世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.080



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。対向車線側、P帯にその姿が確認できる。


札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダがお待ちかね。現場は北広島市
北の里527 道道46号 江別恵庭線。


現場を地図で確認。きっちり押さえていきましょう。


P帯からどちらを測定しているのか。搭載レーダーのLSM-100は前方照射仕様。
パンダから見て対向車線側を狙うのか、それともパンダを追い越して行く
順行側の車両に対して後方からレーザーを撃ち込む遠去モードでの測定か。


答えが出たようだ。パンダはUターンする事無くそのまま本線合流。これは
遠去モードによる測定だ。


違反車両目掛けて猛ダッシュ。


うきうきサイン会。その走行は不要不急ではなかったのか。のこのこ出て来る
から撃墜される。なんの知識も、それに裏打ちされた防衛策も無いまま、
慢心を抱いたまま撃ち落される。己が少なからず抱いていたであろう、
自身の注意力を活かせぬまま死んでゆけ。


増してや身構えている時には、死神は来ない。それも戦場の摂理なのだ。
今後も皆様からの交取現場画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。撮影は根室市光和町2丁目 根室駅前にて。


駅敷地内に無人で駐車しているようにも見えるが、実はここから確認できる
交差点の一時停止無視を監視中。


監視対象の交差点を地図で確認。


交差点から見た根室駅。一時停止、しっかりね。


撮影に関しては声掛けがあったそうだ。その内容は非常にフレンドリー
だったそうだ。これはひとえに情報提供者の方の話術のたまもの。
カメラスキルってやつだ。このV36スカイラインは釧路方面根室署
交通課所属機だが、今回はそれを同署地域課か借り受けてこの取締りを
行っていたそうだ。


対空表示前面には根室署を示す「根」のマーキング。道東エリアの所轄
特有のマーキング法則。



当サイト情報提供者の方より頂いた横転事故現場画像。ありがとうございます。
なぜクルマは横転してしまうのか。ご存知横転丸がまたしてもこうして登場。
今後も皆様からの横転丸、転覆丸画像をお待ちしております。その光景を記録セヨ。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン覆面&パンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は音更帯広IC内、釧路方面十勝機動警察隊高速隊庁舎。


覆面のナンバーは「帯広300 に 87-11」 そう言えば最近「ナンバー隠せよ苦行僧」
出てこないな。もう死んだか。とうの昔に。



当サイト情報提供者の方より頂いたタクティカルベスト。ありがとうございます。
映画でよく見るヤツだ!!これは嬉しい。本当にありがとうございます。
ベスト本体の面ファスナーやボタンにマガジンケースやポーチを好みの位置に
装着できる。


装着してみた。これは背面。かっこいいぜぇ! ワッペンも面ファスナー仕様。
気分はもうSWAT。


ロサンゼルス市警のSWATエンブレム。私の初めてのSWATはジョージ・A・ロメロ監督の
「ゾンビ DAWN OF THE DEAD」から。私のアイデンティティーに強烈な印象を
残し、今もなおその影響と輝きは失っていない。


正面。これは家宝だ。部屋に飾る。そしていつかゾンビが世の中に出たら、
あるいはそれに匹敵する生き残りを掛けるような状況になったら、コイツを
着込んで外に出よう。やめた酒をマガジンケースに詰め込んで、そしてもちろん
カメラ達を連れて。



当サイト情報提供者の方より頂いた130系マークX捜査用覆面画像。ありがとう
ございます。「水色の覆面」ってのはそんな目立つ色の覆面なんていないと
好都合だが、「実際存在する」と判ってしまえば目立って仕方がない。撮影は
札幌市白石区菊水方面。浦河よりはるばる遠征ご苦労様。



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドリックレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。搭載レーダーはJMA-5E。電波式。


本線合流開始。この角張ったデザインね。いかにも「行政機関の車両です」
って感じがいい。


こいつが合法的に定められた速度を超過して違反者を追う。最高の瞬間に一つ。
だから交取現場の撮影はやめられない。


フェンダーミラーに鉄チンホイール。ハロゲン仕様の灯火類。何もかもが魅力的だ。


うきうきサイン会。晴天の中、戦場で棒立ちしていて背中を刺されたドライバーが
またここに一人。


新コロ対策で、後部座席のドアは開放状態。今さら逃げるアホウも居ない。


サイン会を終えて再びセットポジション。


相勤者誘導による微調整。


向かってくる車両を「前方モード」で測定するポジション。


シートベルトを締めて準備完了。それではこのポイントを紹介しよう。ここは
地獄の激戦区「クロスオーバー前」 今回は札幌方面白石署交通課が展開。
他にも札幌交機がここで網を張る。その頻度たるや正に地獄の激戦区と
呼ぶにふさわしい程高い。


片側2車線の直線上り勾配を手前にしたレイアウト。ここで撃墜される
ドライバーは後を絶たない。


地図でポイントを確認。札幌市白石区東米里2196 道道626号。


そして今回はそこに前述したように白石署交通課のY31セドリックレーダーパンダが
待ち構える。札幌交機であればここにV37スカイラインレーダーパンダを投入
してくる場合もある。新旧日産車がやってくるという点でも興味深いポイントだ。


お客さんだ、パーティーが始まるぞ!


真実の瞬間。脳内BGM「澤野弘之 / XI」


オーバーシュート。


本線合流開始。


進路クリアを確認して、


加速開始。


マイルドすぎるストロークのサスペンション、出力に対して細身設定のタイヤ。
スキール音が現場に響く。これがまたセドリックレーダーパンダの魅力。


一気に勾配を駆け上がる。


燃える蜃気楼。気温摂氏33度の検挙劇。脳内BGM「北原志真 / 砂漠のイリュージョン」
カメラの準備はいいか。ためらわずにシャッターを切れ。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。