世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.072



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうございます。この画像には
気付くべき対象が写っている。


ここだ。現場は東区北38条東21丁目 道道431号 丘珠空港通り BUBU前。3日、あるいは2日に
一度は取締りが行われる定番ポイント。


きっちり押さえていきましょう。


居るね。


パーティー開始の様子。


札幌交機所属200系クラウンレーダーパンダ。


搭載レーダーはもちろんLSM-100。レーザー式。


このポイントでの取締り実施時間はおおむね午後9時30分以降から。その後2時間位の
差は出てくるが、明け方近くまで実施しているケースも確認されている。


戦場で棒立ちして背中を刺されるドライバーが後を絶たない。だからこそ我々も出番だ。
カメラの準備はいいか。


うきうきサイン会。


人は信じたいものを信じる。違反をしたドライバー、自分自身が「やってない」と
思いたい。できる事ならこうなる前に戻りたい。無かった事にしたい。でも時は
戻らない。


ISO全開でシャッタースピードは1/80、f値は8.0との設定だそうだ。夜間における
交取現場の撮影での設定、皆さんどうしてるんだろう。気になる。


トランクは半ドア。該当部分の寿命を伸ばす為でもある。ラッチがイカれるんだよ。


本当、「BUBU前」にはこれからも期待できる。カメラの腕前と性能を試す事のできる
実験場でもある。


この現場を訪れても良いが、被写体になるというマヌケな真似だけはするな。
写るんじゃない。写すんだ。


ナンバープレートが跳ね上がっている。これは寝てない自慢ヤンキーがやるような
イキリチューンではなく、トランクを閉める度に、その衝撃が蓄積されて変形していく。
ナンバーが跳ね上がっているパトカー程、獲物をより多く血祭りにあげている個体
という事だ。あるいは思い切りトランクを閉めているのか。前述のトランク半ドアは
この現象を抑える為でもある。


サイン会を終えて再びセットポジションに付こうとするパンダ。


新たなイニング開始。プレイボール!



当サイト情報提供者の方より頂いたキ画像。ありがとうございます。これはこれは。
捜査用覆面でありながら、その秘匿性の低さから隠密行動には使用されないパトロール
専用機ではありませんか。


8代目ギャラン、キャバリエに続く黒歴史捜査用覆面。何年かに一度、こういうのが
現れて、当サイトのお笑い担当を務める。


中は無人。奥に見えるのは月寒公園。ワラ人形が未だに発見されるような怖い場所。
キの中身はそこへウホッホ探検隊だったようだ。しかし21世紀になってもワラ人形か。
GPSやWi-Fi機能とか付いてるのかな。


今後も皆様からの捜査用覆面画像をお待ちしております。撮れる時に撮れ。



当サイト情報提供者の方より頂いたレーダーパンダ待伏せ画像。ありがとうございます。
樹木の切れ目に車体をオフセットしての完璧な布陣。


札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダ。現場は苫小牧市美沢 道道1091号。


現場を地図で確認。道央道 新千歳空港ICから降りてきた「高速気分」が抜けない
ドライバーが撃墜される。心理状況を考慮した待伏せ。痺れるねぇ。試されてるんだよ。


まさにアンブッシュ。LSM-100が対向車線側を狙う。


お客さんだ!パーティーが始まるぞ!


オーバーシュート。胸躍るねぇ。


ターン開始。


本線合流。かっこいいなぁ。ホイールは市販仕様と同じスパッタリング仕様。


違反車両目掛けて加速開始。


ナイスアングル。カメラをどの位置にもっていくか。これもまた腕の見せ所。


検挙車両は事の重大さを認識し、


近くのパーキングへ逃走(笑)。バカか(笑)。


「出てこい!のび太」状態。この後当然違反切符交付。そもそもこのポイントで
検挙されるような、絵に描いた「思う壺」なのに、誤魔化し方も無様。だが、
我々にはありがたいネタとなったのもこれまた事実。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。