世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.041



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン警護覆面画像。ありがとう
ございます。交取覆面か!とも思えるが、コイツは札幌警護隊所属機だ。


状況によって変わる無線アンテナの種類と数。今回はユーロアンテナの
3本立て仕様。これ、場合によってはもっとアンテナが多い場合もある。
ヘルレイザーのピンヘッドみたいに。


ハイアングル。ナイス。


助手席側ドアミラーにはナビミラーが追加装備される場合もあるが、今回は
それは無し。ナビミラーを外した際に露出するビス穴を塞いでいるのが判る。


別個体連番機。有名政治家の演説や遊説の際にはこいつらの姿を見る機会が
増える。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌市北区にあるラーメン大将北25条店
画像。ありがとうございます。当サイトが飲食店を紹介する場合、もちろん
食レポは始まらない。メニューではなく駐車場に注目だ。


居るねぇ。


130系マークX捜査用覆面。中身はお食事中のご様子。食事大いに結構。
警官だって人間だ。休憩や食事も必要。それでいい。君達は食べて
いなさい。我々は撮影する。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌本部小樽署駐車場画像。ありがとう
ございます。夜明け直前の蒼色がキレイ。


明けましておめでとうございます。では気になる車両を見ていこう。


札幌交機所属210系クラウン覆面「札幌303 す 80-22」 同署には同交機小樽
分駐が設置されている事からも、ここでの同所属車両には期待できる。


4代目エスクード捜査用覆面。SUVタイプの捜査用覆面は新鮮だ。同エスクードを
見たら捜査用覆面と期待したい。


向かって左のアンテナは純正ラジオアンテナ。右側がユーロ仕様無線アンテナ。
ラジオアンテナに偽装するつもりでデザインされた無線アンテナがお手本の
横に並ぶとかえって目立つ。


「80-22」運行前点検。と言っても当直明けが近づく帰隊直前の様子。24時間の
勤務、本当におつかれさまです。


時刻にして午前6時半。札樽道を利用して同交機本隊のある道警琴似庁舎へ向かう。



当サイト情報提供者の方より頂いたV37スカイラインレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。札幌交機の新鋭機が実戦投入。いいね。


道費による交取パトカー入札の鉄板メーカーは札幌トヨタなのだが、
今回は指名期間中に指名停止処分を受けていたために、結果現れたのが
日産製レーダーパンダ。「道警がどうしてもスカイラインを使いたくて
購入したのでは?」という説もあるようで、夢のある話しっていいなと
しみじみ思う。


休憩を終えて取締りポイントへ向かう。


現場着。搭載レーダーであるLSM-100の動作試験を行う。


今回納入されたV37スカイラインレーダーパンダは全9機。それらが
札幌交機全3中隊に3台ずつ配備となった。このうちの数機は一定
期間稼働したのち、方面本部へ配置転換となる。※夢の話しです。


トランクリッド内側にはセンターパーキングランプ。トランクリッド内側
自体の塗装にも注目。車体は黒色ベース車である事が判る。これは以前に
撮影された同スカイラインのボンネット内側の塗装でも確認できる。
そしてもう一つ、車内に注目したい。助手席奥から見える青白い光。


助手席の足元の奥だな。明らかに何かの表示パネルだ。LSM-100の表示
パネルか?だとしたら、それがかなり助手席フロア下部奥に設置されている
事になる。今回の同スカイラインは市販仕様車を改造してパトカーにして
いる事から。専用装備機器の設置処理も取り回しに苦労している可能性が
高い。そうなるとストップメーターの設置場所も気になりますなぁ。
ストップメーター、どこに付いているんですかね。


クラウンのそれとくらべてなんだか狭そうな印象を受けるトランク内。
どうなんでしょうね。


セットポジション。苫小牧市植苗220 国道36号。


現場を地図で確認。今後このポイントについてはウトナイポイントと呼称
する事とする。


せっかく入ったレア機体だから今後も末永く、それこそ先代のV36スカイライン
レーダーパンダのような存在になって欲しいねぇ。だが、過去には日産車に
おいては交取分野において、R34スカイラインパンダ&覆面、J31ティアナ
レーダーパンダが短期間で交機や高速隊から身を引いた経緯もある。現場で
「使いにくい」となると早々に交機から消える可能性も無い訳ではない。
今はそうならない事を祈りたい。


検挙シーン。


戦場で棒立ちしているドライバーの背中を刺しに行く。というかもうこの時点で
ドライバーの背中にはナイフがしっかり刺さっている。今回パトカーに採用された
同スカイラインのグレード「GT」ではタイヤサイズが17インチ。他のグレードでは
18インチあるいは19インチ設定になっている。加速時のトルクを後輪のみの17インチで
充分に路面に伝えきれているのか、そこも興味深い。


うきうきサイン会。脳内BGM「岩崎宏美 / 聖母たちのララバイ」


マシンは最新型なのに矢板はレトロ。いいねぇ。この矢板だが、この個体に
積まれる前はコイツに積まれていた。


210系クラウンレーダーパンダ「札幌800 そ 86-96」コイツの対空表示は「601」で、
今回記事のスカイラインレーダーパンダの対空表示も「601」なのが確認されている
事から、この210系クラウンレーダーパンダが札幌交機を去るのは間違い無いだろう。
所轄にお下がりになるのかなぁ。そうなら熱いな。


210系クラウンアスリートと同様の鋭い目付き。細い眉毛が擬人的。


サイン会場を後にする。


再びセットポジションへ。今後も皆様からの新鋭機画像をお待ちしております。
カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。