世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.110



当サイト情報提供者の方より頂いた「この時点で異変に気付け」画像。ありがとう
ございます。2台前のクルマ。テールレンズからBMレガシィと判断。そこまではいい。
問題はそこから一歩先だ。既に気付くべきものはこの画像にある。拡大してみよう。


ヘルメットが確認できる。そういう事だ。ナイス眼力、ナイスショット。


札幌交機に1台だけ残されたBMレガシィ交取覆面。配備当初は定番機クラウンよりも
台数が多くなり、「交取覆面=クラウン」神話に取りつかれたドライバーを次々と
血祭りにあげていったのが、このBMレガシィ交取覆面。当時の状況をもってして、レガシィ
ショックとも呼んでいたが、今は昔だ。ナンバーは「札幌302 て 33-71」


トイレ休憩の為に丘珠空港へ立ち寄り、その後も東区と北区をぐるぐる。速取りではなく、
信号無視や一時停止無視に期待しての徘徊だったようだ。なお、運用は降雪時期を迎えて
2輪に乗れなくなった白バイ中隊が行っている。


同日別地点で撮影の札幌交機所属210系クラウン覆面。撮影は伏古拓北通り 道道112号。
通称パープルロード。この道では電柱に衝突した車両が、縦方向に引き裂かれるストリング
チーズクラッシュ事故が起きた道。だからという事なのか。いずれにせよ、こうして
覆面が出没してくれる事はありがたい。我々は常に傍観者だ。


外部露出の無線アンテナは無い。だがハイマウントストップランプは4灯仕様。ナンバーは
「札幌303 す 80-24」キッチリ押さえていきましょう。こいつはパープルロードをキープ
ライトで常に走行。自身側の車線ではなく、対向車線側の「目に付くクルマ」に期待して
いたと思われる。前方を見る位、後方を見ろ。ミラーに急転回してくるクラウンが
写っていないか?



当サイト情報提供者の方より頂いた4代目マーチパンダ、260系アリオン捜査用
覆面画像。ありがとうございます。撮影は秋田駅前交番前駐車場。


同アリオン覆面は正体露見モードでの駐車。大変ありがたい。ルーフの
ユーロアンテナから伸びる同軸ケーブルがリアガラス右側を這っている
のも確認できる。同アリオンを見たら、まずは覆面と期待せよ。



当サイト情報提供者の方より頂いたパッカー車、消防車両画像。ありがとう
ございます。この組み合わせで連想するのは車両火災。本件も多聞に漏れず。
ちなみに画像のパッカー車は当事者ではないのだが、パッカー車からの
出火事案だ。撮影は新潟県。


E25キャラバン鑑識車。


渦中。燃えないゴミの日は魔の日とも言われている。市町村によってゴミ分別の
種類は別れているが、カセットコンロのボンベや使い捨てライターの不始末が
原因でパッカー車が犠牲になる。燃えないゴミに燃えるんだからシャレにならない。
なお、今回の出火原因は廃棄されたリチウムイオン電池によるものとの見立て
だそうだ。そういえばドラマ「北の国から」でも、純君が乗るパッカー車から出火
したエピソード無かったっけか。私は草太兄ちゃんが事故で亡くなってしまう
エピソードが凄く印象に残っている。その後のエピソードも。ひたすらに不幸。


こちらは別件の火災事案。同県長岡市弓町でのもの。


規制線と投光器の向こうに白煙が見える。事務所が燃えたそうだ。


建物内にはまだ要救助者が取り残されているとの事。はしご車が展開。


立ち上る煙とバスケット。緊迫感漂う一枚。


要救助者は無事に助け出されたという。これからの季節、空気が乾燥して
暖房や煮炊きで火を扱う機会も増える。今後も皆様からの火災現場画像をお待ち
しております。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうございます。
「ここは、見たことがある」「なんだって?しかしサンサは初めてだろ?」
「いや、確かに知っている、俺はここに居た事がある…」などとサンサ戦での
キリコとカースンの会話もそこそこに、久々にここが戦場になった。ここは
地獄の激戦区、厚別区厚別町山本方面 道道626号。


居る。レーザー式レーダーLSM-100の不正操作による速度違反捏造事件以降、
同機器を使用した速取りは、なりを潜めていた。しかし、事件発覚から1ヶ月と
半分が経過した12月1日、ここに地獄が戻ってきてくれた。閃光と硝煙。鉄の
匂いとその軋み。穢れに満ちた酸の雨。加うるもなし、引くもなし。脈々たる
自己複製、異端と言わば言うも良し。我が行く道は荒涼の、友は引き摺る影ばかり。
赤いインコの緑の眼、ぐるり回ってトットの眼、全ては、そう、振り出しに戻る。


札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダ。ヲカエリナサイ。


現場を地図で確認。きっちり押さえていこう。魔女の婆さんの鍋のフタが
再び開いた。


西陽が長い影を落とす。情感に浸る余裕も少しは有ってもイイ。


ありがたく輝くLSM-100。後光ですよ後光。レーザーも出るしね。ただし停車時に限る。
速度違反捏造の手口(吉本メソッド)となった走行間測定性能が封印された為だ。
もともとコイツの特許出願内容は、「待伏せではバレてしまうが、走りながら測定
する事で検挙率を上げる事ができるという発明」だったのに、それを封じられて
しまった機器となった。


Twitterのフォロワーさんがコメントしていたが、「電柱に当てているように
見える(笑)」と思ってしまう。しばらくネタにされても仕方がない。


速度違反捏造事件によって、速取り現場では撮影されているからと言って、
その場を後にする事は更に難しくなった。撮影されると不都合だから逃げた
と思われるからだ。そういう事にしておけば、こちらの撮影もしやすい。


前方照射仕様。第一中隊?第三中隊?


日も傾いた夕方から、


夜間へ。取締り続行。嬉しいねぇ。


お客さんだ、パーティーが始まるぞ! このセリフ、ようやく言えたよ。本当、
レーザー機による速取りが帰ってきたんだな。全ては振り出しに戻ったんだよ。
ようやく、戦場が戻ってきたんだよ。


さぁ皆さん、声を揃えてご一緒に。オーバー、


シュート!これもようやく言えた。無能、怯懦、虚偽、杜撰、それらを纏めて
粗暴で括る。誰が仕組んだ地獄やら、兄弟家族が笑わせる。己一人の我が身が
可愛い。お前も!お前も!お前も…!俺の為に死ね。


本線合流。


さ、行くぞ。


違反車両が分裂!?


どれ?どれなの!? いやいや、判ってるよ。この後、スタッフでおいしくいただきました。
※サイン会をして切符をばっちり切ってやったよ。


セットポジション。


次のお客さんがいらっしゃいました。戦場で棒立ちーズ紹介センターからお見えに。


オーバー、


シュート! こうでなくちゃなぁ。


本線合流せんとする。


いいねぇ。何度も言うがようやくレーザー復活だよ。


うきうきサイン会。


我々は常に傍観者でありたい。この地獄の舞台の出演者にはなるな。常に観客であれ。


卑怯だろうと、逃げ上手だろうと関係ない。理由はともかく、結果として生き残る
事ができればいい。 生きてさえいれば。結果が全てだ。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。