世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.113



※画像は北海道新聞ホームページより。
道警に、札幌交機に衝撃をもたらしたレーザー式レーダーLSM-100を使用した
「吉本メソッド」「やぶさめモード」について、再び報道がなされた。札幌交機の
吉本潤元警部補を中心とした速度違反捏造事件。記事では吉本元警部補の不正に
手を貸した部下が、上司に報告するも、それを口止めした事がさらなる不正の
温床になった事が報じられている。


※画像は北海道新聞ホームページより。
とても判り易い図。


で、本件の初公判が12月9日、札幌地裁で行われた。画像は当サイト情報
提供者の方より。ありがとうございます。


第805号法廷にて、午後1時30分から、予定よりも40分程オーバーした午後3時40分に
終了した。次回公判は2021年1月13日予定。以下にお伝えするのは公判の内容を
ダイジェストにしたものだ。こちらも当サイト情報提供者の方より。ありがとう
ございます。

<吉本潤元警部補のプロフィール>
1962年7月8日生まれ。コンピューター会社勤務を経て、道警へ。
2015年4月より札幌交機入隊。
2018年秋からレーダーパンダ乗車。
2019年4月事件の舞台となる第一中隊へ配属。
2019年8月速度違反捏造の裏ワザを開発。
2020年10月速度違反捏造により逮捕。
2020年12月本件事件犯人として懲戒免職。ちなみに保釈中。
退職金1,723万円は全額支給されず。年金受給も5年遅れる見込み。
現在は新聞配達のアルバイトをしている。

<レーザー式レーダーの「抜け」現象>
東京航空計器製LSM-100は速度測定に2段階認証を行う。

認証1「速度確定地点」で速度計測
この時点では違反確定ではなく、検挙できない。

認証2「違反確定地点」で再度速度計測
この時点で違反確定。ビデオカメラ作動、プリンターより記録用紙印刷。

しかし、なんらかの理由で、認証1はされても認証2までいかないケースがある。これを
札幌交機隊内では「抜ける」と称しているそうだ。

「 抜 け る 」

これはパワーワードだ。で、抜けた場合は一般車が明らかに違反速度状態であっても
検挙はできない。吉本元警部補はこの「抜ける」現象については歯がゆい思いを
しており、それが速度違反捏造に駆り立てる動機の一つだった。そしてもう一つの
動機が「実績を上げて覆面パトカーに乗りたい」だった。交機内では、隊員一人
一人の検挙実績がランキング化されて供覧されている。誰がトップで誰がビリか。
それが瞭然で、ランキング1位の隊員には「交通指導課長賞」が与えられる。

「 交 通 指 導 課 長 賞 」

そんなもん設けるからノルマ第一主義になるんだよ。吉本はこの賞を狙い、また
そうでなくとも常にランキング上位に入れるよう、深夜休憩以外は一切休まずに
取締りに専念し、実績を上げ、パンダから覆面へとステップアップしようとしていた。
吉本元警部補の部下の一人は取り調べにおいて、吉本元警部補の取締りスタイルは
「危険」だと供述している。違反車両後方に後続車が接近しているにも関わらずに
強引な形での本線合流に始まり、いわゆる急の付く運転を検挙時には行っていたそうだ。
部下がそれをたしなめるも、結果的に事故が起きなかった事を指して「いけたべあ」
とすごむ一幕も。それもあって、部下が吉本元警部補の暴走に付き合う一因に。
それほどまでにして、実績を上げる事に執着していた吉本元警部補だったが、それの
妨げになったのがLSM-100の「抜ける」現象だった。それが嫌で、わざわざ旧式である
電波式レーダーパンダへの機種転換を申し出、それを乗機としてた時期もあった。その
個体は色々あって苫小牧署交通課にお下がりになったV36スカイラインレーダーパンダである。
苫小牧署同課が事故を起こしたせいで、札幌交機が同スカイラインをあてがって
しまったので、結局は再びレーザー仕様機に乗る事に。


なのでレーザーを使用せず、現場によってはストップメーターを使用した追尾式
取締りを行う事もあった。※それ自体は問題なし。


<吉本メソッドおよびやぶさめモードの誕生>
吉本元警部補は、ある時帰隊する最中に、ふと「これって走行しながらもレーザー
撃てたな。今走っているこの最中にレーザー撃ったらどうなるんだろう」と思った(ポチ)。

LSM-100:違反デス違反デス

おぉぉ!!!!!!これが吉本メソッドの誕生だった。※LSM-100は実際には喋りません。
そこからはもう夢が広がりング。本来はパトカーが静止した状態で、接近してくる車両の
速度を計測するのだが、パトカーを走行させて、静止している電柱等の構造物にレーザーを
当てる。パトカーの速度は自身の意思でどうにでもなる事から、好みの速度で違反データを
作成できる。これが「やぶさめモード」だ。これにより、今まで違反処理が面倒だと
いう事で見逃していた赤切符レンジの速度違反も、吉本メソッドを使う事で青切符レンジの
違反として捏造が可能に。待て、

違 反 処 理 が 面 倒 だ と い う 事 で 見 逃 し て い た 赤 切 符 レ ン ジ の 速 度 違 反

吉本元警部補の面白い所は、実績を上げる為に躍起になっているにも関わらず、赤切符は
切りたがらないという矛盾点にある。これは裁判官からも質問されていた。とって付けた
感はあるが、吉本元警部補は20年前に赤切符レンジで検挙した違反者に、涙ながらに
違反のもみ消しを懇願されるも、泣く泣く処理をした事がトラウマになっていると返答。
赤切符が処理がトラウマの交通警官。コントか。もう一つの回答に、青切符なら10分程度で
処理が済む。赤切符なら30分以上かかり、その後の手続きも面倒だったというのがある、
本命はこっちだろ。なお、この赤切符は面倒というのは隊内でも蔓延している考えだという。
※あくまで吉本元警部補個人の感想です。交通指導課長賞の青切符ポイントと赤切符ポイントの
レート変更をお願いします。ウチのサイトもたまには役立つ事言うでしょ。

<LSM-100の録画機能とそのチェック体制>
上記方法により、速度違反捏造が可能となったが、一つ問題があった。それは、レーザーを
構造物に照射した際に、カメラにもその構造物が録画されてしまうという点。画像データは
LSM-100に装備されるDVD-Rに焼かれ、消去する事もできない。だが、この録画機能に
ついて、札幌交機内では一切チェックする事が無かった。これまで電波式のレーダーを
使用していた際には、そもそも録画機能が無かった。レーザー式になって初めて出てきた
録画機能。電波式でチェックしていないものをレーザー式でいちいち確認する事ないだろうに。
吉本元警部補は何名かの隊員に「DVD-Rの画像ってチェックしてる?されてる?」と聞き込みを
行い、いずれも「誰もやっていない」との結果を踏まえ、捏造街道まっしぐらとなった。
なんてったってレーザー、素敵なレーザー。

<吉本警部補と3人の部下とウメモト隊員>

※画像は北海道新聞ホームページより。
先程の画像再び。2019年8月に編み出された「吉本メソッド」だが、これは一人では
できない。相勤者と共謀しなければ捏造できない。画像下段の「部下の30代巡査長3人」が
それだ。書類送致されて起訴猶予になっているこの3人の名前は、

減給10%6ヶ月…YK巡査長
戒告…TK巡査長
戒告…MS巡査長
※当サイトではフルネームで把握済み。

となっている。YK巡査長は吉本元警部補と速度違反捏造を最も多く行った隊員。だが、
吉本元警部補本人への捏造をやめるように説得し告発の口火を切った人物でもある。
また、この事件を最初に気付いた隊員が居る。ウメモト隊員。ある時ウメモト隊員は、
吉本元警部補が乗るパトカーの録画データを見て、その画像に取締り対象のクルマではなく、
電柱や建物が写っているものを発見。「これは、どういう事なんだろうね」とYK巡査長に
首を傾げて見せた。これでもうやばいと思ったYK巡査長は相勤者として最後の月になった
2020年3月に吉本元警部補に対して、「もう、やめましょう」と進言したそうだ。吉本
元警部補は黙って頷き、その月の末までは「やぶさめモード」を使用する事はなかった
そうだ。しかし2020年4月、後釜の相勤者であるTK巡査長、同巡査長が休みの時に代替
配置になるMS巡査長と勤務する際には「やぶさめモード」復活。どうにも止まらない。
その後、不正が中隊長の耳に入るも、口止め、第一中隊内での解決に終始し、根本的な
解決への方法はとられる事はなかった。第一中隊の訓示では、「不正行為はやめようね」
との全体達しはあったものの、吉本元警部補はそれにも聞く耳を持たなかったという。
なお、いずれの部下に対しても「これ、バレたらまずい事になるから」との発言を吉本
元警部補がしている。

<まとめ>
これらの情報から判った事、当サイトとして押さえるべき事は以下の通り。

LSM-100は2段階認証で違反速度確定。認証1は「速度確定地点」認証2は「違反
確定地点」と呼称される。これが認証1のみの場合はエラー扱い。その現象を
「抜ける」と呼称する。

札幌交機内には隊内公表の隊員別検挙数ランキング制度がある。ランキング上位者には
「交通指導課長賞」が与えられる。

検挙成績が良好な隊員は覆面パトカーに乗れる。
※成績と同時にもみあげが伸びた隊員もいる。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。
メールのあて先は

nightshift.3310@gmail.com

です。皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。