世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.064



当サイト情報提供者の方より頂いた「この看板に気付け」画像。ありがとう
ございます。現場は道央道 三笠ICから数キロ札幌方面へ向かった三笠市萱野。
それぞれの地点までの距離案内に目を取られると、その下にある気付くべき
看板を見落とす。


「速度違反取締中」の看板。そしてそのすぐ先に渦中。これは可搬式オービスの
設置現場という事だ。看板からオービスまでの距離、かなり短い。ましてやここは
高速道路。更にドライバーに対しての条件が厳しい事が判る。「そもそも違反速度で
走行していなければ問題ないのでは?」あ、そういうのいいです。ウチそういうの
やってないんで。Yahoo!のホームページにでも飛んでください。


センシス社のMSSS。通称北欧くん。手前がストロボユニットで、奥が北欧くん本体。
ドラえもん服の隊員は高速隊隊員なのは判るのだが、その横の紺色の制服を着た
隊員、これも高速隊なのかね。これ判らない。詳細求む。


現場を地図で確認。これまで高速道での北欧くん投入は道央道 美沢PAでの実績が高い
のだが、今回のポイントは当サイト初確認。今後もキッチリ押さえていきましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた設置式ネズミ捕り現場画像。ありがとうございます。
秘匿性を追求しないスタイルでJMA-240がお待ちかね。


現場は東区東雁来13条2丁目。この先で合わせて3人が死亡する交通事故が発生している。
今回の取締りはそれを受けてのものだろう。


A当。7月5日に発生のこの事故は隣家、近所同士のドライバーや乗員が一度に3人
亡くなるという、これぞ正に悲劇のシンクロニシティによって数字以上のインパクトを
伴い記憶に残る出来事となった。


B当。この件を含めて当時は道内で死亡交通事故が多発。道は全道交通死亡事故多発
警報を発表している。ほとんどの人は知らないけれど。※あくまで個人の感想です。


とにかく、3人もいっぺんに死んじゃったらそりゃ取締りもあるってもんだ。
「警察は何をやっているんだ」と勝手に行き倒れ、間違えた、憤る爺さんとか出て
くるからな。そしてその取締りの様をしっかりと撮影して頂いた情報提供者の
方のお力。感謝です。


停止係とサイン会場。不幸を実現しちゃうゾーンになっちゃったね。色々な意味で。


そしてこちらは夜の同現場。周囲をしきりに自ら隊あるいは地域課のパンダが巡回
していたそうだ。それも事故に関係あるのかね。どうなんだろうね。これら画像も
当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。


献花。恐らくB当側。


献花。恐らくA当側。差があるとか言っちゃいけない。気持ちの問題だからね。
こっちはちゃんとかごに入っている。


日中に行われた設置式のサイン会場画像にもあった建物が右奥に見える。


チョークが描くシルエットはクルマの破片だろうか。あ、こっちもちゃんと
かごに入ってましたね。花。


路面にはA当が描いたガウジ痕。


歩道側から。歩行者を巻き込まなかったのが不幸中の幸い。



当サイト情報提供者の方より頂いたV36スカイラインレーダーパンダ画像。ありが
とうございます。根室署交通課所属機。この斜め駐車とパイロンで非日常空間に
身を投じている事が判る。この一枚で既に胸躍る光景。


ルーフの表示は既に「根室署」である事を示す「根」に変わっている。


搭載レーダーは三菱電機特機システムのRS-710CD。電波式。


200系クラウンパンダ。昇降式赤色散光灯をスイング。姉さん事件です。うん、
判ってるよ。


なぜスイングするのかが判る状況。この様にトランクを開けると、通常の位置では
その散光灯が隠れてしまう。なのでより高い位置に上昇して、後続車への視認性を
高めている。交取機になると、これがトランクリッド内側に警光灯が配置される。
パーキングフラッシャーってやつだ。


では渦中を見ていこう。当事車両その1。フロントを著しく破損させているのが判る。
事故の恐ろしさが伝わってくる。


当事車両その2。これはついつい車種について言及したくなるタイプの車両。新聞
記事だと高級外国車と表現されるヤツですね。今回は車種が異なるが、フェラーリが
事故るともう名指しで「フェラーリ大破」と見出しに出る。「ミゼット大破」とかは
出ないのに。なんでミゼット出してきたんだよ。


下世話な好奇心から、「でも、これって、お高いんでしょう?」ってテレビショッピング
みたいになる。というか高級外国車って、事故ると壊れるんだな。高い分、壊れないかと
思ってた。見えないバリアかなんかに守られると思ってた。壊れるんだね。


事故は恐ろしい物だ。時間も金も失われていく。今回は特に後者の損失が凄いんじゃないかね。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。これまた
強烈な光景。車体が紙のごとくクシャクシャに。消火栓も破壊したそうで、街は
そりゃもう大騒ぎさ。映画「TAXI NY」でも消火栓壊して噴水作るシーンあったな。笑気ガス
吸って部屋から出られなくなるシーン、あれ凄く好き。



当サイト情報提供者の方より頂いた健康的うきうきサイン会画像。ありがとうございます。
健康的ってなんだよ。不健康的なサイン会ってあんのかよ。現場は北広島市南の里方面
道道46号。陽光と緑に囲まれてするサイン。清々しいんだろうなぁ。清々しいワケねぇだろうが。


札幌交機所属210系クラウン覆面「札幌303 す 80-29」左ステア全開がいいね。ん?全開?
半開くらいかな。今後も皆様からの交取覆面画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。「居た居た」ってな
感じでテンションがあがる構図。なんとしてもアイツの後ろにつきたい。


はい後ろ付きました。パンダの後ろに付きたがる「一般」車は居ないので、意思表示さえ
きちんとしたら、周りはダチョウ倶楽部状態になるという。勉強になります。札幌交機
所属機とのご対面。


追尾に気付いたのか、左折を繰り返す動きを見せる。逃走車両が多く見せる「左折の心理」を
パンダが実践。勉強になるなぁ。


と、思いきや今度は来た道を戻るのに右折。石田純一が見守る中、右折待ちをするパンダ。


この右折後、パンダはすぐに左折。やはり左折の心理健在。情報提供者の方はそこで放尾。


同日別時刻に撮影の同車。こちらも当サイト情報提供者の方より。ありがとうございます。
厚別区厚別町山本方面 道道626号での待伏せからのうきうきサイン会。この日、山本では
パンダ待伏せポイントの対向車線側で厚別署交通課により設置式ネズミ捕りが日中に実施
されていた事から、当該の時間は出前のかち合い(逆方向とは言え)を避けて、同課が撤収
した後に山本にやってきたとの見方が強い。皆、同じ物を見ていたんですねぇ。


待伏せポイントを地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた130系マークX捜査用覆面画像。ありがとうございます。
こいつは札幌機捜所属機ですな。今時だと、TBSドラマ「MIU404」によって世間の注目度も
高い部署だ。伊吹や志摩みたいな痛快な隊員はいないけれど。あれはドラマだから。


珍しく正体露見モード。もー、カメラ無いと思ったんでしょー。


こちらはキ。こいつは機捜ではないが捜査用覆面。。道央道を高飛びする白色の覆面だ。
ひと昔前は白色の捜査用覆面は公安のみという平和というかボケた設定だったが、今さら
バレると気付いて、公安以外の同覆面も白色がラインナップ。しかしどうみても覆面。
パンダ並みに目立つ覆面という矛盾。お可愛いこと。



当サイト情報提供者の方より頂いたうきうきサイン会現場画像。ありがとうございます。
パーキングフラッシャーの同期、ばっちりですね。厳密には全点灯ではないけれど。
シャッタースピードディレイの勝利。


サイレントヒル状態。雰囲気あっていいなぁ!現場は白老郡白老町方面 国道36号。


検挙車両は京都ナンバーだったそうだ。おいでやす。これもまたファンタジック。
捕まった記念に一枚どうですか?ってやつだ。


札幌交機所属210系クラウン覆面「札幌303 す 80-22」キッチリ押さえていきましょう。


今後も皆さまからの交取覆面画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。