BACK NUMBER
2012/04/23-29
0424 0425 0426 0427 0428 0429


2012/04/23(mon)




昨日記事にさせて頂いたユーロタイプ無線アンテナがだらしない事に
なっている覆面が2台も確認された件について、当サイト情報提供者の
方より情報を頂く。ありがとうございます。結論から言おう。

取 扱 説 明 書 を ち ゃ ん と 読 ま ず に 装 着 し た か ら こ う な っ た 。

さすがは道警。アンテナだって税金なんだぜ。随分とぞんざいに扱って
くれるねぇ。では詳しく勉強していこう。すげぇ興味深いぞ。

BMレガシィのアンテナの取り付け方の件ですが、施工説明書に推奨
されている取り付け方法とは異なる取り付け方をしております。まず、
推奨の施工方法ですが、配線はボディーとリヤーウインドウの隙間に
同軸ケーブルを這わせます。この時、「自己融着テープ」と呼ばれる物を
同軸テープに巻くように指示されています。(自己融着テープは標準
セットには付属していません)自己融着テープを巻く事でコードが露出
したり、ずれたりするのを防ぐことができます。

しかし、これら個体は手抜きをして「コードレール」を使用して取り付けて
おります。(本来はNG)コードレールは外突規制対応品ではなく、「TV
-UVTUV(TAアンテナ(外突規制対策前))」の時代のものです。また、
アンテナ本体の向きがずれているのは、基台裏面の両面テープ(ブチル
テープ)を使用せず、ネオジム磁石のみで取り付けを行っている事が
原因で起こっています。

自己融着テープを巻かずに同軸ケーブルを這わすと、外れやすいだけ
でなく、同軸ケーブルの物理的欠損や自己融着テープを使用した
場合に比べてシールドが減ってしまいますので、電波干渉も受けやすく
なります。

との事だ。ちゃんと付けろよな(笑)。この2つの個体のアンテナを施工した
ヤツって同一人物なんだろうな。雑さが一緒だもの(笑)。


で、こちらはそのユーロタイプ無線アンテナの一つだ。電気興業製のもの。
今後はこれを主流にしていくのかね。ちゃんと説明書を読んで装着しま
しょうね。道警さん。


台座部分とエレメントは分離したパーツ構成。ダメだぞ、エレメント
だけクルクル回して外したら(笑)。


エレメント部分。上じゃないよ、下がエレメント。判ってるよ。長さが
どれくらいか判るように置いて頂いたのだ。ナイスです。


接栓部分。NP型と呼ばれるコネクタだそうだ。今回も非常に勉強に
なりました。ありがとうございます。今後も皆様からの情報提供を
お待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたJB33ジムニーパンダ画像。
ありがとうございます。「ワイド」と呼ばれる普通車規格のジムニーだ。
撮影は津別町「道の駅 あいおい」との事だ。山間部に位置する
交番や駐在所に配備になるタイプのパンダですな。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンレーダーパンダ
画像。ありがとうございます。ここは一体どこだ…?


コイツは札幌交機所属機だ。同クラウンのレーダーパンダは3台
存在する。その内の1台。で、ここはどこだ。


トヨタ ボデーリペアセンターだ!ババーン!小樽市銭函にある。
それにしてもボデーリペア…?どういう事だよ。本人に聞いてみよう。


えぇーっ!?もしかして死神と踊(ダンス)っちまったのかい? なんで
マスオさんがヤンキーマンガ読んでんだよ。


「ぶつけられた」っぽいな。パンダにぶつかったヤツ誰だよ(笑)。話聞か
せて欲しいなぁ。マジで。







当サイト情報提供者の方々より頂いたNSRTステッカー画像。ありがとう
ございます。これ貼って警察応援しようぜ。もしかしたら、互いに街の
どこかで。今後も配布続行いたします。お待たせしてしまっている方、
もう少しお待ちください。必ずお届けいたします。



2012/04/24(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。
ありがとうございます。180系クラウンを見たらまずは覆面と期待
せよ。そしてシャッターを切れ。どんなに早くてもいいんだ。まずは
撮る事から始まる。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありが
とうございます。撮影は白老町方面。こいつは同町石山と社台の間を
ルーレットしていたそうだ。これは逆追尾に気付いて、こちらをやり過ごす
為に停止している様子。職質は無し。コイツら交機だからな。能力も
度胸も無いんだよ。マジで。


一枚目は国道36号からそれた旧道に逃げ込んだ所だが、逃げる
しかない。その後はまた国道へ。覆面と気付かずに追い越していく
車両をことごとく見逃す始末。


そして自身もまた逃げる。情報提供者の方のコメントがイかす。

奴 は 一 体 何 を し て い た の で し ょ う か ( 笑 )

全くだ。何していたんだろうな(笑)。


紹介が遅れた。コイツは札幌交機苫小牧分駐の「室蘭300 て
79-72」だ。ありがたいアンテナの残骸をリアガラスに残しつつ、ユーロ
タイプアンテナに換装した、最も中途半端な偽装パターンがコイツ。
今後ともよろしく。皆で逆追尾しようぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた羊ヶ丘通 札幌ドームエリア画像。
ありがとうございます。居るな。今日も。反対側のランプウェイに隠れて
いる。ここ最近、ここで豊平署交通一課が網を張る傾向が強い。


こちらも当サイト情報提供者の方より頂いた同待ち伏せ画像。ありが
とうございます。互いを認識せずとも、こうして同じ物を見ていたんだね。
なんだか嬉しく感じる。皆、ありがとう。


何度も書いているが、ここは以前は深夜に交機が同様の待ち伏せを
していた所だった。今は所轄が日中にやるようになった。


現場を地図で確認。今回もドーム側。札幌市街地から北広島を
目指す方向だ。上の丸印だ。


パンダが待ち伏せする場所よりも手前の信号で、勢いよくシグナル
スタートして単独でいい気になっているのが食われる。


本線からコイツを測定前に発見するのは困難。姿が見えた時には
パンダも測定を終えている。安全運転、道交法順守だぜ。マジで。



当サイト情報提供者の方より頂いたミニパト交通規制画像。ありが
とうございます。撮影は白石区南郷通。片側3車線の内の中央を
潰している。事故か?


事故の当事車両は見当たらない。パンダの前にいるのはそれを
かわして信号待ちしている無関係の車両だ。この現場の横には
コンビニがある。3車線ある内の中央をパンダが潰しているのを
見ると無性にからあげクンが食べたくなった情報提供者の
方はそこの駐車場に寄る事にしたそうだ。するとこんなのが
駐車していたそうだ。


ワーオ。200系クラウンパンダではありませんか。警官に話を聞くと、
ここの交差点で人身事故があったそうで、その見分中との事だ。
この時、同パンダには事故について当事の状況を説明するコンビニ
の店員さんが乗っていた。


駐車場にはミニパトもう1台と鑑識車両。本格的ですなぁ。


ハイ聴取終了〜。


その後、クラウンパンダが始動。もう帰ってしまうのかねぇ。


サービスでパトライトも点灯してくれた。嘘を付くな嘘を。


誘導されながら本線へバックで合流していく。


規制しているミニパトの前へ。


どうやらクラウンを当事車両に見立てての見分のようだ。悪役パンダ。


鑑識が撮影している所を撮影。この後優しく声をかけられたそうだ。
「もう少し後ろで写真撮ってね」と。優しいなぁ。


この間、中央に加えて左の第一車線も規制開始。


メジャーで距離を測り、


それも撮影。


ここに当たったんすよ、ここに。そんな感じだろうか。どんな感じだよ。
事故というのは本当に恐ろしい。時間も金も失われていく。だから
安全運転だ。道交法順守でいこう。マジで。



当サイト情報提供者の方より頂いた桜満開画像。ありがとう
ございます。素晴らしい。キレイですなぁ〜。


撮影は兵庫県加東市 同県立播磨中央公園との事だ。春だなぁ。
本格的取締りシーズンの幕開けを感じる。季節の移り変わりを色々な
事で感じるのはいいよね。今後も皆様からの桜画像をお待ちしております。



2012/04/25(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありがとう
ございます。そしてそれを今まさに追い越そうとしている車両。ヤバイ(笑)。
これはヤバイ(笑)。


撮影は斜里町方面。国道334号の一定のエリアを徘徊している。この
エリアはほとんどが追い越し禁止。一枚目の画像はそれがようやく解除
になった直後だ。覆面は当然「道交法順守」に徹するため、残念ながら
そうではない車両はここぞとばかりに抜きにかかる。


追い越しちゃったよ…。気付かないもんなぁ。これがまさか覆面だなんて。


パンパカパーン!ってな感じで(どんな感じだよ)、気持ちよく去っていく
一般車。この後、覆面の怒涛の追尾が始まったそうだ。


ハイ検挙〜!今回は完全に覆面の思うツボ。あの壷はいいものだー!
マ・クベやめろ(笑)。なんだまたガンオタか。このキモオタ童貞ヒッキーが。
しっかし運転席側のドラえもん…(笑)。なんかおっかしいなコイツ。


で、覆面の正体だが、北見交機所属の「北見300 た 30-22」だ。
そして助手席は女性。ワーオ。しかも札幌交機には見られない
ルックス度だ。頂いた画像原版ではもちろん目線も無い。札幌交機
にはいないわぁ…。頑張ってくださいね。グヘヘヘヘヘ。またそれか。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。
ありがとうございます。撮影は小樽市内。恐らくは小樽署での用務を
終えて帰隊する所ではとの事だ。中身に注目。カリメロヘルメットが
確認できる。


ルーフサインは500番台が確認できる。こいつは高速隊所属機だ。
先日も札幌南I.C.で同隊クラウンが確認されたが、こいつは同一機か?


南I.C.でのクラウン。ナンバーが1つ違う。これで同隊には少なくとも
2台の存在が確認されたという事か。


そしてもう一台確認されたのがV36スカイラインレーダーパンダ。
こいつは交機所属機だ。これも小樽署を訪れていたらしい。いいなぁ
小樽署。交機の分駐も同じ敷地だったか。今後も皆様からのイかす
パンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。
ありがとうございます。これを逆方向から見た場合、発見は困難と
なる。現場は北広島市 大曲方面。順天病院付近だ。


現場を地図で確認だ。国道でも道道でもない道だが、ここを
幹線道路間の抜け道に使うドライバーは多い。そういう所には
ちゃんと警察がいるものだ。


厚別署交通一課の170系クラウンだ。以前はこのポイントに
交機が居る事もあったが、そちらは最近は確認されていない。
交機も是非ここで。我々のネタが潤う。


サイン会を終えて再度セットポジションに戻る同パンダ。ここは
今後も期待の持てるポイントだ。居ると思って通過すべきだ。
カメラの準備はいいか。



2012/04/26(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いたインプレッサアネシス捜査用
覆面画像。ありがとうございます。外部露出型のアンテナも無く、
またカーナビも装着されていないようだ。こりゃ限りなく一般車に
近いな。下駄車の可能性もあるが、こいつは間違いなく覆面だ。
連番で同車の覆面が確認されている。ちなみにこいつは時速
40キロ制限下、順法速度で走る情報提供者の方のクルマを
グイグイ引き離していったそうだ。そして後部座席の中身はシーベル
未装着。違法行為の塊だなコイツ(笑)。ナンバーは別ルートに放流確定。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。
ありがとうございます。撮影は北見署。これまでだとここに170系
クラウン覆面が駐車していた場所だそうだ。そこへ憎まれそうな
ニューフェイス。ワオ。


そしてこちらも当サイト情報提供者の方より頂いた同一車両。
ありがとうございます。皆、タイミングは違えど同じ物を見ていたんだね。
嬉しくなる。そして更に時は変わって同ポイントにはいつものアイツが。


こちらも当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。
安定の「北見300 せ 55-38」だ。しかしコイツに異変が。バンパー
向かって右側下部分に注目だ。


ぶつけたなコレ。ぶつけられてできる傷じゃない。北見交機にも運転
がお上手なのがいらっしゃるようで。買ってもらったばかりの200系クラウン
覆面を廃車にした旭川高速隊や、2、3年の間に2台も170系クラウン
を潰した(しかも同じ場所で)札幌交機苫小牧分駐よりはマシか。
苫小牧分駐なんてそれで殉職者まで出したもんな。慰霊碑として
オービス建てたのも凄いけど。そんなつもりじゃないもん!たまたまだもん!
ハイハイ、偶然偶然。



当サイト情報提供者の方より頂いたバスレーン取締り画像。ありがとう
ございます。現場は厚別区 大谷地方面 国道12号。左側に警官が
見える。この警官はバスレーンを走行してくる車両に対して、「一般車線
に戻れ」と警告をしている、いわば最後の良心だ。しかしこれに従わない、
あるいは気付きすらしないドライバーは次に配置された警官に現認される
事になる。ここで網を張るは厚別署交通一課と地域課だ。


現場を地図で確認。三角印が警告係、丸印が現認係、バツ印が停止係。


現認は陸橋の下、クッションドラムの奥に配置。ここではまだ確認できない。


居る。シルエットが確認できる。この現認の前をバスレーンキープで走行
するとアウト。通過後に気付いて一般レーンに戻ってもアウトだ。逆に
現認通過後にバスレーンに入ると検挙は無い。それを逆手に取るドライバー
もいるので対策が望まれる所だ。我々も楽しみだ。


つまりはこういう事だ。これはアウトのパターン。


これはセーフのパターンだ。これが実際だ。


現認の位置から本線を望む。先に書いたように最前線には「良心」
が存在しているだけにこれを隠れているとは言い難いものがある。


検挙対象は左側から飛び出してくる停止係によって建物脇の
小道に引きずり込まれる。そこに脇道がある事すら気付かない
ドライバーもいたりして、まさに黒ひげ危機一発だ。


で、引き込まれた先には同署のマイクロバスが文字通り口を開けて
待っている。ではここからは、実際の検挙シーンを見ていこう。


現認からの無線連絡を受けて停止係が路上へ。


プリウスが検挙対象。この時点で慌てて一般レーンに戻ろうとして
いるが、とっくに真実の瞬間はやってきている。


一般レーン側にも車両が居るというのに、グイグイ幅寄せして
いくプリウス。危ないなぁ。お前だお前だと指差されているのに
現実を受け入れられないんだろうな。


ハイ検挙。せっかく高い金出してハイブリッド買って、その分ガソリン
代を節約しようとしても、この一回で大ダメージ。反則金もそうだし、
免許更新料も上乗せ、自動車保険のゴールド特約もパー。


検挙は続く。もうバンバン捕まる。


今度はこちらの軽。


停止係は更に一般レーン側へと移動。更にお前だのジェスチャー
を別のクルマにしている。


これも検挙対象だ。さも、一般レーンを走行してきたかのような
位置だが、なんせ現認はもっと前からこいつがどこを走っていたかを
確認済みだ。終わった。完全に終わった。


両車線ダブル検挙。背後にはバスレーン側の検挙車両をかわそうと
したバスが。


停止係がバスレーン側の車両に先に会場入りしろと指示を出して
いるのに、一般レーン側が焦って入ろうとするから、お見合い状態に
なって事が進まない。バスもイライラ。一般レーン側の車両はそんなに
早く切符切られたいのかね。


ようやく事態が収集。


こちらも無事に会場入り。なお、同署によると今回のバスレーンが
今シーズン初の実施だったそうだ。これからもバンバン実施して
欲しいものだ。我々のネタが潤う。



当サイト情報提供者の方より頂いたオッサン荷下ろし画像。ありが
とうございます。このプリウス、ギアがバックに入ったままだ。ドライバーは
荷下ろしのオッサン。下り坂の途中という事で、バックに入れたんだろうが、
それはマニュアル車でエンジン切った時にする事だ。恐ろしい事する
オッサンだ。仮にサイドブレーキを併用していたとしてもだ。



2012/04/27(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた痛恨の青切符画像。ありがとう
ございます。こちらをお送りして頂く時の気持ちを察するや余りある。
だがここから学べる事がある。だからこうしてお送りして頂いた。これは
速度違反取締りにて交付の物。場所は白石区栄通3丁目。準備は
いいか?大西警部補殿。


現場を地図で確認だ。アサヒビール園が目印になる。では白石署の
仕事っぷりを他のポイントでも見ていこう。


当サイト情報提供者の方より頂いた同署交通一課ワンボックス画像。
ありがとうございます。現場は白石区南郷通1丁目方面。こいつは
手前交差点での赤無視を取り締まっている。


バツ印がワンボックス(停止係)のいる位置。丸印の所に恐らくは
現認がいるはずだ。


ここでこんな取締りやってんだな。これは今後も期待のできる
ポイントと言える。カメラの準備はいいか。


そしてもう一箇所。同区栄通2丁目 東北通での設置式だ。これは
これは。当サイトでは未確認のポイントですな。ナイスです。


現場を地図で確認。前述の栄通3丁目からそれほど離れていない
所だ。こいつは面白くなってきた。チェックポイントが一つ増えた。


停止係。誰だコイツ。偉そうに足組んで待ち伏せか。正座して滝に
打たれながら待ち伏せしろよ。これで給料もらってんだろ。今後も
皆様からの取締りにご熱心な白石署交通一課画像をお待ちして
おります。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。
ありがとうございます。日本無線製JMA-240がポツーンと置かれている。
現場は白老町石山9丁目方面 国道36号。


現場を地図で確認だ。室蘭方面に向かうクルマが食われる。キッチリ
押さえていこう。


開放感溢れるサイン会場。隠れる所無し。こういうロケーションでの
取締りは珍しいと言える。だがそれでもなお、この隠蔽率の低い場所
で網を張るという事は、それなりに釣れるからという事だ。油断せずに行こう。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南I.C.画像。ありがとう
ございます。シーベル取締りの定番中の定番ポイント。ほぼ連日の
ようにやっている。左側に注目だ3台いるよな。


左から200系クラウン、180系クラウン、BMレガシィの各パンダが
並ぶ。かっこいいなオイ。ここでドラえもんがやっている事は発券機に
隠れて車内を覗き込む事。非常にかっこいい。そしてこれらパンダも
非常にかっこいい。前者の部分について皮肉に聞こえるなら、それは
ドラえもん自身に問題があるって事だ。問題ないでしょ?無い無い(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた路外逸脱車画像。ありがとう
ございます。詳細は不明だが背後の安全運転を促すとみられる
文字がなんとも皮肉。こうはなりたくないものだ。だが明日は我が身。
安全運転、道交法順守でいこうぜ。



2012/04/28(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いた警視庁麻布警察署遺失物画像。
ありがとうございます。警察ってのはこれをよく現場に忘れる。実はウチにも
おっとこれ以上は。占有離脱物横領罪になっちまうからなぁ(笑)。いずれに
しても、早く回収しにいった方がいいと思いますよ(笑)。言われなくても
判ってるなら、忘れ物をしない事だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた水難救助訓練画像。ありがとう
ございます。夏を前にした水の事故への備えだ。


豊平川の上空を道警ヘリが行く。備えあれば嬉しいな。憂いなしだろ。



当サイト情報提供者の方より頂いたパンダ画像。ありがとうござい
ます。うきうきサイン会中ですな。


現場は登別市鷲別方面 国道36号。恐らくは信号無視か携帯
だろうな。トラックを捕まえるのは珍しいな。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとう
ございます。設置式ネズミ捕り現場なのだが、見つけるべき対象は
どこにある? 車道左端、街路樹の根本辺りに注目して奥を
見ていくと見える。あるよな。


コレだ。日本無線製JMA-240がお待ちかね。現場は東神楽町
南1条西1丁目 道道37号 東神楽町役場前だ。


旭川空港を出てすぐの場所で待ち伏せ。空港の近くってのは
取締りが行われる場所と思っていた方が良い。


停止係。違反車両は同役場のメモリアルホールへと引きずり
込まれるようだ。マクー空間に引きずりこまれるのと同じだ。意味が
判らない。いずれにせよ、道交法順守、安全運転だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた機動隊ワンボックス画像。ありが
とうございます。撮影は首都大東京 青山方面。所轄の交通取締り
サイン会場なんかではない。警備活動に出張ってきているのだ。


指揮車両。ここでは原発反対のデモ行進が行われていたそうで、
それの警備という訳だ。これからは反原発活動が活発になるだろう。
この手の光景を見られる機会も多くなるかもしれない。


デモ絡みなのかどうかは不明だが、行進の経路には白バイまで。
取締り中にたまたまデモが通過しているのか。白バイじゃデモの
「警備」はできないよな(笑)。威嚇する事はできるかもしれないけど。
倒されたら終わり(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた170系クラウンレーダーパンダ
画像。ありがとうございます。現場は清里町上斜里方面 道道
1115号との事だ。コイツは斜里署交通一課所属機との事だ。
ステアを大きく切って、対向車線狙いで待ち伏せ中。レーダーパンダ
による取締りに免疫の無いドライバーは、ややもすると事件でも
あったのかな?などとそのまま速度超過でのん気に通過してしまい、
もちろん検挙という悲劇も。観光客にそれ多いね。


現場を地図で確認だ。これからいよいよ大型連休期間に突入する。
各警察ももちろんそれに合わせてノルマを多めに課せられている。
ノルマなんて無いもん!それ都市伝説だもん!ハイハイ。目標って
言えばいいんだろ。同じ事だ。目標が達成できない警官は、ボーナス
査定に響く。これは本当の事だ。仕事しないでサボってた事になるんだ
から、そりゃあ勤勉手当は出せないわな。それでボーナス欲しさに
違反を期待しての取締り方法にもなる。楽しいはずの連休が暗転
する事のないよう、道交法順守、安全運転に努めたいものだ。マジで。



2012/04/29(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた初代スイフトパンダ画像。ありがとう
ございます。現場は小樽市 イオン小樽店駐屋外車場。そこを立体
駐車場から撮影したとの事。ナイスです。パンダなのでもちろん居眠り
ではない。何をしていたのかは不明だが、車両動線にかかる位置だった
そうで、一般車が迷惑そうにコレを避けて通行するシーンも見受けられた
そうだ。そうやって少しずつ嫌われていくんだよな。


ブーメランも上から見るとなんだか不気味。沙羅曼蛇の1stステージ
みたいだな。判りにくい、非常に判りにくい例えだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとう
ございます。現場は北斗市本郷方面 国道227号 大野新道だ。
左側奥の蛍光色の旗の辺りだ。拡大してみよう。


居る。胸の鼓動が高鳴る瞬間だ。


現場を地図で確認だ。これからは本格的観光シーズンを迎える
だけに、ここでの待ち伏せも激化するだろう。期待の持てるポイントだ。


函館機動警察隊所属の150系クラウンレーダーパンダがお待ちかね。
画像1枚目で判るように、反対側の車線にはオービスがあり、レーダー
探知機が反応しても、それのせいだと思い込んでアウトになるパターン
もありそうだ。とはいえ遮蔽物が無い中での待ち伏せなので、きっちり
視線を方々に配っておけば事前把握は容易と思われる。


でも捕まる時は捕まる。札幌ナンバーのレンタカーだったそうだ。女性
2名が乗車。何度も書いているが、旅行中の検挙はいつにも増して
かなり応える。何を見ても、何を食べてもその事が頭から離れない。
だから安全運転だ。道交法順守だ。そして事前の情報収集。
「じゃらん」では観光スポット先の交通取締り情報は教えてくれない。


「どちらへ行かれるんですかー?」「急いでましたかー?」どうでもイイ
質問がドラえもんから発せられる。しかしそれすらも旅の思い出を
黒く染める悪しき思い出に変わる。



当サイト情報提供者の方より頂いた群馬高速バス事故関連報道
テレビ画像。ありがとうございます。死者7名を出す大惨事を起こした
バス会社を警察が家宅捜索する際の映像だが、しっかり写っている
のが180系クラウン覆面。高速隊所属機…か?「高崎300 せ 56-27」
が確認できる。今回のバス事故を受けて、各都道府県警では後部
座席も含むシートベルト未装着取締りの徹底だ。


具体的はこういう事になる。料金所出入口での取締りだ。当サイト
情報提供者の方より頂いた。ありがとうございます。現場は道央道
苫小牧東I.C.との事だ。


自身の管轄するエリアで死者を出しては一大事。こうやって雨天でも
取締りを実施だ。クルマに乗ったら全ての人がシートベルト。鉄則だ。


そしてこちらは同取締りのメッカ(死語)である札幌南I.C.だ。ここは
本当によくやっている。


買ってもらったばかりの200系クラウンパンダ。パトサインも点灯させて
鼻息の荒さを表現。


その先にはBMレガシィパンダも。群馬での事故を受けて、今回の
大型連休では全国の警察でいっそうの取締り強化がなされるのは
必至。この連休を乗り切れ。目的地に無事に着き、そして無事に
帰る。ドライバーの最大の任務だ。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP