世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.082



当サイト情報提供者の方より頂いたパトカー集積画像。ありがとう
ございます。これは国際オリンピック委員会会長(笑)のバッハが
北海道を訪れる事を受けての車列訓練との事だ。


札幌警護隊所属4代目LSと札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダ。
今回は任務の性格上、誰かを焼き焼きする事はない。


警護隊所属200系クラウン覆面。


なお、ワシントン・ポストによると、バッハは5日に北海道を訪れる事が
判っている。早く来いバッハ。歓迎したい人間がこちらには山ほどいるぞ。
これ、真面目な話です。大会役員からの世間話が別筋にダダ漏れになっている
という情報もある。


別個体V37スカイラインレーダーパンダ。いいねぇ、オリンピック様様だ。


4代目LS警護覆面。ガラスは防弾仕様。ガラスの厚みのせいで視界の淵が
歪むそうだ。


先程の200系クラウン警護覆面とBMレガシィ警護覆面。


バッハを乗せた(つもりの)車両と護衛が出発です。早速車列中間に一般車を
挟むという珍プレー。いいよどうせバッハだもん。なに、バッハ嫌いなの?
いや別に。ただ、嫌いな人は色々知っている。


後で怒られるかもだけど、一般車をパージしてようやくチームオンリーの
走行会に。


車列、カッコいいなぁ。いやぁ、オリンピックって、本当にいいものですね。


一行は道央道新千歳空港ICへ。札幌方向を目指す。


一糸乱れぬ列が崩れ始める。


安心してください、2列ですよ。


追越車線側も同時にブロックするという事かな?


合流バッハ。意味不明。


でも、カッコいい。


バッハの追越しをケツ持ちで護衛するV37スカイラインレーダーパンダ。


バッハを前後2台で護衛するフォーメーションなんだね。手の内。通称
「フォーメーション バッハ」と呼ばれる陣形。嘘付くなよ。


道央道 札幌南ICでの料金所通過。


この訓練からも推察できるように、バッハごときでは道路封鎖はしない。
こりゃ陸橋からの望遠撮影も面白そうだ。


駆け抜ける黒塗り。ちなみに奥のミニバンタクシーはそれっぽいけど無関係。


一応要人警護なので、いつものドラえもん服ではない。


またしても偶然の無関係黒塗りとのランデブー。雰囲気作りに花を添える
嬉しい外道。


いよいよ札幌とその近郊もオリンピックらしくなってきた。今後も皆様からの
関連画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた交通規制画像。ありがとうございます。
誘導にあたる警官の奥に渦中の車両が居る。


当事車両は2台。ラフタークレーンと呼ばれるクレーン車と配送トラック。
クレーン車がA当となる追突事故。現場は札幌市厚別区厚別南2丁目 厚別中央通。


事故当時、配送トラックは配送の為に停車中で無人。そこにクレーンの
先端が衝突。


配送トラックのコンテナが著しく破損。更には車体が押し出されて歩道へと
乗り上げてしまっている。この状況では輪留めなど意味をなさない。


保冷機能を有するトラックだった事から、要冷蔵の積荷はこれでダメになった。
他にも衝撃によって破損した荷物もあるだろう。


無事が確認された荷物だけでも配送を完了しなくてはと、代替えのトラックが
駆け付ける。箱の外観だけでの確認であろうから、配送の際は事故の経緯を
説明して中身の確認のお願いもするのだろう。


本体から飛ばされたコンテナハッチが横たわる。


ハッチは一部欠損している箇所もある。衝撃の凄さがうかがえる。


一方のクレーン車は衝突したであろうアーム先端部分も含めて目立った損傷は
見られない。


うん、とっても丈夫。


本件による人的被害はゼロ。歩道に押し出された配送トラックと接触した
歩行者もいない。不幸中の幸いだが、車両本体、荷物の賠償を考えると
相当な金額になると素人でも予想できる。


裂けたコンテナ部分が事故の恐ろしさを物語る。


事故に対応しつつ、迅速な配送を継続しようとする配送業者の方々。


臨場の厚別署地域課200系クラウンパンダ。


今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたインプレッサアネシス捜査用覆面画像。
ありがとうございます。火災現場では捜査用覆面を探せ。ここは炎の匂い
染みついてむせる火災現場。


中は無人。


これまでも数々の現場に臨場してきたであろう機体だが、ピカピカに
手入れされている。


200系ハイエース指揮車。


消防レッドに黒の鉄チンホイールが映える。


渦中はまだ遠い。だがこうして放水用ホースがかなりの距離伸びている。
微かに上る煙を頼りに進む。


出火当時はかなりの火の勢いだったそうだ。しかし消火活動により
小康状態となり、消防も態勢の立て直しを図るタイミングでの撮影だった
そうだ。


現場までは道路一本と言う状態でもなく不陸路面が随所に見られ、
行ける所まで行って、そこから水利展開という状況。


資材運搬車。


出火元に対して複数方向から挟撃する作戦。これはその片翼。


奥に出火元がある。


出火元。


建材置場と作業場のある敷地がその渦中。


その作業場が全焼した。


当時は人は居なかったそうだ。漏電か、それとも。


消防隊員の装備品だろう。空気ボンベとハーネス。


骨組を残して後は全部燃えてしまった。


大型水槽車。本当にでかいな!


現場周辺、いたる所に消防車が。


依然として緊張感漂う現場ではあるものの、一定の静けさが漂う現場。しかし、
出火当時はこんな光景が展開。


これは凄い。凄まじい勢いの炎。こちらも当サイト情報提供者の方より。ありがとう
ございます。皆、時は違えど同じ現場を見ていたんだね。


これは個人的感想だが、今回の火災が起きた白石区東米里って、過去にも
この手の大火事がたびたび起きているような気がする。何かあるんでしょうか。
それとも単なる偶然なんでしょうか。なんにせよ、我々はカメラの準備を
して、事が起きた際には飛び出せるようにするだけだ。そう、準備は
できている。手を伸ばせばいつでも愛機がそこにある。次の渦中への
ダイブはいつだ。



当サイト情報提供者の方より頂いたうきうきサイン会現場画像。ありがとう
ございます。戦場で棒立ちしていて背中を刺されたドライバーがここにまた。
我々はこの検挙劇を観客席から傍観する。ステージに立つ様な真似はしない。


札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダ。


現場は江別市角山 国道275号。これまでも何度も同エリアのレーダーパンダ
待伏せは記事にさせて頂いてきたが、今回はその定番ポイントによる
ものではない。別地点だ。詳細は後述する。


LSM-100の前方照射仕様。今をときめくレーザー式。だがもしかするとその
輝きに陰りが出てくるかもしれない。電波式レーダーメーカーの雄、日本
無線が新しい電波式レーダーをロールアウトさせていて、道警による2021年度
調達分のレーダーパンダ5台の入札に参入する可能性が高い。同社が落札
できれば、札幌交機レーダーパンダのLSM-100ワンメイク状態が崩れる。


話しを角山に戻す。レーダーパンダ待伏せの状況をドライバー視点で
見ていこう。この先の脅威を考えたら「Drive Safely」の電光表示は
真摯に受け止めるべき。


居る?本当に居る~?位の認識。だが確実に居る。


居る。速度によってはこの位置関係で気付いても手遅れ。


ヘッドライトが無ければこんな感じ。


遠くの光にわずかに車体が反射している程度。


現場を地図で確認。江別市角山 国道275号 農芸学園前。


前述の様に、このポイントはこれまで高頻度で確認されてきたポイントとは
異なる。そもそも方向が逆。これまでは篠津から雁来に向かう方向での
待伏せだったが今回はその逆。


当サイトではかなり以前に今回のポイントでの待伏せを記事にしている。
当事でもレアなポイントとして紹介され、実際その後も記事になる事は
無かった。


札幌交機が150系クラウンレーダーパンダを使用していた時代。


今後、江別市角山 国道275号と聞けば両方向での待伏せに期待したい。


では検挙シーンを見ていこう。お客さんだ、パーティーが始まるぞ!


いい気分で一人でかっ飛ばして来る(笑)。身構えている時には、死神は
来ないものだ。


開眼。


本線合流の為に一度後退。


切り返して


本線へ。


加速開始。姿勢に乱れはない。


いいねぇ。


うきうきサイン会。


真実の瞬間に遅れをとるとこうなる。


今後も皆様からの交取現場画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。