世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.082



当サイト情報提供者の方より頂いた130系マークX捜査用覆面画像。ありがとう
ございます。機動捜査隊所属機。クリアテールレンズの同マークX後期型。
ルーフのユーロアンテナが大変ありがたい。


同マークXの中期・後期型を見たら捜査用覆面と期待せよ。札幌圏の高速道路で
中期型のガンメタを見たらそれは高速隊所属の交取覆面と期待せよ。



当サイト情報提供者の方より頂いたT31エクストレイル捜査用覆面画像。ありがとう
ございます。愛知県警中川署所属機との事だ。なお、運転者はカメラに気付き、
当サイト用の顔造りをしたそうだが、助手席はカメラに気付けずに、また教えても
もらえずにスマホいじり。それでいい。黒の鉄チンホイールがいいね。


ルーフにはありがたいアンテナ。これで覆面の見破り一発。もちろん前述の
鉄チンホイールも評価すべきディテール。組み合わせての判断で確率最強。


ありがたいアンテナ近影。ナイスショットです。元は一般車のテレビ用アンテナに
偽装した物だが、今時このアンテナを装備している一般車はまず居ない。地デジ
時代だもの。このラウンドフォルムのシルエット、映画「スターシップ・トゥルーパーズ」
に出てくる「アラクニド・バグズ」の一種に見える。



当サイト情報提供者の方より頂いたうきうきサイン会画像。ありがとうございます。
通称「BUBU前」での速度取締りによるサイン会だ。なお、本件にあっては4名の
情報提供者の方から画像提供を頂いている。皆、同じものを見ていたんだね。
嬉しい限り。特にこのBUBU前はギャラリーの方々が数多く出向き、その腕前に
しのぎを削る舞台でもある。「名も無き模倣者の魂やはりカメラ。腕におぼえの
模倣者どもは、売り込み合戦に明け暮れる。いやまさしく、昨今撮影は商売なり」


今回の主役は札幌交機所属200系クラウンレーダーパンダ。LSM-100の前方照射仕様。


こちらも当サイト情報提供者の方より。同サイン会の別アングル。ありがとう
ございます。


セットポジション。


改めて現場を紹介。東区北38条東21 道道431号 丘珠空港通り BUBU前。


こちらも当サイト情報提供者の方より。本当に感謝。


パーティー開始。このアングルからの画像もまた別の情報提供者の方より。
皆、本当にありがとう。


助手席の隊員は巻き込み確認中。私は自動車学校でこの言葉を初めて聞いた時に、
「あー、巻き込んでる、巻き込んじゃってるよ」と確認する事だと思っていた。
それじゃ遅いんだけどね。


本線合流。


ほんの僅か時間を戻してオーバーシュート。


そして本線合流からの猛追。いいねぇ。


我々にとってここは取締りワンダーランドだが、一般ドライバーにしてみれば
パトカーが潜んでいる事を知らない「ついつい飛ばしてしまう道」だ。今後も
そうであれば。損するヤツが出てきて、はじめて儲かるヤツが居る。我々は
常に後者でありたい。前者にはなるな。


うきうきサイン会。


このポイントにはパトカーの他に、前述の様にギャラリーが多数出向く場合が
少なくない。パトカー1台と複数のカメラが待ち構える現場に知らずに飛び込んで
くる。可哀想。


アビイ・ロード状態。これからもBUBU前は熱い。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。撮影は白老郡白老町字社台 国道36号。札幌交機所属「札幌303
す 80-89」もみあげの手入れは済んでるのかね。ブレーキを踏みっぱなしの
おかげで、特徴であるハイマウントストップランプ4灯仕様がはっきり確認できる。


別日ほぼ同エリアでの撮影。同じく札幌交機所属機。別個体の「札幌303
す 80-22」キッチリ押さえていきましょう。ナンバーを頭に叩き込め。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうございます。
さぁどこだ。どこに何がある? 駐車車両の一番奥。居るよね。


この時点で気付いて減速しても間に合わない。既に測定は終えている位置だ。
現場は清田区平岡1条4丁目6 国道36号 フィッシュ前。


撮影時はサイン会後からのセットポジション戻り直後だったようで、室内灯を
点けての書類作成。待伏せが再開される時はもちろん消灯している。


コンバンワ。


俯瞰アングル。いいねぇ。搭載レーダーは東京航空計器製 LSM-100。


そしてローアングルのカバーショット。ナイスです。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ猛追画像。ありがとうございます。


札幌交機所属200系クラウンレーダーパンダ。


セットポジションに付いた同パンダ。


ここね。


待伏せポイントを地図で確認。勇払郡安平町早来北町45。ここから道道10号を
監視している。


「目に付いた車両」が発生すると追尾開始。レーダーパンダではあるが、今回は
レーダーを使用しない。ストップメーターによる追尾式測定だ。


本線合流。天候は雨に変わっている。


脇道から急に現れるパンダ。違反車両(この時点では違反は確定していないが)は
気付かない。いい気分で飛ばしている時ほどバックミラーは見ないものだ。


水もしたたる良いパトカー。


測定開始。「こんな状態のパンダが後ろから気付くだろ普通」って思うんだけど、
気付かないのが居るんだよ。高速のPAからのインターセプトもそうだけど。困ったもんだ。


真実の瞬間。


雨天の撮影は機材にも撮影者にも負担を強いるが、画として良い結果をもたらす
機会を与えてくれる。かっこいいねぇ。ナイスショット。



当サイト情報提供者の方より頂いた胸躍る光景画像。ありがとうございます。撮影は
札樽自動車道新川IC手前。うきうきサイン会実施中。ワオ。一般道での同会と異なり、
こちらは停止する訳にもUターンする訳にもいかない。一発勝負だ。


今回の主役は高速隊所属200系クラウン覆面「札幌302 の 19-87」通称西暦くんだ。
当然ながら左ステア全開。このエリアは時速80キロ制限ゾーン。それに気付けずに
時速100キロが順守速度だと思ってるドライバーがチョンボをする。実際ここに
それが居る。この手のドライバーあってこその検挙シーン。検挙されたドライバーが
「アイツ写真撮ってるぞ!」って騒ぐパターンがあるが、そんな物は想定内だ。
アンタの個人情報には興味ない。捕まった事実とその結果に興味がある。そもそも、
どうしてこんな事になったんでしょうねぇ。この展開は常に頭に入れておく事だ。
でなければこの稼業は続けられないと思った方がいい。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
この画像ではまだその脅威が確認できない。まずはこの景色を頭に叩き込め。白石区
川下3条7丁目 北13条通。


居る。JMA-240/280と操作係と現認係が確認できる。白石署交通課がお待ちかね。


サイン会場は上り坂の手前の脇道。


現場を地図で確認。このポイントはかなり以前に「とんかつ屋前」という名称で
呼ばれていたポイント。当時は時速40キロ規制で片側2車線のレイアウトという
ギャップから撃墜されるドライバーが多発した。


現在は時速50キロ規制に緩和。それを機にここでの取締りを見る事はなくなった。
しかしこうしてとんかつ屋前復活。


停止係と操作係。とんかつ屋前という名称の由来であったとんかつ屋は既になくなって
しまっている。時の移ろいを感じるねぇ。


支柱を背に違反車を待ち構えるJMA-240/280。


配備されてそれほどの年数は経過していないと思われるJMA。近年のJMAはこのように
本体に銘板が存在しないのが特徴。本体底部に貼ってあるのかな。今度見てみる。


電波式速度測定器のベストセラー。日本無線製。


ここからは過去の同ポイントの様子を見ていこう。とんかつ屋の看板がある。


今回の設置箇所とは若干異なり、後退した位置に。なのでサイン会場も異なる。


とんかつ屋さん、なくなったんだなぁ。


以前のJMAはこのように銘板が貼られていた。


撮影は2011年。当時は白石署交通課は150系クラウンレーダーパンダを使用していたんだな。


当事は停止係は橋の中腹から黒ヒゲ危機一発していた。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。