世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.120


2020年最後の更新となります。記事総数これを含めて120本。これまでの年間
実績と比べると少ないのだが、それでも思えば遠くまで来たものだ。当サイト
情報提供者の皆さんの激闘の記録をここに振り替える。あの日、あの時、あの場所で
出会ってしまった物語。公道を駆ける物語。「所詮この世はさよならだけ」と、
ほざく奴らにゃほざかせろ、言いたい奴には言わせるさ。花に嵐の例えがあれど、
胸に刺さったこの想い、この愛しさは色褪せない。


TEXT No.005より。トミカ博でのもの。2020年も我々はパトカーをより多く撮影
できる事を暗示していたんだと、今なら思える。


2021年のトミカ博札幌開催は新コロの影響で中止だ。この光景を再び見る事が
できるのは2022年か。



TEXT No.006より。1月の積雪期まっただ中での厚別区山本 道道626号での
レーダーパンダによる速度取締り劇。真冬における速取りは千歳以南での
ものという傾向が例年強い中、札幌圏でも道路状況によってはそれをやって
くれた衝撃と喜び。


こちらもしかり。ここは東区北38条東21丁目 道道431号 丘珠空港通りBUBU前。
凍てつく空気の中、それでも路面が出てさえいればレーダーパンダが待ち構える。
そうこうこなくちゃな。


TEXT No.007より。同じく積雪時期での札幌圏速取り。ここは地獄の激戦区、
白石区東米里2196 道道626号 クロスオーバー前。


この時は待機場所と車道の間に積まれた小さい雪山があるために一発でUターン
できず、後退で転回してからの追跡になっていた。それでもキッチリ検挙できる。



TEXT No.011より。愛媛県警視閲式にて。ファランクス陣形を取る機動隊に、ソフトな
武器で立ち向かう切られ役という時代劇。だが、これでイイ。訓練展示は判り易さが
大切なのだ。


被疑者役の演技力が肝心なのだ。素晴らしい。



TEXT No.015より。道央道美沢PAのぼりで行われた可搬式オービス「北欧くん」に
よる速取りにて。


この当時はまだ北欧くんは1台のみで、2台目の納品先がどの隊になるのかが
関心事。記事内ではこの時の運用が高速隊であった事から、同隊に入るのでは
と予想していたが、実際には旭川交機に2台目が納品される結果となった。


TEXT No.047より。これは手稲区手稲前田591 道道125号での北欧くん。違反車両に
ストロボが焚かれた瞬間。赤外線カメラではないので、その色は白色だ。



TEXT No.018より。道警琴似庁舎での訓練風景。訓練中のパトカーってのは取締り
シーン以上に目撃できる機会は少ない。


思っている以上に難しいんだろうな。プロの技術は絶え間ない訓練によって培われる。



TEXT No.019より。新型コロナがいよいよパニックを撒き散らし始めた、その光景。
買い占め、高額転売、入荷待ちの店舗籠城。色々なコントが展開。誰が仕組んだ
地獄やら、兄弟家族が笑わせる。己一人の我が身が可愛い。オマエもオマエも、オマエも、
俺の為に死ね。


そういえばイソジンが効くとか、アホな事ぬかしたヤツも居たな。


TEXT No.037より。大いなるパニックが続く中、いよいよ本格的な外出自粛ブームに。
今よりも遥かに感染者も死亡者数も少ない時期ではあったが、恐怖による行動の
制限効果はてきめん。もう道が走りやすいのなんの。


TEXT No.039より。高速隊所属130系マークX覆面を記事にしたものだが、当時は
このワクワクする内容の電光板と一緒にというのが一つ押さえ所みたいな感じでは
あった。


こちらもしかり。「外出すんな」って電光板では出ているのに、外出して捕まる
トンマという構図が良かった。こんな時代もあったんだよねぇ。


TEXT No.040より。こちらもしかり。


君は刻の涙を見る。



TEXT No.040より。警視庁に投入された70系カムリ交取覆面。TRD仕様という事で
その覆面らしからぬ、派手なデザインが素晴らしい。


警視庁導入の「尖った存在の覆面」と言えば、最近では130系マークX +M
スーパーチャージャーがあるが、コイツはその光景。動力性能を比較すると
マークXは360馬力、トルク50キロ。対して同カムリは211馬力、トルク43キロ
(エンジンとモーター合計)となっている。ここら辺、何か事情あるのかね。


見分け方は市販の同カムリTRD仕様車であれば、マフラーはデュアルツイン
サイレンサー。左右4本出しなのだが、覆面は右側の2本が存在しない。
これはリアの同箇所にドライバユニットが装着されていて、そのサイレン音の
抜けをよくするためだ。ここが見破りポイントだ。


そしてもう1台、取り上げたいのは埼玉県警高速隊に配備されたWRX・S4覆面。
既に同車種の覆面は、高知県警、そして


青森県警にも配備されている。


2リッターターボ車という、交取覆面ではあまり採用実績のないカテゴリの
車両が覆面に採用され、しかも、


不肖、私の愛機と同一車種というのがもう嬉しくて。


更には、この画像を頂いて記事にさせて頂いた際に、「ナンバー隠せよな
覆面だんだから」という定番ノイズが発生し、そのノイズの原因と発生元に
対しては「あぁ、また可哀想に」という、いつもの印象を皆が抱いた事も印象に
残っている。



TEXT No.048より。「代表的な北海道での取締りシーンです」というイメージ
で見る事のできる一枚。※実際には中々見る事はできません。


TEXT No.73より。「代表的な北海道での警察署前の光景です」というイメージ
で見る事のできる一枚。※実際には中々見る事はできません。



TEXT No.051より。取締り激化傾向となったBUBU前にて起きた出来事。いつもの
検挙風景とは異なり、パンダに気付いてか、その目前で更に加速する検挙対象車両。


S13シルビア。もうこの時点で完全に逃走を図るモードにメンタルチェンジ。
パンダは追尾に入るも、S13は分離帯切れ目でサイドターンを敢行し、パンダを
見ながら今走ってきた方向へと逃走。パンダは事故防止の観点から放尾。
互いに冷静。やるな。



TEXT No.061より。パトサインを出して緊急走行の高速隊210系クラウン覆面。


スピード落としてますよ~。グヘヘヘヘ。


ナイスショットでした。素晴らしい。



TEXT No.066より。特殊班派遣部隊の訓練シーンにて。


映画でよく出て来るヤツだが、日常ではまず見る事は出来ない。


よくぞ押さえました。ナイスショット。



TEXT No.66より。東区丘珠町のたまねぎ倉庫での火災事案にて。


立ち上る炎と、それと戦う消防隊員。痺れる。



TEXT No.062より。東区東雁来12条でのクルマ2台、乗員3名全員死亡の
事故にて。


B当車両。1枚目がA当。一時停止無視が原因だった。


TEXT No.64より。事故後に行われた設置式ネズミ捕り。住民がやれって言うもん
だから。※すぐにやらなくなる。


TEXT No.67より。事故後に行われた可搬式オービスによる速取り。住民がやれって
言うもんだから。※すぐにやらなくなる。



TEXT No.81より。道央道札幌南IC手前くだりで起きた車両3台による事故にて。


転覆した車両が起こされて、検証の為に駆け寄る高速隊隊員たち。



TEXT No.88より。どうしてこんな事になったんだろうね。ヤマアラシのジレンマ。



TEXT No.90より。新千歳航空測候所 空港気象ドップラーレーダーのパラボラ交換。


貴重な衣替えのシーンだ。



TEXT No.97より。札幌交機による速度違反捏造事件。これは本当に歴史に名を残す
出来事だと言える。「吉本メソッド」「やぶさめモード」等の言葉を生み出した。


捏造に使用された東京航空計器製レーザー式速度測定器LSM-100。初公判で明らかに
なったのは、測定時におけるエラーの存在。明らかに違反速度に達している車両でも
「抜け」と呼ばれるエラーによって検挙できないケースの際、パトカーを走らせながら
固定物にレーザーを当てる事で、思うがままの測定結果を作り出す事ができるという手口。


捏造事件が発覚する以前に撮影のもの。


こちらもしかり。これは今にして思えば、その「抜け」を少しでも減らす為の隊員の
対策だったのかもしれない。


TEXT No.107より。これは、その不正をできないように対策された同LSMについて、
札幌交機がメーカーから説明を受けているのではと推察される光景。


TEXT No.114より。判決は2021年1月13日札幌地裁 第805号法廷でくだされる。
いよいよクライマックス、いよいよ大詰め。真実はいつも残酷だ。



TEXT No.112より。札幌交機によって行われた飲酒検問より。


全国一斉検問は昨年より行われなくなり、各都道府県警個別に行われるようになった。
これは残念な事だ。年末の総決算的なイベントでもあった。しかし、こうして画像を
頂けた事は大変嬉しい。



TEXT No.013より。2020年は札幌交機覆面が一気に車種変更となった年だった。
これまでBMレガシィ交取覆面が主力戦闘機。「クラウンに気を付けてさえいれば
覆面対策は大丈夫」という神話にしがみついていたドライバーを、軒並み
血祭りにあげ、レガシィショックと名前まで付いた時代は終わりを告げ、再び
クラウンによるほぼワンメイクラインナップに。


まだ警察の手に渡る前からその姿は押さえれており、ボディーカラーの特定が
まずなされた。


その後、運輸支局での姿が目撃される。色々な場所で、色々な方々によって記事が
出来上がっていく。本当に感謝だ。


そして納車。スクープの連携によって、かなり早いタイミングで全ての新車覆面の
ナンバーを押さえる事ができた。これは札幌交機以外の方面本部納車分もしかり。
本当、皆には感謝だ。


2020年12月現在、札幌交機で唯一稼働しているBMレガシィ交取覆面がこちら。


ラストワン、ラストレガシィと呼んでいる個体。白バイ隊に配属となり、雨天時、
積雪時の交取機として第一線を張る。


TEXT No.117より今年配備になった新車クラウンの1台が事故。過酷な任務について
いる性格上、これは仕方のない事だが、納車間もないパトカーの事故ってのは
インパクトが大きい。


道警琴似庁舎に陸送で帰ってくる。


この個体は廃車にはならない見立てが有力。また公道で会いましょう。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。