世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.039



当サイト情報提供者の方より頂いた200系クラウンパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影は福岡県久留米市。火災現場へと向かう同県警自ら隊
筑後地区隊所属機。


夜間での撮影ながら見事な付けパン。ナイスショットですなぁ。


現場には交取覆面も。火災現場でこれは豪華。まさに嬉しい外道。こちらは
久留米署交通課所属200系クラウン覆面「久留米300 や 66-40」所轄に交取
覆面が存在する嬉しさ。羨ましい限りです。


なお、この個体はこの現場にたどり着く前に一本道を間違えて極細の生活
道路に入り込み、その先で袋のネズミになったそうだ。可愛い。


別日別地点での別個体200系クラウン交取覆面。福岡県警交通機動隊
筑後地区隊所属「久留米300 ま 61-93」先程の「66-40」同様、グレード
エンブレムレスにユーロアンテナ。そして真っ黒スモークという教科書的
スタイル。ありがたいですなぁ。撮影は西鉄久留米駅南西の東和町交差点
付近との事だ。



当サイト情報提供者の方より頂いたシーベル・ながら取締り現認係画像。
ありがとうございます。現場は東区東苗穂1条2丁目 三角点通り。この
位置から目前を横切る車両の様子を見極めるんだから大したもんだ。


現認係の位置を地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。



当サイト情報提供者の方より頂いた事故現場画像。ありがとうございます。
ミニバン同士の見た目派手なクラッシュ。これは中々の状態。


どうしてそうなったのかは不明だが、外出自粛の折、交通量が減少した中での
速度超過型事故だったのかね。


こういう時、サンルーフがあると便利だね。感心している場合じゃない。
これでエンジンルームから出火なんてした場合には、サンルーフの有無が
生死の分かれ目になるかもしれない。「横転した時には便利だな!」って
言ってサンルーフを設定するユーザーも居ないんだろうけれど。



当サイト情報提供者の方より頂いた130系マークX交取覆面画像。ありがとう
ございます。札樽自動車道均一区間での撮影。同区間は時速80Km制限だが、
標識を見ないドライバーが法定速度の時速100Kmで走行し、良い子を気取って
いて撃墜される。


ガンメタの中期型130系マークXでガンメタ、トランクスポイラー仕様、
リアワイパーを外した個体には気を付けろ。もちろんナンバーを覚える
事も重要だ。「札幌302 ね 36-04」キッチリ頭に叩き込め。


おっとぉ、ここで噛ませが登場だ。これは検挙の瞬間をアリーナ席で見られるか!?


残念ながら検挙無し。合図不履行での車線変更も見逃し。この一般車は恐らく
覆面を覆面と気付けずにたまたま走行車線へ戻っている。残念だなぁ。


寛大な姿を拝見する事ができたので、良しとしたい。そう思いたい。


均一区間最終である札幌南ICに差し掛かる。ここで一般道に出れば、最寄りの
厚別区大谷地の同隊本隊へ帰隊するか、あるいは再度高速に乗ってのルーレット
続行になる。


一年後、この光景を見て「こういう時期だったよねぇ」としみじみするか、
あるいは未だに当然の風景になっているか。もしかすると人類はもう居ないか。
それとも私だけがもう居ないか。この後同覆面は札幌南ICを降りずに北広島IC方向へ。


さよーならー。今後も皆様からの覆面パトカー画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた危険予知画像。ありがとうございます。
さぁどこだ。どこに何が居る?


これでどうだ。歩道の更に外側に何かが居る。


居る。このポイントで肝なのは、奥に電光板がある事。ここに視線を持って
いってしまうと暗闇に潜む気付くべき存在を見落とす。出している速度に
よっては真実の瞬間に遅れをとる事になる。


現場は江別市角山方面 国道275号。この現場は数年前は夜間において盛んに
待伏せが行われていたポイント。最近はすっかりなりを潜めていたが、ここに
来て再開の様相を見せる。素晴らしいねぇ。


現場を地図で確認。キッチリ押さえていきましょう。


再び危険予知ポジション。これは判らない。


これね。私も過去にこのポイントに足げく通った時期があったのだが、満月の夜は
比較的発見しやすかった。だがそうじゃなければほとんど視認できない。
今夜月の見える丘にレーダーパンダ。誰がB'zだ。私が好きなB'zの曲は「MOTEL」です。


違反車両発生。パンダ開眼。電光板の「不要不急の外出は自粛を!」の文字が
皮肉でいいし、響きが「悪党に粛清を」みたいなのもイイ。あの映画の主人公役を
演じたマッツ・ミケルセン、かっこいいんだよなぁ。私は「007 カジノ・ロワイヤル」が
初見だったんだけど、なんだこのカッコいい人はって痺れたもんだ。テレビドラマの
「ハンニバル」では映画版のアンソニー・ホプキンスとはまた違った雰囲気のレクター
博士を演じられていてとても良かった。映画やテレビドラマの話し、たまにこうして
脱線するのも悪くない。未見の作品に手を伸ばすきっかけになれれば嬉しい。で、検挙
シーンに戻るけど、やはりこれを書かずにはいられない。

ク ル マ で 外 出 な ん か す る か ら 捕 ま る ん だ よ ( 笑 ) 。

公道には出ろ。カメラを持って。だが当事車にはなるな。劇場では観客であれ。
決して出演者にはなるな。


本線合流。


新型コロナ感染防止の文字もいいねぇ。寒い時代になったと思わないかい?


世は正に外出自粛ブームたけなわ。交通量減少に伴い、空いている道でついつい
速度を出すドライバーが増える。交取に力を入れる道警の姿勢は妥当という事だ。
この状況は我々にとっては歓迎すべき事。


うきうきサイン会。


ナイスアングル、ナイスショット。


サイン会を別角度から。どの方向から見ても良いものだ。


札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダ。左ステア全開。いいねぇ。



当サイト情報提供者の方より頂いたパンダ臨場画像。ありがとうございます。
車道上のパンダは停車しており、付近住民と思われる方と乗員が話している。


200系クラウンパンダと奥には3代目スイフトパンダ。更にその奥には消防指揮車両。


周囲には焚火をしているような匂いが漂っており、それを受けて付近住民から通報が
あったようだ。しかし匂いはするが火元や煙を発見できない。


現場はいわゆる山林を一部造成したような場所。山火事にでもなれば事は大きくなる。


200系ハイエース指揮車と、その奥には水槽車。


200系クラウンパンダ再び。


西署地域課機だったそうだ。


造成地の更に奥が怪しいとの見立てに発展。


火元を捜索する為に徒歩で向かう消防隊員と警官。


こちらもしかり。


待機していた水槽車にお呼びがかかる。


徒歩ルートとは別の道から造成地奥へ。


渦中へ近づく。


奥には幾つかの家屋が。


焚火のような匂いが強くなってくる。


先に到着の指揮車と。


火元確認。


火元は左側の白煙がのぼる箇所。


大事は小事より起こる。これかよ!と油断してはならない。マッチ一本火事の元。


消火活動に入る。


火元へ。


乾燥した空気と草木。危ない所だったのかもしれない。


放水。


今後も皆様からの現場画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。

サポートのおねがい


いつも当サイトをご覧になっていただきまして、ありがとうございます。
当サイトの記事を気に入ってくださった方「サポートしてあげてもいいよ」
という方がいらっしゃいましたら、寄付をしていただけると嬉しいです。


Amazonギフト券- Eメールタイプ – Amazonベーシック




あらかじめ入っている金額はAmazonの初期設定なので、15円から変更が可能です。

メールのあて先は " nightshift.3310@gmail.com " です。

皆様からのご支援、どうかよろしくお願いいたします。