世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.047



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウン交取覆面画像。ありがとう
ございます。札幌交機所属「札幌303 す 80-22」撮影は恵庭市島松方面 国道
36号。降りしきる雨の中、うきうきサイン会実施中の様子。


サイン会グッズ撤収。外部アンテナレスで、もちろんグレードエンブレムも
装着されている。真っ黒スモーク姿とナンバーを頭に叩き込め。


ルーフの赤色回転灯が収納される瞬間。いいですなぁ。



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドリックレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は最近実施頻度が上昇している白石区東米里2196 道道626号 クロス
オーバー前。前回記事でも登場した白石署交通課所属機が今回も。嬉しいねぇ。


現場を地図で確認。我々の間では「人気の箇所」とまで言えるポイントだが、
ここで餌食となる戦場で棒立ちボーイズ&ガールズは多い。


前回記事でも触れたが、この個体の初年度登録は1997年8月。今年の車検を通すのか
どうかも注目される。このまま第一線を張るか、それとも交機からレーザー仕様の
レーダーパンダがお下がりになるか。


今回の取締りは時空に歪みが生じている。迎え撃つセドは1997年登録車。そして
その相手は最終生産年2002年の80スープラ。実に20年近い時を越えた検挙劇。


超時空検挙クロスオーバー。なんだよそのマクロスっぽいの。私の中でのベストは
「愛・おぼえていますか」と「マクロスプラス」前者はマックス対ミリアのドッグ
ファイト。後者はガルド対ゴーストX-9のドッグファイト。特に劇場版は凄い。


オーバーシュート。


これまで20年以上に渡り交取シーンを見てきたが、これほど印象深い「食う者
食われる者」の組み合わせは滅多に見られるものではない。Y31セドリック対
80スープラ。普段は検挙対象車の種類には言及しないが、今回は触れたい
事案だ。


本線へと合流すべく松屋製麺所から動き出すセド。


マルチアングル発生。前述の様に、このポイントは我々の間では人気の撮影
スポット。今回もまた、皆同じ光景を見ていたんだね。嬉しい限りです。


獲物の行く先を見据える。もちろん合流に際しての右側確認も行っての事だ。


搭載レーダーは日本無線製のJMA-5E。電波式だ。


Aカメさん側から見た本線合流。


Bカメさん側から見た本線合流。


Aカメさん側アングル。このピッチングが同セドの魅力の一つ。


ピッチングしつつ勾配を駆け上がる。路面が見えなくなりそうな位なんだろな。
戦闘機で急上昇しているかのような。


燃える蜃気楼。元ネタはエリア88。今回のセドはナンバーにやたらと8が
含まれている。だからと言って燃える蜃気楼と書いた訳では無いが、人間
というのは数字の偶然の一致ってヤツに弱い。私もです。で、このシーンを
今度は頭文字D風にしてみよう。


いかがでしょうか。


うきうきサイン会。


さっきも画像に字幕入れたけれど、こちら2020年撮影の画像です。


今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。十勝機動警察隊第3中隊所属機。撮影に関しては
非常にフレンドリーだったそうだ。ありがたい事です。これは隊員の方の
協力はもとより、情報提供者の方の話術にも寄る所が大きい。ありがたい
事です。


LSM-100の後方照射仕様。測定はレーザー方式。


その近影。今をときめく速度測定器の新鋭機にして各交機隊の主力武装。


ルーフには十勝機動警察隊を示す「十」の文字がこちらの向きだと逆側に
書かれている。十を逆さまに見ても十なんだけどね。今後も皆様からの
レーダーパンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた可搬式オービス設置現場画像。オービス
本体が見えずとも、左の警告看板に気付けなければ「終わってんぜキミ状態」
になる。


可搬式オービスは車両ナンバーはもちろんの事、ドライバーの顔貌を撮影
して証拠とするが、プライバシー権を盾にドライバーから訴訟を起こされた
場合に備えての看板。「事前に警告したよ。なのにアンタは違法行為を中断
あるいは開始してしまったのだから、やむなく撮影させてもらったよ」という
理論武装を具現化させた物がコレだ。


警告看板の向こうには渦中が待ち構えている。


現場を地図で確認。手稲区手稲前田591 道道125号。先日も記事にさせて
頂いたポイント。


コンチワ。丸印手前がストロボユニット、奥がMSSS本体。我々が名付けた所の
「北欧くん」だ。同オービスの開発メーカー、センシス社がスウェーデンの
会社という事からこの名前に。第一案はネオアームストロングサイクロン
ジェットアームストロング砲だったのだが、全く浸透しなかった。なんでだろ。
それにつけても本体は樹を背にしていると、これだけの隠蔽度。


これでどうだ。これでも本体は目立ちにくい。


北欧くんとストロボとゲタ車が全て写るハッピーセット。


ゲタの200系ハイエース。ナンバーは「札幌100 た 55-75」


北欧くん本体。


対象を150メートル手前から捕捉し、1秒間につき21回もの速度計測を予備的に
行い、デッドラインに達した時点でも設定された速度以上を出している車両を
撮影する。なお、複数車線を同時走行する車両を個別に計測、撮影が可能。
測定方式は電波式だが、従来の同方式採用の測定器の1/10程度の電波で計測
する為、対応する探知機で探りを入れても、かなり手前から鳴るという事はない。
北欧くん、凄いな。


北欧くん後頭部。


外出自粛ブームたけなわの今、空いている道路は飛ばし放題。そういう場所には
ちゃーんと警察が居る。役者は揃った。


友情出演の手稲署地域課所属200系クラウンパンダ。嬉しい外道ってヤツだ。


では、このストロボユニットが違反車両を照らす瞬間を見よう。掛け声は
「フラッシュ」と言ったら、皆で「サンダー」と言って欲しい。いくよ、
フラッシュ!


サンダー! 光りました。発光色は白色。


当然と言えば当然なのだが、眩い閃光が一瞬だけ放たれる。前方を見据えている
ドライバーはまばたきのタイミングがシンクロしない限り、この光を間違いなく
認識できる。脳死でもしていない限り。


光らせたのは残像拳の白色の軽自動車。閃光にも気付かずだったと思われ、
ノーブレーキで通過している。脳死だったようだ。情報提供者の方の今回の目的は
これにて完了。帰路に着く事にしたそうだ。


クルマを止めていた河川敷に戻るとそこにはキツネが。おぉ。なんだかメタルギア。
私の初メタルギアはMSX版でした。


なんだオマエかよ!


キツネが横切るとね、映画「コラテラル」のワンシーン、主人公達が乗るタクシーの
前をコヨーテが横切る所を思い出す。脳内BGMは「Audioslave / Shadow on the Sun」
ちなみにキツネはエキノコックスという寄生虫を宿している場合があり、これの
卵が人間に侵入すると、体内で無性生殖を繰り返し、エキノコックス症を発症させる。
最悪の場合死に至る恐ろしい病気だ。だから、キツネに不用意に近付いたり、歩いた
場所をトレースしたりするのは危険だ。


一切こちらを見る事なく、ゆっくりと歩いていった。カッコいいなキツネ。危ないけどね。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。