BACK NUMBER
2012/08/13-19
0814 0815 0816 0817 0818 0819


2012/08/13(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。さぁどこだ。
どこにパンダが居る?右側の看板の辺りに注目だ。


居る(笑)。こりゃ難易度高いわ。ちなみに逆方向から見るとこうなる。


こりゃすげぇや(笑)。現場は浦幌町川上方面 国道274号。


現場を地図で確認だ。地元ドライバーはこのポイント近くで軒並み減速するという。という事はここは
定番ポイントという事だ。キッチリ押さえていこう。


ここまでしての取締り。もちろん違反するまでは姿を見せない。これが交通取締りだ。姿を見せて
ドライバーに安全運転を認識させるという事はない。違反があるまで虎視眈々と。


警官から声掛けがあったそうだ。十勝機動警察隊だね。同隊隊長の下ネタ不祥事では大変お世話に
なりました(笑)。清田区にまだお住まいなんでしょうか?

警:どうかされましたか?
情:いえ、なにもないです。
撮 影 続 行 。

やりとりは非常にシンプル。もはや警察を撮影する事はなんでもない事になりつつある。情報提供者の
方のナイスな対応。


十勝機動警察隊所属である印を額に書いてある。十勝の「十」だ。「肉」っていたずら書きしちゃダメだぞ。


至る所にこうしてレーダーパンダが隠れている。ワクワクしてくるなぁ。カメラの準備はいいか。皆様からの
取締り現場画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた道東自動車道画像。ありがとうございます。対面通行区間での
死亡交通事故が多発した為、移動オービス投入を公言してまでも歯止めをかけようとしている警察の
必死さがにじみ出る高速と言える。平時であれば捕まえる為にどこで取締りをやっているかなどという、
手口を見せる事はないが、さすがにそうも言ってられなくなった訳だ。最初からこうしていれば何人もの
人が死ぬ事は無かったかもしれないな。


至る所にこの手の「脅し文句」が掲げられる。移動オービス投入!とは騒いでいるが実際に稼動して
いるのは1台のみ、出会いたくても出会えないままで終わる確率が高い。残念だ。


「交通監視所」と宣伝している先には高速II型。パトライト点灯、ハザードも点灯。普段のコソコソ隠れた
やり方はどこへ行ってしまったんでしょうか。何度も書くが、最初からこうしていれば良かったんだよ。


だがこのパンダは「何をしている」んだろうか。レーダー搭載型ではないのでこの状態では速度取締りは
できない。しかも先が行き止まりで、その背後にフタをしている。身動き取れず(笑)。この状態のパンダの
横を速度超過の車両が通過しても、コイツは恐らく何もしてこないだろう。やっているフリかよ(笑)。




2012/08/14(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた移動オービス画像。ありがとうございます。撮影は大阪府。
やかましいエンジン音がずぅっと聞こえてくるので何かと思い外に出るとコイツが居たそうだ。ワーオ。
白のハイエースでリアガラスの下に小窓が付いていれば、そいつは紛れもなくヤツだ。♪オービス〜。
一応「スペースコブラ」のオープニングにかけたつもりなんだけれど。伝わってないと思うよ。ごめんなさい。
バンパー直下部分にも注目。車体固定用のジャッキが展開しているのが判る。ナイス。


リアガラス部分のイメージを増幅させてみた。ほぼ中央に大きく見える四角い物体がレーダー本体。
その手前で反射しているのがストロボだ。レーダー本体の奥には恐らくカメラが設置されているはずだ。
ガラス下の小窓部分には、ピント合わせ用の測距ユニットが組み込まれている。コイツを発見し
次第、ガッツリ撮影といこうぜ。今後も皆様からの移動オービス画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。北海道
ツーリングでの撮影との事。旅先での撮影感謝です。さぁ測定器はどこだ。どこにある?


ここにある。歩道と車道の際に設置しておらず、歩道の更に脇の茂みに設置。難易度高いぜ。


現場は根室市厚床方面 国道44号。で、撮影に関して警官から声かけがあったそうだ。

警:やめろ〜!!

すげぇ(笑)。いきなりそう来るか。イマドキ珍しいが、まぁ免疫のない警官って事だ。だが、その警官の
言う事を聞いていてはその後の記事が成り立たない。しかし「やめろ〜!!」って(笑)。

情:あー、はいはい、邪魔しないから。

撮 影 続 行 。

ナイスです。そうこなくちゃな。


で、その成果がこちらだ。検挙の瞬間。ワーオ。


はい、サイン会場へいらっしゃーい。あれ?もうやめろ〜!!って言うのやめたのかい。こいつらどこの
どいつだよ。根室署交通課か。撮影されるという状況に、もうどうしていいか判らないんだろうな。
こういう状況、懐かしいな。バチバチ火花散らしながらの撮影。今思えばあのピリっとした空気感も
悪くは無かったな。札幌圏だと今では警官がニコニコして「こんにちわ〜」だもんな。


根室署の愉快な仲間たち。むしろ不愉快か(笑)。ここで「もう充分撮影したでしょう」との声掛け。
先程の勢いはどこへ。西海岸辺りでしょうか。「充分かどうかはこちらで決めさせて頂きます」とこちらも
応酬。ナイスです。



当サイト情報提供者の方より頂いた勝毎花火大会画像。ありがとうございます。道内最大級の
花火大会で、約2万発が打ち上げられるという。すげぇな。


で、大会会場近くにはこんな素晴らしい所が。十勝機動警察隊だ。ここに前に居た隊長の話は
もういいよね。


ウチではその当事の偉業をこうして飾っているけれど。忘れないように。


早速駐車場を敷地外から撮影だ。J31ティアナ捜査用覆面と180系クラウンパンダ。花火見物の
親族や知人のクルマをここに駐車させるの止めたのかい?


ティアナ越しには愉快な仲間達。


人の事指差すんじゃねぇよ。横の警官なんてちゃーんと笑顔作ってるってのに。笑え。


機動警察隊の隣には帯広署がある。そこから続々と警備の警官が会場へと向かう。


先頭の警官は紐の付いた杖を持っている。役職者だな。不祥事起こすなよ(笑)。


打ち上げ開始まではまだ2時間以上もある。だが既に警備は始まっているのだ。


十勝大橋のそばに設置される警備本部。


物凄い数の人だ。総動員数は毎年19万人近くにのぼるという。ちなみに帯広市の人口は
16万8千人。凄いよね。


花火がいよいよ打ちあがる。きれいだなぁ。










なんだか凄い事になっている。でも、とにかくキレイだ。感謝。たまにはこういう眺めも良いものだ。




2012/08/15(wed)


当サイト情報提供者の方々より頂いた覆面パトカーの部品在庫問合せ表画像。ありがとう
ございます。方々と表現したのは、こちらを複数の方より頂いたからだ。皆、同じ物を見ている
んだなぁ…。ありがとうございます。これを見るとどうも右フロント部分を破損させた覆面が存在する
というのが判る。しかも反転式赤色灯装備仕様の古き良き覆面である事も判る。どこの覆面
なんだろうねぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いた十勝機動警察隊ガレージ画像。ありがとうございます。
丸印の車両に注目だ。


Y31セドのレーダーパンダの後ろに隠してあるのは180系クラウンの覆面。こいつは5月の大型連休中に
右フロントを破損させる事故を起こしている。それ以来、同隊のガレージ奥に隠しているのだ。ナンバーは
確認されている。「帯広300 た 53-98」だ。


帯広方面を訪れる観光客相手に大暴れ!でもそれは昔の話。今はガレージの奥に隠されている。
切ないねぇ。これはもちろん在りし日の姿。


同在りし日の姿。で、コイツの破損箇所だが、事故の事実も含めて一切非公表。事故を起こして
レッカーされていく時も、ナンバーに速攻で目隠しがされていたそうだ。恥の上塗り。で、我々なりに、
コイツが具体的に何処を破損したのか分析してみた。予想されるだけでもこれだけのパーツ交換が
必要だろう。

Z4003-10164 赤色灯オートカバー
90467-07046-C0 クリップ
90189-06006 グロメット
90467-07166 クリップ
90467-07189-C0 クリップ
53259-48010 クリップ
90269-04051 リベット
75371-30200 エンブレム
90189-04231 グロメット
90269-06017 リベット
51410-30040 アンダーカバー
90177-22001 ナット

以上で予想してみた。いや、実際の所どうなのかは判らないけれど。これで合ってますか?十勝の
機動警察隊さん。覆面壊した隊員はお元気でいらっしゃいますか?元気でも困る。覆面ぶっ壊して
おいて元気でいられても(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
現場は足寄町方面 国道241号/274号重複区間。「登坂車線の始まりと終わりには要期待」だ。
これから追い越しにかかる時にはドライバーが加速する。間もなく一車線に戻る手前では取り残される
のを嫌ったドライバーが加速する。そういう所にはちゃーんと警察が居る。交通取締りは心理学だ。
情報提供者の方はツーリング中にこちらを撮影。状況予測がダイレクト。ナイスです。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。現場は
由仁町方面 国道234号。燃える蜃気楼。傾く青空、炎のミラージュ。ここは地獄の激戦区。
誰がエリア88だ。面白かったんだよなぁ。エリパチ。


現場を地図で確認だ。ここでは札幌交機がお待ちかね。カメラの準備はいいか。


コイツは両方向取締り。だが、もっぱら喰われるのは対向車線側。開けた所での待伏せだが、
自身の対面側を行く車列がコイツの姿を隠してしまう事がある。その車列が切れた瞬間に
コイツが視界に入ってくる。


今回投入されたのは150系クラウンレーダーパンダ。まだ稼動している個体があるんだな。物持ち
いいな。しばらく国費による覆面購入は無いようだし、何よりも最近覆面事故で潰し過ぎ。買って
もらった物を大事にしない子は新しいオモチゃを買ってもらえないのは当たり前。


これが「鉄の牙」だ。乾いた砂に 乾いた音をたてて シャッターがおりた… 男の命の灯を断ち切る
ような音だった… ここはエリア88… 男たちが命をかける 炎の大地……。 またエリア88か!
だって好きなんだもん。




2012/08/16(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた捜査用覆面画像。ありがとうございます。定番車種2台。
左はBLレガシィ。右は240系アリオン。両車、例の大変ありがたいアンテナ装備。妙な表現だが
どこにでもいるような覆面だ。だが実は違う。240系アリオンに注目だ。車名とグレード、各エンブレム
の位置が純正と違う。


これが純正のエンブレム位置。もうお判りだろう。


コイツは公安所属のカメラ搭載車両。A20の「0」の所がくり貫かれて、そこにカメラのレンズが仕込んで
ある。凄いなぁ。でも、バレバレだよね。だって純正と位置違うんだもん(笑)。今後も皆様からのイかす
カメラ仕込み車両画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。撮影は大阪府。
事故処理での臨場だったそうだ。貝塚分駐所属の「和泉301 せ 18-58」だ。


情報提供者の車両を追い抜いていったものの、渋滞中の料金所のレーン選択を迷い、結局もう一度
こちらに抜かされての撮影。迷うのは良くないな。いや、コイツが迷ったからこその撮影か。ナイスです。


こっち見んな(笑)。いや、見てもいいが結果こうなる。


貝塚分駐の「和泉301 さ 82-19」だ。こちらは事故処理ではなく取締り。対向車線側では事故が発生
していたそうだが、こちらはこちらでキッチリだ。


過去に撮影して頂いた同車。グリル内部に前面警光灯が配置されるタイプだね。


所変わって和歌山県での撮影。同県警機動捜査隊での撮影。なんだか警察の建物と言うよりは、
なんだか「竜神会本部」って感じだな。このマークXは捜査用覆面。ユーロアンテナ仕様だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた「エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会」での一枚。
ありがとうございます。7月22日に札幌で開催された同会には経済産業大臣と資源エネルギー庁長官
が出席していたそうだ。そして中部電力の社員も。これが後に物議を呼んだあの会がこれだ。


眼光鋭いSP。ちなみに会場内は撮影が認められている状態。いつでも懐の拳銃を抜けるように、
スーツのボタンは留めていないのがSPの特徴。ここでご指摘が。彼等はSPではなく、道警の警護隊
隊員との事。ありがとうございます。


会場内にはSP、その外には警護隊覆面。BMレガシィですな。


覆面2台。テラノは機動隊所属の遊撃車か。ガラス保護用メッシュ装着用のブラケットが非常に目立つ。


ストリームの覆面は珍しい。ありがたいアンテナが大変ありがたい。まさか中部電力の社員もこれらの車両
に守られて会場入りしたんじゃないだろうなぁ。別件の反原発デモでは私服警官が電力会社の名前が
入ったナップザックを背負っていた事もあったからな。何かあるのかな?




2012/08/17(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた道東道画像。ありがとうございます。未だ「厳戒態勢」の続く
高速道路。そこに不自然に停車しているワンボックスが。


移動オービスだ。お会いできましたね。ワオ。リアガラスの左下に小さなハッチが開いているのが大きな
特徴。道警は9月まで取締り強化を公言している。まだまだコイツに遭遇できる機会はあるはずだ。
安全運転で行こうぜ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた兵庫県警スイフトパンダ画像。右側のブレーキランプが点灯
していない。こりゃ整備不良だな。道交法違反。これで切符切る警官もいる。違反だもの!
切符切って当然だもん!でも、コイツは切符切られていない。世の中そういうもんだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。岡山県警
高速隊所属機。旅先での撮影との事。感謝です。鉄チンホイールにマークXのキャップ。いいよね。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は釧路署。
もちろん敷地外。ワハハハハ…!ハァ。なんで笑うんだよ。いっつも笑ったような顔してんだろ。中身は
署の中だが、その着衣にあってはドラえもん服だったそうだ。機動警察隊か、高速隊か。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。隠れての取締り
を事前に察知できた時のあの感覚はなんとも言えない。撮影しなくては。カメラに収めなくては。焦燥感
にも似た感覚でシャッターを切る。ありがとうございます。


現場を後方から。対向してくる車両からはコーナー明けで唐突にコイツが顔を出す形になっている。
撮影は厚岸町山の手方面 国道44号。


地図で確認だ。キッチリ押さえていこう。カメラの準備はいいか。


検挙。真実の瞬間に遅れを取るとこうなる。安全運転しなくちゃな。


警官の服装から交機ではなく所轄交通課である事が判る。スコア一件追加ってヤツだ。我々は傍観者
でありたい。渦中の人物になってはいけない。道交法順守だ。




2012/08/18(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いた150系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は帯広市内の設置式ネズミ捕り現場との事。そこでゲタ車となっていたのがコイツだ。逃走車
発生の際には…。逃走車なんて出ないもんな。皆そう思ってる。


撮影に関して警官へ一声かけたそうだ。すると非常にフレンドリーな対応だったそうだ。帯広署
交通一課には理解のある警官がいるようだ。パンダ仕様とはいえドアミラー車が主流となった今、
同車のフェンダーミラーは非常にレトロな感じだ。いや実際古いのだから仕方が無い。同課の警官
によると、コイツは間もなく退役する予定との事だ。情報提供者の方もコメントされていたが、
後継機の導入が楽しみですなぁ。200系クラウンレーダーパンダかなぁ…。楽しみだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式取締り現場画像。ありがとうございます。左側にJMA-240
がお待ちかね。現場はお馴染みの豊平区福住3条8丁目 道道82号。


現場を地図で確認だ。キッチリ押さえていこう。ここは本当によくやっている。そしてバンバン捕まる。


お花に囲まれたJMAと、右隅に見える謎の物体。


これ、花がゆらゆら揺れて誤測定にならないのかな。なったとしてもならない事にするんだろうけど。


ちなみに照射角度は27度。測定限界ギリギリの角度だ。


謎の物体の正体判明。操作係でした。随分カッコいい帽子被ってんじゃねぇか。声掛けがあったそうだ。

警:撮影はしていいからさぁ!一言断ってからそうしてよ!
情:嫌だ。
撮 影 続 行 。

最近この流れが流行っている気がする。好きな流れだ。


停止係。橋の上で待機。


ハイ検挙。軽自動車が対象だ。


ちなみに違反車発生の際にはこのスピーカーから「ピョ〜ン」というマヌケな音色の合図が鳴る。その後
操作係から対象の車種と色、ナンバーが告げられる。それもこのスピーカーから。


終わった。こうはなりたくない。


サイン会場は…、


あちらー!!


サイン会場までは停止係もエスコートしてくれるサービス付。


検挙シーンを別角度から。


はいアンタ!


またしてもプリウス。タマ数が多いから仕方が無いんだろうな。でも、せっかく低燃費車の権化に
乗っているんだから、速度出す事ないだろうに。ま、色々な人乗ってるからな。


こちらは非常に珍しいダンプカーの検挙。そういう意味では取締り現場には真の武田鉄也は
居ないという事になるが、それはさておきこちらは速度違反ではなく、シーベル未装着による
検挙。操作係が有線で「シートベルト!シートベルト!」と叫んでいたので間違いない。


しかしこの検挙には問題が発生する。


トラックのドライバーに注目。拡大してみよう。


右手がシーベルに伸びている。今慌てて装着している所だ。


元々していたのを外しているようにも見えるが、それであれば操作係が見間違えた事になるが、
それは考えにくいし、万一そうであれば、未だ走行中にシーベルを外している瞬間という事に
なるのでやっぱり違反。


第二線の警官が駆け寄る。しかしドライバーからは「してるよ俺!ほらベルトしてるしょ!」との回答。
おやおや〜?


そうでしたか、気をつけて行ってくださーい。失礼しました。 出た(笑)。これが通用するのかよ。
まずいよなぁ。で、この後この警官に声掛けしたそうだ。

情:今のトラックの件、注意だけで終わったの?
警:いやいや、元々ベルトしてたんだわ〜。
情:そうでしたか。判りました〜。
警:うん!大丈夫大丈夫!

大丈夫じゃないから(笑)。操作係の努力も水泡に帰した訳だ。これが現実だ。「逃げ得」はある。




2012/08/19(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は兵庫県神崎郡福崎町のセルフスタンドとの事。すげぇ、ドラえもんがセルフで給油してる。
道警だと、ドラえもんは店内でふんぞり返ってコーヒー飲んでるわ。搭載のレーダーは旧式のものだ。
これの型番って知らないんだよなぁ。台形型のも。で、このパンダは高速隊所属で、もっぱら高速
道路の非常駐車帯や合流帯に赤色灯、ハザードランプ点灯で待機、測定を行っているそうだ。
自身の姿を積極的に見せての良心的な取締りを実践しているようだ。どこかの高速隊も見習って
欲しいね。女の尻ばっかり追いかけてないで。不祥事起こすとこうやって言われるんだよ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。高速道路上での事故だ。


路面コンディションはご覧の通りウェット。一雨十事故とも言われる位、雨が降ると事故が起きやすい。
明日は我が身。肝に銘じたい。


S14前期型が痛ましい姿に。フロントを著しく破損させているが、リアも損傷している事が判る。
タイヤのキャンバー角が凄い事になっている。安全運転で行こうぜ。事故は時間も金も失う。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式取締り現場画像。ありがとうございます。撮影は夕張市
紅葉山方面 国道274号。となればこれまでは同エリアの除雪センター前での取締りが有名だが、今回は
位置をずらしてきている。


これが今までの定番ポイント。


それがこうなった。いつもの場所でやってないなと、安心して加速すると小細工効かした夕張署交通課が
お待ちかねだ。このポイント、きっちり押さえて行こう。


お昼ご飯の時間だそうで、撤収開始。のん気なもんだ。


最初の画像から少し手前に位置するとこんな感じ。難易度は高い事が判る。これまでやってこなかった
新ポイントという事も含め、ここは特に頭に叩き込んでおきたいポイントだ。ちなみに操作係は麦わら帽子に
サングラス、首にタオルを巻いていたそうだ。もはや警官の格好ではない。だが、以前の除雪センターポイント
においてもそういうふざけた格好のヤツが居た。


絶対コイツだろ(笑)。以前に撮影して頂いたものだ。今回の警官も同一人物と思われる。こんな格好で
取締りやってるヤツが他に2人も3人も居たら夕張署は終わってるよ。


自身の恥ずかしい姿を撮られて激高しているご様子。その格好じゃ、何を言っても説得力無いわ。あんた、
本当にお巡りさんですか?



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。いるよな、
左側にコソコソしているのが。現場は愛別町字中央方面 国道39号。


地図で確認だ。この場所を頭に叩き込め。カメラの準備はいいか。


一枚目とは逆方向から。こりゃ判らないわ(笑)。いい場所見つけたなぁ。


このポイントは先日も記事にさせて頂いた所。その際には「パトカーの撮影には広報課の許可が必要なので
撮影は禁止」と大嘘を吐いた警官が出現している。そして今回も、なんと

撮影には広報課の許可が必要だから。

との虚言が。手口が一緒である事から同一犯と思われる。そうやって言っていれば追い払う事ができると
思っているんだな。ずっとそう思っていてくれ。今後はここで「広報課の許可(以下略)」が聞ける有名
ポイントとなるだろう。それはそれで面白い。


虚言癖があるのは助手席側か。メガネ着用との事。コンタクトに変えるなよ〜(笑)。またこのポイントで
会いましょう。広報課の許可は取らずに行きますのでよろしく。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンパンダ廃車画像。ありがとうございます。老兵は死なず
ただ消え行くのみ。切ないねぇ。ルーフサインは300番代。


フロントがグッシャリ潰れている。こいつは事故による廃車のようだ。あか〜ん!!!誰だ笑ってるの。


もう二度と火の入る事の無いであろうエンジン。切ないねぇ。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP