世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.122



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。脇道から本線を監視し、目に付いた車両目掛けてダッシュをかける
手法による追尾式速度取締りだ。


釧路方面十勝機動警察隊第3中隊所属機。


ダークブルーカラーが印象的だ。


ナンバーは「帯広300 と 16-14」


戦場で棒立ちしていて文字通り背中を刺されたドライバーが青空サイン会。
秋の陽射しがとても爽快。助手席には天空の城ラピュタのロボット兵。


本線を行くドライバーからは到底発見できない場所から相対速度を合わせて
インターセプトしてくる。現場は広尾郡大樹町美成 国道336号。


あっという間に


本線へと合流してくる。


待伏せポイントを地図で確認。きっちり押さえていきましょう。


この時点ではまだ対象車両の速度計測をしていないので、違反確定ではない。


合流後、体勢を整えて測定開始。


サイン会を終えて、再度セットポジション。


目に付いた車両が現れたようだ。


ストップメーターを使用しての追尾式取締りなので、電波やレーザーの類は
一切発しない。


「ついさっきまではバックミラーには何も写っていなかったのに、気付いたら
背後に覆面が赤色灯を光らせて張り付いてた」というドライバーの最後の
言葉はこの方法の取締りで見られる特有のものだ。


前を見るのと同じ位、後ろも見ていなくてはならない。誰もが100%では
いけない。だがそれに近づけようとする努力は必要だ。動機なんざどうだって
いい。結果として無事に走り切る事ができるのなら。


今後も皆様からの交取覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。先行車のマグネットシートが確認できる。撮影は宮城県
仙台市。全日本大学女子駅伝対校選手権でのものだ。


折り返し地点での180度旋回。いいですなぁ。


覆面も規制に投入。ありがたいですなぁ。宮城県警所属210系クラウン
「宮城302 す 20-54」


先導車210系クラウンパンダ。先程の個体とは異なり、ルーフの赤色散光灯に
防雪カバーが装着されている。


グリーンのユニフォームが印象的。宮城県警女性白バイ隊「青葉ウイングス」


選手先導車も青葉ウイングスが務める。マシンはいずれもCB1300P。


選手達が折り返していく。


こちらは男性隊員。同じくCB1300Pだがこちらは後期型。


再び青葉ウイングス。ヘルメットのカラーリングも凝っている。


こちらは実況担当だろうか。マシンはCB1300PのベースとなるCB1300
スーパーボルドール。駅伝、マラソンイベント、いいですなぁ。今後も
皆様からのイベント画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せポイント画像。
ありがとうございます。片側2車線分離帯付きの走りやすい道路。しかも
夜間。これはいやが上にも期待に胸躍るロケーション。


居る。中古車店展示車両の奥に。気分良く飛ばしていて、いきなり
それが見えたら、終わり。


ハーイ、ジョージィ…。アパッチ・ロングボウのごとくLSM-100だけが
こちらを覗いている。


現場は札幌市東区北38条東21丁目 道道431号 丘珠空港通り BUBU前。
札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダがお待ちかね。


現場を地図で確認。以前はほぼ連夜のペースで取締りが行われていたが、
今は散発的になり、かつ夜間の中の実施時間がいささかトリッキーに
なっており、一般ドライバーからは「ここは危ない」という印象の
薄くなったポイントではある。


その為、いざ取締り実施となると、その検挙ペースは上がっていると
言える。戦場で棒立ちしていて背中を刺されるドライバーが続出。


サイン会を終えて再度セットポジションに付く。


BUBUの照明がまだ点いているので見やすいが、これも時間によっては
消灯される。そうなるともう更にウハウハになる。ウハウハ。


2020年度調達で入って来た9台のV37スカイラインレーダーパンダの内の1台。
2021年度調達分で更に5台の同スカイラインレーダーパンダが入ってくる。
今度はレーダーはレーザー式ではなく、新型の電波式になる。


違反車両発生。


うきうきサイン会。交通取締りって、本当にいいものですね!


撃墜されたドライバーはここが思い出の地になるんですね。おもひでぽろぽろ。


別件。もうバンバン捕まる。アナログバンバンビッグバン。


そりゃそうだって話だが、スタッドレスタイヤに換装済み。


セットポジションへ。


微調整。


次なる戦場の棒立ちくんを待つ。


BUBUの照明が消灯となる。いいねぇ。


お客さんだ、パーティーが始まるぞ!


オーバー


シュート


シュートシュートシュート…(エコー)。


本線合流開始。


無能、怯懦、虚偽、杜撰、どれひとつとっても戦場では命取りとなる。
それらを纏めて無謀で括る。誰が仕組んだ地獄やら。


我々はこの検挙劇を傍観者として見ていきたい。決して当事者にはなるな。観客
としてそこに居続けたい。舞台にあがるような真似はするな。


前述したように、今度はコイツが電波式レーダーを積んで5台入ってくる。
楽しみだなぁ。既存の探知機で電波を拾えるか、それが最大の関心事だ。


うきうきサイン会。


BUBU前でやってるなんて知らなかったんだもんな。仕方ないよ。ドンマイ。


やってないと思いたい。出来る事なら、違反をする前に戻りたい。無かった
事にしたい。でも、時は戻らない。


V37スカイラインレーダーパンダ、カッコいいなぁ。


サイン会終了。


グッズ撤収。


この後、再度セットポジションに付くべく現地に戻るも、


メジャーでパンダと道路の位置関係を再計測、記録。これは検挙した
ドライバーが違反事実を否認した可能性があるね。


否認した場合は裁判になる。有罪が確定すると青切符レンジの違反で
あったとしても同切符交付は無い。行政処分ではなく司法処分になるので
赤切符となる。


現場を後にする。


さよーならー。今後も皆様からの交取現場画像をお待ちしております。
カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。