世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.038



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。札幌市白石区米里方面 札幌新道を行く。


札幌交機所属機。LSM-100の前方照射仕様。さて、どこへ行くのか。この個体が
撮影された同じ日、札幌市厚別区厚別町山本方面 道道626号での待伏せが確認
されており、そこへ戻るかもしれないという見立てがあった。


救急車へ道を譲る。当たり前の挙動なんだけど、パトカーがこれやるとカッコよく
見えるな。いいね。


札幌新道から道道626号へ。これはいよいよこの先の定番ポイントのクロスオーバー
ポイントか、前述の山本か。しかしこの数時間後、コイツが確認されたのは
このポイントだった。


札幌市東区北38条東21丁目道道431号丘珠空港通りBUBU前。こちらも当サイト
情報提供者の方より。ありがとうございます。我々は「笑い男」であり
「個別の十一人」でもある。皆、名も無き模倣者だ。リーダーは存在しない。
皆が同じ位置にいる。写真の優劣を競う場でもない。自信を持ってシャッターを
切れ。現場を記録し続けろ。


現場を地図で確認。きっちり押さえていきましょう。


搭載レーダーのLSM-100は速度測定の際に2段階計測を行う。1回目は予備計測。
予備計測で違反速度を認めた瞬間、大抵の隊員はブレーキランプを踏む。シフト
レバーをPレンジからDレンジに入れるためだ。それがこの様子。


2回目の計測で晴れて違反確定となる。それなりの頻度で2回目が計測不能と
なる場合があり、その時ははいわゆる「抜け」と呼ばれる状態となり、違反
確定にはならない。だが今回は抜ける事無く測定完了。パンダの奥に見える車両が
検挙対象。


本線合流。


うきうきサイン会。戦場で棒立ちして背中を刺される。


左ステア全開。今後も皆様からの交取現場画像をお待ちしております。カメラの
準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた4代目スイフトパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は釧路方面厚岸署浜中駐在所。配備されたばかりの新車。
いいね、新型機。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ&E26キャラバン鑑識車
画像。ありがとうございます。撮影は新潟県長岡市。窃盗事案での臨場との事だ。


同県警長岡署所属260系アリオン捜査用覆面。


鑑識車スペースゲートオープン。


車内には夢と希望がぎっしりだ。


見守る猫。猫、いいなぁ。これぞ正しく現場猫。ヨシッ!


桜とプラッツパンダ。春の訪れ。新しい季節が始まる。



当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。釧路方面根室署交通課所属機。搭載レーダーは
RS-710CD。電波式だ。


現場は根室市西浜町3丁目29 国道44号。


後継のV37スカイラインも数奇な運命によりレーダーパンダとなったが、
このV36スカイラインもレーダーパンダとなったのは道警のみ。面白いねぇ。


高出力機である事を物語る350GTのエンブレム。VQ35HR型エンジンは315馬力を
発生させる。最大トルクは36.5キロを発生させる。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン、210系クラウン、V37スカイライン
各パンダ画像。ありがとうございます。撮影は札幌市西区琴似の道警琴似庁舎。
ここには札幌交機本隊も置かれており、交取パトカーの巣窟となっている。


上記戦闘機3台が縦列で並ぶ。いいねぇ。ガンプラのMSVシリーズみたい。痺れる。


庁舎の塀のスズメ。今回の記事では先程の新潟での記事では猫、そしてスズメ、
そしてパンダ。わくわく動物ランドだね。


庁舎駐車場に隊員が多数出て来る。普段はあまり見る事のできない光景。


これは何かある。


V37スカイラインレーダーパンダが出ていく。


ヨロヨロくんだね。


ヨロヨロくん含めたパンダは庁舎とは別地点へ。この開けた場所を利用して
訓練を行うようだ。胸躍るねぇ。そしてこの画像の中に写る車両の中の
右端にも注目したい。


この白色の210系クラウン覆面。


マジか。高速隊所属210系クラウン覆面「札幌303 す 81-13」だ。コイツは
配備から1年が経過したものの、当サイトではその姿を捉える事ができ
なかった個体。場合によってはナンバー登録前から新車の姿を押さえる事も
できるケースもある中、コイツだけはそうはいかなかった。それがこの訓練会場に。
こんな所で出くわすとは。廃棄物13号を追っていた特車2課がその過程で
偶然グリフォンに遭遇するような状況。


大げさに言えばだが、「実在したんだな」と思う程、その姿を見る事が
無かった個体。


冗談交じりに「ゴーストファイター」なのでは?とさえ言っていた。
居たね。居たんだね本当に。


同クラウンパンダと。


訓練開始を前にしたブリーフィング。


V37スカイラインの戦う姿を見る事ができるのか!? 残念ながらそれは無かった
そうだが、その残念に思う気持ちを吹き飛ばす光景を見る事ができる。


ストレートからの急制動訓練。


高速隊所属200系クラウン覆面「札幌302 な 73-29」この個体は既に第一線から
退いたゲタ機だが、今回はカッコ良く言えば訓練機。トレーナーってヤツだ。
コイツは制動中。


荷重が抜けた直後。ピンチングしていた事が判る。


210系クラウンパンダによる制動。フロントのストローク量よりも、リアの
ストローク量が印象的だ。


200系クラウンパンダによるスラローム訓練。


パイロンを左後ろギリギリでクリアしていく。交取従事警官の空間認識能力の
凄さを再認識できる。


右後ろもしかり。すげぇな。


この攻めた姿。普段は中々見る事ができない。


手前のパイロンは合成ではない。現実に存在している。


今度はパイロンを右前でクリアする。実は左前にもタイトな位置でパイロンが。


お見事。脳内BGM「KAT-TUN / Real Face」


何度も書くがパトカーがここまでロールする姿はそうそう見る事はない。いいもんだ。


カッコいいなぁ。


道交法順守、品行方正な周囲の一般車の見本となるような運転を普段はしている
のに、いざ実力を発揮するとこんな姿に。


これは痺れるね。


フロントに荷重をかけて、


操舵するフロントタイヤに充分なグリップ力を与えて


オーバーステアに持ち込まずにニュートラルステアでクリアしていく。


いいねぇ。かっこいいねぇ。


痺れるねぇ。


今後も皆様からのトレーニングデイ画像をお待ちしております。カメラの
準備はいいか。良い物を見させて頂きました。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。