世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.035



当サイト情報提供者の方より頂いた交機白バイ隊出動式画像。ありがとうございます。
佐賀県警による「輝け!春の全国交通安全運動」を踏まえてのものだ。


FJR1300Pを先頭にCB1300Pが続く。ステレオアイとモノアイ。いいね。


そしてCBの後には210系クラウンレーダーパンダの姿が。


※画像は佐賀新聞ホームページより。
佐賀県警はこの度レーザー式のレーダーパンダを初導入。この記事で学ぶべきは
「これまでのレーダー4台とレーザーを併用し」という点。電波式も存続させる。
という事は例のスプリアス規格による使用制限は緩和されるという事か。謎なのは、
レーザー式の利点として、「周囲の地形に左右されにくく、取り締まりを行う場所の
選択肢が広がる」という点。既存の電波式とそこら辺のスペックは変わらないよ。
電波式でできなかった場所で、レーザー式ができるという事は無い。という訳で
せっかくだからここでLSM-100についておさらい。佐賀県警の人、見てくれないかなぁ。


これがLSM-100のカバーが外された状態。向かって左側がビデオカメラユニット、
右側がレーザー照射ユニット。アンドロイドOS下で動作する。このレーザー
照射ユニット自体は「SICK」という会社が開発したものの可能性が高い。本来の
用途は「鉱山用トラック、掘削機および飛行機などの拡張された衝突防止」「交通管理や
現場セキュリティなどでの確実な監視」等とあり、要は自動運転装置における衝突
回避機能に期待されるセンサーのようだ。


※画像はSICKホームページより。
SICKのロゴが無ければLSM-100のそれと変わらない。製品名は「3D-LiDARセンサ
LD-MRS / LD-MRS 4-Layer / Outdoor」


※画像はSICKホームページより。
これはそのままLSM-100の索敵範囲と解釈していいだろう。レーザーだからって
指向性が強いかと思いきや、そうではないのがよく判る。


今回は後方照射仕様が入ったんだね。前方照射仕様であれば、対面で測定して
転回して追跡からの検挙に入るが、後方照射仕様であれば、転回のプロセスを
省略できる。合流のみで良い。ただ、隊員の首は疲れる。※遠去の場合はまた別ね。


レーザー対応のレーダー探知機は既に市販されている。佐賀のドライバーは
この1機の為に探知機を新調するか。


非レーダー仕様の210系クラウンパンダ。


BMレガシィ交取覆面。ナンバーは「佐賀300 ひ 76-67」


同レガシィが未だ現役として式にも登場するのは嬉しい事だ。


白バイとレーダーパンダ。POLICEマーキングのフォントがカッコいい。


ハイマウントストップランプは6灯仕様。レーザーパンダサガ。



当サイト情報提供者の方より頂いた交機白バイ隊出動式画像。ありがとうございます。
先程の佐賀県警同様、こちらは愛媛県警による「輝け!春の全国交通安全運動」を
踏まえてのものだ。


女性隊員は式典等で着用の女性白バイチーム用ユニフォームを着用。チーム名は
ホワイト・ロビンズ。


出動。CB1300Pの新旧モデルが並ぶ。


こちら旧モデル。


こちら新モデル。


いいねぇ。かっこいいねぇ。


こちらは通常業務で出ていく機動捜査隊所属の10代目カムリ覆面。


無線アンテナはドルフィン仕様。真っ黒スモークにハイマウントストップランプの
切り欠きがいかにも警察車両って感じだ。


テンパータイヤで出ていくL33ティアナ同隊所属機。事情が気になるね。



当サイト情報提供者の方より頂いた函館交機出動式画像。ありがとうございます。
撮影は「輝け!(以下略)」を踏まえてのもの。


200系、210系それぞれのクラウンパンダが並ぶ。


本格的取締りシーズンの幕開け。いいものだ。


出動。210系クラウンレーダーパンダ。LSM-100の前方照射仕様。


こちらは後方照射仕様の別個体。電子戦タイプのイングラム3号機みたいで
カッコいい。


200系クラウンレーダーパンダ。出動式、本当にいいものですね。



当サイト情報提供者の方より頂いた北見方面本部画像。ありがとうございます。
ここには北見交機も陣を構える。こちらもまた「輝け!(以下略)」を踏まえての
撮影だ。本当、皆のおかげで様々な出動式を見る事ができる。感謝だ。


交機コーナー。出動式はここでは行われず、別の会場で実施。そこへ向かう
シーンをまずは見ていこう。


CB1300Pと210系クラウン交取覆面。


新旧CB。向かって右が新、左が旧。


210系クラウン覆面「北見300 て 82-03」


同覆面「北見300 つ 66-36」


210系クラウンレーダーパンダ。LSM-100の前方照射仕様。


別個体。ナンバーに注目。


一般車と違い、パトカーは物凄い回数でトランクの開閉を行う為に、ナンバー
プレートが跳ね上がるように変形していく。それを防ぐ為だろうか、
フレームが装備されている。あの跳ね上がりがパトカーの「キルマーク」
みたいなものでカッコいいんだけどな。


後方照射仕様。


別個体。こちらにもフレームが。


新CB。


エキマニ、これから焼けていくんだろうなぁ。


200系クラウンレーダーパンダ。


出動式会場。北見市中央三輪6丁目「ファッション市場サンキ」


オフ会のごとし車列。いいねぇ。


200系、210系クラウン各パンダが並ぶ。


式開始。


今年もまた本格的取締りシーズンが始まった。いいねぇ。我々は待った。
この半年を焦燥と共に。まぶたの裏にゆらめく赤い影。タイヤの軋みと
サイレンのうめき。


背景の建物と車両の緊張感のギャップがまたイイ。


こちらもまたしかり。「合鍵」ののぼりが良い。黒色のホイール、カッコいい
よなぁ。


覆面2台が出ていく。


いってらっしゃい~。肩を落とした鉄の背中がどこまで続く。今年もまた
終わらないゲームが始まる。振り向けば未練もない過去がスローモーションと
なる。どこからともなく聞こえるサイレンの音が地獄への道を急かせる。
無能、怯懦、虚偽、杜撰、どれ一つ取っても戦場では命取りとなる。それらを
纏めて無謀で括る。誰が仕組んだ地獄やら。兄弟家族が笑わせる。
   

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。