世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2021/Text No.026



当サイト情報提供者の方より頂いたV37スカイラインレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。道警が2020年度予算で購入した交取最新鋭機。
210系クラウンパンダ全盛を極める中、今回の入札において日産がトヨタを
制した背景を説明する。厳密には「制した」という表現は適切ではない。
今回のレーダーパトカー入札時においては、入札大本命の札幌トヨタが指名
停止になっており、それで日産が繰り上がり当選するような形になっている。
函館での開発局の保安車両入札で函館トヨタと色々あった。それで札幌トヨタは
指名停止になった。その偶然、背景によって、


この光景を目にする事となった。風が吹いたら桶屋が儲かる。
※画像は北海道警察ホームページより。


※画像は北海道警察ホームページより。
そしてこちらは先日実施された冬用タイヤの入札の仕様書。ここにはタイヤ
サイズは225/55R17とある。17インチモデルの該当グレードは「GT」となる。


VR30DDTTエンジンは304馬力を発生させる。トルクは40.8キロを発生。


時間を少し戻す。同スカイラインを運ぶ船が入港してきた所まで。


プリンス海運所属「デイブレイクス ベル」夜明けの鐘という意味だ。この言葉を
聞くと機動戦士ガンダム00の同名タイトル第1期オープニングテーマを思い出す。
L'Arc〜en〜Cielの32作目シングルだ。メチャクチャかっこいいんだよ。


荷を積み下ろしする為のランプウェイを展開。


そしてそこからこうしてスカイラインレーダーパンダが出てきた訳だ。再び
同パンダを見ていこう。ご覧の通り道警マーキングもPOLICEマーキングも
無い状態。旭日章もこれから装着される。


前面警光灯は210系クラウンとは異なり、グリル内側ではなく外部露出。


搭載レーダーはもちろん今をときめくレーザー式。東京航空計器製の
LSM-100だ。当然ながら、速度違反捏造を未然に防止する為に、走行間
測定能力は封印されている。ただし「待機モード」は引き続き実装。


スカイライン シロクロ パトカーと書かれた伝票。


今回陸揚げされたのは計5台。道警の入札では9台となっているので、
残り4台はまた別日の船便という事になる。


これが我々の新たな標的だ。コイツがエプソン前および前前、ダミー看板前、
クロスオーバーポイント、BUBU前、山本、角山、張碓等々、幾多の戦場に現れる
訳だ。戦場で棒立ちするドライバーの背中を刺しにいく姿を早く見てみたい。


今回陸揚げされた5台、すべてLSM-100は前方照射仕様。


センターパーキングランプ、後部補助警光灯は210系クラウンの物とはまた
別形状のものだ。


陸送。


無線アンテナはユーロタイプがトランクリッドに装着されている。


キャリアーに積まれた姿もそうそう見られるものでは無い。ナイスショットの
連続。どの写真もいちいち痺れる。かっこいい。


丸目四灯。いいねぇ。スポーティーな印象を与える事のできる答えの一つだ。


こいつが違反車両目がけてフル加速していく時、どんなエキゾースト音を
聞かせてくれるのだろうか。エンジン音はメカ音は。本当、実戦投入が
楽しみで仕方ない。


スカイラインパンダを運んできた「デイブレイクス ベル」と同じくプリンス
海運所属の「玄武」ここからは同船へ出入りする色々な車両を見ていこう。


搬出と搬入を交互に繰り返すような流れ。船内は6層にもなっているそうだ。
車両600台、トレーラーシャーシ50本を積載できるという。これは「デイブレイクス
ベル」も同スペックだそうだ。


E26キャラバン救急車。自衛隊で使用されるものだ。


フロントには桜のエンブレムマーキングが。救急車の規格としては、2B型と
呼ばれるものだそうだ。


シボレー・C2型コルベット。最終生産年は1967年。


地を這うようなデザイン故に、ランプウェイの段差には特に気を遣う。


段切りを行い超低速で進入。


無事に上陸。


上空を通りがかる航空機。


航空自衛隊所属C-2輸送機。


「玄武」の隣に停泊の日本通運所属の「ひまわり8号」と。


美保基地所属機。


再び船へ。事故や故障で自走できない車両をフォークリフトで積み込む。


ランプウェイの起伏と干渉するような場合は、


持ち上げる。


船の荷役作業ってどれも興味深いな。


持ち上げてどんどん運ぶ。


バックホーも積む。ランプウェイを保護する為にうどんみたいな緩衝材を
軌道に巻き付けての移動。


後方に居るE26キャラバンは車両を載せたり下ろしたりするドライバーを
タクシーする為に随伴している。クルマを船から降ろした後、その
ドライバーは歩いて船まで戻るには時間も労力もかかる。そのための
車両。これら、車両を積み下ろしする作業員の事を業界用語ではギャングと
呼ぶ。凄みのある言葉だが、元々は「行進」「行列」という意味だった。
そのうちに意味も変化して、船内荷役作業員を意味する言葉になったそうだ。
このギャング、別の名をステベとも呼ぶそうだ。ステベ。


厳重な養生で運ばれる車両。だがそのシルエットからピンと来る。GT-Rだ。


1,000万円クラスのスーパーカーだもの、その運搬も最大限の配慮がなされる。


独特の形状、フォルムの荷役車両。これはリーチスタッカーと呼ばれる車両。


先端に伸ばすアームの先でコンテナを嵌合(かんごう)させて持ち上げる。


車体の方向転換はリアタイヤで行う。見れば見るほど面白い形のクルマだ。


地表スレスレでコンテナを移動させて、ピタリと位置を合わせる。凄いなぁ。


話しを再びV37スカイラインレーダーパンダに戻す。何度も言うがコイツが
今度の我々の新しい標的になる。


奇しくも先代のV36スカイラインもレーダーパンダとして実戦投入されており、
V36、V37と2代に渡りレーダーパンダ化したのは嬉しい限り。


なお、今回のスカイラインパンダの写真を見た札幌交機隊員曰く、「先代の
V36はルーフが低く、ヘルメットがつかえるんだよ」と話していたという。
走行性能と共に、長時間の任務に耐える居住性もまた重要。戦線投入後の
V37スカイラインレーダーパンダの評価やいかに。今後も皆様からの最新鋭
戦闘機画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。