世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.114



当サイト情報提供者の方より頂いたうきうきサイン会現場画像。ありがとう
ございます。金色の陽射しが美しい夕暮れサイン会。コイツは一時停止無視
の取締によるものだ。


監視対象の交差点を確認。東区丘珠町524。ここでは一時停止無視による
車同士の衝突事故も複数起きている。警察が居ようと居まいと、きちんと
一時停止だ。


私もいつか、こんな綺麗な空の下で切符を切られてみたい…って思うかっつーの。
傍観者だ傍観者。当事車にはなるな。卑怯だろうと逃げ上手だろうと関係ない。
結果として生きてさえいれば。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。うきうき職質中。地域課機か自ら隊機か。危ない物をしまうなら、
エンジンルームね。※危ない物とは、消費期限切れの食パンとかです。とか。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。外部アンテナレスだが、真っ黒スモークにハイマウントストップランプ
部分の切り欠きで期待できる。


ムレムレ君1号こと「函館300 な 60-13」所属は函館高速隊。こいつは高速隊機
だったんだね。普段は同隊長万部分駐に居るそうだ。


今回は函館方面本部へのゲタ運用。このようにフロントもキッチリ押さえて
頂いている。ナイスショットです。



※画像は「会社の愚痴,噂,自慢ならsogno」ホームページより。
以前にお伝えした札幌トヨタの指名停止事案について、その詳細を当サイト
情報提供者の方より教えて頂く。ありがとうございます。本件が我々にとって
何が興味深かったかと言えば、


※画像は道警ホームページより。
2020年度納品のレーダーパンダの入札において日産が落札した事においてだ。
日産が落札した事というよりは、常連の札幌トヨタが入札に参加すらして
いなかったという事が関心事となったと言った方が正しい。札幌トヨタが
何をして指名停止になり、レーダーパンダの入札に参加できなかったのか。
今回、それが明らかになった。

事の発端は2020年に国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部が行った
巡回車両の入札。トヨタが投入してくるとしたら、サクシードとなるような
内容の入札だったそうだ。函館開発建設部の入札に何故札幌トヨタが?
それは北海道開発局より「(函館の)入札が2社しか集まらなくて、せめて
名前だけでも入れて、3社見積合わせにしたいんだけど
ぜひ札幌トヨタ
さんにも安くて質の良い製品を入札で勝ち取って欲しい」との声掛けがあった
という。そこで札幌トヨタは自社の儲け分も十二分に、かつ正当な価格をもって
入札に臨んだそうだ。

「儲け分も十二分に」

ここは本当にそういう意味で捉えて欲しい。つまりは入札では勝ち目の無い
事も充分に予想できる価格。そういう意味だ。よって、この入札は地元函館の
2社がしのぎをけずる結果になると容易に予想できていたという。しかし、

札 幌 ト ヨ タ 落 札

これは「勝ちに行った入札」ならば、ロケット打ち上げに成功したヒューストン
をやってもいいが、今回そうはならない。札幌トヨタに動揺と激震が走る。
ここからは表現の限界に挑戦したい。地元2社からの逆切れにも等しい突き
上げ、その内1社とは会長が同じ。「まぁまぁ」と手打ちにはならず、
2人の社長の大バトルに展開。地元2社が談合していたとか、そういうのは
知らない。想像するのは自由。我々は想像してますん。最終的に札幌トヨタが
契約を辞退したため、それで指名停止になっている。ある意味被害者とも言える。
地元2社は、十二分に儲けを含めて提示した札幌トヨタよりも、40万円ほど付加
した金額提示だったそうだ。普段どれだけ(以下略)。開発局からの呼びかけに
札幌トヨタが応じた事、それ自体は悪くない。札幌トヨタの意思だ。しかし
想像以上に地元2社がピー、普段からピーもうこれ以上は書けない。だが、この
ドタバタが生んだもの、それは


※画像は道警ホームページより。
これだ。2021年3月には日産製のレーダーパンダが入ってくる。開発局が
札幌トヨタに声を掛けなければ、この事態は起きていない。風が吹いて桶屋が
儲かった。ドラマティック?ドラスティック!



当サイト情報提供者の方より頂いた火災現場画像。ありがとうございます。
伊達市内での撮影。現場を消防・救急車両が囲む。


渦中。火の手こそ見えないが、燻製状態。これからは空気が乾燥して、更に
暖房や煮炊きで火を使う機会が増える。戸締り用心火の用心。


奥にはブルーシートが。


色々な事を想像してしまうが、一つだけハッキリしているのは、火事は恐ろしいって
事だ。そんな事は誰もが判っている事だが、こうして望んでいない事が起きてしまう。
今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたアメリカ空軍所属C-40人員輸送機画像。ありがとう
ございます。撮影は東京都福生市 横田米軍基地。


青と白のツートンカラーが美しい機体。垂直尾翼の星条旗もいいね。


大統領専用機エアフォース・ワンを連想させる。映画「ニューヨーク1997」を思い出す
なぁ。スネークって呼べ。


「横田の壁」内側はアメリカ領土・領空だ。ホビー機が遊覧飛行。鮮やかなペイント。


アメリカ空軍所属C-130ハーキュリーズ輸送機。垂直尾翼のテールコードは横田
基地を示す「YJ」ヤンジャンではない。


アメリカ空軍特殊作戦コマンド所属のC-146。特殊作戦コマンド。もうその響きだけで
痺れるな。


ベースとなっているのはドルニエ・328。同機は嘉手納基地と横田基地を行き来する
のが度々目撃されているそうだ。となれば、嘉手納基地所属の同コマンド第353特殊作戦群
所属か。特殊作戦群。こちらもまた痺れる響き。


空軍マークがカラー仕様のUH-1。いや、これは空軍マークと言っていいのか。
海兵隊機にもこのマークがあり、隣にMARINE(海兵隊)と書かれている機体もある。
今更だけど、このマークって一体なんなんだ?



前回記事でも書かせて頂いた札幌交機による速度違反捏造事件。公判を控えた前日に
再び新聞記事になっていた物を額に追加。


この事件は我々にとっても忘れる事のできないものになるだろう。だからこうして
様々な形で外部記憶として残したい。


レーダーによる速度違反捏造は、電波式の頃から横行していた事だそうだ。※妄想です。

1 先頭をバイクがやってくる。結構な確率で計測エラー。
2 直近の後続車も違反速度。計測成功。
3 ダッシュ。バイクを検挙。

これは電波式の時代に行われていた捏造の手口の一つだ。※妄想です。今回の
LSM-100でも、似たような方法で捏造をした訳だが、同機器にはカメラが装備されている
為、誰もが「これでは証拠が残るから捏造はできない」と思っていた所、それを
やってしまった猛者が出たという事だ。我々はその猛者の記録を額に入れていく。



当サイト情報提供者の方より頂いた交番パンダ画像。ありがとうございます。撮影は
網走署。交番じゃない。交番パンダって言っているけれど、小型警ら車だもんね。正しくは。
左から3代目ソリオ、3代目スイフト、2代目ソリオ。全部スズキ。いいねぇ。


左から初代パッソ、7代目アルト2台。


210系クラウンパンダ。警ら用のロイヤル。


リアバンパーにもPOLICEマーキングが。いいねぇいいねぇ。ナイスショットです。
ここまでは全て地域課所属機だ。


交通課所属J31ティアナレーダーパンダ。搭載レーダーはJMA-5E。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取パンダ画像。あるがとう
ございます。札幌市街地を飲酒狙いで徘徊する。


飲み屋街隣接のコインパーキングは念入りにチェック。ちょうど出ようとする
クルマが居れば即職質。


札幌交機所属「札幌302 ほ 53-54」今回の運用は白バイ中隊だったそうだ。
四輪運用もあり。これからの時期は特に。正体露見だが、事件は無かったそうだ。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。