世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.042



当サイト情報提供者の方より頂いた追尾式取締りで隠れているパンダを探せ
画像。ありがとうございます。追尾だからね。本線上からは完全に姿を
消して待っている事は確か。


僕はここだよ! 僕はここだよ!じゃねぇよ。いや、それはこっちが勝手に
そう言ってるだけで。誰と話してんだ誰と。


お見事。レーザー式レーダーのLSM-100が確認できるが、今回はストップ
メーターを使用した追尾式速度取締りなので、こいつがドライバーを
焼き焼きする事はない。


舞台裏から。現場は北斗市七重浜7丁目14 国道228号。


キャストを紹介。待ち構えるは主役の函館交機所属210系クラウンレーダー
パンダ。


脇を固めるのは「戦場で棒立ちして背中を刺されるドライバーとそのクルマ」


そしてそれを傍観するのが我々だ。


常にこの光景を眺める観客であれ。決して舞台に上がるような真似はするな。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとう
ございます。こいつは交番に駐車されている中身カラのパンダではない。
レーダーパンダ待伏せという状況に不慣れなドライバーだと、これを一切の
減速無しに通過して検挙されるというコントが起きる事がある。うんうん、
いいのいいの。誰にでも最初はあるからね。だって知らなかったんだもん!
そんなに人生上手く出来てませんので。


現場は帯広市緑ケ丘東通東47 道道216号 帯広署緑ヶ丘交番前。釧路方面
十勝機動警察隊第三中隊所属機がお待ちかねだ。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。


違反車両発生からの本線合流。


うきうきサイン会。真実の瞬間に遅れをとるとこうなる。何度も言うが
当事者にはなるな。常に傍観者であれ。



当サイト情報提供者の方より頂いた火災現場画像。ありがとうございます。
撮影は札幌市厚別区厚別中央2条2丁目。同地のラーメン店「福八」から
出火したとの事。幸せの末広がりに期待した名前だったが、結末は逆方向に
突っ走った結果となった。


駆け付ける消防隊。木造2階建て約200平方メートルの建物が相手だ。


迅速な消火活動が展開。


しかし残念ながら店主と思われる男性1名が焼け跡から遺体で発見された
そうだ。


ラーメン店という事から想像するに、厨房火災だったのだろうか。火事は本当に
恐ろしい。戸締り用心火の用心。マッチ一本火事の元だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたキ・一般車・キ画像。ありがとうございます。
これ、数時間後には左右から同化が始まってキ・キ・キになる。どうかしてるぜ!
もはや勢いだけの当サイト。


撮影は札幌方面滝川署。C27セレナ捜査用覆面と4代目スイフトパンダ。


我々に撮影されるとあって、カッコよく並べてくれている。ありがたい事です。
4代目エスクード、260系アリオンの各捜査用覆面。


前回記事にさせて頂いた札幌方面小樽署で撮影の別個体エスクード捜査用覆面と
異なり、コイツは外部露出の無線アンテナを装備していない。ルーフにみえる
一本毛は純正ラジオアンテナだ。



当サイト情報提供者の方より頂いたC27セレナ捜査用覆面。張り込みご苦労。
その居住まいがいかにも張り込みしてます!刑事です!となっていて、
我々はとても微笑ましいです。


200系クラウンパンダ。コイツは対空表示だけを見ると札幌方面中央署交通課
所属機となるのだが、実際は同方面白石署交通課所属機。所管換え後に古い
対空表示を書き換えるのはお下がりを受けた側の部署が行うのだが、白石署は
もう何年もずっとこのまま。だがそういうイレギュラーが面白い。続けるように。



当サイト情報提供者の方より頂いた不審車両画像。ありがとうございます。こちらに
対して真横に車体を向けて止まっているのが居る。怪しい。


黒色の200系クラウン。ん~?


これはこれは。札幌高速隊所属所属「札幌302 の 19-87」通称西暦くんではありませんか。
高速隊所属機が一般道脇に路駐?撮影は江別市文京台緑町 国道12号酪農学園前。
ますます状況が飲み込めない。西暦くん、あんたここで何してるの?


その答えがこれだ。可搬式オービスMSSSこと、北欧くんが展開。答えとはいったがここで
更に情報量が増えて混乱しそうになる。だが、この状況から、

西暦くんは札幌交機にお下がりになった。
しかも北欧くん用トランポになった。

との見立てで間違いない。これは面白いねぇ。西暦くんが抜けた札幌高速隊は覆面が1減に
なる訳だが、それはどういう車両繰りになってるのかね。


同高速隊所属時の西暦くん。もうこの姿を見る事はないのか。まさかストップ
メーターや無線機、外したりしてないよねぇ?


話しを北欧くんに戻す。先ほどと同じ画像から。やってくる車両に照らされると
これほどの視認率になるが、光源を失うと、


ほぼ見えません。至近距離でいきなりヘッドライトに照らされてコイツが現れる。
なお、撮影される速度は過去の実績から時速30キロ以上の超過でと思われる。
生活道路での時速15キロオーバーでちまちま青切符を切る道警じゃない。幹線道路で
赤切符狙いで仕掛けてくる。面白いねぇ。


現場を改めて紹介。江別市文京台緑町 国道12号酪農学園前。このエリアでは、
これまで逆方向別ポイントでの北欧くん展開が確認されている。


江別市文京台27 国道12号。ここだ、このポイントも捨てた訳ではない
だろうから、この一帯は北欧くん出現の可能性が両方向で存在するという事だ。
面白くなってきたねぇ。


本体手前に設置されるストロボユニット。従来の固定オービスが発するストロボ
とは異なり、赤く発光せずに白く発光する。


北欧くん本体。現時点で道警に配備になった北欧くんは3台。札幌、旭川、釧路に
置かれ、それ以外のエリアにはレンタルあるいは遠征という形で出没する。
道警はこれを1年に1台すつ購入し、あと3年をかけて計6台で可搬式オービス網を
完成させるつもりだ。


本陣手前に置かれる警告看板。「速度違反取締中」これを見逃すと相場8万円
以上のプリクラを愛車と共に撮影される。※なお、プリクラはもらえません。
この看板に気付けるかどうかでその後の展開が変わってくる。この看板が本陣から
どのくらい手前に置かれるかなのだが、今回も札幌交機隊員がメジャーでその
距離を測った上で設置していた事から、「ある程度」の距離をとるようには
内部規定があると思われる。コイツ自体は北欧くんの性能には関係ない代物だが、
検挙されたドライバーと法廷で争う事になった場合は、その設置距離が明確で
ある必要性が出てくる。


警告色ではなく案内色で丸ゴシックで書かれたこの看板を見逃すな。警告色でデザイン
されたら工事看板と誤認しやすくなるだろうから、色はこのままでいて欲しいね。
色、変えるなよ(笑)。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。