BACK NUMBER
2012/06/04-10
0605 0606 0607 0608 0609 0610


2012/06/04(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうござい
ます。撮影は東京都江戸川区環状7号線。コイツは「足立301 ふ 80-37」だ。
グレードエンブレム無し、ユーロアンテナ装備。180系クラウンを見たらまずは覆面
と期待せよ。


この日は環状7号に覆面が集中投入されたそうで、コイツ以外にも2台の存在
が確認された。取締り中なので随分と偉くなった気分になっちゃったようで、合図
不履行による3車線変更もザラだったそうだ。覆面だからばれてないと思ってんだろ。
ばれてないから今後もそうやっていい気になって運転してろ。我々のネタが潤う。


もう一つの個体。連番の「足立301 ふ 80-38」だ。ワーオ。一つのエリアに集中
投入してくれると一度に個体情報が複数回収できる。ありがたいですなぁ。


覆面前方の平ボデーが検挙対象。ちなみにこの覆面は交差点を半分塞ぐ形で
30分以上も停車していたそうだ。検挙中だもん、警察だもん、何しても許される。


で、もう一台の覆面が。検挙してみれば飲酒+車検切れだったそうだ。万一事故
にでもなれば悲惨な事になったであろう事は容易に想像ができる。それを未然に
防ぐのが警察だ。交差点塞いだ事について文句書いてごめんなさい。でも、
交差点を塞がなくても職務は遂行できるよな。やっぱり能力不足と言わざるを
得ない。持ち上げたり突き落としたりどっち側だよ(笑)。あっち側に決まってんだろ。
誰と話してんだよ。



当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締り現場画像。ありがとう
ございます。停止係が見据える先には現認係がいる。


コレだ。現場は厚別区厚別中央5条1丁目。陸橋から下った直後に現認が
配置されているが、発見は非常に難しい。


現場を地図で確認。南下する車両が監視対象。


この画像では姿を確認できないが、現認は左側のダンプトラックの陰になる
地点に居る。何度も言うが発見は困難だ。だがこの手の取締りはクルマに
乗った全ての人がシートベルト。携帯電話の使用はクルマを安全な場所に
止めてから。これで回避できる。


撮影日は変わって同ポイント。草が随分と伸びましたな。大自然の息吹を
感じるねぇ。


前回は同署地域課が取締りを行っていたが、今回は交通一課が参戦。検挙
された車両の奥に止まっているのはお馴染みの170系クラウンレーダーパンダだ。
一つ助言をさせてもらえるなら、パトカーを止める時はもう少し交差点から離れた
所に止めるとイイ。何の事言ってるか判るよな。


今回の現認の位置。前回よりも奥側に位置している。だが両者共に物陰から
通過する車両を真横から監視している。一瞬の内に通り過ぎる対象の車内を
見極めているという事だ。これはこれで凄い。道交法順守でいこうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた陸上自衛隊観閲式画像。ありがとう
ございます。撮影は真駒内駐屯地。第11旅団ですな。


旅団長観閲。


82式指揮通信車での観閲は副師団長。


部隊行進。第120教育大隊所属候補生。


96式装輪装甲車。広報では「クーガー」だが現場では「キューロク」等
の愛称で呼ばれる。ハチロクみたいでいいね。滝川の第10普通科連隊
所属機。


第18普通化連隊所属の軽装甲機動車。かっこいいなぁ。こういうのを
見ているとプラモデル作りたくなるなぁ。昔はタミヤのMMシリーズを作り
まくったもんだ。「ブレンガンキャリアー」とか「ケッテンクラート」とか。


第11特科連隊の99式自走155mmりゅう弾砲。一両9億6千万円。
すげぇな。1分間に6発以上の発射速度能力を持つそうだ。


90式戦車。11旅団の十一を縦書きにして「士」としたそうだ。その発祥は
旧陸軍時代の戦車第11連隊当時にさかのぼる。この文字合わせ、
「攻殻機動隊」の個別の11人と同じですな。攻殻もここをモチーフにした
のかな。


73式大型トラック。第二世代の470系だ。この個体は海外派遣仕様
で、前面に追加装甲がリベット打ちで装着され、フロントガラスも防弾
仕様となっている。海外で活躍してきたんだな。同旅団はこれまでに
ゴラン高原、ハイチ、東ティモール、イラク、南スーダンへ国際平和協力
任務で派遣されている。


訓練展示の様子。こちらも当サイト情報提供者の方より。ありがとう
ございます。皆、同じ場所にいたんだなぁと思うと嬉しく思う。ありがとう
ございます。このリペリングの瞬間は来賓席からのアングルとの事。凄いぜ。


かっこいいなぁ。だがこれは訓練だけの光景にしておきたい。それを何よりも
思っているのは隊員の皆さんだろう。平和が一番だ。そしてそれを守って
くれているのは第一線を張っている方々なのだ。



2012/06/05(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
撮影は苫小牧市美沢方面 国道36号。同方面での覆面出没率は最近減少傾向
にあったようだが、こうして今でも取締りが継続している。もう殉職事故起こすなよ(笑)。
また慰霊碑オービス建てなくちゃいけなくなる。で、コイツはナンバー「13-94」が確認できる。


札幌交機所属の「札幌301 ひ 13-94」だ。バンパー中央にくぼみがあるのがコイツの
特徴だ。交機でもなんだか開き直っちゃって、もう直すつもりはないような事を言っていた
っけ。お金ないもん!とも言ってた。もう裏金無くなったのかい。あってもこういう事には
使わないだろ(笑)。いやいや、道警にはそもそも裏金なんて無かったって事になって
んだよな。「確かにお金はここにあるんですよー、でも、どうしてここにあるかは私達も
判らないんですよねー」で解決。世間では通用しなくても、警察では通用するって
事は沢山ある。それはそうと裏金問題が持ち上がっていた当時、警察庁による国費
導入装備の抽選に参加させてもらえなかったけれど、それはきっと何か他の理由なん
だろうねぇ。なんだろうねー。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南I.C.画像。ありがとうございます。定番の
高速隊によるシーベル取締りが行われている。ここでは余程釣れると見えて、かなりの
頻度で取締りが行われる。クルマに乗ったら全ての座席の人がシートベルトだ。左側に
サイン会場となるパンダが見える。


今回はBMレガパンダ。インプレッサのパンダどうしたのよ。まだワックス掛けさせられてんの
かね。出動の度に。もういいじゃねぇか(笑)。


発券機の陰に隠れている現認から車内を覗き込まれた検挙対象は、左側に寄せて
停車するよう促される。そして切符切り係がそれに向かう。


どこへ行くんですかー?何の用事ですかー?どうでもいいだろ。だがそんな会話が聞こ
えてくる。


降車させられる。こうはなりたくないものだ。道交法順守でいこうぜ。


現認。主に一般レーンを監視しているが、余裕がある時はETCレーンも監視。
だがもっぱら覗き込むのは一般レーン側の車両だ。


料金所手前のネクスコ事務所駐車場からもう一台パンダが。


ネクスコの方と軽く談笑。


ETCレーンを通過し、この後レガの後方についてコイツも取締り参戦。では次は実際の
検挙シーンを見ていこう。


ハイ、進むのちょっと待って〜。


アンタ!シートベルトしてないじゃないの!これは大変な事だよアンタ!あー、これは
大変だ!発券機の後ろに立っていたらとんでもない物を見つけてしまったー。どーしよー。


あっちにサイン会場と係りの人間居るから行きやがれ。判ったか!そんな言い方は
してないだろ。だが内容的にはそういう事だ。


うふふ〜、こっちへいらっしゃ〜い。


ゲートをほぼ真横に通過するので、ゲートからの車両をストップ。


止まってくれたトラックに一礼。


サイン会場へいらっしゃーい!せっかく高速に乗ったのに、サイン会でも時間を
取られ、更には違反点数加算。最悪だ。だから皆がシートベルト。鉄則だ。



2012/06/06(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
タクシーが検挙されている珍しい光景だ。タクシーはあまり捕まらない。警察が見逃して
いるのではなく、元々タクシーが捕まるようなマネをしないからだ。だが今回はそうは
いかなかったようだ。コイツは信号無視での検挙。信号、守らないとな。


現場を地図で確認。豊平区月寒東1条20丁目の丁字路が監視ポイント。ここの
信号はよく見張られている。同地点のGoogleストリートビュー大先生でもパンダが
写っている。


撮影時は交番パンダが稼ぎに来ていた所だったんだな。違うもん!たまたま巡回して
いた所を撮影されただけだもん!そう思えるピュアな(以下略)。


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
うきうきサイン会中。函館機動警察隊所属の「函館300 ち 57-79」だ。


グレードエンブレムレス仕様。ありがたいアンテナが非常にありがたい。ありがとう。
撮影は七飯町峠下方面道道96号。


覆面の徘徊エリアはここだ。覆面の他にもレーダーパンダ、白バイ、オービスも設置されて
いる。正に取締りワンダーランド。ここはいい所だ。


過去に撮影された同車。ありがたいアンテナ仕様でありながら前面警光灯はグリル
内部埋め込み仕様。変わった個体ではある。



2012/06/07(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ画像。ありが
とうございます。お、なんだか久々に見る事ができた気がする。ありがとうございます。
今は主にどこに投入されているんだろうなぁ。で、今回の待ち伏せポイントは
新十津川町大和方面 国道275号。


現場を地図で確認だ。ここは路肩には雑草が生い茂るロケーションなんだそうだが、
待ち伏せポイントの一角だけキレイに草が刈り取られているそうだ。誰が草刈ってるんだ
ろうね(笑)。まさかパンダのトランクに草刈機積んでて、ドラえもんが自分でやってんのか。
想像すると笑える。


同エリアは札幌交機の管轄なんだな。砂川分駐はもう存在しないしな。ここまで高飛び
してのノルマ稼ぎ、頭が下がりますな。今後も皆様からの交機大活躍画像をお待ち
しております。



当サイト情報提供者の方より頂いたトラック検挙画像。ありがとうございます。事故
ではなく、右端の平ボデーが何かやらかしたらしい。交番パンダの後ろにはレーダー
パンダの姿が。撮影は中標津町。レーダーパンダに注目してみよう。


150系クラウンレーダーパンダですな。ステアを左全開にしている。この動作は高速隊
特有のものだ。シチュエーションと車種から高速隊所属機ではない事は間違い無い
だろう。という事は中身が元高速隊という事か。一般道でこれをやると、パトカーが
追突された場合は歩道に突っ込んでくる。「俺高速隊員だったんだよね〜」てなアピール
は大いに結構だが、ここは一般道である事をお忘れなく。自分は間違ってないと
思うなら今後もこうやって止めていればイイ。一般道でな。


こちらは所変わって釧路市星が浦方面。警察学校釧路方面分校を敷地外から。
機動隊所属とおぼしき車両が多数青空駐車されている。ここは高めの塀も無い
為、撮影は容易との事だ。バンバン撮影していきましょう。今後も皆様からのイかす
警察車両画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたインプレッサアネシス捜査用覆面画像。高速道路
を行く同車を陸橋から撮影。ナイスショットです。現在札幌圏で配備が進む覆面の
3ナンバーは「302」となっている。こいつがそうかどうかは言えないけれど(笑)。多分
違うんじゃないかなぁ。うん、きっと違う。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は函館中央署。地域課所属機だろうか。


続々と配備が進む200系クラウン。今は主に地域課を主になっているようだが、そろそろ
レーダー装備仕様のが出てきてもイイ頃だと思うのだが。楽しみは後にとっておけという
事か。新しい標的の出現に期待が膨らむ。



当サイト情報提供者の方より頂いた道央道ループコイル式オービス画像。ありがとう
ございます。道内で今の所唯一とされているループコイル式。測定電波を拾うタイプの
レーダー探知機ではマークできない。コイツが設置された時は衝撃的だったっけ。今後
増えるぞとも期待したが、今に至るもここだけの設置だ。


現場を地図で確認だ。江別東I.C.を通過してからがお楽しみポイント。自身のカメラの
性能を試す事ができる。どのみちここを気持ちよく飛ばしていく事はできないんだ。


以前にも書いているが、ここにはフィルム仕様の旧式オービスが設置されていた。
全く同じその場所に今は「新式」のオービスがあるわけだ。面白い。これ、良く見ると
カメラ部分のメッシュはカットされてんだな。こういうディテールってなんだか生々しいな。



2012/06/08(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り画像。ありがとうございます。
設置式と言ってもそこにはお馴染みのJMA-240は無い。路上に倒された黒と黄の
パイロンにそれが隠されている。


これは光電管による設置式取締りだ。道警ではこれをやらないのが不思議だが、
本州ではこれはポピュラーと言える。道警もこれやってくれよ。新しい標的になる。


測定器を壊されないようにという名目でパイロンを置いているようだが、実際には
隠していると言った方が適切だ。これを踏んで壊したらやっぱりそれはドライバーが
悪いんだろうか。


すげぇなぁ。レーダー探知機には全く反応しない。撮影は東京都足立区西保木間
方面。都道96号から国道4号に合流するポイント。ここの合流は一時停止が必要
ない為、ドライバーは加速を伴ってそれに臨む。だがそういう所にちゃんと警察が網を
張ってるって事だ。


現場を地図で確認だ。ここでは警視庁竹の塚警察署がお待ちかね。ちなみに
もう一枚、ここの地図内には警視庁第6交通機動隊が埼玉県内から速度測定を
行う越境作戦ポイントも存在する。


ここだ。日中には同交機の白バイが、夜間には覆面が投入される。測定は埼玉
県内から始まるが、検挙は都内になるので問題ないという解釈だ。


この日はその第6交機が白バイを投入。国道4号では白バイ、それに合流する
都道96号では光電管設置式。東京って凄いなぁ。


再び竹の塚署のお仕事。停止係は白バイ乗り。警視庁の場合、所轄にも白バイが
配備される。逃走された場合はこの停止係が白バイに乗って追跡する。もう本当、
何もかも凄いよね。


バンバン捕まる。


検挙車両が合流部分に蓄積されて、合流しようとする車両はこの有り様。
ノルマさえ達成できればいい。一般車がこうむる迷惑や危険など二の次。
警察ってこういう所からも嫌われるんだよな。これはこれで事故の元。そして
先程の埼玉県内から飛び出してきた交機の白バイも、検挙車両をこの
ポイントに止めさせようとしている。


なんと所轄の警官が白バイの検挙をサポート。すげぇ〜。連携とってんのか。
これは非常に興味深いですな。ナイスショットです。今後も皆様からの
イかす取締り現場画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り画像。ありがとうござい
ます。右端にJMA-240、中央にその下僕、左端に逃走車追跡用のレーダー
パンダだ。現場は奈井江町奈井江方面 国道12号。


現場を地図で確認だ。安全運転、道交法順守でいこうぜ。取締り現場を
ガッツリ撮影だ。カメラの準備はいいか。


今回のここでの取締りには画像の2名のみ。なので違反車両を一台検挙
する度に取締りは中断。この間はどんなに速度を出した車両が通過しよう
とも全くのザル。実際、切符を切っている間に何度もその手の車両が通過
していったそうだ。全ては偶然が織り成すタイミングが全て。だが、最も重要
なのはそういった「運」ではなく、常に安全運転を心がける事。取締り回避の
鉄則だ。



2012/06/09(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いたY31セド覆面画像。ありがとうございます。
古い写真が出てきたとの事でお送りして頂いた。古き良き時代、本当に古き良き
時代の覆面だ。8ナンバー、フェンダーミラー仕様の覆面だ。撮影は三重県の
運転免許センターとの事だ。


ホイールキャップ装備仕様は珍しい。スモークガラスじゃ無いのも時代を感じさせる。


こちらは今でも僅かながら稼動している仕様。8ナンバーではなくなり、ドアミラー
仕様となっている。


パンダ仕様と共に。「三重88 ほ 86-25」との事だ。こうして改めてY31セドを
見ているとかっこいいなと再認識できる。角ばったデザインが武骨でイイ。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンレーダーパンダ画像。ありが
とうございます。撮影は富良野町金山方面。中身はドラえもん服にカリメロヘル
メットだったとの事。旭川機動警察隊所属機と思われる。言うまでも無く市街地と
市街地を結ぶ幹線道路ってのは格好の取締りエリア。夏のドライブシーズンを
迎え、取締りも激化傾向となる。安全運転でいこうぜ。マジで。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとうござい
ます。POLICEマーキングがイかす警視庁パンダ。万世署所属機。


秋葉原駅での人身事故事案での臨場だったそうだ。ルーフサインにはもちろん
「万」の表示。なんだか凄い。山形県警の酒田署の「酒」よりはいいけど。
そういえば昔、「酒Power」ってステッカーがカー用品店で売られてたっけ。
飲酒運転による悲惨な事故が後を絶たないこのご時勢でも、まだあれ売ってる
のかなぁ。「酒Power = 飲酒運転」とは限らないだろ!ハイハイ。でも限定はしない
けれど、それも含まれるよね。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ画像。ありがとうございます。撮影は
厚別区大谷地東3丁目 道道3号。コイツは横断歩行者等妨害等違反の
監視中。現場を地図で確認だ。


丸印の交差点が監視対象。赤無視も同時に監視していると思われる。白バイ
自体は北洋銀行大谷地支店前で待ち伏せ。


前方の横断歩道を通行する歩行者がいる場合、車両は一時停止しなくては
いけない。距離の長い横断歩道で起こりがちなのが、歩行者が渡り始めたばかり
で、自身(車両)との距離が開いている場合に先に通行してしまうというケース。
これも違反になる。「歩行者が立ち止まった場合は違反」という解釈が存在するが、
道交法上ではその表記は無い。キッチリ押さえていきたい所だ。



2012/06/10(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いたグーグルストリートビューカー画像。ありがとう
ございます。成田ナンバーのインプレッサを見たらストリートビューカーと期待せよ。
それ以前にこの外観で判る(笑)。撮影は苫小牧市内。


サッカーボールみたいなメインカメラ。これで偶然にも取締り現場を撮影して頂いている
訳ですな。最近では岩見沢と帯広方面を回っていたそうだから、そのアップデートが
楽しみだ。


もう一台。苫小牧での撮影、2台存在、撮影時に目立たないように貼られている
Googleのロゴステッカーが確認できない所を見ると、撮影を終えてフェリーでご帰還
という所か。今回撮影された個体のナンバーは「30-63」と「13-76」だ。過去に撮影
して頂いた個体はいずれかのナンバーに近い数字だ。


「13-74」


「13-78」


「30-65」

グーグルはカメラカーを複数台を一括登録している事が判る。お金持ち〜。ちなみに
現行のカメラカーはこんな風貌だが、当初はこれだった。


ルーフにカメラユニットを装備しているが、現行の特徴的なサッカーボール状の物では
なく、車種もプリウス。しかもボロボロ。撮影時にぶつけまくったんだろうな。運転上手いな。
今回のインプレッサ群についてはそういった目立った損傷は無い。ドライバーの面接基準を
上げたのかな(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた北見署画像。ありがとうございます。オープンスペース
から公共施設を撮影。そうやって書くと俄然やる気が出てくるな。カメラの準備はいいか。


そんなオープンスペースから(もういいって)は各種バスも見える。手前のマイクロバスに注目
してみよう。


交通取締り時のキャンピングカー役で使用されるシーンも多く見られるバスだが、中身の
小物が気になる。


てるてる坊主に雪だるまっぽい人形やおもちゃの数々。てるてる坊主は判る。雨の日って
取締りあんまりやらないからな。それもどうかと思うがおもちゃは一体なんなんだろうな。
だだをこねるドライバーをこれであやすという事か。

ド:俺は違反なんかしてねぇんだよ!他に違反してるのいっぱい居るだろうが!
警:ハイお人形さんでちゅよー
ド:きゃっきゃ
警:この切符にお名前書いてくだちゃいねー。
ド:(サラサラサラ) ※サインする音

こんな感じだろうか。どんな感じだよ(笑)。このバスも含め、北見署前は非常に撮影に
優しいロケーション。今後も皆様からのイかす北見署前画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナ捜査用覆面画像。ありがとうござい
ます。例のありがたーいアンテナが装着されている。ありがたい。頂いた画像原版から
押さえたナンバーから、前後に連番で存在する個体である事が判った。これまでの
ほとんどの覆面がそうだが、前後賞わ合わせて大フィーバーってのは嬉しいよね。標的
が他にもいるんだってその個体だけで判るんだもの。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
グレードエンブレムレスでユーロアンテナ。ありがたいねぇ。撮影は千歳市内。これから
どこに飛んで稼ぐ気なんでしょうか。


この「札幌301 ま 66-85」は高速隊所属だったが今は交機にお下がりになっている。
高速隊の抜けた車両分はいつ補充になるんでしょうかねぇ。


高速隊当時の同車。ありがたいアンテナ仕様だった頃があったんだね。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとうございます。
コイツは札幌交機所属の「札幌301 ひ 13-94」だ。バンパー中央のくぼみが特徴。
直すもん!そんなのすぐ直すもん! ハイ、何年もずぅーっとこのままの状態が継続
しております、目印です。


今回の出没エリアは北区篠路清掃工場〜篠路高校間の道道128号。地図で確認
してみよう。


徘徊して獲物を物色する。場合によっては白バイも投入されるわくわくエリア。今後も
期待できるぞ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛車タクシー画像。ありがとうございます。すげぇな。
運転手さんは正直どういう気持ちなのかは興味深い所だが、強烈なアピール力を持って
いるのは間違いない。


レーシングカーにも数多く登場するようになった痛車だが、タクシーでも登場という訳だ。
はたらくクルマが痛車化するこのギャップがイイ。これ、パトカーがやったら…。やらない
というかやれないだろうけど。道警が遺伝子組み換えであるマスコット「ほくと」で痛車
作ったら笑えるな。






BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP