世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.033



当サイト情報提供者の方より頂いたY31セドリックレーダーパンダ画像。
ありがとうございます。見通しの良い道路脇でたたずむレーダーパンダ。


現場を地図で確認。東区栄町 篠路通 丘珠空港緑地北西エントランス広場前。
東署交通課が待ち構える定番ポイントだ。


現場を別角度から。こちらの画像も当サイト情報提供者の方より。今回の
この取締りは複数の方が目撃し、撮影してい頂いている。嬉しい限りです。
ありがとうございます。名も無き模倣者の集合体。これぞまさしくスタンド
アローン コンプレックス。


こちらも当サイト情報提供者の方より。嬉しい限り。感謝です。


令和2年度に入っても東署セドは健在。頼もしい限り。しかしこのポイントは
パンダを隠蔽できるような遮蔽物が存在しない。しかしここで撃墜される
ドライバーは多い。


ストリートビューで見るポイント手前の光景。左の電柱と街灯が「密集して」
見える。これが待伏せているセドを隠してしまう。ここはそういう現場なのだ。
これからも戦場で棒立ちして背中を刺されるドライバーに期待できるという事だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた怪しい210系クラウン画像。ありがとう
ございます。後期型の同クラウンを見たら、まずは期待せよ。


ユーロアンテナに加えてハイマウントストップランプ4灯仕様。ナンバーは
「50-61」が確認できる。コイツは旭川交機所属の「旭川300 は 50-61」


過去に撮影の同車。このフォルムとナンバーをキッチリ頭に叩き込め。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ画像。うきうきサイン会
にも見えるが果たして。現場は北区太平9条1丁目 国道231号。


北署地域課所属機。交取だったのかそれとも職質か。ローアングルでの撮影も
効を奏して、ロイヤルが更にカッコよく見える。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンパンダ画像。ありがとうございます。
札樽自動車道を行く高速隊所属機。もちろんこの後続は大名行列。正に高速参勤交代。
もちろんパンダは制限速度の時速80キロ。なのに行列が。なんでだろうなぁ~。


札幌南ICで降りて、一般道へ。


厚別区大谷地にある道警高速隊本隊へと戻る経路だったようだ。今後も皆様からの
パンダ画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いたタイヤラック画像。ありがとうございます。


そりゃもう沢山のタイヤ。「こうなってると安心する~」ってチョーヤの梅酒の
CMみたいな状態。あのCM、一人暮らしの女性と思われる家の冷蔵庫にビッシリと
梅酒が入ってるんだけど、そりゃメーカーとしては安心する光景だが、ありゃ
アル中の光景だわな。という訳で、どういう訳だよ。いいんだよもう。撮影は
パトカーワンダーランドの道警琴似庁舎。自ら隊も機捜も、もちろん交機も
パトカー使ってなんぼの稼業、これだけのタイヤがあっても、まだまだ足りない。


タイヤコーナーの隣は洗車ブース。いいなぁ、こういうの家にあったら最高
なんだけどな。アパート暮らしの私には夢のまた夢。


洗車されているのは札幌交機所属210系クラウン覆面「札幌303 す 80-89」


こちらは洗車待ちの別個体。


同交機所属同クラウン覆面「札幌303 す 80-29」 室内も思い切り高圧洗浄。
そんな訳ないだろ。そういう風に見えるけど。


洗車終了。ハイマウントストップランプは4灯。市販は6灯。見破りポイントだ。


次に洗車待ちの自ら隊所属210系クラウンとすれ違い。


庁舎駐車場(多目的スペースか)では白バイのウォームアップ。


今年もこの季節がやってきたんだなぁとしみじみするね。


水滴カッコいいなぁ。


ジェットストリームアタックを仕掛ける210系クラウンパンダ。なお、先頭のガイア機は
高速隊所属で、その後ろ2台が札幌交機所属。


あつまれ ぱんだの森。住宅ローンをタヌキに返済して、更に次のローンを組め。


西部警察チックな画が大変かっこいい。ただし最後列の200系クラウンパンダやBMレガシィは
退役機で、今回の役者ではない。この舞台は「令和2年度 輝け!春の全国交通安全運動」
実施に伴う出発式だ。


なんかワクワクしてくる光景だ。なんでだろ。


白バイ中隊もいよいよ活動を開始。


リハーサル。


カッコいいなぁ。今季もどうかよろしくお願いいたします。


リハーサルを終えて、再度車両整列の確認を行う。こういうの大事。


束の間の休息。いいねぇ。


車庫には210系クラウン交取覆面「札幌303 す 80-22」が。


出発式直前。


式を前に200系クラウン覆面が1台。


高速隊所属「札幌302 な 73-29」 先程のジェットストリームアタックのガイア機同様、
同隊から偉い人が式に参加。「73-29」はゲタ役を務めているという事ですな。


跳ね上がるナンバープレート。一般車とは比べ物にならない回数でトランクの開閉を
するため、徐々にプレートが変形していく。


本部からも偉い人。200系クラウンマジェスタ覆面。ゲタだね。


新コロが蔓延しようとも、交通違反は無くならない。


むしろ外出自粛によって道路の混雑は解消されている。よって速度を出すドライバーが
増えるはずだ。まさに「怒りのデスロード」だ。これからもガンガン取締りを行って欲しい。


出発直前。「Drivers,Start your engines!」ってな感じだ。脳内BGMは
「Ready to roll / Jet Black Stare」


これからも多くのドライバーを焼き焼きしてください。


出発していく現役機の後ろには、既に一線を退き、廃車になるのを待つ老兵が。


こちらもしかり。グリル中央にあった桜の代紋が外されている。


爺さんズ。爺さんズって言うな。


小樽方面で事故を起こしたと情報があったBMレガシィ交取覆面「札幌302 て 33-73」
左側前面と側面をやっている。


公道へ。こちらの画像も当サイト情報提供者の方より。皆、同じ物を見ていたんですね。
嬉しい限りです。


行ってらっしゃいませ~。


白バイも。


しかし出て行った大半の車両が庁舎へ戻ってくる。そう、戻ってくるんだよ。


210系クラウンレーダーパンダ。LSM-100の前方照射仕様。


別個体の後方照射仕様。この細かな差がガンダム世代にはたまらない。