BACK NUMBER
2012/02/20-26
0221 0222 0223 0224 0225 0226



2012/02/20(mon)


当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は北見方面。遠軽警察署駅前交番脇のドコモ駐車場
との事。店に許可をとっての駐車だろう。


ルーフサインには「遠」の文字が確認されたとの事で、所轄所属機である
事が判る。国費導入により続々と入ってくる同クラウンパンダだが、現在の
所道警では昇降式パトライト仕様のみが確認されている。レーダー装備
型はいつになるのかねぇ。今後も皆様からの情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた15ソリオパンダ画像。ありがとう
ございます。事故現場に臨場中。この角度というか、光線の加減も
あるんだろうが、どうもヘッドライトの目付きが「抜作先生」に見える。
マンガ「ついでにとんちんかん」の。他に抜作先生いないけどな。



当サイト情報提供者の方より頂いたマツダ ボンゴ画像。ありがとうござい
ます。これは相当年数いってるボンゴだぞ。1983年まで生産されていた
2代目ボンゴか…。3代目じゃないよな。子供の頃、ワンボックスタイプの
車両の事を「ボンゴ車」って呼んでたっけ。ヘッドフォンステレオをウォーク
マン、絆創膏の事をサビオって言うのと同じだね。


撮影は岐阜県。情報提供者の方もコメントされていたが、物持ちいい
なぁ岐阜県警。大事に大事に乗ってきたんだろう。だが車内は結構
散らかっていたりしていたという。「無線とパトライトの電源を切る!」という
テプラ、おっとラベルプリントだね、そういう文言がダッシュボードに貼られて
いたそうだ。以前にうっかりさんが、やらかしたんだろうなぁ(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた機動隊ワンボックス運搬画像。
ありがとうございます。ドナドナ状態ですな。車高が高い分、この手の
搬送シーンだとなんだか迫力あるな。ボディーカラーのダークブルーが
ティターンズカラーを思い出させる。なんだまたガンオタか。このキモオタ
童貞ヒッキーが。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとう
ございます。右側車線の車両が当事車両。この道路は対面通行
ではなく一方通行。スリップして反対を向いた状態で停車してしまった
状態なのだ。判ってはいる事だが積雪のないトンネル内とはいえ、路面
が凍結している事が多々ある。明日は我が身。気を引き締めて運転に
臨みたい。



当サイト情報提供者の方より頂いた雪道画像。まとまった降雪が後の
早朝。一面真っ白の世界だ。運転にはよりいっそうの緊張感が必要だが、
やはり景色としてはビューティホー。今後も皆様からのビューティホー画像を
お待ちしております。ホー。なんだよそれ(笑)。



ヨドバシの通販で購入。TENGAじゃないよ。当たり前だろ!箱が既に
カッコいいコイツの中身はこれだ。


懐中電灯。それなのにカッコいいぜぇぇ!!レッドレンザー社のP17と
呼ばれる電灯だ。なんだか銃のケースっぽくていいな。そういう事書くと
公安にマークされる。されねぇよ。大体警察がウチのサイト見てるかよ。


付属の「テスト用」電池にもレッドレンザー表記。これもイカす。勿体
無くて使えないよ〜。


全長は約30センチ。単一電池3本を使用だ。


光源にはLEDを使用。カタログスペックでは220ルーメン。懐中電灯の
中ではかなり明るいとされる数値だ。


レンズ化された光源内部。ここにもレッドレンザーの表記が。


長年愛用しているマグライトとの比較。マグライトは単一電池4本
を使用。コイツには随分と世話になった。心霊スポットを巡ったり心霊
スポットを巡ったり、あるいは心霊スポットを巡ったりする時に活躍した。
だが、今はそういう事が愚かで間違っていた行為だと反省している。

「もしあなたが自分の住んでいる家に、見ず知らずの人が無断で土足で
上り込んできたらどうでしょう?当然怒りますよね。心霊スポットにも
同じ事が言えるのです。静かに眠っている霊を起こすようなマネは
しないでください」

そう書かれた本を読んだ時、正にその通りだと思った。だから今はそういう
事はしない。マグライトはアウトドアで活躍してもらっていた。キモオタ童貞
ヒッキーがどうやってアウトドアライフを送るのかはここでは割愛だ。ちなみに
霊を起こすような事は良くないと書いてあった本とは、毎年夏にコンビニで
売っていた「心霊マップ」だ。マップなのにそこに行くなとは。そういう本だ。


全長約30センチとは書いたが、具体的に他の物との大きさを比較すると
こんな感じ。比較するものはこれでいいのか。靴のサイズなんぼだよ。


比較して性能をどうのというのは、これまで世話になったマグライトに
失礼な気がするが、両者の照射テストをやってみた。これは焦点を
最小にしてみた状態。左がマグ、右がP17。


焦点を広げてみる。マグはこれで最大。P17はこれよりもまだまだ先に
行ける。だが、マグだって単体で見れば充分な光量を持っているのは
間違いない。これまでだって役立ってくれたんだ。



2012/02/21(tue)


当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は白老方面。降りしきる雪の中、一部路上規制を
行っているのが見える。


ちょうど撤収する所だったようだ。取締りなのか、事故処理なのかは
不明。コイツは札幌交機苫小牧分駐所属の150系クラウン。所属から
すると後者の可能性は低いが、さすがに目の前で事故が起これば
放置はできない。市民の目があるからだ。これが覆面なら…。いや、
そういう事は書かないでおこう。


お片付けの最中。事故なら所轄に引き継ぐが、それが見えない所を
見ると、やはり取締りか。検挙対象は既に泣きながら現場を後に
したんだろう。



当サイト情報提供者の方より頂いたBLレガシィ捜査用覆面画像。
ありがとうございます。西区の有名そば店でお食事。警官だって人間
だもの。食事だってするさ。それをとがめるつもりはない。これからも
食事を続けてくれたまえ。ネタが潤う。


覆面2台でご来店とはこれまた豪華ですなぁ。C25セレナ。両車とも
例のありがたーいアンテナが確認できる。ありがたいなぁ。このセレナ
覆面は連番での存在が確認されている。ワオ。今後も皆様からの
覆面画像をお待ちしております。出かけた先での駐車場で、周りを
少し見渡すだけでいい。そこに何かが居るはずだ。



当サイト情報提供者の方より頂いたE51エルグランド機動通信車
画像。ありがとうございます。撮影は沖縄県。一見変わったルーフ
パックでも付けてんのかと思うが、あれはパラボラアンテナユニット。
改めて思うが、スモークガラスの濃さが凄いな。カラーリングが一般車
仕様になっているのはなんでなんだろうな。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとう
ございます。交差点を渡りきれずに停止しているのは当事車両。
その前後に警察車両。


車両には当事者の姿が。早く目的地に到着したかったろうに。
事故は嫌なものだ。だがこうして起きてしまう。


事故処理ワンボックスパンダの向こうにも停止している車両が。
恐らくは追突事故ではとの事だ。路面は圧雪アイスバーン。交差点
ではクルマが発進時にそれを磨いてミラーバーンになっている所も。
まだまだ厳しい路面状況が続く。気を引き締めて運転に臨みたい。


こちらも事故現場画像。当サイト情報提供者の方より。ありがとう
ございます。車線一つを規制して処理が始まっている。左奥のパンダ
の先には当事車両が。


転覆してしまっている。なんとも恐ろしい光景だ。


除雪でできた雪山に乗り上げて転覆したのか。ここは交差点手前
から勾配がきつくなっている所だそうで、かなり手前からの減速が
必要になる。それが今回は叶わなかったようだ。



2012/02/22(wed)


さぁやってまいりました!!道警不祥事コーナー。不定期連載では
あるが、「連載」が可能なのがこのコーナー。止まらない、止められない
不祥事。道警が不祥事を起こせば起こすほど我々も色々やりやすいので
ありがたい。で、今回の不祥事もまたいいぞぉ〜。

苫小牧署の副署長 今野慎一(いい年こいた55ちゃい)が数ヶ月間に
渡り女性職員5人に対してセクハラ行為。

しかもコイツはセクハラとパワハラ問題の対策責任者だったんだと(笑)。
道警はシモネタ不祥事が相変わらず好調。前回はSMクラブで全裸。
今回も安定のセクハラ行為。今野クンの階級は警視。こりゃクビにはなら
ない。依願退職させてもらって退職金はロハでもらえる。警察ってのはそう
いうもんだ。前は函館方面地域課次席兼通信指令室長だったのかい?
去年の3月に苫小牧署に来たようだ。薬物濫用防止キャンペーンで講師を
務めた事もある。今となっては良き思い出ですなぁ。さて、この警視殿の
事を色々調べないとな。そうそう、家族は元気かね。職質をされる度に
ヤツの名を思い出す事にする。コンノ〜、シンイチ〜。二言目にはこの
件が我々の口から出てきてしまう。今後とも仲良くやろうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた道警水難救助車両。ありがとう
ございます。機動隊所属の同車はその名の通り海や川で溺れている
美女を助ける為のもの。でも、美女が溺れていたら皆消防に通報する
って言うんで、あまりコイツの活躍の場はそういう時には無い。


救助というよりも、遺体回収や証拠品収集に活躍する事が多い。
犯人が犯行に使った凶器を川に捨てたと言えば川をさらうし、
港に遺体を捨てたと言えば海に潜る。正に大活躍。



当サイト情報提供者の方より頂いたガイア捜査用覆面画像。ありが
とうございます。撮影は東京都目白警察署。元々市販でもそれ程の
売れ行きを見せていない車種であり、更には発売からも年数が経過
している為に、「目立つ覆面」とも言える一台。ガイアを見たらまずは
覆面と期待せよ。


こちらは警視庁本部所属のガイア。金色(笑)。こりゃ目立つわ。
「まさか金色の覆面なんていないだろう」と思いがちだが、それが
そんな事は無いと判ると鮮烈に記憶に焼きつく。こういうのが存在
するという事だ。


こちらはE51エルグランドの機動通信車両。ルーフにはあのパラボラ
アンテナだ。映画「スターシップトゥルーパーズ」に登場のバグズの
甲羅にも見える。あの映画は一作目が最高傑作だと思う。この
車両は神奈川県警年頭視閲式にも姿を見せていたそうだ。そういう
イレギュラーって、なんだかワクワクしてくるな。



当サイト情報提供者の方より頂いた朝焼け画像。ありがとうござい
ます。走るクルマの窓から見える美しい景色。いいですなぁ。心洗われる。
取締り現場や警察車両はもちろんだが、こうした景色にも気付いて
シャッターを切れるようにしていたい。カメラの準備はいいか。



2012/02/23(thu)


当サイト情報提供者の方より頂いた札幌日産ギャラリー画像。ありが
とうございます。電気自動車を特集する展示になっていたそうだ。こちら
はピボ。2005年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー。当時
をもってしても、現在においても「未来のクルマ」だというイメージは健在。
車体とコクピット部が独立しており、180度回転する事が可能。「後退」
という概念が存在しない車両なのだ。


車内も未来感覚溢れるデザイン。定員は3名との事だ。


2007年のフランクフルトモーターショー出展のミクシム。ピボとはまた
イメージがガラッと変わってこちらはスポーティーなデザインだ。


ガルウイング。かっこいいなぁ。


たま。木星には行ったりしない。そのたまじゃねぇよ。これも排気ガス
ゼロの電気自動車。デビューが凄い。1947年。この時既に電気
自動車が実用化されていたのは驚きだ。終戦直後の化石燃料の
不足から、政府が開発を後押しした一台がこれだったそうだ。


シンプルイズベスト。なんの飾り気もないコクピットが逆にカッコいい。
最高出力は4.5馬力。最高速度は時速35キロをマークしたそうだ。


アポロ型方向指示器。アポロ工業が汎用で開発していた当時の
「ウインカー」だ。爺ちゃん婆ちゃんがウインカーの事を未だにアポロと
呼ぶのはこれが所以だ。


今、このデザインのままでリリースしても通用しそうな気がする。
レトロデザインでカッコいい。それでいて最先端の電気自動車。
そのギャップがいい。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故渋滞画像。ありがとう
ございます。朝の通勤ラッシュが更に混雑。事故とは周囲にも
影響を与えてしまう。先頭の赤い車両が当事車両。自走不能に
なっていたそうだ。警察はまだ到着しておらず、誰も交通整理を
する者は誰も居ない。


片側一車線、追い越し禁止の道路を他車が慎重に避けていく。


路外に移動していたもう一台の当時車両。側面にまともに衝突
された事が判る。Tボーンクラッシュと呼ばれるタイプだ。相手車両の
赤い塗料が付いているのが痛々しい。


左前部を損傷。ドライブシャフトを破損させているのがタイヤの
向きで判る。事故は嫌なものだ。時間も金も失われていく。
周囲にも迷惑をかけてしまう。明日は我が身だ。気を引き締めて
運転に臨みたい。



2012/02/24(fri)


当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうござい
ます。車列の奥、第二車線側。人影が見えるが事故処理にあたる
警官の姿だ。


中央分離帯をまたいで車両がスタックしている。ドライバーはまだ車内に
おり、警官が話しかけている様子。スタック車両越しにパンダの昇降式
パトライトだけが見える。さすが、こういう時の為の昇降式。視認性は
バッチリという事だ。


四駆と言えどもこうなっては完全に「カメ状態」だ。警官も自分一人では
どうしようもないと言った感じだ。凍結道路でスピン、分離帯に乗り上げて
しまったのだろう。不幸中の幸いにして大きな被害は出なかったようだが、
事故の恐ろしさは充分に伝わる。明日は我が身だ。安全運転で行こうぜ。



当サイト情報提供者の方より頂いた世界の甲板から画像。ありがとう
ございます。苫小牧港から仙台港への航海だ。撮影は昨年の12月31日
大晦日の早朝だ。


2011年最後の日の出。


情報提供者の方もおっしゃっていたが、「激動」と呼ぶには余りある
一年だった。スカスカおせち事件が当初にあった事など、東日本
大震災以降は忘却の彼方だ。激動の歴史の中にスカスカおせちは
いらないだろ、スカスカおせちは。バードカフェ(笑)。


白んできた空に感慨深く海を見つめる人。甲板を跳ね回るお子様。


仙台港湾へ。津波で打ち上げられたコンテナ船。まだまだ震災の
爪痕が残る。


積み荷の回収作業が始まってはいるようだが、まだまだ先は長い。
だがこの撮影から2ヶ月が経過している。少しでも前進しているはずだ。


整然とコンテナ群が並ぶ。日本のチカラだ。


「夢メッセみやぎ」での撮影。


なぎ倒されたポールは津波によるものだそうだ。まだまだ爪痕がこうして
残っているんだな。だが、日々復興は進んでいるはずだ。そうでなくちゃ
ダメだ。できる事からコツコツと。



2012/02/25(sat)


当サイト情報提供者の方より頂いたインプレッサアネシス捜査用覆面
画像。ありがとうございます。白の捜査用覆面か…。コイツはチーズ
所属か?なんだよチーズって。全然意味判らない。で、コイツはこの画像
撮影直前はコンビニ駐車場に無断駐車。中身はタバコを吸いながら
一時間は居たそうだ。「除雪の時も邪魔でしたよ、コイツ」とは店員さんの
談だ。白の捜査用覆面ってのは珍しいんで、コイツは目立つ一台と言える。
旭川方面で白のアネシスを見たら特に期待だ。もう「セブンイレブン
医大前店」には来ないと思うが(笑)。発見し次第ガッツリ行こうぜ。
職質はされないだろう。これだけ不祥事起こしてんだもん(笑)。万一
声を掛けられたらSMクラブとセクハラの話しをする事にしよう。



当サイト情報提供者の方より頂いた15ソリオ緊急走行画像。ありが
とうございます。撮影は江別市方面。公園の遊具で遊んでいて子供が
雪に埋まった事案での緊走との事だ。どうしてそれが判るかはおっと


しかしすぐに渋滞にハマる。この時点で既に現場には多数の警官が
駆けつけており、救出のメドも立っていた状況なので、なんでそのような
事が判るかとおっとこれ以上は ソリオパンダ、かっこいいなぁ。









当サイト情報提供者の方々より頂いたNSRTステッカー画像。ありがとう
ございます。数ヶ月のブランクを経て生産を再開いたしました。既に
ご注文を頂いている方々へは、明日かあさってにはお届けできると
思います。長きに渡りお待たせして申し訳ありません。どうかこれからも
当サイトをよろしくお願いいたします。日々感謝だ。



2012/02/26(sun)


当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は厚別区/北広島境の国道274号。すれ違い様に
撮影し、逆追尾の為にUターン敢行。さ、パンダを追いかけるぜ。


パンダは274号から厚別東通へ転進。


信号待ちで追い付く。コイツは交機所属機だ。豆腐の角に頭をぶつけても
平気なようにカリメロヘルメット装着。せいぜい自分の頭守ってろ。そうそう、
また道警は不祥事やったな。警察庁に出向中の警部(40ちゃい)がススキノ
の風俗店でやりたい放題。店はコイツにタダ同然でいい思いをさせる代わり
に、コイツは店におっとこれ以上は。ん?なんだかガサガサ音がするぞ。
そんな音がするなんて、事前に聞いてないなぁ。何言ってんのか全然判ら
ない。それに警部ちゃんは

タダで店の姉ちゃんとやらせてもらう代わりに、店側にガサ入れの情報なんて
教えていますん。

と、ちゃんと証言しているそうだ。じゃあ大丈夫ですね!この事案を受けて
道警監察官室は「幹部警察官による事案で、誠に申し訳なく思っている」
とコメント。止まらない身内の不祥事にすでにこの文言がテンプレートと化して
いる。いいぞもっとやれ。今回の件、店がなんの見返りも無しにスケベ野郎の
警部にタダ同然でやらせるかっての(笑)。警察じゃそれが通用しても世間じゃ
通用しねぇよ。


厚別東通から清田区平岡方面へ。どんどん狭い道へ入っていくな。この
時点でパンダの中身は逆追尾に薄々感づいていたようだ。装着感が無い
くらい薄々だったようだ。何言ってやがる、このキモオタ童貞ヒッキーが。


ここで事件発生。パンダの先には新聞配達のカブが。このカブは歩道を
走行している所をパンダと出くわしてしまったのだ。新聞配達の効率を
考えればついついしてしまう事なのかもしれない。だが違反は違反だ。
ノルマはノルマだ。あ、間違えました。目標(笑)は目標(笑)だ。


ハイ、うきうきサイン会開始ですよ。


しかしここで問題が発生する。パンダの停車位置だ。


除雪でできた雪山のせいで道幅が狭く、これでは対向車線から追い
越す事ができないなー。もうパンダのドアが開いているしな。こりゃここで
サイン会が終わるのを待つしかないかー。コイツらサイン会となったらもう
見境なくパンダ止めるからな〜。これまでいくつそういう往来妨害サイン会
の光景を見させてもらった事か。だから今回の事も不思議ではない。


お、なんかパッツンパッツンのが出てきたぞ。


ん?なんだ?


踊っている…?ドラえもんは



BGM : Night of Fire / Niko

ドラクエかよ(笑)。恐らくだが、こちらの車両がここで停止している為に
後続の車両が通行できないと言っているようにも解釈できるが、いかん
せん不思議な踊りなのでそうとも言えない。何より先頭のパンダが
道を塞いでいる以上、こちらのクルマをどうのこうのしろって事ではない
ようだ。


結局は後続車に道を開けろという事だったようだ。以下はそのやりとり。

警:後ろにクルマいるから!!はやくドゲデ!!!
情:いや、前にパトカーいるからさ、無理だよ。
警:こっちも仕事でやってるんだから!!
情:パトカーどけてくれたら行けるんだけどなぁ。
警:後ろにクルマいるから!!はやくドゲデ!!!

全く会話が噛み合わないが、そうこうしているウチに自分がマヌケだと
気づいたパンダが道を開け始めた。これでようやく道を通れるってもんだ。


サイン会を逆方向から。おや?パンダが居ない。四次元ポケット
にでもしまったのか?


現場から角を曲がった所に避難していた。最初からそうしておけば
パッツンパッツンがNight of Fireを踊る事はなかったのにね。


交機がこんな住宅街を「パトロール」するのは稀だ。しかもレーダー
非搭載仕様のパンダという点も興味深い。




BACK TO BACK NUMBER

BACK TO TOP