世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.092



当サイト情報提供者の方より頂いた220系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。210系クラウンパトカーからの世代交代。いよいよですか。


220系クラウンパトカーもこれまでのクラウンパトカー同様、警ら用と
交取用でエンジンが異なる。こちらは警ら用の方、2.5Lハイブリッドだ。
これまでにもハイブリッド仕様のパトカーってのはあったが、「主力戦闘機の
ハイブリッド化」は無い。そういう時代になってきたんだねぇ。なお、交取用
(パンダ・覆面)には2.0Lターボが採用される。国費で入る交取機は仕方ない
として、果たして道警は道費購入において2.0Lターボ車を良しとするのか。
出力にしても210系クラウンアスリート、V37スカイラインGTよりもかなりの
パワーダウン。「道費で220系クラウンを購入する状況を道警は作るのか」という
点については注目しても良い点と言える。


サイレンアンプ。


これまでに無いタイプだそうだ。どこのメーカーのアンプなんでしょうかね。


図面で見るとその番号は「86631」となっている。


これね。


助手席に装備される消火器。カッコいいなぁ。


センターパネル上部がかなり印象的。市販仕様であればナビモニターあるいは
インフォメーションモニターが装着される部分に、パトカー専用のハーネスが
装着され、そこにラジオとストップメーターが入る。


市販仕様ではモニターが強制ビルトインされる箇所。


そこにラジオとストップメーター。


飾り気も何もないハーネスがこれまたカッコいい。


図面で見るハーネス。


今後も皆様からの新型機画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。
ためらわずにシャッターを切れ。



当サイト情報提供者の方より頂いたナイスボート画像。ありがとうございます。
撮影はアメリカ カリフォルニア州ロサンゼルス。もう異世界だよ。空気感が
全然違う。桟橋に停泊するのはロサンゼルス市消防局所属の巡視艇。青空と
陽光、いいですなぁ。皆様からの海外からの投稿をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は「新潟県スポーツ公園フェスタ2021」でのもの。はたらく
くるま大集合に参加の文字通りの客寄せパンダ。


新潟県警高速隊本隊所属機との事だ。


散光灯にもコールサインが。「新潟405」新潟県警は400番代が高速隊なんだね。


ハイマウントストップランプは6灯仕様。


陸上自衛隊 81式自走架柱橋。


今回はデモンストレーションだったので1両が展開しているが、現場では
6両1組で運用されるそうだ。最大で60メートルの橋を構築できるそうだ。


航空自衛隊新潟救難隊所属のT31エクストレイル。目にも鮮やかなブルー。


ルーフには散光灯とアンテナ基台。


新潟市消防局所属の拠点機能形成車。


被災地での消防活動をバックアップする車両。100人規模での支援拠点を形成
できるという。車両自体は元より大型エアーテントを展開しての宿営が可能。


新潟県警交通機動隊所属FD RX-7パンダ。元は高速隊所属機。バグガードが
その名残を見せる。


保安基準等の改正で現行車は装着できない。昔はこれで高速隊所属機だと
見分ける事ができたものだった。


散光灯部分には以前はレーダーが装着されていた。いわゆるラッパ型のタイプ。
パナソニックモバイルコミュニケーションズのES-8H02。


前述の様に元々ルーフにはレーダーが装着されていた為、ドライバユニットは
車体底面にある。


お帰りになられる。


すげぇなぁ。FDがパンダなんだもんな。


今後も皆様からのイカすパトカー画像をお待ちしております。カメラの
準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた車両火災現場画像。ありがとうございます。
撮影は札幌市白石区川下のローソン札幌川下店。


店舗正面に駐車した車両から出火。コンビニでのクルマの事故と言えば
エクストリーム入店が思い浮かぶが、今回はダイナミック入店は無し。


駆け付けた消防隊員の迅速な消火活動によって火の手は収まっては
いるが、まだまだ調べが続く。


ナンバーは仮ナンバー。車両を所有する整備業者がコンビニに立ち寄った所、
からあげクン状態になったそうだ。


後の報道では、この車両はコンビニに到着する前からドライバーが気付かない
状態で出火していたそうだ。そしてこの場をホットステーションにした。


出火の原因はなんだったんだろうね。


周囲は焦げ臭い匂いが充満していたそうだ。むせる。


車両火災の恐ろしさが伝わってくる。


上がった火の手により、ファザードと呼ばれる内照式看板が溶けてしまっている。


賠償額、いくら位になるんだろうね。


警察車両部門。


インプレッサアネシス捜査用覆面。E25キャラバン鑑識車。


札幌方面地域課所属210系クラウンパンダ。


地域課機なのにロイヤルではなくアスリートというイレギュラー機。



当サイト情報提供者の方より頂いたガラス飛散画像。ありがとうございます。
うわぁ、これは悲惨だわ。飛散だけに。馬鹿か。


現場は札幌市北区北11条西2丁目の「タイムズカーシェア」にて。一体誰が
こんな事を…。既に皆さんも察しての通り、しかもその名前がこの画像の
中に既に出ているというね。


お巡りさんこのクルマです。タイムズのカーシェアサービスを利用する方の
類まれなドライビングテクニックには定評がある。今回はそれを裏付けるとても
良い画像と言える。タイムズのステッカーを貼ったクルマを見たら逃げろ。
誘導装置を人間が担当するミサイルと同義だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ待伏せ画像。
ありがとうございます。撮影は地獄の激戦区、クロスオーバー前。


札幌市白石区東米里2196 道道626号。ここは高頻度で取締りが実施される。


うきうきサイン会。今回は札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダに
よるうきうきだ。高頻度で行われる取締りなのに、こうして捕まる脳死
ドライバーが後を絶たない。だから我々のネタが潤う。


という訳で同現場をドライバー視点でもう一度。こちらも当サイト情報
提供者の方より。ありがとうございます。パンダが居ると判っていても、
中々見つける事ができない。そこがここの売りでもある。


これでどうだろう。


/コンニチワ\


今回は札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダがお待ちかね。


ここがクロスオーバー前と呼んでいる所以。


さぁ、今日はどんな戦場で棒立ちくんが現れるかな?


お客さんだ、パーティーが始まるぞ!撮影は8月13日。盆時期に入っており、
平日のピリっとした空気感はここにも無い。


オーバー、


シュート!盆だからってのこのこ出かけるからだよ(笑)。ここが激戦区
だって知らなかっただろ。それでいい。


本線合流開始。


さ、行くぞ。


加速中でもほとんど姿勢に変化が無い。


検挙劇。いいもんだよね。


盆時期、毎日の様に「サンデードライバー」が出て来る。どんどん撃墜される。


盆最高。最高過ぎて全然関係ない家の墓を洗ってやりたくなる。シュアラスターの
ワックス塗って仕上げまでしてやりたくなる。ならない。


うきうきサイン会。一家総出で出かけて撃墜。


盆ドライバーを撃墜するV37スカイライン、かっこいいなぁ。


サイン会は測定対象の道道から外れた道で行われる。後続車に対して邪魔に
なるからね。


ちなみにお婆ちゃんが心配になって降りてきていたそうだ。息子が撃墜された
のかね。可愛そうに。


第2ラウンド。戦場で棒立ちして背中を刺されるのがここにまた一人。


オーバー、


シュート。いいねぇ!いいねぇ!


本線合流。


ピッチング全然しないのな。サスペンションの進化だねぇ。


燃える蜃気楼。


うきうきサイン会。


普通の人、知らないもんな。ここが取締り激戦区だなんて。そもそもどういう
装備で、どういう手法で取締りしているかなんて興味ないもんな。


だからこそだし、この手の脳死ドライバーが居てくれるからこそ、
我々のネタが潤う。我々は常に傍観者だ。このショーを対岸から
撮影していく。カメラの準備はできている。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。