世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.028



当サイト情報提供者の方より頂いたうきうきサイン会現場画像。
ありがとうございます。札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダ。
現場は札幌市東区北38条東21丁目 道道431号 丘珠空港通り BUBU前。
雪解けが進んで同地での速取りも本格化する。良い季節がやってきました。


待伏せポイントを地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。


脳内BGM「岩崎宏美 / 聖母たちのララバイ」 戦場で棒立ちしていて背中を
刺されるとこうなる。今後もBUBU前での撃墜劇には期待できる。カメラの
準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた取締り準備開始画像。ありがとう
ございます。札幌交機隊員によるシーベル・ながら運転の取締りだ。


隊員の一人は官給品の長靴ではなく、自前の防寒靴を使用。官給品の
長靴よりも滑りにくいそうだ。


200系クラウンレーダーパンダ。搭載レーダーはLSM-100。レーザー式。今回は
うきうきサイン会会場として使用なので、焼き焼きは無い。


現認係が所定位置へ。


セットポジション。現場は苫小牧市明野新町4丁目22。


現場を地図で確認。クルマに乗ったら全ての人がシートベルト、携帯電話の
使用はクルマを安全な場所に停めてから。


停止係もセットポジション。


前面警光灯はハロゲン仕様の個体。2021年度には所轄へのお下がりも予想
されている個体。


方向指示板。通称矢板。「604」のラベルプリント。


コールサインと同一ですな。


違反車両発生。停止係がダッシュ。


黒色の軽自動車が検挙対象。


はい終わった。


サイン会場へGO!


幼児ゾーンだがサイン会場。幼児ゾーン?


真実の瞬間に遅れをとるとこうなる。違反歴は5年消えない。


次は真実の瞬間を別アングルで。向かってくる車両に減速を促しつつ、


それをかわす。この車両は無関係。しかし後続の検挙車両を減速させるためには
必要な動き。


そして本命検挙車両をサイン会場へ。プロの手際。一歩間違えたら轢かれる。
だが、そこは知識と経験が物を言う。


ヘルメット、マジで大事。



当サイト情報提供者の方より頂いた札幌運輸支局画像。ありがとうございます。
さぁ皆さんやって参りました。V37スカイラインレーダーパンダの姿を
警察納車前に見てしまうこの企画、既に20回目を迎えました。迎えてない。
迎え過ぎ。細かい事はどうでもイイ、どんどん見ていこう。


道警が今回購入した同パンダは全部で9台。搭載レーダーはレーザー仕様の
LSM-100。「抜けた」からって走りながら電柱焼いちゃダメだぞ~。


ナンバーがまだ付けられていないので個体の選別ができないのだが、いずれも
同LSMは前方照射仕様のみが確認されている。


検査ラインを通過していく。いいねぇ。


荷札。RV37の型式記載が確認できる。


今回の検査でもナンバー登録は無し。この状態で札幌日産白石店へ陸送。


前回も記事にさせて頂いた、同日産前でのシーン。実はこれが「かなり貴重な
シーン」として日産内部と警察でも話題になっているそうだ。それはそうだろう。
最新鋭機の「公道走行シーン」だもの。敷地内ではない。テストコースでもない。
ここは公道なのだ。


は じ め て の こ う ど う


本当、とても貴重なシーンなんだという事をあらためて痛感いたします。


公道走行シーン、楽しんでいただけましたでしょうか。次も公道で会いましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。札幌交機所属「札幌303 す 80-29」同クラウンの見破りポイント
の一つにハイマウントストップランプが四灯仕様というのがある。きっちり
押さえていきましょう。


うきうきサイン会。今回投入されたのは新川通。


今回のルーレット範囲。何本かイレギュラーはあったそうだが、おおむね
この範囲を行ったり来たりする。「夜の新川通は何かある」と思って
走行すべし。我々は当事者になってはいけない。常に傍観者であれ。


こちらも当サイト情報提供者の方より頂いた「80-29」画像。札幌トヨペット
クルマックス琴似店での撮影。点検か何かだったのでしょうか。皆、
時や場所は違えど同じものを見ていたんですなぁ。嬉しい限りです。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ現場画像。ありがとう
ございます。居るねぇ。雪もすっかり溶けた春の夜。いよいよだ。我々が
待ち望んだ季節がやってきた。


Y31セドリックレーダーパンダ。ベテラン機だ。搭載レーダーはRS-710CD。
レーザー仕様ではなく電波仕様。何もかもがクラシカルだが、コイツが居るのは
交取の最前線。


現場を地図で確認。札幌市東区丘珠町755 道道1137号 丘珠空港通り
プロフィット前。なお、このポイントと今回記事最初の札幌市東区
北38条東21丁目 道道431号 丘珠空港通り BUBU前ポイントとは、
かなり近い位置関係にある丘珠空港通りは激突戦域と言っていい。


プロフィットという名前の会社敷地からの待伏せである事からそう命名。
札幌本部東署交通課が待ち構える。興味深いのは所轄交通課が夜間にも
取締りをしている点。ここ1、2年前から同署交通課が見せている傾向。
「所轄は夜間に交取をしない」というパターンを崩している。


うきうきサイン会。前述の様にコイツのレーダーは電波式。国による
新スプリアス規格なる無線機の規制において、コイツが使用不可になる
対象に含まれており、その猶予期間内が活動限界かとも言われたが、
ここにきて国がその規制範囲を緩める動きを見せている。RS-710CDの
去就やいかに。


戦場で棒立ちして背中を刺されるドライバー。最新式のレーザー仕様の
LSM-100で焼かれようとも、ベテラン機のRS-710CDで電波を浴びようとも、
こうして撃墜されるヤツは撃墜されるのだ。


新スプリアス規格の規制を逃れたとしても、もう一つ懸案事項がある。
コイツの車検満了時期だ。2021年10月で検切れとなる。車体を更新
するのか、それともそれを機に引退なのか。できれば前者であって欲しい。
今後も皆様からの最前線でのベテラン機画像をお待ちしております。
カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。