世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.102



当サイト情報提供者の方より頂いた220系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は旭川方面本部庁舎。コイツは同方面深川署地域課へ
配備になる予定の個体だそうだ。いよいよ来たね。220系。


サイバトロン軍みたいなマークになったクラウンエンブレムの上に
旭日章が。V37スカイラインレーダーパンダで話題になったシール仕様
ではない。前面警光灯はブラックアウト仕様か。


同じ庁舎には旭川方面東署もある。同署交通課所属210系クラウンパンダと
200系クラウンレーダーパンダ。


旭川警護隊所属200系クラウン覆面。


老兵は死なず。消えゆくのみ。役目を終えて解体を待つ車両たち。



当サイト情報提供者の方より頂いた黒煙画像。ありがとうございます。
これはただ事ではない雰囲気だ。程なくして消防ヘリが飛んでいくのも
確認できたそうだ。


煙の発生源を目指す。渦中は石狩市新港中央3丁目。この道を少し進めば
そこはもう渦中だ。


勢いを強める黒煙。産廃処理会社からの出火だったそうだ。


後の報道では廃バッテリーからの出火だったそうだ。これは凄い。火災の
恐ろしさが伝わってくる。今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。
ためらわずにシャッターを切れ。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌方面伊達署画像。ありがとう
ございます。正面玄関脇には同署交通課所属機。


150系クラウンレーダーパンダ。室蘭ナンバーになっているが、ルーフには
「函」マーキング。こいつの素性が気になりますね。


さぁ、リッツパーティー!いや、もうルヴァンの女。ルヴァンパーティー。
なんか語呂が悪い。



当サイト情報提供者の方より頂いた70系カムリ交取覆面画像。ありがとう
ございます。現場は東京都品川区 JR大森駅付近との事。旅先での撮影との
事だ。嬉しい限りです。旅の想い出にパトカー画像を。ナンバーは
「品川302 め 84-61」警視庁第2交通機動隊所属機。TRD仕様カムリ覆面、
いいねぇ。


同カムリ覆面の見破りポイントはマフラー。TRD仕様であればダミーではあるが
マフラーがデュアルツイン仕様。つまり4本出し。しかし覆面の場合、
ご覧の様に左側2本出しのみ。右側には後側配置のドライバユニットが
装着されており、その音抜けを良くする為にダミーマフラーはオミットされる。
東京でTRD仕様の同カムリを見たらマフラーの本数を確認せよ。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうございます。
この画像の遥か奥に脅威が写っているのではない。すぐ近くだ。コンバット
ゾーンだよ。左側の赤色、円形標識の辺りに注目。


これでどうだろう。


ここだよ!


現場は北広島市西の里351番地 国道274号。JMA-240/280と操作係が確認できる。


現場を地図で確認。きっちり押さえていきましょう。


その先には停止係と第2線サイン会場。


真実の瞬間に遅れをとるとここにお呼ばれされる事になる。我々は常に傍観者で
ありたい。当事者になるような真似はするな。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとう
ございます。車線減少の標識のある支柱の根元だ。あるよね。


現場は苫小牧市高丘霊園手前 国道276号。


現場を地図で確認。


こんにちわ!


停止係。


こっち見んな(笑)。いや見ろ(笑)。


戦場で棒立ちしていて背中を刺されたドライバーの墓場。大変ですなぁ!
こちら取締り現場を無傷で通過、あぁ生きてる!ヒャッハー!落ち着け(笑)。



当サイト情報提供者の方より頂いた信号なぎ倒し車両画像。ありがとう
ございます。撮影は札幌市清田区7条4丁目。札幌新道を逆走していた
75歳男性の運転する車両が白バイに発見されて追跡を受けるも逃走。信号
無視を繰り返し、他の一般車両にも当て逃げ。そして運転操作を誤り
信号機のある電柱に激突。倒れた信号機が追跡していた白バイとその
隊員を下敷きにするという事故というか事件に発展。


札幌交機隊員が巻き込まれる事故という事で、一斉に同交機隊員が集結。
警察車両が事故に巻き込まれるとこうなる。この隊員は拳銃を2丁腰に
付けている。1丁は負傷した白バイ隊員のものだろう。事故に巻き
込まれた隊員は胸を打撲。


現場に駆け付けた同交機所属210系クラウン覆面「札幌303 す 80-22」


身内の事故だもの。前述の通りそりゃ駆け付けもする。正体露見モードが
ありがたい。


交通規制にあたる210系クラウンパンダ。札幌方面豊平署交通課所属機。


手前は札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダ。奥は豊平署地域課
所属210系クラウンパンダ。


真っ黒スモークの200系ハイエース。多目的運搬車だろうか。


電柱に衝突して物凄い顔付きになった被疑者の乗っていた車両。


逮捕されたのは中村豊彦(75歳)。当初は認知入ってんじゃねぇかとの声も
あったが、逆走からの2キロに及ぶ逃走、信号無視、当て逃げ、電柱に衝突
して警官を負傷させるなんて芸当は認知症には無理ってもんだ。こりゃ
責任能力あるで。弁護士は頑張るだろうけど。なお、中村豊彦は8年前に
運転免許を失効しており、以降は無免許。にも拘わらず恒常的にクルマを
乗り回していたそうだ。走る狂犬。


被害を受けた白バイはブルーシートと毛布で隠されている。事故に遭った
警察車両特有の身内サービス。


レッカーにて撤去される被疑者車両。この車両については後述する。


当サイト情報提供者の方より頂いた同事故による交通規制画像。ありがとう
ございます。本件は複数の情報提供者の方より情報を頂いている。皆、
同じものを見ていたんですねぇ。嬉しい限りです。


事件現場の丁字路の手前から交通規制。


被疑者車両について再度注目。


コイツは被疑者所有の車両ではない。


「わ」ナンバー。レンタカーだ。中村豊彦は無免許。どういう経緯でこの
車両を運転していたのか。現在そちらの調べも進んでいるそうだ。


どこのレンタカー会社なんだろうね。判らないね。フロントガラスの
ヒビが生々しい。


さよーならー。


再び渦中。この列の最後には当事車となった白バイ。


アッパーカウル部分を破損したそうだ。


全方位養生。


垣間見える赤色回転灯が哀愁を誘う。


札幌新道を逆走する中村豊彦運転の車両を白バイが発見した訳だが、恐らくは
速度取締りの為に新道接続のランプウェイで待伏せをしていたのだろうと
推測できる。


応援に駆け付けた白バイを見ていこう。事故車両もこれらも全てCB1300P。


タンク上部にホワイトのマグネットシート。そこには青切符の処理日程が
備忘録として書かれている。


こちらはその日付の他に、今回の事故現場の住所がメモされている。


事件現場の丁字路信号機は中村豊彦が倒したので全停止。復旧作業が開始
されている。


トラッククレーンによって折れた電柱が撤去される所。なお、交通規制と
誘導にあっては交機が行っている。通常の対応であれば所轄が行うが、
今回は渦中については全て交機。


本件の被害総額は幾らになるんだろうなぁ。


折れた電柱から外された信号機。


新しい信号機届いてます!


白バイから逃げ切れると思う思考が既に終わっている。残りの人生を
末永くお愉しみくださいね。


規制と誘導。


V37スカイラインレーダーパンダ。


2台で車線を絞る。


先程も登場の個体。陣地転換したね。ナンバー「46-43」は交取現場では
ダントツの逃走率を誇る。いわゆる逃げ恥機。今回は逃げる事はできない。


車内には先程の白バイと同様に青切符処理の備忘録が。


フォトセッション。逃げる事できないもの。


更に応援のパンダが。


こちらも札幌交機所属機。210系クラウンパンダ。


規制線第2線。


こちらは豊平署地域課が担当。


同課210系クラウンパンダ。


対空表示は「豊11」


今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。