世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.116



当サイト情報提供者の方より頂いた高速道雪地獄画像。ありがとうございます。
低速運転で形成された車群の前には除雪作業を告げる作業車両。この先には
除雪車が隊列を成して行う除雪、梯団除雪が実施されているのだろう。
低速での走行を余儀なくされる事を不満に思うドライバーは居ない。
このフラットな路面は除雪車あっての環境だからだ。


雪に覆われた世界を行く。ややもすればこの景色は美しいとも思えるが、
現地を行くドライバー、除雪に携わる作業員の方にしてみれば、これは
過酷な環境と言わざるを得ない。生き残れ、この地獄を。



当サイト情報提供者の方より頂いた轢き逃げ事件現場画像。ありがとう
ございます。撮影は埼玉県行田市。E25キャラバン事故処理車の前には
その渦中が。


撮影に関しては警官より物言いがあったそうだ。だが、情報提供者の
方の話術により、にキッチリと現場は押さえられた。物言いの内容は
「大きな事件になるから、大きな事件になるから」の一点張り。そうかぁ、
獲物の大きさを向こうから口外したか。初めての轢き逃げ事案捜査で
緊張するのは判る。だが、だからと言ってこちらに当たるのはおかどが
違うってもんだ。こうしてサイトにも画像は出た。噛み付いて何か
得したか?ん? なお、本件は道路を横断していた66歳の女性が36歳会社員の
運転する車に轢かれて死亡している。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。メッシュグリル越しに、僅かに前面警光灯が確認できる。目を
慣らしておきたい。ナンバーは「鹿児島301 す 72-44」撮影は鹿児島県警
西警察署。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ待伏せ画像。
黄金に染める夕陽を浴びての待伏せ。待ち伏せるのは函館交機。撮影は北斗市
本郷 国道227号。これまでも記事にさせて頂いたこのポイントだが、固有名詞を
付ける。「貸物件ポイント」と今後は呼称する。


搭載レーダーはレーザー式。東京航空計器のLSM-100。札幌交機による速度違反
捏造に使用された機器ではあるが、従来の電波式レーダーではバレずに速度違反を
捏造できたものが、LSM-100ではカメラが装備された事で、その不正の防波堤と
なる結果となった。しかし札幌交機の吉本潤元警部補はその防波堤を突破して
ダークサイドに落ちた。彼が実績を上げて勤務評価をなぜ上げたかったのか。
それはここでは書けない。だが、ごくごく一般的な、家庭的な理由であった。
裁判で証言したような、「覆面パトカーに乗りたかった」からではない。


速度違反捏造の件は2021年1月13日、午後1時30分より札幌地裁第805号法廷で
判決言い渡しとなる予定。それが過ぎれば、捏造絡みの新事実(当サイトが
扱うような)はもう出てこないだろう。


前方照射仕様のLSM-100。これ、僅かに前傾させた角度で装着されている。
これ、前傾していない角度で装着されているものもある。違いはなんだろうね。


待伏せポイントを地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。


こちらは別ポイントでの待伏せ。こちらも函館交機所属210系クラウン
レーダーパンダが待ち受ける。


現場は茅部郡森町本茅部町 JR石谷駅前 国道5号。この事は貸物件ポイントの
個体とは異なり、LSM-100は前傾していない。


待伏せポイントを地図で確認。こちらもキッチリ押さえていきましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた火災現場画像。ありがとうございます。
中央区内のアパート2階からの出火事案。


住宅街に映える赤色灯。


非日常的光景。降りしきる雪が、ロマンティック。ロマンティック止めろ。
ここは火事場だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた警視庁Tシャツ画像。ありがとうございます。
警視庁警備部のチームTシャツだそうだ。下部には「Specia Vehicles Unit」の
表記。特科車両隊という事かね。


ピーポ君。


背面。「Fort Fighters」の文言を調べてどこのクラブTシャツなのかが判明。
男子バレーボールチームのものだ。チームの歴史は1972年4月にさかのぼる。
浅間山荘事件の直後である同年同月、「隊員の士気高揚・チームワークの確立
・都民に親しまれる警察官」を目指すという趣旨のもとに、警視庁特科車両隊に
創部されたという。だから「Specia Vehicles Unit」の表記があったんだね。


FOR MORE COMMUNICATIONのキャッチがいいね。コミュケーション、大事。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。うきうきサイン会中のご様子。札幌交機所属「札幌303 す 80-27」
これはこれは、ニナさんじゃないですか。


トランクリッド内側の後部補助警光灯が光る。これまで、この灯火の事を
パーキングフラッシャーと呼んでいたが、それはこの灯火を一定のパターンで
光らせる為のリレースイッチの呼称だった。


現場は苫小牧市樽前方面 国道36号。冬を迎えても積雪が少ないため、
苫小牧市以南に交機が重点投入される。これは毎年の傾向だ。今年も多聞に
漏れずだ。


一般車を装い、ルーレット中の同覆面。


行ったり来たり。いいねぇ。


追尾開始。レーダー測定のLSM-100と異なり、覆面には矢崎総業製のストップ
メーターが装備されているのみ。この機械には録画機能は備わっていない。
それがどういう意味かは判るよね。もうさんざん、速度違反取締りについての
話しを聞いてきたのだから。


取締りは夜間にも及ぶ。せっかく西区の琴似庁舎から来たんだもん。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。