世界びっくりカーチェイス2サイトキャッチコピー

皆様からの交通取締り情報をお待ちしております。

Back Number
2020/Text No.030



当サイト情報提供者の方より頂いた「Z・刻をこえて」画像。ありがとう
ございます。暗闇でヘッドライト点灯状態の怪しい一台。


※画像は機動戦士Zガンダム 第一期オープニングより。

これが元ネタ。しかもこれ、Zガンダムが本編に登場する前の「イメージ画像」
で、これ自体Zガンダムですらないという。でも、この鋭い眼光、これが
カッコいいんだよ。歌もいいぞぉ。Z・刻をこえて。


イメージZガンダムの前を戦場で棒立ちするドライバーが颯爽と通過。棒立ち
なのに颯爽とはこれいかに。テヘ。テヘじゃねぇよ。


このポイントで行われているのは追尾式による速度違反取締り。通過した
テヘを追尾すべく本線合流してくるイメージZガンダム。


正体が見えてきました。


札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダ。前述の様に、今回は追尾式なので
搭載レーダーLSM-100がドライバーを焼き焼きする事は無い。更に言えば、
この個体はLSM-100の後方照射仕様。レーダーを使用しての測定を行って
いない事が断言できる状況。


テヘの違反を確定すべく追尾開始。


見事撃墜。本件の待伏せポイントを地図で確認しよう。


千歳市平和 国道36号。お気付きの方も多いだろう。エプソン前前ポイントの
対角線逆方向での取締りだ。このポイントを今後は

エプソン前前逆

と命名する。なんだか上上下下左右左右BAみたいになってきたが、それだけ
このエリアの取締りは熱いという事だ。激突戦域だね。


サイン会終了。


時刻にして深夜1時半頃。


レーダー搭載機でありながら、ストップメーターによる追尾式をやる所がカッコいい。



当サイト情報提供者の方より頂いた交通規制画像。ありがとうございます。
いよいよだ。いよいよ始まった。違う。始まったんだよ。撮影は2月23日。
天皇誕生日の当日、政治団体の活動を牽制する為の警備活動だ。まだ日本が
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」みたいな状態。言ってる意味
判らないから。とにかく新コロの恐怖が蔓延する前の頃。良い時でした。


第五機動隊所属170系クラウンパンダ。機動隊でパンダを運用。いいね。


正体露見モードでロケンローする260系アリオン捜査用覆面。黒の鉄チン
ホイールが渋い。いいね。


ブルーとホワイトで威圧感をできるだけ抑えようとはしているが、よじ登り
防止のスムージング処理と、ガラス類を装甲板で覆っているせいで不気味な
感じすらある常駐警備車。フロントのマーキングから第四機動隊所属機である
事が判る。


遊撃車II型。マーキングから特科車両隊である事が判るのだが、「特2」と
書かれていると、もうパトレイバーを連想してしまう。劇場版パトレイバー2、
あれは本当に面白い。今でこそ「当たり前になった」都市型テロを予見した
ストーリーはぐいぐいと引き込まれる。


ティターンズカラーのワンボックスはE25キャラバン遊撃車。隣はRGステップワゴン
捜査用覆面。その奥にはV36スカイライン捜査用覆面も確認できる。


阻止線手前まで迫る政治団体車両。いいねぇ、迫力の構図だ。



当サイト情報提供者の方より頂いた戦場で棒立ちしたドライバーが背中を
刺された画像。ありがとうございます。終わってんぜキミ状態とも言う。
頂いた画像原版では検挙対象のドライバーは認め難い真実を目の前にした
ような表情だった。あ、目の前にしたと言うか、後ろにしたと言うか。


停止命令を出すのは札幌交機所属210系クラウンレーダーパンダ。搭載レーダーは
LSM-100。レーザー仕様だ。


うきうきサイン会。現場は千歳市平和 国道36号。待伏せポイントはエプソンビル前前。
お馴染みのレンタカー墓場だが、今回は珍しくレンタカーではなかった。本当珍しい。


待伏せポイントを地図でおさらい。ここでの実施頻度はかなり高い。


サイン会終了。


210系クラウンレーダーパンダ、カッコいいよなぁ。


再度セットポジションに付くべく移動を開始。今後も皆様からのエプソンビル前前
画像をお待ちしております。



当サイト情報提供者の方より頂いた210系クラウンレーダーパンダ画像。ありがとう
ございます。撮影はパトカーワンダーランドこと、道警琴似庁舎。画像では搭載レーダーの
LSM-100の運用前点検を行っている所だ。


一定距離と高さの先に白色の板を設置して、心臓部のレーザー測定機器のチェックを行う。


別個体。こちらは純正ホイールがスパッタリング仕様。


助手席グローブボックスにはLSM-100操作部を含む機器類。センターパネルにはストップ
メーターが確認できる。光学測定も、追尾式測定もできる。


こちらも板を使って点検。


この点検は定期的に一斉に行われるもののようだ。200系クラウンレーダーパンダも
同様の点検を行う。


取締りにあっては事後で法廷で争う場合もある。そうした時の為にこうした点検は
大切だ。機器類が正しく動作していたか、機器類を正しく操作していたか。これが
争点となる。


行き交う200系クラウン、210系クラウン、両レーダーパンダ。カッコいいなぁ。


210系クラウン交取覆面。ナンバーは「札幌302 ほ 53-54」こいつは同クラウンの
新車納車ラッシュの中の一台ではない。札幌交機において、納車ラッシュ前までは
ホワイトの覆面はコイツだけだった事から「白いヤツ」と呼称している個体。


BMレガシィ交取覆面が軒並み退役し、保険の関係から新車納車ラッシュの7台は
4月まで稼働しない。そのような状況から、コイツの稼働率は一時的に上昇。


真っ黒スモーク仕様。ユーロアンテナは無し。


別日撮影の同車。


白いヤツ。いいねぇ。


運行前点検。


覆面パトカーは8ナンバーで、黒色か銀色だけと思っているドライバーが未だに
存在するのが嬉しい。そういう人間のおかげで我々のネタが潤う。株で失敗
する人間が居るから株で儲かるヤツがいる。失敗する人間ってのは大事にしないと。


今後も皆様からの覆面パトカー画像をお待ちしております。カメラの準備はいいか。