世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.097



※画像はNHKニュースサイトより。
札幌交機がレーザー仕様レーダーパンダで速度違反を捏造。これは速取りの在り方を
根底からひっくり返す出来事だ。捏造に使われたのはLSM-100。東京航空計器製の
レーザー式速度測定器。こいつは定点設置で待ち構えて通過する車両の速度を光学測定する。
同機器は走行間測定も可能だが、2020年現在では定点設置が運用の大原則。
今回はパンダが走行しながら電柱等の建造物にレーザーを照射して、対象車両を
蚊帳の外において速度を生成していたという事だ。この事から判るのは前方照射仕様
で捏造したという点。後方照射ではできないわな。この手口を当サイトでは「やぶさめ
モード」、あるいはこの方法を編み出した札幌交機の吉本潤警部補にちなんで
「吉本メソッド」と呼ぶ事にする。


北海道新聞、2020年10月13日付朝刊。第一面を飾る「やぶさめモード」「吉本メソッド」記事。
なお、第三社会面においても大きく取り上げられている。


永久保存。額の下には今後増えるであろう追加記事を入れる為のスペースだ。


過去に撮影のLSM-100定期点検画像。業者さんが来て検査を行う。現時点では使い方
さえ正しいものであれば、その本来の目的を果たす能力は持っているという事に
なっている。


カバーを外されたLSM。前方照射仕様。もうあれだな、前方照射仕様は今後「吉本仕様」と
呼ぶ事にする。


向かって左側がビデオカメラユニット。アンドロイドOS下で動作記録される。これが今回
吉本メソッドの仇となった。これまでも電波式レーダー各種で「やぶさめモード」による
捏造はできたのだが、動画記録機能は無かった為、捏造の証拠が残らなかった。しかし
LSM-100にはビデオカメラが装備されている。これにより撮影された吉本メソッドの
動画には、違反車両ではなく、電柱が写っていたそうだ!ババーン!!吉本殿!電柱でござる!
この画像をご覧になられた当サイト情報提供者の方より、興味深い情報を頂いた。
「SICK」という会社がこのレーダーに非常に近い形状のセンサーを市販しているというのだ。
用途は「鉱山用トラック、掘削機および飛行機などの拡張された衝突防止」「交通管理や
現場セキュリティなどでの確実な監視」等とあり、自動運転装置における衝突回避機能において
活躍するセンサーなのだが、ともかくその外観を見てみよう。


※画像はSICKホームページより。
SICKのロゴの有無を除けば、そっくりというよりそのものだね。製品名は「3D-LiDARセンサ
LD-MRS / LD-MRS 4-Layer / Outdoor」となっている。この製品紹介ページにはその性能を
示す興味深い図もあった。


※画像はSICKホームページより。
ワーオ。これってLSM-100の索敵範囲と解釈してもいいって事なのかね。こういうの、警察
嫌がるんだよなぁ。でも、きっかけは吉本メソッドだからね。恨むなら自分の飼い犬を恨め。
この図では有効索敵範囲は300メートル、85度という事になる。レーザーだから指向性が
強いのかと思ったが、数値はともかく電波式のそれと同じような扇形で照射するんだな。
これだけ広ければ走行中に電柱を捉える事も容易ですね!吉本警部補!上記画像閲覧や
英語マニュアルのダウンロードが可能なサイトのリンクはこちらだ。

3D-LiDARセンサ LD-MRS SICK

さぁ皆でLSM-100を吉本警部補よりも知り尽くそう。


こちらは当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ。ありがとうございます。
撮影は取締り激戦区の白石区東米里2196 道道626号 クロスオーバー前。レーダーパンダじゃない
こいつは何者か。


対空表示は「中61」とあるが中央署交通課機ではない。同署から白石署交通課へとお下がりになった
個体。対空表示は前身の名残りだ。


白石署交通課はここでレーダーパンダによる速度違反取締りを行っており、また場合に
よっては同ポイントを札幌交機が同様の取締りをしている重複ポイント。今回の
札幌交機不祥事を受け、白石署交通課が「自主的に」現場において適正な
職務執行がなされているかを、同署交通課長自らが担当者と共に確認にやってきたのだ。


交機はともかく、うちはしっかりやっている事が判って安心した。という事だ。


現場を地図で確認。今回は速取りをちゃんとやっているかを確認しに来た御一行だったが、
ここには吉本亡き後の札幌交機、ちゃんと最初からきちんとしている白石署交通課の
いずれかが待ち構える速取りポイントだ。キッチリ押さえていきましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いたドライブイン前公開処刑画像。ありがとうございます。
撮影は国道274号 日勝峠清水側2合目付近 十勝亭前。


いかにも「旅の楽しさ、その先にある夢」を追い求めたかのようなクルマ(※個人的感想です)が
210系クラウン交取覆面にその夢を打ち砕かれている様子。なお、情報提供者の方は北海道へ
ツーリングへ訪れた際にこちらを撮影。旅の思い出に警察画像を。終始ご自身は傍観者側に
居たとの事。何よりです。そして感謝です。当事者の夢を打ち砕いている個体は十勝機動
警察隊所属「帯広30 に 32-13」


微妙な左ステア半開。なお、覆面パトカーってどうやって速取りしてるの?って疑問が
吉本メソッドをきっかけに出てくる興味だが、こちらはストップ―メーター方式。
パトカー自体が出している速度を厳密継続測定し、一定速度、一定車間、一定時間、
前方車両を追尾した場合、自車の速度=前方車両の速度という理屈。その名の通り、
違反確定速度になった時点でストップボタンを押して速度数値を記録。そういうやり方。
だから吉本メソッドよりも更に不正行為が可能。ただし、カメラが無い。パトカー搭載の
ドラレコ?そんな警察自身が不利になる場合は証拠として出してくるハズはない。



当サイト情報提供者の方より頂いた野に咲く名も無き花画像。ありがとうございます。
花屋に並べるまでは「ランキングなんて関係ない、皆オンリーワン」なんて偉そうな
事を言うなよ。それはそれ相応の立場での発言。だが吉本メソッドの件でもう疲れたよ。
こうやって花だけを追いかけていくサイトにしたい。今からそういうサイトにする。

パ ト カ ー 写 っ て ん だ ろ う が 。

はい、写ってます。


待伏せする210系クラウンレーダーパンダ。


現場を地図で確認。亀田郡七飯町字大沼町911 道道43号庭田精米所前。


うきうきサイン会。左ステア全開。搭載レーダーはLSM-100の後方照射仕様。


撃墜王が撃墜されているのが面白い。レッドバロンって元々は第一次大戦で活躍した
ドイツ空軍パイロット、フォン・リヒトホーフェンのニックネームから来ている。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。道央道を小樽方向へ向かう。


ドキドキ追い越しチャレンジ。緊急走行していないので、制限速度時速80キロを
超えて追い越す訳にはいかない。じっとりとした時間が流れる。


札幌交機所属機。搭載レーダーはLSM-100の吉本仕様。交機所属なので、余程の
事がない限り検挙は無い。


パンダを追い越せないにも関わらず、ここまでやってきた一般車。謎。この車両は
2分間以上、2キロ以上に渡って追い越し車線を継続走行。良かったねぇ、この
パンダが交機所属で。高速隊所属機だったら切符切られてたよ。知ってたもん!
俺知ってたもん!交機だもん!だからだもん!あーはいはい。


パンダは西区八軒の琴似庁舎へ帰隊するコース。新川ICを降りる。ちなみに奇行種は
情報提供者車両の後方。カメラに驚いてからは煽るのを中断。


同IC脱出直後の交差点を左折。さよーならー。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。