BACK NUMBER
2012/07/23-29
0724 0725 0726 0727 0728 0729


2012/07/23(mon)




おっとぉ。これは穏やかではありませんな。当サイト情報提供者の方もコメントされているが、
どうやら「そのようだ」という事だ。ではその現場を見ていこう。


撮影は北斗市七重浜のスーパー「トライアル上磯店」駐車場。国道228号沿い。記事の
日付は23日だが、事が起こったのは26日午後4時頃。手前のタクシーがB当車両とおぼしき
タクシー。追突された方だ。タクシーの後部には破損した痕跡があったそうだ。白バイが事故を
起こしたという推察ができる根拠を列挙していこう。まずはこの画像。これだけの警察車両が
やって来ている点。市民同士の事故であればこんなに警察は来てくれない。身内の時はそりゃ
もう露骨に全員集合。警察ってそういう所あるよね。


随分と仕事熱心なご様子。A当が警察官じゃなぁ。


駆けつけている警察車両の中にY31セドのレーダーパンダが居る。交機所属機と思われる。
事故処理に交機車両が居るのは不自然ではないが、余程の大事故でない限り、それは
在り得ない。交機は事故処理ではなく、その為の交通規制でやってくる。だが今回はそれを
行っていない。もう一つ、事故処理車のワンボックスの後ろにいる車両。


退役したのではとの情報もあった交機所属のY31セドの覆面まで。ちなみにその後ろのBL
レガシィは捜査用車両。ただの事故でここまでのラインアップは考えられない。


A当とおぼしき白バイ隊員らしき姿が。左側のヘルメットは否ドラえもんだが、それのヘルメットと
同じにも見えるので白バイ隊員ではないようにも見えるが、ガラス越しに見える制服の色が濃い。
ドラえもん服に見える。果たして事の真相やいかに。皆様からの情報提供をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
車両側端にJMA-240、左端にその機械奴隷が見える。


機械伯爵。誰がスリーナインだ。それに奴隷って言ってたのにいきなり爵位付きか(笑)。
ちなみに職質はおろか声掛けすら無し。


機械にかなり接近して撮影して、


こういうのを撮っても、


こんなのを撮っても声掛け無し。本部からまた怒られるんじゃないのかい(笑)。ちなみにこの
ポイントでの照射角度は5度。しっかり分度器で測定している。栃木県警の皆さーん、
これがお手本ですよ〜。10ヶ月も使い方間違って4,200件も誤認検挙しちゃダメでちゅよ。


正面。本体上部の分度器ってスコープ型になっているんだね。


それでは現場を地図で確認だ。白石区川北2条3丁目。最近は超定番ポイントの川下
3条7丁目のとんかつ屋前を捨てて、ここに変えてきているようだ。どうしてやめちゃったん
だろうね。


首が傾いちゃったり棒にもたれたりと緊張感満点のご様子。普通は白装束に滝に打たれ
ながら検挙車両を待ち構えるものだが、まぁこれも現実という事だ。こんな態度で居ても
違反車両がやってくるのもまた事実。


これはと思う車両が来た時に、これで測定電波を照射する。ファミコンのコントローラーみたいな
もんだ。電波を出す時に押すボタンには「押し発射」と書かれている。発射って(笑)。


サイン会場と例の二人。どうもこの二人が笑える対象に見えてしまう。なんでだろ。


さ、ここからは検挙の瞬間だ。待ってました。


軽自動車が検挙対象。


うふふ〜、止まるのよ〜。


指を指して決定的宣告。オマエだよオマエ。


ハイあんた今終わった!もう終わった! なんだかなぁ。


サイン会場へ行ってらっしゃい!


検挙されたのは取締りの事なんぞ何にも知らない感じのオバサン。


違反事実を現認させられる。終始笑っていたそうだ。捕まっても嬉しい人も居るんだね。




2012/07/24(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた函館機動警察隊所属の白バイが追突事故を起こした件に
ついての続報。当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。やはり同隊の白バイは間違い
なくタクシーに追突した事が判明。GSFのライトが陥没しているのが判る。軽微な物損事故と言って
しまえばそれまでだが、やはりこれを白バイが起こした事故となると看過できませんなぁ。運転のプロ
なんだろ?でもこれじゃあなぁ(笑)。もう白バイ乗るのやめろよ。自転車で違反車追いかけてろ。


事故を起こした隊員って今はどうしてんだろうな。心配ですなぁ。お怪我はありませんかぁ〜?無い
だろ。この期に及んで労災申請までしてたら大したもんだ。正にゴク潰し(笑)。まぁ天下の警察様が
ウチのサイトなんざ見てはいないと思うが、大事な事なので書かせてもらう。「車間距離は充分にとり
ましょう」でちゅよ。わかりまちたか?あんまりいじめるなよ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は
愛媛県。同県警の松山東署地域課所属機。千舟町通りに頻繁に出没し、シーベルと携帯の
取締りで荒稼ぎをしているそうだ。クルマに乗ったら全ての座席の人がシートベルト。携帯電話の
使用はクルマを安全な場所に止めてから。鉄則だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。周囲に
隠れる所もなく、比較的難易度の低いパターンではあるが、きっちり場所を押さえていこう。


現場は由仁町方面 国道274号。イセキの看板が目印になるだろう。カメラの準備はいいか。


恐らくは札幌交機のレーダーパンダと推察される。そういえば最近覆面が一台減らなかったかい?
ゲラゲラゲラ。今の隊長、大丈夫かい(笑)。何台覆面壊してんだよ。


こちらもレーダーパンダによる待伏せ。登坂車線にはレーダーパンダが居ると思った方がいい。
いずれまた一車線に戻る前に遅い車両を追い越しておきたいドライバーの心理に付け込んでの
待伏せ。付け込んでなんて言い方は失礼だろ。「期待しての待伏せ」と言っておこう。登坂車線、居るぞ。


日勝峠清水側での待伏せ。キッチリ押さえていこう。どこかのマヌケな政党が行った中途半端な
高速道路無料化は終了し、再び同峠での交通量が回復。するとしっかり取締りも復活。判り
やすくていいねぇ。


十勝機動警察隊のレーダーパンダだろうか。いずれにせよ、ここは結構な頻度で待伏せが行われて
いるそうだ。今後も期待のできるポイントだ。



当サイト情報提供者の方より教えて頂いた道路監視カメラ画像。ありがとうございます。姉別が
警察からのクレームにより待伏せしているレーダーパンダが写らないアングルに変えられてしまったが、
今回新たに別のポイントでそういう場所が発見された。それがこれだ。「国道38号 三の山峠」の
カメラだ。ここでは最近登坂車線化がなされ、それに伴い待伏せが横行するようになったそうだ。
やっぱりそういう事なんだよな。検挙第一主義の台頭。事故防止という観点は存在しない。

http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/index_gazou2.htm

↑ここで色々見られる。今後も皆様からのイかす監視カメラ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
うきうきサイン会開催中。現場は江別市角山方面。最近は3の倍数の日に取締りが行われて
いるあの場所から数百メートルの地点。検挙車両はここで力尽きた。


3の倍数の法則性が崩れなければ、27日、30日にはまたコイツが出没するはずだ。8月には
倍数は崩れて2日、5日、8日に出てくると予想できる。やめるなよ(笑)、取締り(笑)。


はい、お片付け。ボーナス査定アップを目指して待伏せを繰り返す。我々はそれには協力でき
ませんなぁ。だから安全運転だ。道交法順守。動機なんざどうだっていいんだよ。結果として
無事故無違反であれば。


定点ポイントへ戻ろうとする。


待伏せポイントを地図で確認。3日おきにやっている。何度も言うがやめるなよ(笑)。


これが待伏せ中の光景。判るだろうか。レーダーだけが茂みから露出して、それがやってくるクルマの
ヘッドライトに照らされている。


これだ。慌ててブレーキをかけるクルマ多数。明らかにアウトのタイミングで。偶然にもアウトの速度域
ではなかったので「無事」なだけ。安全運転で行こうぜ。マジで。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。撮影は
厚別区大谷地の高速隊本部前。ここでは午前9時から10時頃に頻繁にパトカーが出入り
する。いいねぇ〜。


ドラえもん服ではなく、制帽姿の警官。幹部かね。まぁ頑張って。服を大事にな。


で、コイツが面白い存在だ。中身はカリメロヘルメットのドラえもん。コイツは所轄にバラ撒かれた
BHレガシィワゴンの捜査用覆面と同じタイプ。ナンバーも連番で何台も存在が確認されている
ものだ。それが何故高速隊のゲタになっているのか。いやいや、ゲタとは限らない。もしかしたら
コイツは交取用の覆面なのか。だとしたらかなり面白い。追加情報をお待ちしております。




2012/07/25(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィパンダ画像。ありがとうございます。お、今回は
南I.C.でのシーベル取締りのサイン会場ではないようですな。撮影は輪厚パーキングエリア。


道警では捜査用覆面としてはお馴染みの車種だが、この1台のみがパンだとして存在。かっこ
いいよなコレ。電器店の駐車場で昼寝する事もないだろうし。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
ゴミ箱の陰に収まる形で違反に期待している姿がなんとも素晴らしい。現場は伊達市
東浜町方面 道道779号。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていこう。一つ一つ、押さえていくしかない。安全運転で
いこうぜ。マジで。


停止係がゴミ箱から出てきた様子。そういう言い方やめろよ。隠れている場所から出てきた
様子。そういう言い方やめろよ(笑)。


屈辱と悲しみのサイン会場。我々は傍観者でありたい。当事者になってはいけないのだ。



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
現場は苫前町方面 国道239号。ご覧のようにコーナーの途中での検挙、サイン会という
「自分さえ良ければ後は知らない」という典型的なノルマ稼ぎの様子だ。こっちは違反切符
切ってんだ!世界で一番偉いんだ!という精神状態。異常な精神状態だよね。


現場はバスやトラック等の大型車両も通る道で、行き交う車両はここを通過するのに
難儀していたそうだ。こういう事してるから警察って嫌われるんだよな。でも、それには一切
気付いていない点も警察クオリティー。こちらも大して期待もしていない。


さぁさぁ、パトカーに乗ってください。ノルマ達成の儀式がこれから行われようとしている。
他の一般車の往来を妨害しつつ、しかも追突された際には最もダメージが及ぶパトカーの
後部座席に違反者は乗せられる。だって警官死んじゃったら困るでしょ。



当サイト情報提供者の方より頂いた陸自車両パレード画像。ありがとうございます。
82式通信指揮車両ですな。この公道パレードは美幌町での様子だ。いいですなぁ。
素晴らしい。


大迫力。203mm自走りゅう弾砲。すごいぜぇ。ナイスショットです。




2012/07/26(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた交差点信号待ち画像。ありがとうございます。かれこれもう10分、
実は車列が全く動かない状況が続き、情報提供者の背後にも長蛇の列が出来上がったそうだ。
事故ではない。信号機の故障が発生。片方がずっと青、片方がずっと赤のままになってしまったという。


交差点にはドラえもんの姿が。実はこの渋滞に交機パンダも巻き込まれていたのだ。自身も動けない
まま、流石にこのままではイカンという事で動き出したのだ。


青信号側を停車させ、詰まっていた車両をどんどん出していく。


情報提供者の方も手信号に従い交差点を脱出。


現場は江別市角山方面 国道275号。最近何かと登場するエリアだね。


これが故障渋滞に巻き込まれた交機パンダ。お馴染みの「72-13」ですな。しかしまぁなんという偶然。


いつもは待伏せによりドライバーを脅かす存在の同車だが、今回ばかりは円滑な交通の循環に寄与。


この故障について、本部管制センターでは把握しておらずとの事が確認される。本部では異常信号を
受信していないとの事。これ、たまたまパトカーが故障現場に居たからいいような物の、そうじゃなければ
とんでもない渋滞に発展した可能性がある。


お?こいつ誰だよ(笑)。これは今各部署を社会見学中の新米警官。そうか、そういう時期だもんな。
いい経験したな。でも、ハッキリ言ってヘタクソだったそうだ。誘導棒の振りに自信が見られず、それが
結果的に「曖昧な誘導」となっていたようだ。轢かれないようにな。


それに対してベテランの隊員の姿が対照的。信号機が点灯しない故障であればまだしも、青信号で
進入してくる車両を停めるというのは容易ではない。しかしこれをやらねば大渋滞が発生する。


片方をせき止め、もう片方を止める。


赤信号側の車両に指示を出す。


カッコいいなぁ。これぞ交機。


交差点の中に一人立たされ、継続した青信号で突っ込んでくる車両を相手にする。これは凄い
事だ。危険な任務だ。だがやらねばならない。


交機による手信号誘導開始からややしばらくして増援到着。ナンバーが「94-94」だ。クヨクヨ君
が偶然の交錯するこの現場にやってきた。これもまた偶然。江別署地域課所属機。


しかしこのクヨクヨ君は現場交差点かなり手前から手信号を続ける交機隊員を傍観するのみ。
無線でどこかとやりとりはするものの、降りてくる気配が無い。それに気付いた手信号隊員が
もう一人の隊員に「なんであいつらこっちに来ないんだ!」「早く呼んで来い!!」と声を上げた
そうだ。判る。たった一人で誘導し続けてたもの。それは判るわ。


隊員が呼びに来て、ようやく降りてくる。「いやー、署に無線入れても指示が出なかったもんですから」
どういう事なんざんしょ。


ようやく準備。


ここからは誘導を所轄に交代。


交通二課も到着。信号機の復旧を行う為だ。


地域課と交通二課が打ち合わせ。


「赤」になったままの方の車線を止めて、大渋滞になる前に直してしまおうという作戦に出る。


復旧に努める。全ては円滑な交通の循環の為に。


引継ぎを終えて現場を後にする交機隊員と他1名。


さよーならー。今回は交機大活躍だった。それは間違いない。




2012/07/27(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。こいつは北見交機所属機。P帯から本線を走行する獲物を物色する。
これからの時期は本格的な夏のドライブシーズンを迎え、取締りが激化する。昼夜を
問わず様々な場所で待伏せが展開する。安全運転で行こうぜ。


見ている分には非常にカッコいい機体だ。だがこれに乗せられるとなれば話は別だ。
旅先での検挙ってのは本当にこたえる。無事に目的地にたどり着き、無事に帰る。
ドライバーの最大の任務だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は豊平区方面 環状通。所轄地域課所属機か、自ら隊か。恐らくは前者と
思われる。自ら隊で思い出したが、今、道警の同隊に取材カメラが乗り込んでいる
ようだ。という事は秋の番組改編時期の「密着警察24時」系の番組に道警の自ら隊
が出てくるという事か。この情報については実際に取材している関係者からの物。なので
間違い無いだろう。ちゃんと取材に協力するんだぞ(笑)。都合悪い部分はカットして
もらうんだぞ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。函館機動
警察隊所属の「函館300 ち 57-79」だ。コイツは峠下〜大沼方面の国道5号をグルグル回る
定番ルーレットコースを徘徊中。


徘徊エリアを地図で確認。このエリアは本当に良くやっている。函館市街地を目前にここで撃墜
される観光ドライバー多数。旅の思い出に違反切符を添える悲劇。その後の楽しいはずの観光
には常にその違反事実がのしかかる。安全運転で行こうぜ。マジで。


コイツはパトサイン装備なので、スモークレス仕様。上下2段式のダブルミラーは上段部分が取り
外されており、非常にマヌケなルームミラーになっているのが判る。このミラーのクラウンを見たら
正にコイツだ。キッチリ押さえておこう。そして無線アンテナは例の大変ありがたいもの。ありがたい。
旅行では覆面パトカーの写真も思い出に加えよう。事前に見抜いてキッチリ撮影だ。見抜けずに
検挙されて切符を切られるよりも遥かにイイ。



当サイト情報提供者の方より頂いたパトカー廃車ヤード画像。ありがとうございます。老兵は死なず
ただ消え行くのみ。パトライトは外され、所属のマーキングも黒く潰されている。しかしキャリアー上の
手前のパンダはその消し忘れが確認できる。

「 京 都 」 と 書 か れ て い る そ う だ 。

わーい京都府警。京都府警大好き〜。意味わかんねぇよ。


パンダの他にも捜査用覆面とおぼしき車両が幾つか。E51エルグランドも恐らくそうなんだろうな。


このBHレガシィワゴンもそうだ。背後に回ってみよう。


廃車にするもんだから、後ろのパンダに接触して駐車。切ないねぇ。


180系クラウンパンダ。ルーフサインは200番代。ん?「Z」なのか?隣のパンダは「K」表記だ。


コイツは事故により廃車が決定した個体のようだ。左側のヘッドライトとフェンダーが破損して
いるのが判る。当然ながら桜の代紋は外されているな。今後も皆様からのパトカー廃車
ヤード画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた火災現場画像。ありがとうございます。投光機に照らされて
いる、燃え尽きてしまったものは何か。


どうやらバイクのようだ。フレームを残して後は全部溶けてしまった。たちこめる煙に照らされる元は
バイクだったその影が恐ろしさを倍増させる。どうしてこんな事になってしまったのか。火事は本当に
恐ろしいものだ。




2012/07/28(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナレーダーパンダ画像。ありがとうございます。
久々に拝見させて頂いた交取パンダだ。撮影は手稲区西宮の沢1条3丁目。コイツは
当初は交機配備。だが程なくして手稲署交通一課へお下がりに。今ではルーフサインも
同課のものに塗り替えられている。


現場を地図で確認だ。道の片方を線路が併走している場所ってのはレーダーパンダが
好んで待伏せする傾向がある。ドライバーにしてみれば、道の片側にはあまり神経を
使わずに走行できる為、自然とアクセルも踏み込みがちになる。そういう所にちゃーんと
警察が待ち構えている。交通取締りは心理学だ。


何度も書いてしまうが、本当に久々に見たな、ティアナのレーダーパンダ。まだ現役という
事もこれで判った。今後も皆様からの同レーダーパンダ情報をお待ちしております。
発見し次第、ガッツリ撮影してやれ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は西区山の手2条12丁目。今日も街の平和を守るためにパトロールに励む。
特にこの山の手2条12丁目だけを。コイツは信号無視に期待してこの交差点をひたすら
ルーレットしている最中だ。


現場を地図で確認だ。自身側の信号が青に変わると左折を繰り返してまたこの交差点に
戻ってくる。他にする事はないんだろうか。無いんだろうな。あればここでルーレットなんぞ
してないだろう。今日も平和です。特に西区は。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。奥に広がる平原
がそ知らぬ顔で雄大さを湛えているが、手前ではそれどころじゃない。


追突事故。もろにフルラップ衝突しているようだ。手前のB当車両はレンタカーだったそうだ。
旅先での事故だったのかもしれない。とんだ思い出作りになってしまったようだ。


状況を説明するA当のドライバー。若者だったようだ。事故は恐ろしいものだ。誰もが望んで
いないのに、こうして実際に事故は起こってしまう。明日は我が身だ。安全運転でいこうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた交番パンダ待伏せ画像。ありがとうございます。現場は
芽室町西2条1丁目。


パンダに監視されている交差点はここ。シーベルと携帯の取締りを行っているそうだ。


新聞配達中の女性が検挙された。腕に各ご家庭への朝刊を抱えたまま。仕事柄、短時間に
何度もクルマを乗り降りする為にシートベルトを装着していなかったのだろう。だが規則は規則。
新聞配達員のクルマは見逃しても良いという事ではない。他では結構色々な物を見逃すが、
ここではそれは無しだ。おーっとここで情報提供者の方よりご指摘が。新聞配達時におけるシーベル
装着義務は免除されるはずでは?との事だ。という事はこれは携帯電話の方だったのか。それとも
信号無視か?いずれにせよ、道交法順守でいきたいね。




2012/07/29(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
現場は白老町社台方面 国道36号。引きずり込まれる脇道が正面に伸びる。サイン会場
のワンボックスと、その奥にはまるで逃走車両発生を考慮していない置き方のパンダ。しかも
パンダにあってはレーダー搭載型。こいつはこいつでもう一つ別な場所での事故防止活動
とやらに回す事ができるはずだが、受け持ちの苫小牧署交通一課はノルマに余裕があると
見える。もうパトカー修理の業者と一緒に釣り行くなよ(笑)。


茂みにうまく身を隠している操作係。これが警察の言う事故防止活動だ。どうもかみ合わない
ような気がするが、警察はこれで未然に事故を防いでいると言い張っているので、まぁ、そういう
事にしておこう。我々はこうした事故防止活動をドキュメントしているのだ。物は言い様。お互いに。


現場を地図で確認だ。この白老町のポイントを始め、室蘭方向、苫小牧方向でも幾つか
取締りポイントが存在する。安全運転で行こうぜ。そしてキッチリ押さえていこう。油断せずに行こう。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
左側の街路樹の根元に注目だ。あるよな。日本無線製のJMA-240がお待ちかね。現場は
登別市新川町3丁目方面。


停止係。パイロンとガードレールの間に引きずりこまれるようだ。


現場を地図で確認だ。このポイントは日によっては逆方向で実施している場合もあるそうだ。
いいね、日替わりメニューで取締りか。撮影のし甲斐もあるってもんだ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた東京スカイツリー画像。ありがとうございます。このイルミ
ネーションパターンは「粋」と呼ばれるものだそうだ。凄いなぁ。東京旅行での撮影との事。旅先
での画像を投稿していただける事、嬉しく思います。


という訳でもちろんパトカーも。感謝です。POLICEマーキングが相変わらずカッコいい。180系
クラウンパンダだ。


高輪署所属機という事がマーキングで判る。「高」ではなく「輪」なのは、他にも高井戸署、
高尾署、高島平署が存在する為だ。


所轄交通一課所属とおぼしき白バイ。GSF1200Pですな。この隊員は路上の獲物の物色
に夢中になっており、歩道からの至近距離撮影に全く気付いていなかったそうだ。良い傾向だ。


こちらのVFR800Pは違反車両を追跡中との事。しかし大型の交差点で歩行者が多数の為に
停止している所。赤色灯が点灯しているのが判る。東京では白バイがそこかしこで見られる、
そんな印象だったそうだ。白バイワンダーランド。いいなぁ。皆様からの白バイ画像をお待ちして
おります。



当サイト情報提供者の方より頂いたレッドブル宣伝カー画像。ありがとうございます。かっこいいなぁ。
少し湾曲しているナンバーには「・283」が確認できる。これはキャッチコピーに由来した希望ナンバー
との事だ。そのキャッチコピーは「レッドブル、翼を授ける」というもの。ツバサの語呂合わせ。


かなりのインパクトを持つのがこの缶を模した広告塔。大きくても凄くリアルに作ってある。この巨大缶
の下にはカーゴスペース。その蓋が確認できる。ここにはサンプリング用のレッドブルを最大480本
冷蔵保存できるという。


後付けのカーナビの設置や配線は意外と雑だったそうだが、この車両の価格は架装費込みで
約800万円だそうだ。すげぇな。これに女性2名が乗り込み、人の多い所でゲリラ的にサンプリング
を行っているそうだ。カッコいいなぁ。今後も皆様からのレッドブル宣伝カー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛ましい事故現場画像。ありがとうございます。交差点のほぼ
中央で頓挫する車両が見える。


中央で頓挫の車両に加えて左側の黒の車両も当事車両。交差点内での事故は交通事故全体
の中でも8割を占める。事故は本当に恐ろしいものだ。


歩道によけられた当事車両の部品。明日は我が身。いつ自信が当事者になってもおかしくない。
だから安全運転だ。道交法順守でいこうぜ。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP