世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.118



当サイト情報提供者の方より頂いた登別市登別温泉町 第一滝本館画像。ありがとう
ございます。温泉宿として人気の当ホテル前にパトカーが。今回の件では古谷一行さんと
木の実ナナさんは出てきません。同ホテルのサイトによると、

地球の命を感じる登別温泉の象徴。地獄谷の風景は、第一滝本館の特権です。贅沢な
5つの泉質を24時間楽しめる大浴場に、北海道をまるごと味わうビュッフェ、
上質なくつろぎに身を包まれる客室。

第一滝本館、とても良い所なんだろうな。


本件にあっては管轄である室蘭署の各課が臨場。私、キ!こっちは地域課の210系
クラウンパンダ!


地下駐車場へのスロープには地域課3代目ソリオパンダ。


同課200系クラウンパンダ。


同課210系クラウンパンダ。


ホテルで一体何があったのか。それは不明だ。だが、大した事ではなかったのだろう。
後の報道でも、何かあったという記事は一切確認できない。


T31エクストレイルと260系アリオン各捜査用覆面。


260系アリオン捜査用覆面。冬になるとね、車体は凄く汚れる。丁寧にキッチリ
洗車しても、10分走ればこうなる。


E26キャラバン鑑識車。


素晴らしいカラーリングの130系マークX捜査用覆面。


目にも鮮やかな捜査用覆面。「こんな色の捜査用覆面居ないよ」と思わせる
にはいいが、一度正体が判ってしまうと目立って仕方がない。


ユーロタイプの無線アンテナから伸びる同軸ケーブルが途中でダンスっち
まってる。久々にこの表現が使えて嬉しいです。


現場写真を撮影する捜査員。カメラはやっぱりペンタックスのWORM仕様機
なんだろうね。ストロボは常にスタンバイ状態で撮影。


交通課所属のV36スカイラインレーダーパンダも臨場。


この個体は釧路交機から帯広署交通課へ所管換えされ、更に2020年度より
室蘭署交通課へと所管換えしている。各地を転々とする、息の長い個体だ。
今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。どこで被写体が待ち
受けているか判らない。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。レッカー
車両が止まる先に渦中。


規制にあたるはE25キャラバン遊撃車III型。機動隊で運用される車体だが、所轄
第二機動隊向けに配備されて、現場では多目的運用されているという状況か。


本件はクルマが電柱を倒すという内容。当該車両は既に撤去されるも、電柱は
倒れて周囲は停電という状況。急ピッチでの復旧作業が進められている光景だ。
いくつものバスケットが立ち直らせた電柱に伸びる。


引きで見るとこう。これは凄い。総数4台の高所作業車が集まってくれました。
集まってくれました じゃねぇよ。誰だよ電柱倒して停電させたヤツは。オール電化
住宅の住人を殺す気か。


電柱破壊に加えてこれだけの作業を強いた今回の事故、信号機も停電しているのが
わかる。対物補償額はどれくらいになるんだろうね。


情報提供者の方が棒倒しゲームの後始末現場を後にして次に見た光景がこちら。
交差点内での大胆職質。210系クラウンレーダーパンダ、ドラえもん服という事から
飲酒狙いの声掛けと思われる。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。函館交機所属「函館300 て 85-35」外部アンテナレスだがグレード
エンブレムレスでもある。


ルームミラーが上下2段のダブルミラーになっているのが判る。今回コイツは
函館市松風町から若松町界隈を徘徊していたそうだ。赤無視や一時停止無視、
シーベル・ながら運転を流しで監視していたっぽいね。今後も皆様からの交取
覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。
警視庁所属2代目ボンゴ・ブローニィ事故処理車。


事故処理車の先のコンテナ車が当事車両。


コンテナ車が停車中の車両に追突し、合計3台が関係する玉突き事故に。


右フロントを破損させている、同車がいわゆるA当という事になる。


左後部を破損させたB当。その先の貨物車もB当。年末も押し迫ったこの
時期の事故ってのは一層きつい。最高のとは言わない。でもせめて平時の
普通の年越しを迎えたい。事件事故には巻き込まれるな、そして起こすな。
我々は常に傍観者であれ。



当サイト情報提供者の方より頂いた白バイ陸送画像。ありがとうございます。
撮影は熊本県にて。CB1300Pがきっちり固定されて運ばれている。


まだ県警マーキングが入っていなかったそうだ。新車の納車という事ですね。
積雪圏ではもう白バイの活躍を、姿を見る事もままならない。冬でも活躍する
白バイ画像、皆様よりお待ちしております。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた2021年自衛隊カレンダー。ありがとう
ございます。左が3隊共通の総合カレンダー。中央の卓上が航空自衛隊
北部方面隊カレンダー。右が航空自衛隊の翼 JASDF 2021カレンダー。
とても良い物を頂きました。感謝です。


三隊共通カレンダーより。KC-767空中給油機。


航空自衛隊北部方面隊カレンダーより。豪華な1枚と言える。キャプションに
あるように、F-15Jイーグル、F-35AライトニングII、F-2Aの各戦闘機。もうここには
F-4EJファントムは居ない。カッコよくも切なくもある1枚。痺れる。


航空自衛隊の翼 JASDF 2021カレンダーより。小松基地飛行教導群所属F-15DJ
イーグル。飛行教導群の名の通り、戦闘機によるドッグファイト技術を各基地を
巡回して現地隊員にコーチングする。仮想敵機部隊=アグレッサー(侵略者)部隊
とも呼ばれる。他の飛行隊機には見られない独特のカラーリング。以前は仮想
敵国機と同様の迷彩パターンで塗装されていたが、今は識別性にすぐれた派手な
カラーリングになっている。ドッグファイトにおいては視認性が高い方が不利と
なるが、そのハンデを負ってなお、一枚も二枚も上手の技術で戦闘を制する。
痺れるねぇ。これは本当にカッコ良い機体。



サイトの更新を支える重要な要素の一つであるカメラシステムの紹介。これが
2020年12月現在の私の商売道具。カメラ3台と交換用望遠レンズ、バッテリー等を
持ち運ぶためのハードケース。


キヤノン・EOS 7D MarkII。こちらにシグマ・18-300mm F3.5-6.3 DC-MACROレンズを
装着し、キヤノン・BG-E16バッテリーグリップを装備。それを基本にキヤノン・SB-E1
スピードライトブラケットと汎用ブラケットを組み合わせ、そこにキヤノン
600EX-RTスピードライト、ソニーHVL-LE1ビデオライト、GoPro・HERO7 CHDHB-601を
装着。


もう1台のキヤノン・EOS 7D MarkII。こちらは機動性を重視しブラケットの装備無し。 シグマ・17-70mm F2.8-F4 DC MACROレンズを装着し、キヤノン・BG-E16バッテリー
グリップを装備。交換用レンズにシグマ・50-500mm F4.5-6.3 APO DG OS。


広角担当機。ペンタックス・K-3IIにシグマ・8-16mm F4.5-5.6 DCを装着。


カメラをバックアップするためのハードケース。ペリカン・1170HK。


中身。予備バッテリーと充電器、カードリーダー、モバイルバッテリー等。


出先で長時間戦う為の装備。これからも色々な現場に向かいたい。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。