世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.078



※画像は道警ホームページより。
2021年度に交機が調達するレーダーパンダの台数は5台という事が判る入札告示。
これまでと変わっているのは、レーダーだけを分離して入札している点。


※画像は道警ホームページより。
こちらはレーダーパンダのパンダ部分だけを入札している告示。これまでは
レーダーもパンダも一つの入札だった。これはレーダーの購入先が唯一無二
だった為。供給元が1社しかないのであれば随意となる。しかし今回はレーダーに
ついてもそうではない状況になった。これまでは東京航空計器製のLSM-100独占
だったが、電波式速度測定装置の老舗、日本無線がこの度新製品を開発した事による。
既に島根県警にそのレーダーが導入されているそうだ。本件について詳しく教えて
いただいた情報提供者の方に感謝。ありがとうございます。レーダーの入札は
東京航空計器の代理店のカナデンと日本無線の代理店の和幸による競争になる
と思われる。なお、これまでのカナデンの随意時の落札額が550万円。島根県警
に和幸が提示して落札された額が392万円。カナデンは独占時よりもディスカウント
してくるだろうが、一気に150万円以上も単価を下げる事ができるのか、素人目には
現実感が無い。和幸が入札を勝ち取れば、再び電波式レーダーが公道に出現する。
従来の電波式レーダーは新スプリアス規格によって淘汰されたが、これで取締り
シーンにまた変化が出る。新電波式レーダーが従来の探知機で察知できるのか。
これは非常に興味深い所だ。入札は8月31日。納品期日は年明けて2022年3月末。
これで220系クラウンの電波式レーダーパンダが登場するか。まだまだ先の話しでは
あるが、今から楽しみだ。今後も皆様からの情報をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた3代目スイフト検問覆面画像。ありがとう
ございます。撮影は7月10日深夜に実施された札幌交機と札幌方面中央署合同の
飲酒検問でのもの。スイフトは中央署所属。


札幌交機所属210系クラウンパンダ。バリケード役兼休憩所。エアコン作動中なのが
地面のお漏らしで判る。


こちらも当サイト情報提供者の方より頂いた同検問画像。ありがとうございます。
皆、同じものを見ていたんですね。嬉しい限りです。


210系クラウン交取覆面「札幌302 ほ 53-54」現在は主に白バイ中隊が運用。


日付変わって11日の午前3時頃。撤収開始。


検問って、本当にいいものですね。


210系クラウンレーダーパンダ。LSM-100の前方照射仕様。



当サイト情報提供者の方より頂いた旅客機画像。ありがとうございます。ゴールドの
機体が映える。撮影は札幌飛行場。丘珠空港ですな。


フジドリームエアラインズ所属のエンブラエル・ERJ-170。


岩手県とのネーミングライツ契約機。「黄金の國、いわて。」号。


機体とほぼ同じ高さでのアングル、いいですなぁ。


上空を行くのはアエロパシアル・AS350。北海道航空所属。


道警航空隊所属のアグスタ・A109「ぎんれい1号」


機体側面にヘリテレユニットが確認できる。


この機体が投入されるかどうかは不明だが、7月17日、18日には札幌交機白バイ隊
との連携で交通取締りが行われる予定になっている。予測されるエリアは
占冠、喜茂別、支笏湖等となっている。青空を見上げる度に道警ヘリと白バイを
思い出せ。


山菜採りのジジババを探したり、熊を探したり、あるいは全裸男を追ったり。
ヘリの任務は多種多様。


北海道エアシステム所属のサーブ・サーブ340。


今後も皆様からの空港画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。樺戸郡浦臼町浦臼172 国道275号 浦臼駐在所前。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。


歴史を感じさせる建物脇でのうきうきサイン会。サインをする為に走らせる筆も
心なしかおごそかになるという。ならねぇよ。


札幌交機所属V37スカイラインレーダーパンダ。LSM-100の前方照射仕様。



当サイト情報提供者の方より頂いた180系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。函館方面八雲署交通課所属機。搭載レーダーはRS-710CD。電波式だ。


対空表示は「八61」元々は釧路方面十勝機動警察隊高速隊所属機だったそうだ。


表面にも老朽化がにじむレーダーユニット。


車体への接続部分。


220系クラウンのパトカー生産が始まった事で、コイツは現行モデルからみて
3世代前モデルとなった。しかしこうしてまだまだ第1線を張る個体も居る。
その姿を見る事ができるうちに、数多く撮影しておきたいものだ。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌交機所属V37スカイラインレーダー
パンダ画像。ありがとうございます。現場は石狩郡当別町中小屋 国道275号
消防団詰所前。


ナンバーの語呂合わせから「ヨロヨロくん」と呼んでいる個体。


ポイントを地図で確認。今回ここでの戦果は無し。転戦したそうだ。


先程のポイントから月形方向へ数キロの地点。バス停の向こう、案内
標識の手前。居るよね。


このポイントでの待伏せは当サイトの中では久々に記事になる。


現場を地図で確認。石狩郡当別町中小屋216 国道275号。


過去に撮影の同ポイントの光景。以前は商店があり、そこを隠れ蓑に
していた。


180系クラウンレーダーパンダが主力戦闘機だった頃。


150系クラウンレーダーパンダ。今はもう手前の商店は無い。


今はV37スカイラインレーダーパンダが待ち受ける。時の移ろいを感じるね。


うきうきサイン会。真実は常に残酷だ。


別件うきうきサイン会。


戦場で棒立ちしていて背中を刺されるとこうなる。


我々は常に傍観者であれ。決して当事車にはなるな。



当サイト情報提供者の方より頂いたGDインプレッサWRXパンダ画像。ありが
とうございます。埼玉県警交通機動隊所属機。撮影は同県川越市。


同市川越駅前での横断歩行者等妨害違反を取締り中だったそうだ。中身は
無人。ドラえもんは降りて交差点を監視中だったという。ゴールドの
ホイールが警察らしからぬ雰囲気。このギャップがいい。そもそもこの
車種がパンダになっているのがとても良い。


散光灯の向こうにはドラえもんが確認できる。


WRXエンブレムの横には埼玉県警が推し進める「KEEP38プロジェクト」の
ステッカーがKEEP38プロジェクトとは横断歩道における歩行者優先義務が
規定された道交法第38条にちなんでいる。歩行者優先、弱者保護の
機運を改めて認識させる取り組みの事だという。なので今回の取締りは
正にそのプロジェクトの元に実践強化されたものだと言える。


いわゆる涙目インプですな。いいですねぇ。この手の高出力機が警察
車両になっているっていうのは、やはりそこに感じるギャップが大きな
魅力になっている。今後も皆様からの様々なパトカー画像をお待ち
しております。カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。