世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.081



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。
道央道北広島ICを超え、札幌南IC手前約2キロの地点とランドマークが教えて
くれている。見てのごとし、左側が事故で通行止め。右は通常運行。非日常と
日常の明暗クッキリだ。


車両3台が関係する衝突事故。どれがどの役割を演じたのかは不明だが、
追越し車線で追突事故が発生し、その巻き添えで3台目が爆誕したという。
駆け付けた車両の電光盤表示がそれぞれ異なるのが面白い。


現場を別アングルから。


当事車両3台。1台は転覆。


今回は脚立ではなくフェンスに軍配が上がってしまった構図。これは厳しい。
情報提供者の方の様な画は撮れない。


ご存知転覆丸。10代男女が乗っていたそうだ。ガラスの十代だね。壊れそうな
物ばかり集めてしまうよね。なお、撮影に関しては事故処理にあたる警官より
声掛けあり。その内容は非常にフレンドリーだったそうだ。非日常の中の
優しい世界。シリアスな現場にこそユーモアが大切なんだよ。


当事車両その2。本件で最も損害の小さかった一台と思われるが、右後方を破損
しているようで、自走不能状態だったそうだ。


当事車両その3。フロントも側面も破損して「あーもうメチャクチャだよ~」状態。


その3はガードロープに衝突して弾き返されたように見える。


投げられたプロレスラーみたいにここからバイーンって跳ね返ったんだろうな。


この事故は朝の通勤時間帯を直撃。道央道北広島ICで降ろされた車両が
国道36号へ流れ、ただでさえ混雑する同国道は大渋滞になったそうだ。しかも
月曜日。通勤時間帯で一番混むのが月曜日。よりによってだ。


高速隊210系クラウンパンダ。当直勤務明け直前の事故。これはきつい。


レッカー車、警察車両、保安車両が軒を連ねる。


210系クラウンパンダ祭り。すれ違う日常世界チーム。


事故車両の合間を縫うように抜けていくパンダ。


現場に残った当事者から事情を聞く隊員達。


待機していたレッカー車が作業を開始する。それを横目に現場を後にするパンダ。


転覆車両を起こすために車体にチェーンを固定する。


引き揚げ開始。


転覆から横転状態に。


着地寸前。手前の高速隊隊員は着地による破片飛散を警戒して、付近の隊員に下がる
ように指示している。


グキョ。みたいな音するよね。この瞬間って。


早速当事車に近寄る隊員。事故の原因や経緯を知る必要がある。


脳内で事故シーンが再生していくんだろうなぁ。プロだもんな。


記録用写真撮影。


仕様機器はPENTAXのK-20Dか、SD WORMカード対応機。


当事車両その3をサルベージするレッカー車展開。


ネクスコ東日本所属のC27セレナパトロールカー。ごめんなさい。セレナではなくて
80系ヴォクシーです。ごめんなさい。


黒色の鉄チンホイールがいいね。


何か居る。


高速隊所属200系クラウン覆面「札幌302 の 19-87」通称「西暦くん」だ。


正体露見モードで現場を後にしていく。


真っ黒スモークにハイマウントストップランプの部分の切り欠き、グレード
エンブレムレス。特徴をきっちり押さえていきましょう。


規制はまだまだ解除できない。するべき事が山ほどある。


路上の清掃を開始。。


砂を撒き、それにオイルを吸わせて掃きだして除去。


引き上げていくパンダ。


さよーならー。


当事車両その2がレッカーされていく。


当事車両その1とその3のレッカー。


その3の破損状況を真横から。これはひどい。


衝撃がリアゲートに達したのか、勝手に開かない様にテープで封印されている。


その1の後方。テールレンズが外れてしまっている。右リアの破損はともかく、
レンズがなくなっているのは衝撃がやはり伝わってこうなったのか。


当事車両が全ていなくなっても、清掃と検証は続く。戦いは終わらない。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。