BACK NUMBER
2012/05/21-27
0522 0523 0524 0525 0526 0527


2012/05/21(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いたバスレーン取締り現認係画像。
ありがとうございます。2枚のバス停看板の間に見えるのがそうだ。


見てる。バスレーン規制、きっちり守ろうな。公共交通機関の円滑な
流れをエゴで阻害してはならない。一方で自分は混雑している一般
レーンにいる際に、悠然と空いているバスレーンを知ってか知らずか
走行するクルマに対しては感謝している。そういう事をしてくれるおかげで
こちらの車線がこの程度の混雑で済んでいると思えば。だが違反は
違反だ。良い子は真似しちゃいけないよ。マジで。


現場を地図で確認だ。白石区本通16丁目 国道12号。1丁手前の
17丁目に現認が居る場合もあるが、いずれにしてもそこから北上して
川を渡った小道から停止係が飛び出してくる。それは変わらない。


停止係。マスク着用で取締りに臨むのは正解だと思う。色々な意味で。


検挙シーン。バスレーン取締りは取りこぼしも多いがそれ以上にガンガン
捕まる。正に入れ食い。


サイン会場へ行きたいかぁ〜!


罰ゲームは怖くないかぁ〜!誰がアメリカ横断ウルトラクイズだよ。あの
番組、大好きだったなぁ。


中にはバスレーン規制自体を知らないドライバーも居て、「何その
バスレーンって」となるケースも。標識見ましょう。


はいアンタ!アンタ終わった!


取締りの事なぞ、なーんにも知らなさそうなオバサンだったそうだ。
こういう人が居てくれるから一般レーンが混まずに済む。


こっち来てね〜。


そして向こうのサイン会場へ行きやがれ!


中には取締りに驚いて分身の術を使う車両も。どっちだ!どっちが
違反車両なんだ!向かって右だろうが(笑)。バスレーンそっちなんだから。


もちろんこれは分身の術などではなく、以下略。


この取締りはほぼ毎日という訳ではないが、3日に一度位は行われて
いる。今後も取材のし甲斐があるというものだ。


今度は別角度から。


はい出てきました。


ハイあんた!終わった!あんた今終わった!


サイン会場はあちら〜。


ハイあんた!いや判ってる。もう判ってる。ちなみにこのクルマ、健康食品を
扱う会社の看板背負ってたそうだが、「安心と健康を願う…」なんて
コピーが書かれていたそうだ。そんなもん願う前に交通ルールを守りま
しょう…。


ガンガン捕まる。


オマエだぁぁ!!


お巡りさんこの人です。この人がやりました。


サイン会場の状況を確認しつつ…。


旗を右手に持ち替えて…。


サイン会場はあちら〜。


運転手さんね、あそこバスレーンなの。一般のクルマ走っちゃいけないの。
判る?わっかんねぇだろうなぁ〜。


さ、ここからが凄いメインイベントだ。行くぜ。バスの後ろを走行している
車両が標的だ。


ハイ、検挙ですよー。


おやおや?これでも標的のブレーキランプが点灯しない。


ちょ、ちょっと…!


完全に逃走の体勢。後続の車両が割り込まれて急ブレーキをかけて
いるのが判る。


先日、覆面と知らずにちょっかいをかけて逃走の果てに事故死した
ドライバーを彷彿とさせる。逃げちゃダメだわ(笑)。


逃走中。


この後、逃走車両は対向車線側へ。


こりゃすげぇや(笑)。


完全にマッドマックス状態ですな。










これら追い越しされた一般車の中にはミニパトも混じっているが、
見て見ぬ振り。世も末だ。だが取締りの渦中の方で動きがあった。


サイレン吹鳴、赤色回転灯点灯でスクランブル。そうこなくちゃ。


久々にパンダがカッコ良く見える一瞬だ。


追尾に出たパンダが戻ってきた。


取り逃がした…?


いや、コイツが逃げたヤツだ。捕まったんだな(笑)。


中身については、非常に判りやすい風貌のが乗っていたそうだ。
ここではその画像は明かせないが、非常に判り易かった。「あぁ、
こりゃ逃げても不思議じゃないわ」ってのが乗ってた。


サイン会場へ逆戻り。こうでなくちゃな。逃げ得は無いわな。クルマから
降りるとすぐにタバコを吸い始めていた。欄干に激突死しなくて良かった
よね〜。



2012/05/22(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は東区。ショッピングモール「アリオ」だ。


ショッピングモールと言えばゾンビ。ゾンビと言えばショッピングモール。
これは恐らくゾンビ発生の初期段階だな。だから警察がまだ機能して
出場してきている。そういう妄想はいい。でも、ジョージ・A・ロメロ監督の
「ゾンビ Dawn of the Dead」は最高だ。何度見てもイイ。最高だ。


パンダの向こうには警官の姿が。「この自転車、君の?」みたいな
事やってんのかね。違うだろ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いたGoogleストリートビューカメラカー
画像。ありがとうございます。撮影は帯広市方面。お馴染みの成田
ナンバープリウスだ。そうかぁ、今は帯広を撮影して回っているんだな。
これに取締り中の警官が偶然写るんだよ。あれがイイ。楽しみだなぁ。


サッカーボールのようなカメラが特徴的。ちなみに車体にはGoogleの
ロゴがちょこんとボディー側面に貼ってあるだけで、今まさにこれが周囲を
撮影しているとは誰にも判らない。だがそれがイイ。これが「今撮影中」
なんてやると、警官が「何写真撮ってるんだぁぁぁ!!!グギャァァァ!!」
ってなってうるさい。うるさいって(笑)。Googleマップの更新に期待だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた73式小型トラック画像。ありがとう
ございます。撮影は沖縄県。那覇の第15師団 101不発弾処理隊
所属機との事だ。ボムスクワッドってヤツだ。かっこいいぜぇ。平和な時代
においてさえ、不発弾というやつはそこに戦争を再現させる。それを
封じ込めるのが同部隊だ。かっこいいぜぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。
ありがとうございます。撮影は札樽自動車道小樽方向との事だ。
北I.C.で降りていったそうだ。その先にヤマダ電機あったっけ?そうやって
書かれなくなる日は来るのかねぇ。寝て何が悪い!そう思えるピュアな
心を持っていたいものだね。だが寝てる所を見た以上、こちらも何も
しない訳にはいかない。今後も皆様からの昼寝画像、情報をお待ち
しております。



当サイト情報提供者の方より頂いたミニパトin高速道路画像。ありが
とうございます。ミニパトが高速道路を走ってはいけないって事は決して
ないが、なんだか珍しく感じるのは事実だ。一般車にブチ抜かれたら
追跡するのかな。しないだろうなぁ。見て見ぬ振りだろうな。俺の管轄
じゃないし。出た。管轄じゃない。部署じゃない、担当じゃない。よく
これで逃げるんだよな警察は。エンジン溶けてもいいから本気で追跡
してみろよ。なんてな。何興奮してんだよ。ミニパトでもちゃんと目の前
で起こった交通違反は検挙するもん!そう思えるピュアな心を取り戻そうぜ。
誰だそこで笑ってるのは(笑)。



2012/05/23(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いた工事現場片側通行画像。ありがとう
ございます。国道230号中山峠の光景だ。土砂崩れによる通行止めから
ついに片側通行で開通。


実に19日間もの間、不通となっていた同峠がようやく開通だ。という事は
峠ふもとで展開する取締りも復活するって事だ。ゲーム再開ですな。
再び盛り上がってまいりました!



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。
ありがとうございます。アリオンを見たらまずは覆面と期待せよ。


ありがたいアンテナを装着していた名残がある。これだけでもう充分だ。


だがコイツは珍しい個体と言える。グレードがA20ではなくA15なのだ。
存在しない訳ではないが、まず目撃される件数の少ない覆面。撮影
に気付かれた後の逃げっぷりからしても異常な程だったそうで、そういう
点とA15グレードの覆面ってのを考えると、色々妄想しちゃうよなぁ。
公安じゃないよね?公安でもいいけれど。ナンバーと顔貌データに
ついては おっとこれ以上は。せっかくあんなに逃げ回ったんだから、
これ以上言うと可哀想だ。ちなみにこのA15のアリオンの覆面は連番で
存在している。



当サイト情報提供者の方より頂いた240系アリオン捜査用覆面画像。
ありがとうございます。アリオンを見たら以下略だ。マジで。


で、コイツは定番のA20グレード。これをA18に変えるだけで格段に
秘匿性が上がるが、まぁ所詮役所のする事だからな。これでイイと
思ってんだろ。それでイイ。


寝てはいないが真面目に捜査している風でもないわな。民有地に
好き勝手に入ってサボってるとこうなる。いつどこで、誰が撮影したか
本人達が万一この画像を見ても心当たりすら無いだろうな。誰かに
話しかけられたかい?話しかけられてないだろ?



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。帯広署交通一課所属機との事だ。未だ第一線
で活躍。面白いのは運転席側が活動帽、助手席がカリメロヘルメット
という点。助かるのは助手席だけか…。まぁそれも仕方ない。というよりも
所轄がヘルメット被ってるのが珍しいけれど。


こちらも同署交通一課所属機との事。2台もレーダーパンダもってんの
かよ。いいなぁ。それだけ遭遇率高いって事だもんな。



当サイト情報提供者の方より頂いた陸自CH-47画像。ありがとう
ございます。タンデムローター型ヘリの傑作機だ。撮影は丘珠空港。
いいですなぁ。


こちらは観測ヘリOH-1。川崎重工製の純国産仕様。1機あたり
25億円。観測ヘリとしては高額な為、平成22年度の調達をもって
生産終了。


そしてこちらは対戦車ヘリAH-64Dだ。アパッチ・ロングボウですな。
すげぇ、12機しか調達されてない同機が丘珠に来ていたんだな。
この個体はロングボウたるAN/APG-78ロングボウ・レーダーが
外されている。ニコラス・ケイジ主演の映画「アパッチ」を思い出すなぁ。
夜間戦闘システムの訓練の為に、どういうわけか女性の下着を頭に
被って基地内をジープで暴走するシーンが印象的。アパッチそのもの
よりもあのシーンがインパクトありすぎだった。本物のアパッチ乗員も
ああいう事してるんだなぁと感心したもんだ。感心するな。実際に
そんな事してねぇよ。


こちらは同レーダーを装備している。メインローター上の円形の
ものがそうだ。かっこいいぜぇ!


離陸準備に入る。ヘリなのでその場で離陸できるが、きちんと
滑走路上で離陸する。


機首部分に装備される「TADS」がこちらを向いている。


向こう向いている状態。


後ろ姿。


かっこいいなぁ。プラモデルは作るの大変だから、完成品モデルで
欲しくなってきた。1/48スケールで幾らくらいすんだろうな。


皆で一斉に離陸。凄い。脳内では今「エアーウルフ」のテーマが
流れている。


一番手前はUH-1。カッコいいなぁ。映画「エネミーライン」では
大活躍してたっけ。


再びOH-1。コクピットとローターの間にセンサーが装備される。
この位置により、機体のほとんどを隠した状態で索敵が行える。


後ろ。リアローターを覆う「機体カバー」部分が印象的だ。


アパッチってどこの部隊所属なんだろうな。丘珠でこうして見られた
事は幸運と言えると思う。ナイスショットです。


固定武装のM230チェーンガン。30mm機関砲。照準は前述の
TADSによって行うそうだ。射程は3,000m。これが実際に使用された
際のガンカメラ映像があったっけ。陸自ではなく米軍のものだが、
とんでもない攻撃力をもっているというのがよく判った。



2012/05/24(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。
ありがとうございます。撮影は大阪中央環状線。ナイスショットです。
同府警所属の「大阪301 は 39-04」だ。グレードエンブレムレス、
ユーロタイプアンテナ。きっちり見分けていきたいものだ。180系クラウン
を見たらまずは覆面と期待せよ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとう
ございます。撮影は北見署正面。北見交機も同じ建物なんだよね。イイ
所だなぁ。マジで。警戒レベルもかなり低いし。ありがたい。今はうきうき
洗車タイム。「北見300 た 30-22」だ。その奥には「北見300 そ 55-38」
の姿も。


こちらは古き良き時代の覆面170系クラウンの「北見300 せ 55-38」の姿。
青空駐車すんの止めたのか?



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待ち伏せ画像。
ありがとうございます。分離帯を挟んで反対側のP帯に居る。撮影は
釧路市大楽毛方面 国道38号。


現場を地図で確認。ここはほぼ連日のようにやってるそうだ。いいなぁ。
札幌方面では、「もう毎日のように」なんて場所無くなっちゃったんだよな。
なんでだろうね。では、ここでのほぼ毎日の様子を実際に見ていこう。


一枚目と同じく(撮影日は異なる)、V36スカイラインレーダーパンダ。
釧路機動警察隊ですな。


今度は150系クラウンパンダ。


Y31セドと並び、コイツも相当な年数活躍しているよな。凄い。


そして今度は170系クラウンパンダ。こりゃすげぇや(笑)。本当、どんだけ
やってんだよここで。


ハイ検挙。ここは本当にいい所だ。敷物とおにぎりを持参して向かい
たいぐらいだ。正に「僕たち飲むなら、ピクニィィック!」だね。だね。じゃ
ねぇよ。全然意味判らないよ。クイッククエンチ〜Yeah!それガムだろ。



当サイト情報提供者の方より頂いた交番パンダ路上駐車画像。
ありがとうございます。撮影は室蘭市。JR室蘭駅付近との事だ。
パンダの中は無人。事件か!事故か!だが中身はどうやら店内で
制帽脱いで、随分とリラックスしていたそうだ。何飲んだかここで
書いてやろうか?どこの店内に居たって?何飲んだって?いやいや、
全然判りません。だが、このパンダがここにこうして駐車している
のは事実。


これ、警察の大好きな道交法に照らし合わせてとやらでいくと
どうなのよ。白なのか黒なのか。真っ黒だろこれ(笑)。違うもん!
事件事故の捜査だもん!だから他のクルマに迷惑かかるような
こんな止め方してもいいんだもん!そう思えるピュアな(以下略)。


ちなみにこのパンダが所属していると推察される交番が↓コレ。


室蘭署 室蘭駅前交番。随分と面白い事が書かれている。

ちょっと待て やっていいこと 悪いこと

笑わせる(笑)。いやいや、今回の路上駐車の事はともかく、あれだけ
自分達で不祥事連発しておいてこの標語かよ。常人なら恥ずかしくて
掲げられないと思うが、まぁ、普通じゃないって事なんだろうな。パトカー
だからってあんな止め方してるぐらいだしな。そういう小さい所から不祥事の
芽が出るんだよな。監察室の人が言ってた。どこの監察室?



当サイト情報提供者の方より頂いた赤い彗星ラパン画像。ありがとう
ございます。おぉぉ!!!これはイイ。ボディーカラーもしっかり赤だ。
情報提供者の方曰く、通常の3倍の速度は出しておらず、いたって
安全運転だったそうだ。そこがまたカッコいい。渋いね。



2012/05/25(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとう
ございます。撮影は札樽自動車道 均一区間。ここは覆面の出没率が
高いエリアと言える。高飛び中の交機の覆面も混じっているが、取締りを
行うのは高速隊の覆面の方だ。交機の覆面は「俺の担当じゃないし」
って事で、違反車を見ても見ぬ振りをする。マジで。


で、今回のコイツはもちろん高速隊所属機。札幌圏内でボディーカラー
がホワイトなのは高速隊だけだ。なんでだろうね。ナンバーは「札幌301
む 35-16」だ。180系クラウンを見たら、まずは覆面と期待せよ。



当サイト情報提供者の方より頂いた240系アリオン捜査用覆面画像。
ありがとうございます。アリオンを見たらまずは覆面と期待せよだ。


グレードはもちろんA20。大穴でA15の覆面も存在するが、大半は
これだ。で、240系アリオンで、このA20エンブレムが右上に移動して
いる場合は公安のカメラ搭載車両って事になるなんて誰が言ったぁぁ!!
そういう事いうのはやめろぉぉ〜!!ちなみにA20のゼロの部分がくり
抜かれてそこがピンホールカメラのような



当サイト情報提供者の方より頂いた空自イベント画像。ありがとう
ございます。静岡県焼津市 新浜基地での航空際だ。


陸自の対戦車ヘリも展示。かっこいいぜぇ。AH-1Sコブラ。
前面投影面積を限界まで切り詰めたこのスタイルがイイ。
対戦車ヘリのベストセラーだ。


M197ガトリング砲。ガトリングですよガトリング。なんだよガト
リングって。凄い銃って事だ。


スタブウイングには2基のパイロンが。ロケット弾ポッドとTOW対戦車
ミサイルの懸架フレーム。TOWは発射後も命中までガンナーが
誘導を行う必要がある事から、その改良が期待されている。発射時の
閃光や煙を敵に発見されても、ミサイル誘導の為にそこから実機が
退避できない為だ。


富士重工製のT-7初等練習機。これだけの機体数での編隊飛行
って中々見られない。カプコンのゲーム「1942」を思い出してしまった。
あれはBGMが秀逸だった。


C-130輸送機。初飛行は1954年。現在もなお第一線で活躍する
大ベストセラー機。


F-2戦闘機。岐阜基地の飛行開発実験団所属機との事だ。
カラーリングがブルーじゃないんだね。


RF-4EJ。百里基地所属機。RFではなかったが、ファントム無頼じゃ
ありませんか。いいですねぇ。あの漫画、ムチャな展開が痛快だった。


F-15J。小松基地 303飛行隊所属機。情報提供者の方もコメント
されていたが、映画「パトレイバー2」ですな。プリースト21だ。


マルハンのCMの和田アキ子がこんな所に!お茶目(死語)な整備小隊
ですな〜。ハッ!!



2012/05/26(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いた陸上自衛隊第7師団式典画像。
ありがとうございます。東千歳駐屯地がこの日は開放され、そこで行わ
れるは観閲行進と訓練展示だ。早速いくぜ。


観閲行進。多くの人が見守る中、各部隊が行進する。かっこいいぜぇ。


同師団は陸自唯一の機甲師団。配備されている戦車の数は随一だ。
これの観閲行進は見ものだ。これに期待しつつ、他各隊車両を見て
いこう。こちらもメチャクチャかっこいいんだぜ。


第7高射特科連隊の87式自走高射機関砲。浸透していない
愛称(矛盾)では「スカイシューター」。しかし隊内ではガンタンクと
呼ばれているそうだ。その方がイイ。ガンダム好きだもん。


行進時の地鳴りと轟音がとにかく迫力だそうだ。普段はまず見かける
事のできない戦闘車両。貴重な経験だろうなぁ。


99式自走155mmりゅう弾砲。第7特科連隊所属。


第11普通科連隊所属の89式装甲戦闘車。凄いなぁ。


上空からはヘリ部隊がやってくる。


観測ヘリOH-1。


対戦車ヘリAH-1S。ガンナーもパイロットもこちらを見ている事が判る。


空自のF-15Jも上空を通過。ギアダウンし、エアブレーキも作動させて
スロースロットルでの通過だったそうだ。


スローとは言え、これを目で追っていても


あっという間に上空を横切って旋回していく。


戦車部隊行進。これほどの戦車を一度に見る事はここ以外では
ないと言われている。その正確な数字はともかく、引きで見ると
これぐらい。


すげぇ(笑)。凄すぎて笑ってしまう。正にタンクバタリアン。


クルマの運転と違い、運転手は周囲をガラス越しに把握している
訳ではない。だが、一糸乱れぬ整列行進を行っていた。


去り際もいいなぁ。わずかに光るテールランプがまたカッコいい。


この90式の後継となる10式が今後主力戦車の座を取って代わる
事になるのだろうが、まだまだ最新鋭としてこの90式も日本の守りを
固めてくれる事だろう。


明日の更新では、訓練展示=模擬戦闘訓練の様子をお送りする。


侵攻を開始した敵勢力をいかにして排除するか。それを明日は詳しく
見ていこう。



2012/05/26(sat)


昨日に続き、陸上自衛隊第7師団記念式典。ここからは「訓練展示」
の様子を見ていこう。


仮想敵役の90式戦車が「白の陣地」に展開。侵攻してきたこの脅威を
排除するのが大まかなストーリーだ。


まずは敵の規模を探る必要がある。観測ヘリOH-1がその役を務める。
実戦では当然敵の反撃が予想される。そこで同ヘリには高い生存性を
追求するために、非常に優れた機動力を持つ。それを見てみよう。


ほぼ垂直に近い急上昇。観客席からどよめきが起こる。


高度を稼いだ所で水平に、ここから一気に


垂直下降。さらにどよめきが起こったそうだ。凄い。


再び垂直上昇。しかし今回はそれに「ひねり」を入れる機動。


手に入れた情報を確実に持ち帰る。その為の機動性だ。


トリッキーな動きを易々と見せるOH-1。だがこれもひとえにパイロットの
高い操縦技術たるゆえんだ。


続いてUH-1が飛来。敵陣前に着陸。


ハッチが開く。


偵察隊のバイク登場。


小火器による攻撃を行う。これにより敵がどのような反撃をしてくるか
でその火力を探る。威力偵察ってやつですな。


別のヘリではリペリングが開始される。


凄いなぁ。


一歩間違えば死に繋がる。訓練とは言うけれど、これは正に実戦だ。


いよいよ戦車部隊の投入だ。


白の陣地に対して照準する。


しかし戦車は突如後退を開始する。


敵の攻撃を受けて被弾、戦闘不能となった車両が。


90式戦車回収車の登場。頼もしいですなぁ。


牽引の為の準備作業を開始。


この間ももちろん戦闘は継続中。素早い作業が求められる。


牽引開始。素早く前線から後退していく。カッコいいぜぇ。


体勢を立て直して再度戦車部隊投入。


それに併せて歩兵部隊も投入される。89式装甲戦闘車だ。車内には
完全武装の兵員が乗り込んでいる。


戦車隊の支援を受けながら、歩兵部隊を展開させる地点へと移動。


兵員展開。カッコいいねぇ。


84mm無反動砲を携行。


更に敵陣深くへと向かう為、今度はヘリがピックアップ。


どんどん乗り込んでいく。


乗り込む兵員を守る為に自身は乗らずに周辺の警戒を行う。


戦車部隊の攻撃はなおも続く。もう後から後からどんどん出てくる。


74式戦車。90式に主力戦車の座を譲ったが、こうして未だ現役だ。
圧倒的な火力の前に敵は後退を開始。


ラスト。スモークディスチャージャー作動。


なんとも言えない光景だ。かっこいいと感じると同時に、これが訓練の
中だけであって欲しいと願うばかりだ。


煙幕弾が地表でもくずぶる。大迫力の訓練展示が終了。いや〜、
いいもの見させてもらいました。ありがとう。そしてありがとう。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP