世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.100



当サイト情報提供者の方より頂いたトラックによるダイナミック入店画像。ありがとう
ございます。稚内市港2丁目のビューティーサロン「パレス」へ酒に酔ったドライバーが
運転のトラックがエクストリーム入店。ドライバーは酒は飲んでないと供述しているという。
シラフでこれだけの事故を起こせるのも大したもんだけどな。飲んでんだろ(笑)。


ストリートビューで見る、かつてのパレス。


店舗の他にも駐車車両をも巻き込んだ今回の事故。怖いですねぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いたフェンス越しにひっそりと咲く花畑画像。ありがとう
ございます。撮影は新潟県警察本部自動車整備工場。同工場の中でもここは廃車ブース。
よってお花畑という事だ。だが、一時的に留め置きになっている現役車両も混ざる事が
あるそうだ。


老兵は死なず 消えゆくのみ。


整備工場隣接の同県運転免許センター駐車場。ここにもお花畑が展開。


BMレガシィ祭り。祭りと言うか墓場と言うべきか。


1台180系クラウンパンダが確認できるが、ほぼBMレガシィパンダワンメイク。


トランクリッドの白黒塗分け有り無し仕様2台。


警察車両市場における「金星」となったのが、このBMレガシィ。後期仕様の外観で、
過給機仕様。市販の同レガであれば搭載エンジンはFA20DITが搭載されるが、警察仕様に
あってはEJ25ターボが搭載された。「主力戦闘機」の一時代を気付いたマシンとも言える。
その一つの時代が終わる。


世界線が変わって、こちらは「ハイパーテクノロジーの急速な発展と共に、あらゆる
分野に進出した汎用人間型作業機械=レイバー。しかし、それは「レイバー犯罪」と
呼ばれる新たな社会的脅威をも生み出すことになった世界」の物だ。これをヘルメット?
とは思わずにヘッドギアじゃねぇか!と思った方、そうです。パトレイバーです。
こちらも新潟で開催の「機動警察パトレイバー 30周年突破記念 OVA-劇パト1展」での撮影。


「機動警察パトレイバー」はコミック、小説、新旧OVA、テレビシリーズ、劇場版3作、
実写版等、それぞれが独自のストーリーを展開させた近未来警察ドラマの傑作だ。
パトカーではなく、パトレイバーに搭乗する隊員が着用するヘッドギア。これはその
コミック版の原寸モデル。すげぇ。


ガンダムであればアナハイム、サナリィ、ヴィックウェリントン、ジオニック、ツィマッド
等の企業が存在するように、ロボットを工業製品として見た時には必ずメーカーの
存在が設定される。このヘッドギアはそのレイバーメーカーの一つ、篠原重工の
ヘッドギア。先の警察用とは異なり、無線レシーバー、マイクが組み込まれていない。


レイバーのコクピットシートを挟んで向かって左は物語の主人公の一人である、
泉 野明の私服。マニアックだなぁ。


劇場版第1作仕様の制服。主人公が所属する警視庁警備部特科車両二課パトロール
レイバー中隊のもの。


同中隊第二小隊のワッペン。


ニューヨーク市警に設けられたレイバー隊の制服。香貫花(かぬか)・クランシーが着用。
彼女の劇場版1作目での日本入国の目的を語るシーンと、その有言実行ぶりが
非常にカッコいい。NEW OVA第9話「バーサス」での熱海での宴会エピソードでは
熊耳とのバトルがまた最高だった。


ニューヨーク市警レイバー隊ワッペン。


98式AV、通称イングラム。全高8.02メートル、重量6.02トン。動力にSCB、駆動系に
SCLMを採用。37ミリリボルバーカノン、スタンスティック等のオプション装備を
自在に扱う器用さと、抜群の運動性能を誇る。 見る者に与える心理的影響までも
考慮して設計された警察用パトロールレイバーである。


37ミリリボルバーカノン。あえて言うなら37ミリ機動速射野砲って所だ。漢字で
ズラズラ書くとなんだかなぁって感じだけれど。きちんとタバコの箱との比較で
撮影して頂いているのが素晴らしい。ナイスショットです。当初は20ミリという
設定だったが、「もっと口径あるだろ」との事から37ミリ設定に。本当の所、
37ミリでもまだ足りない。


NEW OVA第12話「二人の軽井沢」で登場のラブホテル「シンデレラ」のルームキー。
これねぇ、よくぞこれを実物化したなと思う。パトレイバー中隊の2人の小隊長、
後藤喜一と南雲しのぶ。この二人が主人公となるエピソード。出張先から東京に
戻る際に色々あって、ラブホテルに宿泊せざるを得なくなる二人。そのホテルの
ルームキーがこれだ。この二人の「互いへの気持ち、想いの交流」というのは、
このエピソードではとてもコミカルに、そしてとても優しく描かれている。対して、
シリアスにとても切なく描かれているのは劇場版2作目。



当サイト情報提供者の方より頂いた滝川署新庁舎画像。ありがとうございます。
2020年11月に運用開始予定。ピンチの時には巨大ロボに変形する機能が組み込まれている。
中の人はその際グチャグチャになる。怖い。


入口辺りにそのロボっぽさが出ている。多分、頭部になる。



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
撮影は令和2年度 中標津町防災訓練でのもの。


E26キャラバン事故処理車も訓練に参加。


同じく訓練参加の陸上自衛隊が架橋した07式機動支援橋を渡るクラウンパンダ。


キャラバンも渡る。


クラウンパンダにあっては道東地方特有の対空表示。「所轄機だが数字3桁」
「対空表示に署の頭文字」というパターン。


広域緊急援助隊所属人員輸送車。


車内閉じ込め事案に対応する同隊隊員。


スプレッダーによる解体。これは車内閉じ込めじゃないのかも。解体している部位から
するとなんか違うような気がする。隊員の真剣な眼差しが素敵。


気になるE26キャラバン。


気になるフタ。なんだろうね。



当サイト情報提供者の方より頂いたHシステム式オービス画像。ありがとうございます。
撮影は美唄市光珠内町2区 国道12号。2020年10月現在、ここにはもうオービスは無い。
下記の理由により撤去されたのだ。


三菱電機特機システム製。大阪環状族の取締りを主任務として、阪神高速道路に
設置された事から、その頭文字をとってHシステムと呼ばれる。三菱電機が保守点検
等の事業から撤退した事、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に係る技術基準の
改正に伴って、2020年度に入り、道内の同オービスは撤去が加速している。


現場を地図で確認しても、もうここにはオービスは無い。


在りし日を偲ぶ。撤去される直前の姿を撮影して頂いている。ナイス。


分電盤。


銘板。


更に過去の同オービスの様子。手前にはポールに囲まれた別機器が。


これは同オービスとは別系統で試験設置された、ループコイル式オービスユニット。


電波式を用いるHシステムとは異なり、路面に一定間隔で複数埋め込まれた
ループコイル上を車両が通過した際の反応の時間差で速度を測定する方式の
オービス。北海道では2020年現在、道央道江別東ICを岩見沢方向へ数キロ進んだ
地点に設置されているのみ。この美唄のループはテスト運用で、今回のHシステム
撤去の遥か以前にテストが終了し撤去されている。


〇印はループ埋設箇所を示すサインプレート。路面の切り欠きはループを埋めた痕跡。


このプレート、更新部屋に飾りたいな。


再び今は亡きHシステム式オービス。その遺影。


そして今の光景。一時代を気付いた交取機器の歴史が終わろうとしている。


痕跡。


その逆側。Hシステム式オービスはもう無い。だが、その状況を逆手に取り、ここで
可搬式オービスを投入したり、設置式ネズミ捕りを仕掛けてくる可能性には期待したい。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。