLICEマーキング入りだ。


署長がここを去る事になったようだ。警官の他にも島民の方々が見送っている。良い署長さん
だったようだ。


署員の皆さん。


先程のパンダ。気になるのはフロントガラスに貼られたコールサインステッカー。これって法律上問題
無いんだろうか。フロントガラスに貼付していいのは車検証ステッカーと法定点検ステッカーのみと
されるアレだ。警察だからいいって事は無いと思うのだが。どうなんざんしょ。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛ましいNEWマシンクラッシュ画像。ありがとうございます。
これは86か?それともBR-Zか。いずれにせよ切ない。買ったばかりなのはハッキリしている。デビュー
してまもないマシンだもの。切ないな。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。コイツは旭川
機動警察隊所属の「旭川300 て 58-74」だ。


過去に撮影して頂いた同車。このナンバーをしっかり頭に叩き込め。今後も発見し次第、ガッツリ撮影だ。


こちらは200系クラウンパンダ。対空表示から旭川中央署所属機である事が判る。


早くコイツの覆面がラインナップされないかなぁと思いつつ、一向にそれがなされない。一説によると、東日本
大震災の影響で予算が削られており、同覆面の国費導入はしばらく無いとも言われている。マジかぁ…。


当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は滋賀県。
高速II型の同クラウンだ。コイツの覆面については…。だから震災の影響でって話だ。悲しいな。


こちらは神奈川県警宮前警察署所属の200系クラウンパンダ。当サイト情報提供者の方より。ありが
とうございます。こちらはPOLICEマーキング入り。かっこいいなぁ。今後も皆様からのイかすパンダ画像を
お待ちしております。




2012/09/01(sat)

留寿都村と岩内町を結ぶ道道66号 岩内洞爺線 通称ニセコパノラマラインについて、
現在地元ライダーの間で噂になっている話がある事を、当サイト情報提供者の方より教えて
頂く。ありがとうございます。その噂というのは、同エリアに

黒 バ イ が 出 没 し て 交 通 取 締 り を 行 っ て い る 。

というものだ。ワーオ。マジかよ。主に4輪を狙い撃ちにしているようで、当然ながら白バイでは
無い秘匿性を利用して荒稼ぎしているというのだ。これは面白くなってまいりました。噂のとおり
道警にも「覆面白バイ」が存在するのか…!? 今後も皆様からの情報提供をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた茨城県警クラッシュパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は同県警機動センター。そんな素晴らしいセンターがあるんだな。いいなぁ。で、このY31
セドだがフロントを潰しており、どうしてそうなったかは不明だが、今はここにずっと留め置かれて、
時折整備の人間がコチョコチョ部品を外しているそうだ。キャッキャ。意味判らないだろ。恐らくは
部品取り車になっているようだ。最後はピラニアに食われた動物みたいになるのかね。で、気になる
車両が他にも。セドの前だ。


8代目ギャランVR-4のパンダだよな。コイツは現役なんだろうか。今ではかなり稀少となっている
のが三菱製セダンのパトカーだ。気になる存在ですな。


そしてこちらは200系クラウン覆面。ナイスショットです。後期型なのにアンテナはユーロアンテナ、
トランクリッド右側に本来貼付されるべきグレードエンブレムが存在しない点、紛れも無くこいつは
覆面だ。ナンバーは「水戸301 せ 80-71」だ。しっかり押さえていきたい。


ノーマル然としているフロント。すれ違い様ではナンバーと中身の人着で判断するしかない。だが、
これまでそうしてきたように、そこを見抜く事が大事だ。でなければ真実の瞬間に遅れを取る事になる。


恐らくはこのグリルの内側にはLED式の前面警光灯が仕込まれているはずだ。角度によっては
それもハッキリ見える。そこも見破りのポイントだ。今後も皆様からの200系クラウン覆面画像を
お待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り画像。ありがとうございます。車道と
歩道の境に日本無線製のJMA-240がお待ちかねだ。現場は東区東苗穂14条2丁目
三角点通。ここはよくやっている。定番ポイントだ。


現場を地図で確認。見通しの良い、道幅の広い直線道路だ。それでいて制限速度は時速
40キロ。そういう所にはちゃーんと警察が待ち構えている。安全運転で行こうぜ。


操作係とJMA。


JMAと道。コイツの取り扱い説明書、手に入らないかなぁ。


車道に対しての測定器傾斜角度は5度。札幌の警察では見た事が無いが、稀にこの分度器を
外したり、真横にして傾斜角度が不明な状態で測定を行っている交通課も散見される。あれは
法廷で争う場合に不利にならないのかと心配になる。余計なお世話なんだろうけれど。


停止係とワイシャツと私。違う。停止係と操作係とJMAだ。時々自転車。


撮影開始と時を同じくして偶然にも取締り中止。よくある偶然だ。日本語おかしいけれど。これは
取締りを終える際の儀式。音叉を使って測定器が正しく作動していたかを最終確認する。


チュッパチャプスみたいのをJMAの前で振り振りすると、それが正しく作動した事を確かめた事になる。
比較的大きめの虫が横切っても「正しく作動する」んだろうか。


回収。取締りやめちゃうのかよ。残念だなぁ。


お片づけ。東署は本来は所轄第二機動隊用にあてがわれている白のワンボックスで取締り行脚を行う。


元は機動隊用車両なので、テールレンズに投石等から破損を守るメッシュカバーが装着されている。
東区でこの手のワンボックスを見たら、それは機動隊ではなくて交通課が稼ぎに出ているというサインだ。
キッチリ押さえていきたいね。




2012/09/02(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ画像。ありがとうございます。またがってるはずの
ドラえもんはどこに行ったんだよ。交番の中で油を売っていたそうだ。やれやれ。日本は平和だね。


ドラえもんは一時間は軽く交番で「休憩」をお楽しみになったそうだ。ノルマ達成に余裕のある
ヤツだなこれ(笑)。


ようやく仕事に戻った所。ちなみにコイツが長期滞在していたのは江別署大麻交番。「たいま交番」
じゃないよ、おおあさだよ。本州の人が見るとびっくりする地名だからな。そうか、大麻交番は白バイが
油を売る可能性が高い場所って事だな。今後も要チェックだ。寄るのやめたりするなよ。自分がして
いる事が間違っていないって言い聞かせているんだろうから。今後もネタの提供よろしく。アラブ諸国並に
油売っていてくれ。つまんね。



当サイト情報提供者の方より頂いたパトカー臨場画像。ありがとうございます。撮影は首都
大東京渋谷。180系クラウンパンダの前には260系アリオンの捜査用覆面も。


ありがたいアンテナ仕様で大変ありがたい。ありがとう。感謝してもしきれない。これが覆面だと
教えてくれているのだから。感謝の気持ちって大切だよね。マジで。


情報提供者の方は覆面の近くにいた捜査員に話を聞いたそうだ。ここで何があったのかを。

警:大した事じゃない、痴話喧嘩みたいなものだ。

との回答。痴話喧嘩みたいなものという表現がイイ。痴話喧嘩そのものではないという事か。
新聞記事でも「バールのようなもの」「鈍器のようなもの」というのが殴打系凶器ベストに入って
くるが、今回の表現もそういう事なのだろう。どういう事だよ。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ待伏せ画像。ありがとうございます。隊員は白バイ
から降りての監視。何を監視しているんだろうな。交差点なので、信号無視、もしくは歩行者
横断妨害か。両方見ているのかもしれない。現場は中央区北4条西6丁目 北5条手稲通。


現場を地図で確認だ。こんな街の中で白バイ持ち出して取締りか。面白い。白バイが稼動
できるのもあと2ヶ月切った。そろそろラストスパートかね。冬でも乗っていればいいのにな、白バイ。
スリップして転倒するかもしれないが、それはこちらの知った事ではない。転んでる所に出くわしたら
写真撮るけどな。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。180系クラウンを
見たらまずは覆面と期待せよだ。カメラの準備はいいか。コイツは旭川機動警察隊所属の「旭川
300 て 58-84」だ。撮影は定番出没エリアの深川〜納内間。キッチリ押さえていきたい。


過去に撮影して頂いた同車。配備当初はこのようにありがたいアンテナ仕様。現在はユーロアンテナ
一本立て仕様に換装。それでもうバレないと思っているんだからありがたい。装備を変えるのと同時に
ナンバーも変えりゃまだ秘匿性高くなるんだけどな。まぁせいぜいもって一週間位だけど。これからも
頑張って(笑)。


当サイト情報提供者の方より頂いたレッドブル販促マシン画像。ありがとうございます。2台並んでの
走行だ。かっこいいなぁ。全国を飛び回るレッドブルマシン。今後も皆様からの画像投稿をお待ちして
おります。



久々に本を買う。「ピュリツァー賞受賞写真全記録」。優れた報道写真に贈られる同賞のこれまでの
集大成。写真はもちろんの事、その写真を撮影するまでに至るエピソードや、カメラマンのその後等も
書かれていて、非常に面白い。現場で活躍するカメラの技術的変遷と、それに伴う撮影のあり方の
変化も解説されていたりして、そちらも興味深く読む事ができる。お勧めです。3,800円。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP