BACK NUMBER
2012/04/16-22
0417 0418 0419 0420 0421 0422


2012/04/16(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた客船内貼紙画像。ありがとう
ございます。確かに他人のベッドに入っちゃダメだろう。キモオタ童貞
ヒッキーの私にはよく判らないが、きっと凄いトラブルになるんだろうなぁ。
トラブルの原因って(笑)。よい子のみんな!船に乗ったら他の人の
ベッドに入らないようにしよう!当サイトからのお願いだ!



当サイト情報提供者の方より頂いた260系アリオン捜査用覆面画像。
ありがとうございます。乱暴な運転の挙句の寄り切れない右折待ち。
この下手クソが。撮影は神奈川県。同県警宮前警察署所属機の
可能性が高いという。


覆面だから。自分が警官だとバレてないと思い込んでいるが故の
このだらしのない運転姿勢。国民あるいは県民の財産を預かって
いるという意識はかけらも無い。こんなのに税金払ってるとはな。
改めて納税のし甲斐を感じる一枚だね。腕切断してしまえばいいのに。
ニュースになるな(笑)。覆面乗ってて腕もげる(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南I.C.画像。ありがとう
ございます。同I.C.と言えば一般レーン狙い撃ちのシーベル取締り。
今回サルみたいにやっていたそうだ。料金所を超えた左側に注目。
パンダが見える。最大望遠で寄ってみよう。


居る(笑)。ドラえもんが沢山。上からやれやれってうるさく言われている
のがシーベル取締り。万一の事故の際にも命を救ってくれる大事な
ものだ。だから彼らも懸命に連日のように同取締りを行う。と言えば
聞こえはいいが、シーベル取締りでガンガン免許を「削る」事で、免許
更新時の更新料を上乗せさせる事が狙いだ。更新料は警察官僚
最大の天下り組織である交通安全協会に落ちる。そういう仕組みだ。
他の違反よりも実施が容易なこの取締りは「間接的ドル箱」と言える。
速度違反や信号無視は他のドライバーにも危険を及ぼす違反だが、
これはどうだろうか。それでもこれだけガンガンやる。不思議だねぇ〜。


撮影時刻は午後4時過ぎ。ドラえもんのだらけた動きから、失礼、
リラックスしている様子から、お帰りになられるようだ。


ドアに肘かけて随分と楽しそうだな。まさか撮影されてると思わない
もんな。高速隊の皆さんはこのサイトなんざ見てもいないだろうから、
これがどこから撮影されたのかをご紹介しよう。


丸印のポイントから撮影。高速道路上空を横断する陸橋からだ。
望遠の利くカメラで長距離射撃だ。ここは素晴らしい撮影ポイントだ。


お帰りになられる所。今日も沢山天下り先に貢献したね。


こちらも同インターでの撮影。別の個体だ。


これらの画像を見させてもらうと、望遠レンズ欲しくなるなぁ〜。
ネズミ捕り現場での接近戦もいいけれど、これはまた別な魅力、
楽しさを感じる事ができる。ナイスショットです。



当サイト情報提供者の方より頂いた夕暮れ画像。ありがとう
ございます。太陽そのものは見えずとも、空が陽光で焼けている
のが美しい。心洗われます。今後も皆様からの夕暮れ画像を
お待ちしております。



2012/04/17(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締りサイン会場
画像。ありがとうございます。南署山鼻交番だ。ここより北上した
中央区南22条西10丁目に現認が居る。国道230号だ。


現場を地図で確認だ。丸印が現認係の位置、バツ印が停止係、
サイン会場。双方の位置にはそれなりの距離があるが、違反ドライ
バーは隠れている現認に気付かないので、それは問題ない。


隠れている現認。建前では歩行者の通行の妨げにならないように
こうした位置に居るという。言い草は色々あるもんだ。お互いに。


ハイ一台検挙。山鼻交番は違反車両を引きずり込むスペースが
無いので、こうして路上にクルマを停車させる。


なんだかレーダーパンダや覆面が捕まえた時みたいだな(笑)。
こりゃ一台捕まえたら、それのサイン会が終わるまでは取締りは
中断しているな。その間の違反車両は見過ごすって事だ。この
道を通る全ての車両の違反を取り締まってもらわないとなぁ。
それが公平ってもんだ。判っててぶつける正論ってのは素晴らしい。



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドリックレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。うきうきサイン会の最中だ。現場は先日も記事に
させて頂いた羊ヶ丘通 札幌ドームエリア。


前回も書いたがここは以前は夜間に交機が待ち伏せを行っていた
ポイント。だが今は豊平署交通一課が出没する。しかも日中に。
新しい傾向と言える。


サイン会を終えてセットポジションに戻るセド。


ここは片側3車線のかなり広い道だ。法定速度時速60キロ設定。
だがそれ以上に飛ばしてくるクルマは多い。特にここより一つ手前の
信号でシグナルスタートを切ったクルマはそういう傾向が強い。


現場を地図で確認だ。今回も待伏せは下り方向。上の丸印側。
では、実際に走行中のドライバーからはこのパンダをいつ視認できるか
見てみよう。


左の側壁が切れた先にパンダが居る。ここではまだそれを視認できない。


見えた。ちなみにこの時点でパンダは測定を終えている。驚くべき
事だがそれが真実だ。受け入れるしかない。だから安全運転だ。


ここまで来ると完全に視認できるが、ここで慌てて減速を開始しても
遅い。自身を通り過ぎた後に対象車両後方へレーダー照射を行う
「遠去モード」での測定ではなく、「後方モード」での測定を行って
いるという事だ。ではその検挙シーンを見ていこう。


ウインカー点灯、本線へ合流すべくダッシュ開始だ。この時点では
パンダの前方に追跡すべき検挙対象車が存在しない事に注目。
遥か前方に一台見えるが無関係の車両だ。


右手より白い車両が。これが検挙対象。後方照射による速度
測定だった事がこれで判る。しかもパンダの発進のタイミングから
しても、引き付けての測定ではない事も推測できる。


見事なインターセプト。面白いのは違反車両がまだ真実の瞬間
に気付いていない点。ブレーキランプが点灯していない。


終わった。完全に終わった。


この時点でも違反車両は気付いていない様子。大丈夫か?


「ハイ、ナンバー(ピロピロピロピロ〜)の運転手さーん、左に寄って
止まってくださーい」


安全運転、道交法順守だ。今後も皆様からの取締り情報を
お待ちしております。



2012/04/18(wed)


当サイト情報提供者の方より頂いたグーグルストリートビューカメラ
カー画像。ありがとうございます。撮影は旭川市1条2丁目との事。
毎朝8時前後にこの界隈を通過している模様。撮影のチャンスは
まだまだありそうとの事だ。そうかぁ今は旭川方面を撮影して走って
いるんだなぁ。本件に関しては複数の情報提供者の方からも目撃
情報を頂いた。ありがとうございます。カメラ撮影はこの時していない
様子で、太った中年(笑)がかなりトリッキーに飛ばしていたそうだ。
今後も皆様からのカメラカー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナ捜査用覆面
画像。ありがとうございます。交番に遊びに来ていたようだ。この
個体はリアガラス、あるいはルーフ上に無線アンテナの類を装着
していない事から、ゲタになっている可能性もある。情報提供者の
方もコメントされていたが、交番にわざわざバックで駐車している
辺りがなんとも正体を隠しきれていないご様子。今後も交番に
油を売りに行ってください。ちゃんとバックで駐車するんだよ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・携帯取締り現場画像。
ありがとうございます。コイツは現認係だな。「歩行者の通行の妨げに
ならないように」こうして建物の陰から車道を覗く。いっその事草葉の陰
からでもイイんじゃないんですか?現場は白石区菊水9条2丁目。


丸印が現認の位置。違反車両は南下した信号機付交差点の
所で左折で引きずり込まれる。クルマに乗ったら全ての人がシートベルト。
鉄則だぞ。


どんなに自分の中で崇高な目的でやっていようとも、歩行者の邪魔に
ならないようにというつもりでやっていようとも、道行く歩行者からは
冷ややかな視線が注がれたり、首を傾げられたりしていたそうだ。
気にしない!気にしない!だって崇高な目的なんでしょ。今後も
こうして現認係やっててください。我々にとってもありがたい。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南I.C.画像。ありがとうござい
ます。連日の様に繰り返されるシーベル・携帯の取締り。まさしく狂った
サルの如し。サイン会場を拡大してみよう。


BMレガシィパンダ。道警では唯一の存在だと思われる。なんだコイツは
毎回ワックス掛けしなくていいのかい?そういううるさい事言ってる隊長
はもう異動でしたっけ。皆、そのワックス掛けの件では文句言ってたなぁ。
隊長さん、陰で何言われてるかご存知ですか?知る訳ないじゃないの。


切符切り要員。上からしつこく言われてるからな。シーベルやれやれと。
大変でしょうが、今後も頑張ってください。我々のネタが潤います。


はい検挙〜。


ほい検挙〜。シーベル、しようね。で、これまでの画像は千歳方向での
ものだが、時を同じくして札幌市街地方向の料金所にもパンダ登場。


大谷地の本部に帰隊する通りすがりかと思いきや、


料金所脇に駐車。


更にもう一台。


サイン会場の設営開始。ワオ。千歳・札幌の両方向取締りだ。
素晴らしい。取材のし甲斐もあるというものだ。


車内覗き込み要員が配置に付く。料金所ボックスや発券機の
陰に隠れて一般レーンに入ってくる車両を覗く。ETCレーンは
取締り対象ではない。一時停止しないから止められないんだって。
しかし例外ももちろんある。単独でETCレーンを通過しようとする
クルマの場合は覗かれているケースも。複数台で連なってETCに
入ってきた時には見て見ぬフリのようだ。というか最初から見ようと
していない(笑)。


こんな感じで覗く。ちなみに後部座席のシーベルについても見ている。
なので、すんげぇ覗いてくる。写真で撮り返してやってもいいぞ〜。


違反を現認すると運転手に死刑宣告を行う。「向こうにパンダが
いやがるからとっととそこへ向かえ」と。怖いねぇ〜。


他の一般車は次の目的地へと向かっていくのに、違反車両だけは
ヨロヨロとパンダ居るの方向へと外れていく。


切ない時間が流れる。こういう時の一秒は一分にも感じるだろう。
シートベルトさえしていれば、同乗者にさせていれば…。だがもう
悔いても遅いのだ。これで次回の免許更新料はアップ。それだけ
交通安全協会へと多くの金を払う事になる。


せっかく高速道路を使ったのに、このサイン会の分だけ遅れを
とる事にもなる。正に踏んだり蹴ったり。


この違反車両は後部座席がシーベル未装着。前席の家族が
一斉に後部座席を責めるという悲劇に発展。いやいや、運転手
の責任になるんです。


いらっしゃいませ〜。


パンダの中へどうぞ〜。屈辱の時だ。


どうぞどうぞ〜!


シートベルト、絶対にしような。


当事者にはなりたくないものだ。我々は傍観者であり続けたい。


ノルマ達成へのご協力ありがとうございます!!ってな感じか。
一昔前の警官と違って、今は高圧的な態度に出る警官は少ない。
相手を刺激せずにさっさと切符を切らせて、次を狙った方が効率が
良い。交通違反の取締りってのはそういうもんだ。


このI.C.で見られるのは取締りだけではない。ここを行き交う移動中の
覆面もしかりだ。ここは素晴らしい所だ。


高速隊所属の180系クラウン「札幌301ふ 88-70」だ。サイン会場を
横目に札幌市街地方向へ。帰隊途中かね。


コイツは前面警光灯をグリル内部に配置している。クラウンエンブレム
の両脇にLEDユニットがあるのが判る。


こちらは陸橋からの撮影故に、ルーフの反転式赤色回転灯収納
部分のフタもバッチリだ。ナイスショットです。


そしてこちらは札幌交機所属の180系クラウン覆面。「札幌301
ひ 13-94」だ。


こいつは前面警光灯をナンバー両脇に反転式で装備している。
古き良き時代の覆面だ。ルーフのフタもしっかり確認できる。


再び千歳方向サイン会場。こちらはお片付けが始まったようだ。
もう夕方だもんね。飽きたんだろうね。違うもん!予定時刻だもん!
ハイハイ。


BMレガシィパンダのトランク内部の赤色回転灯をいじる隊員。
タマ切れですか?隊長さんに怒られますよ。一体どの隊長の事を
言ってるんだよ。いずれにせよ、この札幌南I.C.は色々な物が
見られる素晴らしい場所だ。現場からは離れた陸橋からの撮影
というのも魅力だ。気兼ね無く撮影できる。カメラの準備はいいか。



2012/04/19(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウン覆面画像。ありが
とうございます。撮影は札樽自動車道 均一区間。このエリアは覆面
の出没率が高い。楽しいエリアだ。コイツは高速隊所属の「札幌301
ふ 88-70」だ。


後続車にメッセージを表示するパトサインには「右走れ」の文字が。
まぁ左走ったら追突しちゃうからなぁ。そして何故かリアフォグ点灯。
非常に目立ってよろしい。是非通常走行中も点灯しておいてください。
今後も皆様からの覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうござい
ます。お、なんだか久々の危険予知。ありがとうございます。左側の
歩行者に眼が行ってしまうと次の瞬間にはもっと予測すべき対象に
接近してしまう。さぁどこだ。右側の茂みに注目だ。


居る。レーダーパンダだ。こりゃ見事な隠れっぷり。こうでなくちゃな。


現場を地図で確認だ。北広島市大曲方面 順天病院付近だ。


厚別署交通一課の170系クラウンがお待ちかね。以前はここに
交機のレーダーパンダが居た事もある。ここは依然として期待の
もてるエリアだ。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたJ31ティアナレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。撮影は美幌町古梅方面 国道243号。美幌峠
へと向かう道との事。この道は見通しの良い直線道路が長く続き、
追い越し禁止区間もほとんど設定されていない所。つまり非常に
走りやすいという事だ。よってそういう場所にはちゃんとパトカーが居る。


しかも2台も。先程のティアナのサイン会実施地点からほとんど離れて
いない場所では180系クラウンの覆面が。北見交機所属の「北見300
た 30-22」だ。同一エリアにレーダーパンダと覆面の2台投入。これは
凄い。レーダーパンダは定点で待伏せ、覆面は一定のエリアをグルグル
回って獲物を物色する状況。油断せずに行こう。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。
ありがとうございます。こいつは恐らくは所轄所属機。帯広市の
「帯自連ビル」での撮影との事。で、同ビルではこんな会合が。


これに出席するのにクラウンをゲタにしていたらしい。帯広署は
パトカーによる交通違反を連発していた事を考えると、どんな
ツラしてこれに出席していたのかね。何食わぬ顔でだろうな。
容易に想像がつく。



2012/04/20(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた痛恨の青切符画像。ありがとう
ございます。この画像をお送り頂いた情報提供者の方の心中察するや
余りある。だが、ここから我々が学ぶ事ができるのだ。現場は豊平区
中の島1条6丁目。地図で確認だ。


雪解けが完全に終わった今、設置式ネズミ捕りも本格始動だ。
油断せずに行こう。


以前はこのY31セドのレーダーパンダが単独で羊ヶ丘通 札幌ドーム
エリアで待ち伏せを行っていたが、今回はここで弁当買出しマシン。
単独で待伏せしたり、設置式ネズミ捕り現場で第二線を張ったり、
ここら辺の運用ってのがイマイチよく判らない。第二線に居る時だって、
別に逃走車追跡用として配置している訳でもないのだから。



当サイト情報提供者の方より頂いた痛恨の青切符画像。ありが
とうございます。心中察するや余りあります。現場は釧路町上別保
原野方面。切符には汚い字でキロポスト3とも書いてある。


巡査長の汚い字を判読するのに時間がかかったが、なんとか
上記エリアだという事が判った。


釧路機動警察隊所属の170系クラウンレーダーパンダ。こうなったら
ガッツリ撮影だ。


こういうの見たら第3中隊長さんは激怒するのかね。あんまり部下を
叱らないでやって欲しい。当サイトからのお願いだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた警察車両ホテルお泊まり画像。
ありがとうございます。どこのホテルかというと、南区のAPAホテルだ。
ここには地方ナンバーの警察車両が駐車されているのを過去にも
度々目撃されている。機動隊の訓練を行う為の「出張」のようだ。
ちなみに訓練は4時には終わり、同ホテルには夕方5時には戻って
来るのがこれまで確認された行動パターン。隊員はその後の外出は
自由だが、門限は12時だ。これホント。手前のマイクロバスは旭川
ナンバーだったそうだ。


80系ランクル指揮車両。コイツは函館ナンバー。どんな訓練しに
札幌まで来てるのかねぇ。グヘヘヘヘ。


こちらも同ランクル指揮車。釧路ナンバー。


投石からガラスを守るメッシュはスライド式になっており、このように
上げる事で通常走行時の視認性をあげている。


レール部分を下から。ナイスショットです。


リア周りのガラス防護メッシュは固定式のようだ。


ビス留めされているのが判る。同ホテルは1階にレストラン兼居酒屋
があり、宿泊客以外でも利用が可能。駐車場ももちろん無料。
情報提供者の方もコーヒーを飲みにここを訪れたそうだ。すると
今回偶然こんな嬉しい出来事が。ありがとうございます。



当サイト情報提供者の方より頂いた厚別区上野幌二連信号
ポイント画像。ありがとうございます。何度も記事にさせて頂いて
いるあのお馴染みの赤無視取締りポイントだ。国道274号。


現場を地図で確認だ。多くは語るまい。ここは本当によくやって
いる。一つ目の信号を黄色で突っ切ったら次はアウトだ。


一枚目の画像を反対方向から見るとこんな感じ。違反車両が
発生しないとパンダは一度本線を横切り、繰り返しセットポジションに
付く。これは実際には「別ターン」の撮影だ。ナイスです。今回は
厚別署地域課が釣り糸を垂れている。


違反車両発生せず。本線である国道を横切る。この後右左折を
繰り返して再度セットポジションへ。


セットポジション。180系クラウンが右左折でセットポジションに付くタイムは
わずか0.05秒にすぎない。では右左折プロセスをもう一度見てみよう。


右折!


左折!


左折!


左折!


赤無視刑事 クラウン!!誰がギャバンだ。蒸着!!次は検挙
シーンを見ていこう。


違反車両発生。クレーン付トラックがそれだ。この時のトラック側の
信号を拡大してみよう。蒸着!もういいって。


完全にアウトだなこれ。右折の青矢まで出ている。終わってんぜキミ。


前方の一般車をかわして国道へ出る。


やべぇ、なんかカッコいいなこれ。


これぞ正しく緊急走行だ。凄いなぁ。


はい検挙。


助手席側が降車。


違反ドライバーと若干もめた様で、運転席側も降車。


結局は観念してパンダへ。信号、守ろうな。黄色は止まれだ。
これからもこのポイントでは頻繁に取締りが行われるだろう。厚別署
交通一課、地域課の各種パンダ、そして大穴で交機のパンダが
ここで稼いでいたという報告もある。今後も要期待のポイントだ。
皆様からの情報提供をお待ちしております。



2012/04/21(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いたカラーコーン画像。ありがとうござい
ます。一見、置かれるべくして置かれているものに見えるが、実は違う。
事故処理にあたった警察がその現場に置き忘れていったものだそうだ。
どこの警察署だよ。だらしねぇな。ではそのだらしない警察署を公開。


放置したんじゃないもん!わざと置いていったんだもん!だらしなく
ないもん!ハイハイ。場所は北見市端野町緋牛内の端野軽量所
との事。だらしねぇな。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。
ありがとうございます。うきうきサイン会開催中。撮影は北区北22条
西2丁目 国道5号 石狩街道。ここは同街道での赤無視を脇道
から北署のパンダが見張っているポイントだ。背後の納税促進看板
がいい味出している。反則金は税ではないが、背後の文言が皮肉
に見えるのは何故なんだろうな。皆、不満を持っているという事だ。


待伏せポイントを地図で確認だ。ここは国道を挟んだ反対側で東署
が同じ事をしているポイントでもある。運が良いと北と東、両署のパンダが
にらめっこしているような状況に。写真撮ってみたいねぇ。いずれにせよ、
安全運転、道交法順守だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた交通規制画像。ありがとうござい
ます。撮影は長野県。長野オリンピック記念長野マラソンでの様子との
事だ。


警備員に加えて警官も警備に加わる。活動帽の警官が立哨する
んだな。道警ではマラソン警備では見られ無いので新鮮。


ベースキャンプの一つとおぼしきシビリアン。日産のマイクロバスだ。この
手のバスを見ると設置式ネズミ捕りを連想してしまうが、今回はマラソン
警備だ。


200系ハイエースパンダ。マラソンの時は電光板にはなんて表示される
んだろうな。


リアフェンダー辺り貼ってあるステッカーはJA共済のもの。このパンダは
同JAからの寄贈だそうだ。車種からして寄贈したてのバリバリの新型
(死語)だが、これはもう本当にボロボロになるまで、かなり長く使用される
事だろう。寄贈車両はそういう傾向がある。簡単に廃車にはできない。


コース上を「先行誘導」する180系クラウンパンダ。いよいよ一団が
やってくる。マラソンを撮影していて、これからだ!というこの高揚感が
楽しみの一つでもある。カメラの準備はいいか。


続いて白バイ。キャノピーには「ながのPOLICE」表記が。


審判長車。200系クラウンハイブリッドが使用される。覆面じゃないよ(笑)。


時計車は260系アリオン。覆面…、違うって言ってんだろうが。当マラソン
はトヨタがスポンサーを務めている事が判る。


監察車はアクア。デビューしたてのマシンですな。


ラジオ局中継車。SBCラジオとの事だ。さぁ、いよいよ先頭の選手が
姿を見せる。


来た。白バイの先導に続いてカメラマンを乗せたスクーター。そして
トップ集団だ。


こちらは招待選手集団の後に続く一般選手団の給水所シーン。
選手も、スタッフも大忙し。本大会の参加者は約8,800人。


取締りの様子もいいけれど、こうしたマラソンイベント時の独特の緊張感
を感じながらの撮影もまた良いと思う。これら画像を見させて頂いて、
自分も今年も頑張ろうと思う。札幌国際ハーフマラソン、北海道マラソン、
札幌マラソンだ。


トップランカー。


ゼッケン1がケニアのフランシス・キビワット選手。優勝したそうだ。そして
ゼッケン3が二位入賞、ケニアのサイラス・サング選手との事だ。


トップの花形選手の姿もいいものだが、こちらも感じるものはある。
残念ながら途中棄権、あるいは制限時間にエリアを通過できな
かった選手が収容されるバス。言葉は悪いがいわゆる「足切り」だ。
次こそはの願いと共にゴール会場へバスで向かう。今後も皆様からの
マラソンイベント画像をお待ちしております。



2012/04/22(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いたBMレガシィ捜査用覆面画像。
ありがとうございます。捜査用覆面の代表的車種の一つで、遭遇率も
ダントツ。それこそ電気店の駐車場なんていったらそりゃもう(笑)。だが
今回のコイツは特に興味深い点がある。


どこが特筆すべき点か判るだろうか。まずはその前に特筆ではないが
注目したい点から。なんだそれ。


助手席のヤツ、随分座高低いなオイ。実際にはデブの中年がだらしなく
シートをばったり倒して寝そべっていたそうだ。パトカー乗務という事を
考えると在り得ない振る舞い。オマエの自家用車じゃねぇんだよ。パトカー
に乗る時は正座しろ正座。この○○が。あ、覆面だからだらしなくても
いいってか。そうかいそうかい。まぁこの手の粗相は珍しい事ではない。
捜査用覆面の中身なんてせいぜいそんなものだ。で、それよりも注目
すべき点はアンテナだ。


過去に撮影された同車。ありがたいアンテナ仕様だったんだね。


今回のコイツ。ユーロアンテナ仕様。しかもだらしなくロッドの向きは
曲がり、コードもだらしなく一部露出。ん?過去にコレと同じ覆面を
見ているな。


コイツだ。今月14日付で記事にさせて頂いた個体だ。今回の
レガとは別。


14日のレガ。


今回のレガ。

こ の だ ら し な さ は 意 図 的 に や っ て る の か 。

これは面白くなってまいりました。他の個体についても要検証だな。
今後も皆様からの捜査用覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ画像。ありがとうございます。
撮影は兵庫県神戸市中央区 神戸税務署前。ここでは生田警察署と
交機が合同でシーベル・携帯の取締りを行っているそうだ。


現場を地図で確認だ。税務署手前のどこかに現認が居るはずだ。
クルマに乗ったら全ての人がシートベルト。携帯電話の使用な
クルマを安全な場所に止めてから。鉄則だ。


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありが
とうございます。警視庁玉川署地域課所属機との事だ。ルーフには
「玉5」の表記。玉2とか玉1とかもあるんだろ。爆笑問題がネタにしそう
だな。バンパーにはでっかくPOLICE表記。これがバタ臭くて逆にカッコ
いい。一昔前のSF映画に出てくる警察車両みたいでイイ。



当サイト情報提供者の方より頂いたトヨタモータープール画像。ありが
とうございます。豊平区福住方面での撮影。架装工場なのかね。
右上に特殊車両が見える。パトライト付を拡大してみよう。


なんだろうね。パトライト装備ではあるが、警察車両ではないようだ。
現金輸送車とも違う。現金輸送車にパトライト付かないだろ(笑)。
誰と話してるんだよ。ガス会社の緊急車両だろうか。


同敷地内にはこんな車両も。こちらはタクシーと思われる。行灯が
まだ装着されていないクラウンコンフォート。ツルんとしててなんだか
違和感あるな(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。
ありがとうございます。コイツは豊平署地域課所属機だ。豊平署も
ついに買ってもらいましたか。200系クラウン。


助手席側ドアノブ。市販車とは違い鍵穴が付いている。これ、
覆面もそうなっているので、見分けポイントの一つとなっている。
警察の方でそういう仕様を要求したんだろうな。ありがたいねぇ。
そうやっていつもどこかに答えを残しておいてくれる。


中には制帽着用のお爺ちゃん警官2名が乗っており、撮影に
気付いて慌てた様子で左折していったそうだ。職質かけないんだ。
職務怠慢じゃないのかね。普通、パトカーを撮影している者が
いれば声かけするだろう。何故逃げる(笑)。良くない傾向ですな。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌南I.C.画像。ありがとう
ございます。連日の取締り実施。どれだけシーベルで稼ごうとして
いるのやら。その言い方は適切じゃない。どれだけノルマ課せられて
るんだよって事だ。なんだかここで毎日のように駆り出されているドラ
えもんを見ていると可哀想になってくるな(笑)。で、今回注目すべき
点は左側のパンダ2台。


おっとぉ…。200系クラウンではありませんか。高速隊も買って
もらったんだね。新しいオモチャ買ってもらったんだから、やっぱり
稼がないとね。


ルーフサインは501。やはりレーダーは装備していない。一般道でも
稼げるのになぁ、レーダー積んでたら。要望しなかったのかい。要望
したらその分ノルマ課せられるジレンマもあるか(笑)。


で、クルマは変われどやっている事は同じ。「主に」一般レーンを
使用するクルマの中を覗き込む。シーベル必ず着用だぞ。全員だ。


高速隊に言わせれば隠れている訳じゃないって言うんだろうな。
轢かれちゃうもんな。判る。判るよ。でも、これはどう見ても隠れて
いる。隠れている。大事な事なので2度言いました。





BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP